FC2ブログ

トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

初夏の花畑

一日をもてあまし、夕方ころ散歩へと旦那を誘った。 
濃い青空に入道雲、そして灼熱の太陽。 
梅雨のないトランシルヴァニアでは、 夏がやってくるのが早い。
 5月終わりは、もう初夏といってもいい。 
 そして、この頃が最も美しく大地がかがやく季節である。 
トーンの異なる緑の中に、 色とりどりの無数の野の花が混ざり合って、
なんとも形容できない微妙な色彩を作るのだ。 
トランシルヴァニアは、まさに緑の王国である。
   berry (6) 

家から徒歩10分でたどり着く、大自然。
町外れの丘をくだり、さらに丘を登ると、
そこは馬が放牧してあり、野生の野の花が咲き乱れ、
文字通り手つかずの自然が広がっている。


berry (11)  

遠くから見ると赤茶色に見えたのは、野生のタイム。
紫がかったピンク色のちいさな花々は、目を楽しませるばかりではない。
甘くさわやかな香りが、そこにいるだけで極上の気持ちにさせてくれる。


berry (9) 

野生のタイムは、乾燥させてハーブティーにする。
緑のない長い冬の間に、夏を忍ばせてくれる。
まさに、トランシルヴァニアの初夏の味だ。

旦那と子どもたちが花摘みをしてくれる間に、
家から持ち寄った刺繍をする。
遠くを見渡す眺めと、極上の花畑と、さわやかな空気。
心落ちつく、幸せな時間。


berry (10) 

長男と遊び疲れた次男は、原っぱに寝そべっている。
指に草を巻いてもらい、心地よさそう。


berry (12) 

花摘みを終え、しばらく姿を消していた旦那が、
手にいっぱいのちいさな野いちごを見せた。
すると、今度は野いちご積みのはじまり。


berry (4) 

野いちごは日当たりのいい丘の斜面を好む。
子供の指の先くらいのちいさなイチゴだが、
口にふくむと甘酸っぱい味と香りでいっぱいになる。
ちいさな赤い顔を大地に向けているので、
草むらの中で探すのは、容易ではない。
なおさら宝探しのようで、夢中にさせてくれるのだ。


berry.jpg  

まだ見つけられない次男の口に放ってやると、
すぐに「まだ、ちょうだい。」という。
お腹いっぱいになるのは難しいが、
甘くさわやかな味わいは、くせになる。

   berry (7)  

気がつくと、日が暮れかかっていた。
日差しが弱まる夏の夕方は、ぐっと気温が下がって心地よい。
草の匂いと日没前の光に包まれて、これからはじまる長い夏を想った。


berry (2) 
スポンサーサイト
comments(6)|trackback(0)|自然、動物|2018-06-17_14:42|page top

トランシルヴァニア、4月の森


春の奇跡を最もよく感じることができるのは、森の中である。
トランシルヴァニア地方の自然は、
この春の一か月の間でドラマティックな変化をむかえる。

半年もの間、眠っていたかのように見えた
森の木々や無数の植物、生き物がいっせいに目を覚ます。
大地に耳をすませば、あふれんばかりの生命のエネルギーを感じることができる。

  tavaszierdo (22) 

まだ裸のままの木々の下では、
これまでになく春の太陽が降りそそぐ。
その恵みを浴びて、枯れ葉の大地を覆い尽くすように
野生の花がひらいていく。


tavaszierdo (2) 

春一番に咲く花は、色も形も繊細で可憐である。
真っ白なイチリンソウや紫と緑の入り交ざったクリスマスローズ、
ハンガリー語で「星の花」と呼ばれる透き通るような青のシラー、
やさしい黄色のプリムラ・・・。


tavaszierdo (4) 

時に落ち葉を押し上げ、時にはその固い葉を突き破って、
太陽の光めざして体を伸ばしていくその姿は力強い。


tavaszierdo (5) 

春の時間はせわしく、過ぎていく。
目を凝らして見ないと、あっという間に自然はその姿を変えてしまう。


tavaszierdo (6) 

こんなにも色鮮やかで、美しい森の花々の寿命は悲しいほど短い。
やがて木々が目を吹き、葉を茂らせると
太陽の恵みは遮られてしまうのだ。


tavaszierdo (8) 

生命力に満ち満ちた春の森の中は、
無数の鳥たちが愛のうたを歌っている。
あたたかな太陽の光の下、美しい花々を愛で、極上の音楽を聴いて、
身も心も生まれ変わったように清々しい。


tavaszierdo (9) 

春の奇跡がここにも、あそこにも。


tavaszierdo (14)



