トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

春の歌声

太陽の光が大地を照らし、
ちいさな生命がふたたび目を覚ました。
次男の成長とともに、
季節の移り変わりにはっとさせられる日々。

我が家の庭にも、繊細な花びらをいっぱいに広げて
ひなぎくが咲いた。

tavaszi enek (6)

春の兆しは、木々の色から。
大地の色を吸い上げて、木の枝が赤く血の通ったようにドラマティックに変わる。
長い冬の灰色の世界に住まう私たちの眼は、
そんな僅かな変化にも不思議と敏感になる。

それから、春は野原にも、森の中にも
少しずつ忍び寄り、ある日を境に一気に開花するのだ。

この冬に、古民家のお隣さんがどちらとも他界してしまった。
主人を亡くし、がらんとした寂しい家や庭にも、同じように春が訪れる。
庭のはずれの町を一望する小高い丘に、
マルギットおばあさん、オルガおばさんが眠っている。

我が家の亡き主人の墓が同じように、庭のはずれに立っている。
アカシアの木の下の陰に、ひっそりと隠れるようにして
ちいさな春が出迎えてくれた。
それは、無数のスミレの花だった。
心地冷たい風が通り抜けると、かすかに甘い香りが鼻をくすぐっていく。

tavaszi enek (7)

生まれたばかりの緑に腰を下ろして、
うす紫と白の蝶のような花を愛でる。
風に揺れてかすかに動くさまは、まるで肩をゆすって笑う子どものようで愛らしい。

tavaszi enek (8)

4月のはじめ、自然の変化が目覚ましいこの時期。
森の中では、枯れ葉の間から鮮やかな緑色の芽が起きだし、
大地は無数のちいさな花で覆われる。
木が芽をふくと、すぐに日陰になってしまうから、
その前のほんの僅かな間にこの花は短い命を燃やす。

夕方、日の暮れる前に森の中に足を踏み入れた。
裸の木々の足元には、まばらに緑やうす紫の花が茂みを作り、
空からは、鳥たちの歌声が絶え間なく降ってくる。
それも、数え切れないほどのさまざまな鳴き方で。
だんだん薄暗くなる森の中で
春を告げる歌声に耳を澄ましていると、
その日の重荷がほぐれてすっと消えてしまった。
春の神秘に触れて、夢心地で森をあとにした。

スポンサーサイト
comments(2)|trackback(0)|自然、動物|2016-05-07_06:15|page top

二月の小春日和

今年の冬はどうかしている。
12月まで雪がまったく降らず、
お正月休みが明けると一気に極寒の日々がやってきた。
まとまった雪が降ったのは、一度か二度。
そうして、2月だというのに
うららかな陽気に小鳥がさえずり、
木の芽は膨らんで、今にも緑がほころびそうだ。

tavaszias (3)

私たちの住む町は小さくて、
思い立ったらすぐに森へ出かけることができる。
松林のはずれの、町を一望できる崖がお気に入りの場所だ。

tavaszias (7)

崖の下は10M以上あるのに、柵はおろか「危険」の立て札も何もない。
日本ならば、立ち入り禁止になってもおかしくないだろう。
お転婆盛りの2歳半の娘からは、目を離すことができない。

この小高い丘は、昔は石器時代の居住区だったそうだ。
何気なく足元に広がる落ちくぼんだ穴を、
少し掘ってみると、土器のかけらなどが見つかる。
旦那の考古学熱が長男にも移り、娘も穴掘り遊びに夢中になっている。

tavaszias (6)

9月の終わりに生まれた次男は、ほとんど太陽の光を浴びていない。
この暖かな光をいっぱいに吸収すれば、
春の草花のように大きくなってくれそうだ。

tavaszias (8)

次男を置いて軽くなった体で、あたりを散策する。
雪解けの水のあとから生まれた、苔の鮮やかなこと。

tavaszias (9)

崖の淵の枝を見ると、
まるでウサギの尾のような、白く愛らしいつぼみが付いている。
ネコヤナギの枝は、春の象徴でもある。

tavaszias (1)

春の兆しは、知らないうちにあちこちに目覚めている。
コンクリートに囲まれて過ごした数か月。
私たちは、身も心もカチカチになってしまったのではないか。
美しい自然と新鮮な空気を吸って、息を吹き返したような気がする。

tavaszias (2)

12時の鐘の音もとうに鳴り、お腹が空いてきた。
ボールをけりながら、ゆっくりと元の道を歩いていく。

高い高い松の木々を見上げながら、思う。
今から100年前の人々が、子孫のためにと植林した、この美しい松林。
これから生まれてくる人たちのために、私たちは何を遺すことができるだろう。

tavaszias (4)
comments(4)|trackback(0)|自然、動物|2016-02-15_05:43|page top

燃える秋の色

一年のうちでどの季節が好きかと尋ねられると、
いつからか「秋」と答えるようになった。
ここで生活をはじめて、トランシルヴァニアの秋の色に惹かれたからか、
それとも、ただ単に歳をとったからなのか。

