FC2ブログ

トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

東欧クラフトマーケット

阪急うめだにて東欧クラフトマーケットが
10/18~22の5日間にわたって開催されます。
トランシルヴァニアの刺しゅうワークショップやトークショーも開催されます。
トランシルヴァニアのセーク(シク)村から
Bőjte Máriaさんが来阪し、
セークの刺しゅうを紹介してくださいます。
(私は土日月の3日間イベント会場におります。)
どうぞお誘いの上、お越しくださいませ。


ワークショップ日程

・カロタセグのイーラーショシュのブローチ
10/20(土)午後3:30~4:30
10/22(月)午前10:30~11:30

P1180295.jpg P1180296.jpg 

・アーラパタク村編みクロスステッチのブックマーク
10/20(土)午後5:30~6:30
10/22(日)午後0:30~1:30

P1170720.jpg 

・セーク村アウトライン刺しゅう
10/21(日)午後4:00~5:00
10/22(月)午後3:00~4:00

szeki15.jpg 
*ワークショップの申し込みは明日の10時からです。


トークショー「トランシルヴァニア手芸の旅」日程
巨大スクリーンに映し出されたトランシルヴァニアの手芸紀行。
カロタセグ、セークの村をあたかも旅する気分でご覧ください。

・カロタセグ地方
10/21(日)午前11時~1130
・セーク村
10/22(月)午後1時~130

kalotaszeg2_20181010002525379.jpg IMG_0059.jpg 
イベントについて、詳しくはこちらをご覧管さい。
阪急催事
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2018-10-10_15:49|page top

ベルタランの日

8月24日、ベルタランの日。 
セークの民にとっては、決して忘れることのできない日である。

今から301年前のこと、
1717年にタタール人が侵攻してきて、村の教会を破壊し、
村人を殺戮し、多くの捕虜を連れ去っていったといわれている。
この大惨事で、村の人口は大幅に減少し、
子どもを合わせて100人足らずになったと記録に残っている。
塩の鉱山で繁栄を築いたセークは、その昔は町と呼ばれていた。
この悲劇によって、セーケイ人やよその地方から移住するものもあり、
再び村として1から立て直すことになった。

この日は、朝昼晩三回の礼拝が開かれる。
さらに、喪を表して断肉をする。
ちいさい子どもから年配の村人まで美しい衣装を纏って、教会を目指す。

  szek bertalan (6) 
セークの衣装は、このタタール人襲来が起こってからは、
喪を表す黒と、血を表す赤とすることになった。
女性たちは皆、黒い衣装を身につける。

szek bertalan (8) 
男性は、白いシャツに
かつて塩山の警備兵だった頃の名残である青いベスト。
トレードマークの麦わら帽子をかぶる。

bertalan1.jpg 
18世紀当時の記録が、
美しい石造りの教会のあちらこちらに残っている。
刺しゅうや家具にも見られる、チューリップ。

szek bertalan (7) 
1703年の石碑。
この14年後にタタール人の襲来が起こった。
11時からの礼拝では、セークの村の歴史を牧師が読み上げる。
名前の起こりから、村が町となった経緯、
そしてタタール人襲来、今に至るまで。
1717年の悲劇で教会の中でも大勢の村人が被害を受け、
捕虜として連れて行かれ、母親の手によって逃亡した少年や、
両親と引き裂かれた子どもの証言が
生々しく、胸にのしかかってくる。

bertalan.jpg 

ご先祖に感謝を込めて、少女が祈りを捧げている。

szek bertalan (21)

小高い丘にそびえる教会から、厳かな心持で家に向かって帰る。
婚約者だろうか、仲睦まじく家路に向かうふたり。
若い女性の赤いリボンが揺らぐのを眺めていた。


szek bertalan (12) 
comments(2)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2018-09-12_19:10|page top