気がつけば、森の木々は若草色の服をまとっていた。
雲ひとつない青空の下、牛たちが草を食んでいる。
町のはずれには、もう大自然が待ち受けている。


tavaszierdo (21) 

旦那がタンポポを摘んで面白いものを見せてくれた。
花を取った茎をいくつかに裂いて、口の中に入れ、
「パ―ピカ、パ―ピカ、丸くなれ。」
と繰り返すと、不思議なことに茎の先が花のように丸くなる。
娘は目を丸くして歓び、
タンポポの茎をくわえて、おまじないのように唱えていた。


tavaszierdo (20) 

谷間にある小川に沿った小道は、人ばかりでなく牛や羊たちも通る。
この道が森につづいている。


tavaszierdo (15)


真っ白に雪をかぶったようなヤマナシの大木。
その立ち姿は、幽玄な美しさ。


tavaszierdo (19) 


森の入り口に来ると、
汗ばんだ体もひんやりと涼しくなる。
夏の期間、この森は町の人々のオアシスになる。


tavaszierdo (17) 

森の中は、芽生えたばかりの若草色がまぶしい。
森の妖精のような可憐な花々は、もう姿を消してしまっていた。


tavaszierdo (18) 

山の中の凸凹道は、深い谷底に沿っている。
足を取られないように気を付けながら、手をつなぎ歩いていこう。


tavaszierdo (1) 

森の中の湧水でのどの渇きを潤したあと、
森の中の新緑を眺めながら、腰を下ろす。
つやつやと輝く葉は、春のそよ風に吹かれて、
蝶の羽根のようにひらひらとひらめかす。
 

tavaszierdo (11) 

緑がこんなに明るい色だと初めて気が付いた。
そして、その緑が春のあたたかな空気とともに心に沁みていく。
しばらく、その景色を心ゆくまで眺めたあと、
やりかけの刺しゅうを出して縫いはじめた。
極上の時間がゆったりと流れていく。 
時が止まってほしいと思うような、春の一日だった。


tavaszierdo.jpg 



 
comments(2)|trackback(0)|自然、動物|2018-05-06_14:32|page top

羊を追うひと


冬の合間に、ふと温かな日がやってくることがある。
そんな時に青空が見えたら、それは遠足に絶好の機会だ。
裸の大地も、太陽の光のおかげで温かく見える。


juhasz (1) 

何もない大地でかけっこをする子どもたち。
突然、娘が大声をあげて駆けてきた。
羊の群れが目の前に現れたのだ。
羊の群れには猟犬がつきものであるから、緊張が走る。


juhasz (5) 

そのとき、心配は無用と羊飼いの声がした。
羊飼いのおじさんはロバをひいてゆっくりと歩いていく。
「ロバに乗せてあげると言っているよ。」ルーマニア語を通訳する旦那の声がする。
勇敢にも、娘はひとりでおじさんに向かっていった。


juhasz (10) 

町からの旅行者に慣れているのか、
おじさんは娘を抱き上げて、ロバの背に乗せてくれた。
「写真を撮ってあげなさい。」
子供好きそうに、やさしく微笑んだ。


juhasz (9) 

やがて、おじさんが行くと、
私たちを警戒して足踏みをしていた羊たちが
一斉に丘をすべり降りていく。


juhasz (4) 

まるで川が堰を切ったようだ。
その勢いは、動物ではなく水の流れを見ているように錯覚させる。


juhasz (8) 

あるものは脇目もふらず、ただひたすらに主人めざして駆けてゆき、


juhasz (7) 

またあるものは、こちらを心配そうに覗いながら、
子を想い、兄弟を想い、
「気をつけてね。」と声をかけながら歩いていく。


juhasz (3) 

しばらく無言でこの大移動を眺めていたのが、
群れの終わりが見えてくると、名残惜しくなったのか、
子供たちは後ろをついてく。


juhasz (2) 

あっという間に点になっていく、羊たち。
無駄とは知りながらも、その群れを必死になって追いかけていく子供たち。
冬の遠足は思いがけない体験をもたらしてくれた。


juhasz (15) 
この大地が、若草色に染まるのはいつになるだろうか。
冬の終わりはなかなかやってこない。


comments(4)|trackback(0)|自然、動物|2018-03-21_01:28|page top

霧のなかのお正月

2018年の幕開けはことに静かだった。 
大晦日は集まらず、町外れの森のなかの泉で家族だけで お祝いをした。

「黄金の水」という言い伝えがある。
大晦日の深夜12時に湧水を汲みに行き、
その水を一年間ずっと大切に取っておくと幸運がやってくるという。
オレンジ色の電球がともる森の中で、
湧水の流れる音を聞きながら過ごした。


