FC2ブログ

トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2018/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

5月の菜の花畑


タンポポが綿毛に変わり、
リンゴの花が散るころに、
毎年決まって黄色い菜の花畑が姿をあらわす。
 
  lepce (5) 

何ヘクタールも続く、黄色。
その色といったら、まるで初夏の太陽の光を
そのまま集めたかのようだ。
何とも言えない、甘い香りが鼻をつく。
いつか車窓から眺めたとき、
この菜の花畑の中を泳いでみたいと思ったものだ。


lepce (6) 

その美しい花畑を見たとたん、
子どもたちは中に飛び込んだ。
そして、すいすいと気持ちよさそうに花をかき分け、
どんどん突き進んでいく。
まるで蝶にでもなったかのように。


lepce (7) 

長女は、背の高い花の中にすっぽりと隠れてしまう。
名前を呼ぶと、大きくジャンプをした。


lepce (1) 

その甘いよい香りと、眩しいほどの黄色に包まれているだけで、
胸がわくわくとしてくる。
娘は顔中を黄色い花粉でいっぱいにして、
菜の花畑から出てきた。
幸せの色、黄色い菜の花。
来年もまた、この時期に会えるだろうか。


lepce (2) 






スポンサーサイト
comments(4)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2018-05-14_21:19|page top

トランシルヴァニア名物、焼きナスのパテ

7月から9月にかけて、
どこからか焼きナスの香ばしい香りがただよってくる。 
ナスを焼いていたら、
きっとあの「焼きナスのパテ」を作っているに違いない。 
イェッド村でも、ナスを買っていくと
カティおばさんが 
「 じゃあ、ビネテ(焼きナスのパテのこと)を作りましょうか。」 
とさっそく、大きなナスをかまどの中へ次々と入れていった。 
木を燃やしたあとの炭でナスをじっくりと焼く。 
中までやわらかくなったら、
取り出して手で皮をむく。
 「 水を入れた器をよこにおいて、
手をぬらしながらむくといい。」とカティおばさん。 
真っ黒い皮をきれいにむいたら、
中を開いてまな板の上におく。
 少しななめにして、中の汁を流すといいそう。 
「 この汁は、苦いからね。」


 

kopjafa 368

こうしている間に、おしゃべりをして時間をつぶす。
ほら、お隣さんもやってきた。

kopjafa 367



やがて、ナスの汁が出てしまったら
木のべらでナスをしっかりたたく。 
包丁でしたら、ナスが黒く変色してしまうので
木製を使うのがポイント。

 

kopjafa 149 

それから、刻んだたまねぎを
油でよくいためる。 
旦那のレシピでは生たまねぎを入れるのだが、 
ここでいためるとたまねぎが甘くなって、
やさしい舌触りになる。 
それから、クライマックスは
なすとたまねぎに油を入れてかき混ぜる。
 ここでしっかり混ぜると、
味がしっかりと混ざり合う。
お塩も少々。 
「 見て。ナスが白くなってきたでしょう。」

 

kopjafa 373 

 これで出来上がり。
焼きたてのパンをスライスして、
 たっぷりとペーストをのせたら、
炭の香ばしさとナスの甘さがとろけるよう。



イェッドの生活も4日目をすぎたとき、
カティおばさんの息子さんからの電話があった。 
生まれたばかりのお孫さんの洗礼があるので、 
カティおばさんをハンガリーへと呼び寄せるという話。 
おばさんは、「 もう、あんな遠くへ行くのは億劫なんだけど・・・。」
といいながらも、
愛する末息子と孫に会えるのがうれしそう。 
 村とのお別れの日は、こうして突然にやってきた。 
息子は、カティおばさんのひ孫のクリスティーナと
もう仲良しになった。 
いっしょにお花をつんだり、
カタツムリを捕まえたり・・・初めてのジプシーのお友達。