長く厳しい冬がやってくる前に、
ありったけの力をふりしぼり、見事な色を咲かせようとする。
春のような可憐さ、華やかさはないが、
円熟した力強い色の混ざり合いが好きだ。

町を過ぎると、まばゆいばかりの黄色いトンネルが広がっていた。
羊の放牧がみられる原っぱを通ると、そこはもう森の入り口。
ひんやりと澄んだ空気の中に、あたたかな色が浮かび上がる。

osz (3)

茶色い落ち葉の中には、
ちいさな紫の花がひっそりとささやくように咲いていた。
ほっそりと透きとおった体は、森の妖精そのもの。
こちらの人々は愛情をこめて、「秋ちゃん」と呼んでいるが、
本当の名前はイヌサフラン。
可憐な姿形をしているのに、実は毒をもっているらしい。

osz (2)

落ち葉を踏みながら丘をのぼってゆくと、
だんだん体が温まってくるようだ。
そこで私たちを待っていたのは、
燃えるようにはじける色、色、色・・・。
赤やオレンジ、茶色に、黄色、そして緑。
「秋の自然は、素晴らしいな。色で遊んでいる。」
と誰かが言ったのを思い出していた。

osz (5)

大地に腰を下ろして、
お包みでぐるぐる巻きにした末っ子に乳をやる。
子どもたちは落ち葉を集めた中に寝そべって
すっかり体を隠してしまったり、
木の枝でちゃんばら遊びをしたりしている。

osz (8)

11月の太陽は思っていたよりも暖かくて、
ちいさな息子を大地に寝かせてみた。
芝生の緑に、落ち葉の茶色。
これから大地は、冷たい雪に覆われてしまうのだ。

osz (9)

反対の側を振り向くと、大きな木に目を奪われた。
ひとつの木に、さまざまな季節が混在している。
いつか、友人がこう話した。
「10月って素晴らしいわ。
朝は春のようだし、昼間は夏のよう、夕方にはすっかり秋になる。」

osz (7)

木の下には、落ち葉が影を落としている。
それも、木によって色も変わるのだ。
さあ大地に横たわって、
枯れ葉の色と音を楽しんでみよう。

osz (6)

ほら、秋って素晴らしい。

osz (1)
comments(4)|trackback(0)|自然、動物|2015-11-29_22:11|page top

6月の麦畑

ブラショフからの帰り道、
あまりの見事な風景にあっと声をあげて、車を止めてもらった。
一面の麦畑の中に、目の覚めるほどの真っ赤なポピーの花が一瞬目に映ったからだ。

あぜ道に車を置いて、
その風景をひと目見ようと国道沿いを歩いていく。
道すがら、すでに娘は真っ赤な妖精のような花を一輪つんでいた。

IMG_9847.jpg

ここは、セーケイ地方とザクセン地方との境。
あの丘のふもとには、セーケイの青い教会が見事な小さな村がある。

viragos mezo

ここではどこにでも見られる、自然に生まれた花畑の見事さにかなうものはない。
カモミールが涼しげな白色と太陽のしずくのような黄色、
そして爽やかな香りをこちらに投げかけている。

IMG_9856.jpg

子どもたちが大きな葉っぱを見つけた。
2歳の娘の背中にのせると、まるで蓑のようだ。

IMG_9863.jpg

目の前に広がる、果てしない黄金色の海。
その向こうに、誰が植えたのでもなく自然に赤い花が群生している。
誰かに見てもらうのをただ待っているという訳でもなく。

IMG_6326.jpg

胸まである麦の穂に遮られて、先へ進めない。
できることなら、この黄金色の海を泳ぐようにしてどこまでも進みたい。

IMG_9864.jpg

夏に咲く野の花で、これほど鮮やかに目を惹きつける花はない。
シフォンのようなやわらかな花びらも、
貴婦人のスカートのようなその姿形も・・。

IMG_9891.jpg

その時そよ風が吹いて、音をたてて麦畑がそよいだ。
青々とした麦色の中で朱赤の妖精たちが舞っていた。

IMG_9920.jpg

初夏の一日を鮮やかに染め上げる麦畑の風景を目に焼き付けて、
この一本道をどこまでも歩いていこう。
永遠につづくかのような夏の日々も、やがて緑を枯れつくし、
いつか終わりがやってくる。

IMG_9900.jpg
comments(4)|trackback(0)|自然、動物|2015-08-06_21:49|page top

聖アンナ湖と炭酸水の湧く泉

ここセーケイ地方の人々が誇る場所がある。
それは、ハルギタ県とコヴァスナ県のちょうど境に位置する、森深い山の中。
聖アンナ湖である。

海が遠いこの地では水が珍しいから、と言えばそうかもしれない。
今でもクマや野生動物が多く生息するという森深いこの地は、どこか神秘的なものを感じさせる。
このような話も耳にした。
19世紀のハンガリーの作家も多く、
ハンガリーの異教徒時代の神聖な場所がここにあったと信じていたらしい。
Balvanyosという地名も、異教の神像を表すBalvanyを連想させるからであろう。