10月講習会のお知らせ

10月16日より約2ヶ月間、日本へ一時帰国いたします。

その間、東京、関西各地で講習会やイベント、展示会など開催する予定です。

今回は、トランシルヴァニアのハンガリー人の伝統刺繍を3種類実習します。



rama.jpg 


セーク村に伝わるアウトライン刺しゅうは、

現地では「枠刺繍」とも呼ばれています。

布に直接描いた図案を大きな木枠に張り付けて、

上から下、下から上へと針を通します。

古くから飾りベッドのための枕カバーを彩るために、刺繍されてきました。



SzekesKalotaszeg2_20180827163917e84.jpg 


まるで大木のように伸びたチューリップを中央に置いた、

アールデコのようなモチーフ。

両脇をつぼみが彩る図案を、マチ付きのバッグに仕立てます。



P1140003.jpg 


裏にはハンガリー、ルーマニア製プリント布を組み合わせ、

持ち手には、アルコールランプの芯を使用します。



P1140004.jpg 


カロタセグに伝わる刺繍イーラーショシュ。

ヨーロッパでも唯一とされる独特のステッチで

曲線の多い植物模様を刺繍していきます。


kalotaszeg1_20180827163929f84.jpg 


100年前のアンティーク図案から、

枕カバーの端を彩る連続模様をサンプラーのように並べました。

上から下へと段階を踏むごとにだんだんと難易度が増していきます。



P1060044.jpg



ホワイトリネンに黒い刺繍が映える、ショルダーバッグは、

アンティーク刺繍のような味わいです。

裏にはハンガリー、ルーマニア製織り布を組み合わせ、

持ち手には、アルコールランプの芯を使用します。


 P1060051_20180827163924bb4.jpg 


トランシルヴァニア地方の特徴とも言える、編みクロスステッチ。

かつては各地で見られていましたが、

特にアーラパタク村の編みクロスステッチは1900年のパリ万博で金賞を博しました。

普通のクロスステッチより、1目分伸ばして刺繍をするので、

まるで編み物のような独特の風合いに仕上がります。



IMG_8118_20180827175940ee2.jpg 


メシュテルケと呼ばれる、端のモチーフを選んで中央に施し、

現地で使用されるクロスステッチ用刺繍糸を使って刺繍します。

ちいさな鳥が向かい合う図案は、祝いの場にふさわしいものとされています。



keresztszem_20180827183431ec8.jpg 


裏にはルーマニア産の織り生地を使い、

トランシルヴァニアの革職人によるオリジナルの本革持ち手がさらに重厚感を与えます。


 keresztszem1.jpg 


*10/18(木曜) 10:00-12:30 (例年より30分長くなります。) 
新宿朝日カルチャーにて開催されます。
今回は、カロタセグのイーラーショシュか
セークのアウトライン刺しゅうのどちらかをお選びいただけます。

材料費
①イーラーショシュ(約3500円) 
②セークのアウトライン刺しゅう(バッグ)(3000円)

8月28日からWEB限定割引が先着7名様に適用されますので、
どうぞお急ぎください。

朝日カルチャーセンター


*10/17(水曜)の終日

文化服装学園オープンカレッジにて開催されます。

こちらは講義が75分、実習が75分の形式で、午前午後と分かれています。

午前はトランシルヴァニアのハンガリー人少数民族の伝統衣装や刺繍についての講義のあと、

イーラーショシュの基本の技術を学ぶ実習をします

午後はトランシルヴァニアの編みクロスステッチについての講義のあと、

編みクロスステッチの基本の技術を学ぶ実習をします。

こちら募集が始まり次第、ご連絡します。

文化学園オープンカレッジ

*10/23(火曜)10:00~12:00、15:30~17:30
NHKカルチャー京都教室にて開催されます。
午前はイーラーショシュ、午後は編みクロスステッチの実習となります。
トランシルヴァニアの伝統刺繍 ~編みクロスステッチ~

*10/25(木曜) 10:00~12:00、13:00~15:00
NHKカルチャー西宮ガーデンズ教室にて開催されます。
午前はイーラーショシュ、午後はアウトライン刺しゅうの実習となります。
トランシルヴァニアの伝統刺繍~アウトライン刺繍(ポーチ)~

*10/27~29(土~月)
箕面市けんちくの種にて開催されます。
イーラーショシュ、アウトライン刺しゅう、編みクロスステッチの実習となります。
けんちくの種

comments(0)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2018-08-27_18:32|page top

