FC2ブログ

トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2019/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

新年のあいさつ

セントジュルジの裏に広がる大きな森、
小川に沿った道筋をどこまでもいくと、
アーラパタク村にたどり着く。
月に一度、村のピロシュカおばあさんを訪ねるのが習慣になっていた。

慌ただしかった年末に、何か月かぶりに村に立ち寄った。
秋に一度、ずっと姿を見せないので心配して私の留守中に電話があったという。
眠る次男を腕に抱いて車の中で待っていたら、
寒い中、わざわざおばさんが通りまで出てきてくれた。

ある日曜日、楽しみにしていた教会の礼拝にも行けず、
部屋をそわそわと歩き回り、気持ちが落ち着かなかった、独り身の辛さを訴えた。
しわしわの手を握って、話を聞いてあげることしかできなかった。
私などは家族に囲まれても心が定まらない日があるのに、
子どももなく、夫に先立たれたおばあさんの気持ちは計り知れない。

月に一度、旦那たちがブラショフの町に出かけている間、
娘とふたり、おばあさんの家で待たせてもらった。
刺繍をしたり、おしゃべりをしたりしながら時間をつぶした。
飽きると、讃美歌を取り出して、いっしょに歌を歌ったりもした。

「私は毎年、新年がくるとこの詩を色々な人に聞かせるの。」
と一枚の紙を取り出し、詩を朗読してくれた。

今までの私なら、何ということもなかったのであろう。
しかし、40の扉を開き、
海外在住10年目の年の終わりに次男の大病に見舞われた私の心に
その言葉は大きく響いたのだった。
その一枚の紙きれの言葉を書きとった。
80を過ぎたおばあさんは、新年を迎えるにあたり、
この一年の行く末をいかに案じ、
新年のその日をいかに重く受け止めていたに違いない。


「今ちょうど、新年の明け方の前にきています。
果たして、皆そろって日暮れ時までいることができるでしょうか。
この新しい年に、私たちの人生の道はいずこへ続くのでしょうか。
いばらか、それとも花の道か、
それは神さまのみが知ることです。
神さまが真実の道へと導き、
私たちの歩み全てをつかさどるのです。
どうか、この小さな幸せなる巣を嵐から守ってください。
健康と幸福と、楽しい笑いと鈴の音を、
どうか神さま、私たちに恵んでください。
新年、明けましておめでとうございます。」













スポンサーサイト
comments(2)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2019-02-25_18:42|page top

黒い天使

次男の病気のことが分かり、まだ混乱の最中にいた頃、
「明日ブカレストへ行くから、家から荷物があったら届けてあげる。」とメッセージがきた。
そんなに急ぎでもないので、郵便でも送れないことはなかったのだが、
彼女の好意に甘えることにした。

その頃は病院の付き添いに姑がいてくれたため、
私は外のホテルに滞在していた。
日本から慌てて荷造りをしてきたため、
冬の寒さに備えた衣服がなかった。

木枯らしの吹く寒い晩秋、どんよりと厚い雲が空を覆っていた日、
病院に彼女が到着した。
いつものように黒い衣装に身を包んだ彼女は、
これからプロィエシュティでコンサートがあるという。
彼女の次女は、娘の幼稚園のクラスメイトである。
産まれて四ヶ月で、次女のアビは心臓の手術をしなければならなかった。
「その頃は、私はコンサートでドイツに行かなければならなくて、
一番辛い時期に、スターの役を演じなければならなかった。」
そうして手術後は、集中治療室で一日30分しか娘の姿を見ることができなかった。
「そんなときは、私は外を思い切り散歩したわ。」

私も同様に、午後の3時から8時までの
面会時間だけしか次男と会うことができなかった。
次男のそばにいる時は安心して笑顔でいられたが、
離れてホテルの部屋に一人でいるときは、
心細さで押しつぶされそうだった。

殺風景な待合室で、椅子にもかけずに彼女は話してくれた。
アビの主治医に先日会って、息子の手術を担当する医者について尋ねてくれたという。
「大丈夫。イリエスク先生は、この病院で一番のお医者さんで、
人間味あふれる人だとの評判だそうよ。」
彼女も、娘さんを良い医者の手に託すことにし、安心できたという。
医師としての評判はもちろん、いつも穏やかで人の心が解る主治医に恵まれた、
私も同じ心持ちだった。

私の衣服の詰まったリュックとともに、
袋いっぱいの差し入れを手渡してくれた。
思いの他、長話をしてしまったことに気がつき、
ふたりの娘さんは車の中で待たせていることがわかった。

別れ際、彼女の目に涙が浮かんだ。
私も同様に涙していた。
肩を抱きしめ、「あなたは強くならなくちゃ。」と言った。
「そうするわ。」と約束をした。
颯爽と病院の扉を開けて出て行く彼女の姿は、
黒い天使そのものだった。

ジャズシンガーのルイザ・ザンの歌声は、
強く、そして優しい。
彼女の人柄そのもの。

あれから3ヶ月。
次男の検査の前日、私は彼女のコンサートへ向かう。
どうしても今、彼女の歌声から力を得たいから。

big-band-radio-poster-1-560x793.jpg 











comments(0)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2019-02-21_17:49|page top