森の中へと右往左往と車がさまよいながら進み、Balvanyosについた。
長いドライブで娘が眠ってしまったので、私は留守番をすることにした。
旦那たちは、「硫黄の洞窟」と呼ばれる場所を見に行った。
若いころに一度行ったことがあるが、
硫黄が噴き出る小さな洞窟で腰までつかると治療作用があるということだった。

森の中を歩いていると、大きなフクロウに出会った。
しかし、それは動かない。
大きな翼を広く横たえたままのフクロウは、
もしかしたら硫黄のガスを吸ってしまったのかもしれない。

stanna.jpg

まだ生きているかのように綺麗な翼を、そっと持ち上げてみる。
岩の上で、あたかも大空を羽ばたく夢を見て眠っているかのようだ。

stanna (4)

娘が目覚めたので、今度は下り道を歩いて炭酸水の浴場のある場所へ。
ちょっとしたハイキング気分で太陽の下を歩くと、
先ほどまで肌寒かったのが一転して汗ばむ陽気になる。

stanna (2)

人一人いない静かな場所に、いくつか水がたまっているだけ。
その一つ一つは色が違い、後から後から泡が噴出している。
白く濁っているのは、どんな成分が入っているのだろう。

stanna (8)

足をつけてみると、まるで氷のように冷たく、
ピリピリと皮膚がいたく感じる。
骨の髄までしみこむ冷たさをしばらく我慢してつけていると、
ようやく慣れてきたらしい。
足湯ならぬ、炭酸の足水。

stanna (9)

こちらは透明であるが、硫黄のにおいが強い。
鉄分のせいか、木製の桶が赤褐色に色づいている。

stanna (6)

もっとも広い桶には、黄色く濁った炭酸水が湧いている。
他のものに比べると、それほど冷たく無く感じられる。

stanna (7)

きれいに整備された浴場であるのにも関わらず、
何の標識も説明書きもなく、自然のままに放置してあるだけ。
夏の猛暑日ならば、この冷水がさぞ心地よく感じられるであろう。

stanna (12)

自然好きの息子がすぐに目を留めたのは、珍しい食虫植物。
赤いとげのある葉で素早く虫を捉える、ハエ取り草である。

stanna (10)

ふわふわと綿毛のような植物も見られる。

stanna (11)

ふと見回すと浴場は森の木々に囲まれていて、
あたかも森林浴をしているような気分である。

stanna (1)

今度は車で少し下って、聖アンナ湖へ向かう。
大昔は火山だったこの地帯に残る、カルデラが長い年月をかけて湖になったもの。
ヨーロッパでも有数の、透明度の高い湖で、
ほとんど生物が存在しないといわれていたが、
最近は観光客の増加により多少は透明度が落ちたかもしれない。

stanna(16).jpg

見回す限り、緑の深い山に囲まれている。
夏は水浴びで賑わうのが、今はまだ水温が冷たいため、
湖畔でピクニックをする人々が見られるだけ。

stanna(17).jpg

あちらの方からねずみ色の雲が押し寄せてきた。
もうすぐ雨が降りそうなので、先ほどまでシートを広げてくつろいでいた人々も
足早に片づけていなくなってしまった。

山の上の駐車場に戻ると、遠くへ人々が列をなして歩いていく姿が見られる。
モホーシュ(苔のある所)という自然保護地区へ出かけるらしい。
2時間に一度しかないツアーだから、慌てて人々の後を追いかけていくと、
参加させてくれるらしい。

この保護区周辺には、8頭の野生のクマが生息しているとのことで、
ガイドの青年がちょうど客を引き連れていく時に、子熊が入り口を入っていく様子を見たと写真を見せてくれた。
杉の木がまばらに生える他は、小さな茂みが大地を覆っているだけ。
見た目は低木なのだが、実は樹齢何百年の木もあるらしい。
小さな遊歩道を列になって通りながら、
まるで森の妖精にでも出会えそうな風景を目に焼き付けた。

stanna (13)

ここだけ特殊な植物が生息するというのは、土が関係しているらしい。
泥炭地、つまり低気温地域の沼地であるために、木々は成長が遅く、
苔や食虫植物など特殊な植物しか育たない。

stanna (15)

大粒の雨が空から落ちてきた。
このまま雨がひどくなったら、引き返そうかどうか顔を見合わせていたとき、
いくつかの小さな湖にたどり着いた。
黒々とよどんだ湖は水深が深く強い酸性である。
それにもかかわらず、周辺に生息する野生動物はこの水を飲みに来るという。

通称「海の目」という名の湖で、表面は小さいが、深くなるにつれて面積が広くなり、
まるで砂時計のような形をしている。
やがて表面を物が覆い隠してしまうため、ここ20年の間にも湖の数が減ってしまったという。

stanna (14)

大降りにならないようにと願っているうちに、
雨雲はいつしか通り過ぎ、その自然保護区の見学を終わるころには空が明るくなってきた。
夕暮れ時に山を下りると、
原っぱから帰ったばかりの牛の群れを見送りながら家路についた。
comments(0)|trackback(0)|自然、動物|2015-07-24_18:54|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。