 

kopjafa 398 

カティおばさんの娘さんのご家族。
夕暮れ時の通りで集う、
いつもの風景。


 

jeddi csalad1 

よそ者をあたたかく迎えてくれるジプシーの村、
イェッド村とこうして別れを告げた。 

 トランシルヴァニアをあなたの心に・・・
              
クリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2009-09-17_11:46|page top

見ためも中身もかわいい食料品

行きつけの近所のスーパーで、
こんなに可愛いパッケージを見つけてしまった。

70.jpg

パスタもよく見るといろいろある。
ここトランシルヴァニアでは、
スパゲティのように麺が主体の食べ方はあまりしないが、
スープの具としてのパスタは
形が実に豊富。

そうめんよりも細い糸のようなもの、
平たくて長方形のもの、
ギザギザで細長いのは
「イチゴのリボン」なんて可愛い名前がついている。

悩んだ挙句に買ったのはこちら。
糸のように細くうねったパスタ。
緑と白のストライプ柄に、
赤いバラの模様はそう、
牛使いのコートのアップリケ文様。
ハンガリーの国境近くの町オラデアで
作っているからか、
色まで赤、白、緑のハンガリアン・トリコロールカラーである。

71.jpg

あまり行きなれないお酒のコーナーに立ち寄ると、
またまた可愛いパッケージを見つけてしまい、
思わずうなる。
パーリンカという、蒸留酒。
市販のものは意外にアルコール度が低いが、
自家製のものは40度50度は普通。
こちらでは、よい酒=強い酒が通説のよう。
左から洋ナシ、クミン、花のアロマ入り。

74.jpg

もちろん私の目をひきつけたのは真ん中。
ハンガリーのフォークアートの
鳥とお花のモチーフがなんとも可愛らしい。
鳥の口から植物が出てくるモチーフは、
動物が言葉を話すことをあらわしているという。
どこか昔話とアートの結びつきを感じさせる。
これ、私の住むセントジュルジで作っているそうだ。
このラベルだけ、もらえないかしら・・・

73.jpg

いかにも地元の酒という印象のラベル。
名前もそのまま、セーケイのクミン。
このクミン酒は、砂糖で甘くしてあって、
クミンのさわやかでスパイシーな香りが特徴。
私は昨夏の結婚式で、たった一杯で
ノックダウンしてしまったイヤな思い出がある・・。

76.jpg

最後はこちら。
棚におかれた膨大な量の青い液体。
お酒か薬品か・・・

IMG_3254.jpg

青い酒と呼ばれるのは、
消毒液。
虫刺されから傷口の消毒、
いろいろなものに効くらしい。
まさに一家に一本、いつでも常備してある液。
それにしても、このラベルは・・・。

111.jpg

ここ数年で、外国製品がほぼ半分を占めるようになった。
共産主義時代には考えられなかったこと。
だからなおさら西欧からきた
品々に対する憧れがまだまだ根強いようだ。

確かにルーマニア製品は、
何しろ袋の質が悪く、
間違えてつかんだら袋に指が貫通していた・・・・何てことも当たり前。
それでも、この味のあるパッケージ、
味のある製品の数々。
これからも地元のルーマニア製品に
がんばってほしい。


トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2009-02-18_23:49|page top

豚肉の活用法

昨年の終わりに
ブタの解体の見学をした(→)、その後のこと。
友人の家では、
運ばれてきた新鮮な豚肉を加工、
保存作業がすでに始まっていた。

今朝まで生きていたあのブタが、
こんな見事な豚肉に。
この地では、フレッケンと呼ばれる
ポークステーキが何よりのご馳走。

84366.jpg

挽きたてのひき肉。
色も粘りも抜群。
5kgはあるだろうか・・・

kezdi 045

各家庭に一台はある、挽き器。
他には、くるみやケシの実も挽くことが出来る。

kezdi 050

なんだか、珍しいブタの部分。
豚足だろうか。
こちらでは、コチョニャといって
ブタのゼラチンで固めたゼリー状の前菜にする。
その濁ったゼリーの中に、
ブタの皮や肉がにんにくと一緒に固まっている。
ちょっと私は苦手な料理。

kezdi 049

スープの仕込だろうか。
部屋中が美味しそうなにおいで包まれる。

9646.jpg

これは何だか分りますか?