一年の終わりに

一年の終わりを目の前にしたこの日、
ちょうど一年前のお正月の日の遠足を思い浮かべている。
この一年を象徴するような出来事だったからだ。

はじめは快晴の青空、
やがて真っ白な霧に包まれ辺りは何も見えなくなった。

カロタセグにセーク、そしてモルドヴァ。
さまざまな地方を渡り歩いて、かけがえのない思い出ができた反面、
人生の落とし穴のような次男の病気が待っていた。
10月半ばに次男と別れたときには元気に幼稚園に通っていたのに、
その一ヶ月後、ブカレストの病院で会った息子は歩くことも、
ひとりで座ることもできないほど衰えていた。

「あなたの息子は生命の危険のある手術をしなければならない。
そのリスクを承知しているか。」
お医者さんにそう告げられ、私は首をたてに振るより仕方なかった。

3歳2ヶ月の小さな体で大きな手術に臨み、
イリエスク・ドクターによって、再び新しい生命を授かった。
家族でクリスマスを迎えることができ、
息子はひとりで歩けるようになった。

2週間以上の入院生活で、私も親として学ぶことが多かった。
その日その日を一生懸命に生き、
目の前のことにただ夢中でいる3歳の無垢な心は、
ともするとネガティブな不安でいっぱいになる私の気持ちを大きく変えてくれた。
また病院には他にも多くの病気の子供たち、
その付き添いの母親がいて、不安の中お互いを支えあっていた。
お医者さんや看護師さん、掃除婦のおばさんやさまざまな人の
ちょっとした言葉がやさしく響いた。

勇気を、
強くなって、
神さまのご加護を、
リラックスして、
きっとうまくいく。

はじめ威圧的だった初老のお医者さんが集中治療でかけてくれた言葉、
「子どもは母親のあなたを見たい、聞きたいと思っているんだ。
どうかたくさん話しかけてあげて、そばにいてあげなさい。」

どうか新しい年は、
健康で家族が過ごせるようにと願ってやまない。

kicsi.jpg 






comments(2)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2018-12-31_14:39|page top

東欧クラフトマーケット

阪急うめだにて東欧クラフトマーケットが
10/18~22の5日間にわたって開催されます。
トランシルヴァニアの刺しゅうワークショップやトークショーも開催されます。
トランシルヴァニアのセーク(シク)村から
Bőjte Máriaさんが来阪し、
セークの刺しゅうを紹介してくださいます。
(私は土日月の3日間イベント会場におります。)
どうぞお誘いの上、お越しくださいませ。


ワークショップ日程

・カロタセグのイーラーショシュのブローチ
10/20(土)午後3:30~4:30
10/22(月)午前10:30~11:30

P1180295.jpg P1180296.jpg 

・アーラパタク村編みクロスステッチのブックマーク
10/20(土)午後5:30~6:30
10/22(日)午後0:30~1:30

P1170720.jpg 

・セーク村アウトライン刺しゅう
10/21(日)午後4:00~5:00
10/22(月)午後3:00~4:00

szeki15.jpg 
*ワークショップの申し込みは明日の10時からです。


トークショー「トランシルヴァニア手芸の旅」日程
巨大スクリーンに映し出されたトランシルヴァニアの手芸紀行。
カロタセグ、セークの村をあたかも旅する気分でご覧ください。

・カロタセグ地方
10/21(日)午前11時~1130
・セーク村
10/22(月)午後1時~130

kalotaszeg2_20181010002525379.jpg IMG_0059.jpg 
イベントについて、詳しくはこちらをご覧管さい。
阪急催事
comments(0)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2018-10-10_15:49|page top

ベルタランの日

8月24日、ベルタランの日。 
セークの民にとっては、決して忘れることのできない日である。

今から301年前のこと、
1717年にタタール人が侵攻してきて、村の教会を破壊し、
村人を殺戮し、多くの捕虜を連れ去っていったといわれている。
この大惨事で、村の人口は大幅に減少し、
子どもを合わせて100人足らずになったと記録に残っている。
塩の鉱山で繁栄を築いたセークは、その昔は町と呼ばれていた。
この悲劇によって、セーケイ人やよその地方から移住するものもあり、
再び村として1から立て直すことになった。

この日は、朝昼晩三回の礼拝が開かれる。
さらに、喪を表して断肉をする。
ちいさい子どもから年配の村人まで美しい衣装を纏って、教会を目指す。

  szek bertalan (6) 
セークの衣装は、このタタール人襲来が起こってからは、
喪を表す黒と、血を表す赤とすることになった。
女性たちは皆、黒い衣装を身につける。

szek bertalan (8) 
男性は、白いシャツに
かつて塩山の警備兵だった頃の名残である青いベスト。
トレードマークの麦わら帽子をかぶる。

bertalan1.jpg 
18世紀当時の記録が、
美しい石造りの教会のあちらこちらに残っている。
刺しゅうや家具にも見られる、チューリップ。

szek bertalan (7) 
1703年の石碑。
この14年後にタタール人の襲来が起こった。
11時からの礼拝では、セークの村の歴史を牧師が読み上げる。
名前の起こりから、村が町となった経緯、
そしてタタール人襲来、今に至るまで。
1717年の悲劇で教会の中でも大勢の村人が被害を受け、
捕虜として連れて行かれ、母親の手によって逃亡した少年や、
両親と引き裂かれた子どもの証言が
生々しく、胸にのしかかってくる。

bertalan.jpg 

ご先祖に感謝を込めて、少女が祈りを捧げている。

szek bertalan (21)

小高い丘にそびえる教会から、厳かな心持で家に向かって帰る。
婚約者だろうか、仲睦まじく家路に向かうふたり。
若い女性の赤いリボンが揺らぐのを眺めていた。


szek bertalan (12) 
comments(2)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2018-09-12_19:10|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。