5月の菜の花畑


タンポポが綿毛に変わり、
リンゴの花が散るころに、
毎年決まって黄色い菜の花畑が姿をあらわす。
 
  lepce (5) 

何ヘクタールも続く、黄色。
その色といったら、まるで初夏の太陽の光を
そのまま集めたかのようだ。
何とも言えない、甘い香りが鼻をつく。
いつか車窓から眺めたとき、
この菜の花畑の中を泳いでみたいと思ったものだ。


lepce (6) 

その美しい花畑を見たとたん、
子どもたちは中に飛び込んだ。
そして、すいすいと気持ちよさそうに花をかき分け、
どんどん突き進んでいく。
まるで蝶にでもなったかのように。


lepce (7) 

長女は、背の高い花の中にすっぽりと隠れてしまう。
名前を呼ぶと、大きくジャンプをした。


lepce (1) 

その甘いよい香りと、眩しいほどの黄色に包まれているだけで、
胸がわくわくとしてくる。
娘は顔中を黄色い花粉でいっぱいにして、
菜の花畑から出てきた。
幸せの色、黄色い菜の花。
来年もまた、この時期に会えるだろうか。


lepce (2) 






comments(4)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2018-05-14_21:19|page top

トランシルヴァニア名物、焼きナスのパテ

7月から9月にかけて、
どこからか焼きナスの香ばしい香りがただよってくる。 
ナスを焼いていたら、
きっとあの「焼きナスのパテ」を作っているに違いない。 
イェッド村でも、ナスを買っていくと
カティおばさんが 
「 じゃあ、ビネテ(焼きナスのパテのこと)を作りましょうか。」 
とさっそく、大きなナスをかまどの中へ次々と入れていった。 
木を燃やしたあとの炭でナスをじっくりと焼く。 
中までやわらかくなったら、
取り出して手で皮をむく。
 「 水を入れた器をよこにおいて、
手をぬらしながらむくといい。」とカティおばさん。 
真っ黒い皮をきれいにむいたら、
中を開いてまな板の上におく。
 少しななめにして、中の汁を流すといいそう。 
「 この汁は、苦いからね。」


 

kopjafa 368

こうしている間に、おしゃべりをして時間をつぶす。
ほら、お隣さんもやってきた。

kopjafa 367



やがて、ナスの汁が出てしまったら
木のべらでナスをしっかりたたく。 
包丁でしたら、ナスが黒く変色してしまうので
木製を使うのがポイント。

 

kopjafa 149 

それから、刻んだたまねぎを
油でよくいためる。 
旦那のレシピでは生たまねぎを入れるのだが、 
ここでいためるとたまねぎが甘くなって、
やさしい舌触りになる。 
それから、クライマックスは
なすとたまねぎに油を入れてかき混ぜる。
 ここでしっかり混ぜると、
味がしっかりと混ざり合う。
お塩も少々。 
「 見て。ナスが白くなってきたでしょう。」

 

kopjafa 373 

 これで出来上がり。
焼きたてのパンをスライスして、
 たっぷりとペーストをのせたら、
炭の香ばしさとナスの甘さがとろけるよう。



イェッドの生活も4日目をすぎたとき、
カティおばさんの息子さんからの電話があった。 
生まれたばかりのお孫さんの洗礼があるので、 
カティおばさんをハンガリーへと呼び寄せるという話。 
おばさんは、「 もう、あんな遠くへ行くのは億劫なんだけど・・・。」
といいながらも、
愛する末息子と孫に会えるのがうれしそう。 
 村とのお別れの日は、こうして突然にやってきた。 
息子は、カティおばさんのひ孫のクリスティーナと
もう仲良しになった。 
いっしょにお花をつんだり、
カタツムリを捕まえたり・・・初めてのジプシーのお友達。


 

kopjafa 398 

カティおばさんの娘さんのご家族。
夕暮れ時の通りで集う、
いつもの風景。


 

jeddi csalad1 

よそ者をあたたかく迎えてくれるジプシーの村、
イェッド村とこうして別れを告げた。 

 トランシルヴァニアをあなたの心に・・・
              
クリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2009-09-17_11:46|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。