03355555.jpg

ブタのお腹の辺りにある、皮だとか。
ベールのように透明で、ツヤツヤした皮。
これを下にひいてから、
先ほどのひき肉をかぶせる。

kezdi 039

それから、珍味といわれる
のどの辺りの肉をのせて、

kezdi 040

くるりと巻く。

kezdi 043

その後は、オーブンで焼くそうだ。
これを、「クリスマスの肉」と呼ぶ。
ブタの解体は、だいたいクリスマスの辺りにするからだろう。

kezdi 051

今度は、豚肉の平らな部分に
塩、コショウ、パプリカの粉をふって巻く。

3675.jpg

それから麻ひもを取り出して、
こんな風にしっかりと縛る。

kezdi 058

こんなに長くなった。
これを茹でたら、自家製ハムの出来上がり。

kezdi 059

腕によりを振るった豚肉の保存食を作ってくださったのは、
友人ゾリのお母さん。
この後は、新鮮な豚肉のステーキを頂いた。

ブタの解体の素晴らしいところは、
ブタのあらゆる部分を使うこと、
そしてその部分に応じた調理方法で食べることだ。

冬が長く、厳しいトランシルヴァニア地方では、
この豚肉の食文化が深く息づいている。
祖先から伝わる、生きていくための大切な知恵。
これからも大切にしていかなければならない。



トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2009-01-10_19:59|page top

寒い冬の楽しみ

12月も末に近づくと、
さすがに寒く、そして夜が長くなる。

そうなると用でもない限りは
外へ出なくなるから、
必然的に家の中ですごす時間が長くなる。

こんな時期に一番ぴったりの時間のすごし方は、
ハンドメイド、お菓子やパンづくりである。

ダンナがある日突然、パンを焼き始めた。
たまに気が乗ると、料理やお菓子作りを始める。
そのパンの名は、塩味のキフリ。

キフリといえば、
ここでは幼稚園から小学生まで、
毎日、牛乳といっしょに配給される。
あの硬い、コッペパンのようなもの。

おばあちゃんがよく作ってくれた、懐かしい味だそう。

nap 105

イーストを、牛乳と小麦粉、
お砂糖と一緒に暖かい場所におき。
発酵してきたら、小麦粉と塩、
マーガリンと混ぜて捏ねる。
男性の手だから、
捏ねるのにもってこい。

nap 106

よく捏ねたら、少しねかせておく。

そして麺棒で薄く伸ばしてから、
小さな三角形にカットする。
マーガリンを縫ってから、お好きなものを入れて。
ここでは、ケシの実を挽いて砂糖と混ぜたもの。
他にはジャム入りや、
サラミとチーズの入ったもの。

nap 107

くるりと巻いて、月のような形にする。
あとは、オーブンで焼くだけ。

napnap.jpg

きれいなキツネ色。
外は香ばしく、中はフワフワ、
ほんのりとイーストの香りも漂う。

nap 109

ドーンと積み上げて・・・
さすが男の料理。

nap 110

こちらはパンが主食。
それも硬くて、大きなもの。
そして直ぐにカラカラになってしまう・・・
私はそれに2ヶ月で飽きてしまったから、
この手作りパンの味は大歓迎。

「 このパンは・・」と私が言うと、
「 いや、これパンじゃなくてキフリだ。」とダンナ。
そう、こちらの人たちにとって見れば、
このフワフワで軽いのは、パンじゃない。
所詮、お菓子みたいなものなのだ。

3年間の日本生活で、
彼が恋しかったのは
トランシルヴァニアのパンと手作りのお菓子だったという。
日本の砂糖入りの食パンなどで、
満足いかないのもうなづける。

私もこのパンの味に慣れれば、
立派なトランシルヴァニア人になれるのだろうか・・・。


トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2008-12-24_00:11|page top