トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

新しい我が家と城砦教会

2月のはじめ、
謝肉祭で冬を埋葬してからというもの、
めまぐるしく天気が変わる。
大地が雪で白く覆われたかと思うと、
次の日には太陽の光がすべてを溶かしてしまう。
雪解けの水が大地をぬらしては、
地中ふかくで眠っている生命に
春が近づいていることを知らせているのだろう。

締め切られた扉とともに
ただ冬が過ぎるのをじっと待っていた我が家。
今にもくずれそうな木の門が辛うじて守っている。
太陽の光があたたかい日曜日の午後。
私たちは、新しい我が家へと向かった。

IMG_2637.jpg

ハンガリー西部に一家で移住をした友人家族も、
来年の夏にはこちらに帰ってくるという嬉しい知らせ。
自由を愛し、おおらかに生きている家族にとって、
西側の空気はどうやら居心地がよくなかったようだ。
幼稚園時代からの親友のしばらくの里帰りに、息子も大喜び。
やがて夫婦には、4人目の子どもが誕生する。

IMG_2627.jpg

我が家の自慢の、ライラックの大木。
5月になると、うす紫や白の花をいっぱいにつけて、
甘くやさしい香りを届けてくれるだろう。

IMG_2631.jpg

庭は細長く、丘の斜面にそってつづいている。
家の影になっている部分はまだ足がすっぽり埋まるほど雪が残っているが、
斜面の上の方は太陽の光ですっかり溶けてしまった。
何もない原っぱでも、子どもたちの手にかかれば
最高の遊び場に変身する。

IMG_2640.jpg

遠くを見渡そうと丘を登っていくと、
お隣りのおばあさんも自分の庭を歩いてくる。
挨拶を交わすと、
「このあたりに、雪の花が埋まっているはずなの。
もうそろそろ出てきてもいい頃なんだけれど。」
と雪の積もったあたりを探している。
「雪の花」とは、ここで一番はじめに花を咲かせる、
白い花びらが可憐な小さな花。
春を告げる花として愛されている。

「遠くをご覧なさい。丘のあちら側はまだ雪がいっぱい残っているでしょう。
こちら側は南向きだから、きっと春がくるのも早いはずね。」
しばらくおしゃべりをした後、また家の方に向かって歩いていった。

庭の端には、墓石が立っている。
かつての家の持ち主が埋まっているらしい。
その囲いに腰を下ろして、美しい眺めを足元に収めながら、
かばんから手仕事を取り出した。
太陽の光があたたかく、
外にこれほど長く座っていられることが心地よくて仕方がない。
「石に座ると、腰が冷えるって。」とラツィおじさんの気遣いを伝えてくれる息子。
やがて、小さな枕を手に持ってあがって来てくれた。

IMG_2643.jpg

しばらく刺繍をしていたものの、
やがて太陽が雲間に隠れてしまうと
風の冷たさが増して寒さが体に忍び込んでくる。
子どもたちに散歩に行こうと呼びかけても、遊びに夢中で気が乗らないようだ。
仕方がないので、一人で散歩に繰りだすことにした。

庭の端はもう柵が壊れて、すぐに教会の裏手の墓場に抜けられるようになっている。
形も大きさもさまざまな墓石の間をくぐり抜けるようにしていくと、
すぐに墓地の中の小道にぶつかった。
町で一番古いプロテスタント教会も、すぐ目の前にそびえている。

IMG_2652.jpg

東と西との境であったトランシルヴァニア地方は、
中世の長い間、激しい戦場の舞台であった。
その壮絶さを物語るのが、城砦によって囲まれた教会である。
町の住民たちは戦乱を逃れるために、教会の中に立てこもった。
丈夫な石のつくりと絶好の立地条件、
神の威光とに守られて、戦禍がおさまるのを待っていたのだろう。
石で積み上げられた壁には、鉄砲を出すための穴が今でも生々しく残っている。

IMG_2657.jpg

教会の敷地は古くから墓地になっていたが、
石畳の道にそってクリプタと呼ばれる有力者たちの立派な墓が
大きな倉庫のようにして並んでいる。
背の高い杉の木が囲み、砦をいただくその教会の姿は、
おとぎ話のお城さながらである。

IMG_2659.jpg

墓の向こうは、もう町のはずれ。
ものを言わない死者のための家々だけが軒をつらねている。
どこかもの寂しさを感じながら、ぐるりと墓地を一周することにする。

IMG_2662.jpg

柵の向こうは、もう何もない原っぱ。
つい去年までは兵隊の練習所だったようだが、
居住区に近いために移転させられたらしい。
これから、どんな風にこの辺りも変わっていくのだろう。