その翌日、朝目覚めると珍しく空が青かった。
太陽の光がそそぐ冬の日は、短く貴重だ。
心が急かされるように外に飛び出した。

  telikirandulas (2) 
何もない原っぱの中でも落ち葉を拾ったり、
小枝で家を作ったり。
自然は果てしない想像力を培ってくれる。

telikirandulas (3) 
木の上にレモン色に輝く実を見つけた。
寄り木だ。
旦那は手に取り、その実がくっつくことを見せて、
小鳥が食べて遠くへと運んでいくことを話していた。


telikirandulas (4)

どこまでも散歩をしたい、うららかな昼下がりだった。
しばらく行くと、谷間にぶつかってしまった。
遠回りをしようか迷っていると、近くに犬が二匹いた。
私たちに気づいているのかどうか。
「近くに羊の群れがいる。」
そういう状況に何度となく合ってきたので、
どれだけ危険かということは熟知している。
隠れる場所もどこにもないので、仕方なく、
その木に娘をのせて、次に私がよじ登り、
次に次男を旦那から受け取って抱きかかえて、
最後に旦那がよじ登った。

低木に家族4人がぶら下がる、不思議な光景。
しばらくして、羊の群れがゆったりと目の前を通り過ぎていった。
先ほどの犬はかなり近くまできて、吠えている。

やっとのことで、羊の群れをやり過ごして引き返そうとすると、
不思議なことが起こった。
白い雲が降りてきて、見る見るうちにあたりを包み込んだのだ。
先程までの青い空も、遠くの丘も何もかもが姿を消した。
見えるのは、影絵のような木々だけ。

 telikirandulas (5) 
太陽がぼんやりと照らしているのが、
まるで投影機のようだった。
すっかりミルク色の霧に包まれてしまった。
先ほどまで見ていた風景が一変して、
木々のかたちが墨絵のようで美しい。

telikirandulas (8)

先が見えない原っぱの中、
私たちはおそるおそる車を止めた小道へと引き返していく。

telikirandulas (9) 

森の中でも、木々が濃淡に色を変えて、佇んでいる。
森の動物たちもさぞ、この気まぐれな天気に驚いていることだろう。


telikirandulas (7) 
天の恵みのような、お正月の散歩。
今年もたくさん、自然の不思議に触れられる年になるといい。




comments(0)|trackback(0)|自然、動物|2018-02-26_01:15|page top

春の歌声

太陽の光が大地を照らし、
ちいさな生命がふたたび目を覚ました。
次男の成長とともに、
季節の移り変わりにはっとさせられる日々。

我が家の庭にも、繊細な花びらをいっぱいに広げて
ひなぎくが咲いた。

tavaszi enek (6)

春の兆しは、木々の色から。
大地の色を吸い上げて、木の枝が赤く血の通ったようにドラマティックに変わる。
長い冬の灰色の世界に住まう私たちの眼は、
そんな僅かな変化にも不思議と敏感になる。

それから、春は野原にも、森の中にも
少しずつ忍び寄り、ある日を境に一気に開花するのだ。

この冬に、古民家のお隣さんがどちらとも他界してしまった。
主人を亡くし、がらんとした寂しい家や庭にも、同じように春が訪れる。
庭のはずれの町を一望する小高い丘に、
マルギットおばあさん、オルガおばさんが眠っている。

我が家の亡き主人の墓が同じように、庭のはずれに立っている。
アカシアの木の下の陰に、ひっそりと隠れるようにして
ちいさな春が出迎えてくれた。
それは、無数のスミレの花だった。
心地冷たい風が通り抜けると、かすかに甘い香りが鼻をくすぐっていく。

tavaszi enek (7)

生まれたばかりの緑に腰を下ろして、
うす紫と白の蝶のような花を愛でる。
風に揺れてかすかに動くさまは、まるで肩をゆすって笑う子どものようで愛らしい。

tavaszi enek (8)

4月のはじめ、自然の変化が目覚ましいこの時期。
森の中では、枯れ葉の間から鮮やかな緑色の芽が起きだし、
大地は無数のちいさな花で覆われる。
木が芽をふくと、すぐに日陰になってしまうから、
その前のほんの僅かな間にこの花は短い命を燃やす。

夕方、日の暮れる前に森の中に足を踏み入れた。
裸の木々の足元には、まばらに緑やうす紫の花が茂みを作り、
空からは、鳥たちの歌声が絶え間なく降ってくる。
それも、数え切れないほどのさまざまな鳴き方で。
だんだん薄暗くなる森の中で
春を告げる歌声に耳を澄ましていると、
その日の重荷がほぐれてすっと消えてしまった。
春の神秘に触れて、夢心地で森をあとにした。

comments(2)|trackback(0)|自然、動物|2016-05-07_06:15|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。