トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

「カロタセグ -装いの文化」展



karotasegu_img_text3.jpg

ラテン語で「森のかなたの国」を意味するトランシルヴァニア。
 現在のルーマニア西部に、カロタセグ地方はあります。
原風景広がるのどかな村に暮らす女性たちは、 
先祖代々に受け継ぐ美しく彩られた衣装を、大切に身に纏ってきました。
カロタセグをはじめ、トランシルヴァニアから届いた美しい衣装や手仕事の数々を、 
是非店頭でご覧ください。 

カロタセグ-装いの文化 
2017.6.10 Sat. - 6.25 Sun. open10:30 | close19:00 
KAMAWANU Utensils Store 2F “piece”
 
  ●トークショー【カロタセグの装いと手しごと】 

ルーマニア西部カロタセグ地方。 
そこには装うことを文化として大切に守り、楽しんでいる人々がいます。
目を惹きつけてやまない美しい伝統衣装。
繊細で細やかな手しごとの数々。 
現地の写真を交えながら、カロタセグの衣装のこと、生活や文化、手しごとのお話を伺います。
 日時:6/9(金)19時~20時  

※会期前日 話:谷崎聖子 参加人数:先着20名まで 参加費:1000円(税別)
(カロタセグ地方のお菓子とハーブティ・お土産付き)

 ●ワークショップ【イーラー ショシュ刺繍のサンプラートートバッグ】 
日時:6/10(土) ①午前/10時30分~12時30分 
        ②午後/14時~16時 

講師:谷崎聖子 参加費:6500円(講習費・材料費含む・税別) 
参加人数:各回10名  
持ち物:はさみ

*トークショー・ワークショップに参加ご希望の方は、
店頭またはお電話にて事前にご予約ください
TEL
03-6231-6466(かまわぬ浅草店)
*DMご希望の方はこちらまでご連絡ください。

カロタセグDM-JP

スポンサーサイト
comments(4)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2017-05-26_16:38|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
間もなく帰国で、ご多忙のことと思います。今回も沢山の魅力的なイベントばかりですね。ワークショップ等は残念ながら、参加できませんが、私もかまわぬの展示会に伺うつもりでおります。
Re: No title
Yuccalinaさん、どうもありがとうございます。展示にお越しいただけるとのこと、うれしく思います。充実した内容になるように、準備を進めてまいりますね。お待ちしています。

昭和村に行ってきました。
もうご自宅にお帰りのことと思います。
7月22日に福島県の昭和村に行ってきました。からむしの里フェアです。
苧麻は今刈り取りの時期で皮を剥いで糸うみの前段階をされていました。
高機でコースターを機織りをさてもらいました。
シャッキリとした織り上がりです。土地では地機織もされています。
雪深いところで雪晒し、豊かな水でいい糸が出来上がるのだなあと実感しました。
必死になって伝統を守ろうとされていますがもっと価値のあるようにして行ってほしいなと思いました。苧麻に関わる方たちが生活がスムースに出来るようなことになって行くように考えなくてはと思いました。ご縁がありましたら訪ねてみてください。
Re: 昭和村に行ってきました。
momoさん、ご報告をありがとうございます!
昭和村でのイベント、興味深いです。
糸を作り出す作業は想像を絶するほどの根気を要する作業なのでしょうね、
機織りは娯楽に近いものだったのでしょう。
雪深い自然のなかで育った美しい白色、
いつか実際にこの目で見、手に取りたいです。
トランシルヴァニアの亜麻の色に近いのでしょうか。

苧麻の魅力が損なわれることなく、
時代を超えた価値のある品々を作っていただきたいものだと思います。
またお話をお聞かせくださいね。
どうもありがとうございました。