トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

バルツァシャーグの死者の日

11月1日、
夏時間が冬時間へと切り替わるころ、トランシルヴァニアにお盆がやってくる。
町の至るところで、色とりどりの菊の花やロウソクが並ぶようになる。
私たちはセーケイ地方を離れて、
ブラショフ県にあるバルツァシャーグの村を訪ねるのが習わしである。

知人はおろか親戚もなく、
かろうじて舅の墓だけが私たちを繋いでいた村。
昨年のちょうどこの日に、腹違いの兄と偶然出くわしてから、
すこしずつ何かが変わっていった。

その時の旦那の思いつきで、
この村の教会で3人の子供たちを洗礼する運びになった。
そして、今年のお盆にも旦那は兄を誘って一緒に村へ向かった。

IMG_2112_201611231320466ec.jpg 

20以上も年の差がある兄弟が、
こうして一緒に墓参りをしてくれようとは天の父親も思っていなかっただろう。
両親が村出身のアンドラーシュは、
出会う人たちと親しげに会話を交わしている。
しらふである姿をほとんど見たことのない兄は、
いつも陽気で男気のある人柄。
ほとんど正反対といっていい兄に会うたびに、
会うことのなかった舅の姿を見るような気がしている。


IMG_2128.jpg 

ふたつの墓標が並ぶ。
ひとつは旦那の祖父のもので、
もうひとつは父親のものである。
私たちが学生だったその昔、
墓地のはずれにはまだいくつもの木の墓標があった。
時代の流れとともに、
村のジプシーたちが薪のために盗んでいき、
とうとうこのふたつの墓だけが残った。

 IMG_2126.jpg 

魔除けとも太陽のシンボルとも言われる、ロゼッタが彫られている。


IMG_2121.jpg 

アンドラーシュも年をとったのか、
ふたりの息子に子供が恵まれないせいか、
甲斐甲斐しく子供たちの世話をしてくれる。
私たちがこうしてこの世に生を受けたこと、
偶然でもなく、血の交わりを受けたということ。
見えないご先祖さまに感謝することを、
子どもたちにも知ってほしい。


IMG_2135.jpg


それから、墓地のはずれにあるお祖母さんの墓を探し、
アンドラーシュの母方のご先祖も参った。
ぼうぼうと草の生い茂ったその墓は、無縁墓のように寂しく見えた。
「子孫として恥ずかしいことだが、
俺のほかには誰も参る者もいないんだ。」
そう言って、ロウソクに火をつけた。

「わたし、アンドラーシュが好きよ。」
娘が唐突にいった。
「何だって、聞こえないなあ。もう一度言ってくれ。」
と大声で兄がうながす。


IMG_2146.jpg 

太陽がその日最後の力を振りしぼって、
赤赤と身を燃やしていく。
目に見えない大切な何かを感じながら、
私たちは舅の眠る村を後にした。


IMG_2150.jpg  
スポンサーサイト
comments(2)|trackback(0)|バルツァシャーグの村|2016-12-29_15:32|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
そちらの墓地の風景、心に沁みます。 木の墓標をジプシーたちが焚き木用に盗む・・・
そうなんですか。 11月がお盆なんですね。 菊の花を手向ける墓は何か日本の
墓参りの風景と似ています。 縁ってとても不思議ですね。
誰もが 会った事もないご先祖様を通して繋がっているのは長~い歴史を横から
見てるような 操作が不可能な強い線なのでしょうね。
Re: No title
霧のまちさん、明けましておめでとうございます。
11月の記事で昨年は終わってしまいましたが、
こちらは12月のはじめからずっと雪景色がつづいています。
今年も世界のあちこちへご旅行なさるのでしょうか。
またご報告を楽しみにしています。

死者の日は、11月のはじめ。
こちらはちょうど菊が咲くころなので、
日本でお墓に菊を添えるというのもヨーロッパの影響なのでしょうか。
血の繋がりとは本当に不思議です。
歴史を横から眺める、的を得たたとえですね。
こうして墓参りを通じて、兄弟が繋がるのも、
そこから子供たちがこの村で洗礼をしたのも、その強い線のせいなのでしょう。