IMG_2664.jpg

子どもたちの声を頼りに丘を下って、家に帰り着いた。
やがて、友人たちが子どもを迎えにやってきた。
夜に訪ねることになっていた友人たちも、家をひと目見ようと到着した。
気づくと日は落ちて、
辺りはみるみる内に夕闇の色で染まっていった。

IMG_2665.jpg


スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|トランシルヴァニアの町|2013-02-25_16:00|page top

古い一軒屋との出会い

夏のある日のことだった。
町外れに住む、お針子の知人を訪ねるために
小さな通りを歩いていた。

町で一番古い教会のすぐ横手にある道。
その先は原っぱが広がり、
さらに奥には炭酸水の湧き出る泉や森がある。
砂利道がちょうど舗装されるところだったから、
道路には砂が一面にしきつめられていた。

かつて共産主義時代の高層アパートが立ち並ぶ前は、
町の景観も今とは違って一軒屋が多く、
村のような佇まいだったという。
この地区はまだその頃の名残を留めているので、
歩きながらもつい、古い家並みを観察してしまう。

ふと、崩れそうになった小さな木の門に、
売り家と書かれた標識に目がとまった。
家は門ほどまではないけれども、
やはり人の手がかけられていない埃っぽさを感じさせる。

なんとなく心引かれて、庭の様子などをのぞき見しながら歩いていくと、
ダンナがこないのに気がついた。
近所のおばあさんと話をしていたらしい。
隣のおばあさんによると、あの家は彼女のもので
売りには出していないそうだ。
また別のご近所さんによると、そのおばあさんは頭がおかしくて、
狂言ばかり吐いては周りを困らせているということだ。
その不思議な家を後にして、知人の家へと向かった。

今年の夏の暑さは異常だった。
これまで熱帯夜というものを体験したことがなかったが、
今年は何日となくそういう日があった。
家にはクーラーはおろか扇風機さえない。
網戸もないため、窓を開けると大量の蚊が入ってくるから、
空けたくとも空けられない。
そのつらい夏の夜を重ねるたびに、
これが一軒屋だったらと恨めしく思われた。

アパートは窓越しに風景が見える。
それでも、ただの切り取られた風景であって、
手をのばして届く自然ではない。
それが一軒屋だったら、ドアを空けると外の世界がいっぱいに広がり、
花の香りや果物の色に、季節が肌で感じられる。

その古い小さな家は、なおも私たちの心を掴んで離さなかった。
持ち主と電話でのやり取りがつづいた後、
再び、その家に向かった。

IMG_2607.jpg

持ち主が亡くなって、相続者がいるだけで、
家は空き家のまま5年たっていた。
そのため家の価値はなきに等しいとされ、
土地の値段が売値となったようだ。

庭にはライラックの大木があって、
これだけ幹が太いのも珍しいという。
ほかに目ぼしい木は見られず、畑は荒地となっていた。
上り坂になった、細長い土地を歩いて隅まで行くと、
教会の裏手の墓地に突き当たる。
はるか遠くは、町外れの森まで見渡せる。

IMG_2600.jpg

家の中に入ると、前の持ち主が生活の匂いをそのままに封じ込めたかのような
さまざまな品があった。
古い箪笥には洋服がそのままにかけられ、
食器棚には古い磁器が埃をかぶってしまってある。
お風呂場の代わりに、たらい置き場があった。
「直すところが多いでしょう。」
そう家主に言われて、ダンナは首を振った。
「いいえ、できるだけこのままに残したいんです。」

もう一つ気に入ったのは、雨どいの飾り。
ジプシーの職人が、アルミを加工して作ったもので、
波打った花びらが美しい。
どこかの村で、ペイントされたものも見たことがある。

IMG_2608.jpg

小さな古い家に、私たちが生活の火をともすのはいつになるだろう。
来年の春には果物の木を植えよう。
そして、土を耕して野菜を育てよう。
これから待っている沢山の仕事を想いうかべ、
来年の春が待ち遠しい。

IMG_5820.jpg

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(8)|trackback(0)|トランシルヴァニアの町|2012-11-10_17:42|page top

エルドゥーヴィデーク(森の地方)博物館

エルドゥーヴィデーク(森の地方)の博物館で
日本の日のイベントの話を持ちかけられたのは、4月のはじめ頃。
館長のデメテル・ゾルターンと町の公園で会うことになった。
「博物館といっても、基金の中で運営している小さなものでね。
予算がないんだ。」

バロートという町は、元々共産主義時代に
鉱山夫を集めてできたものだったため、
鉱山が閉鎖されてしまった今、町の活気はないという話は前から聞いていた。

ゾルターンは、いかに故郷が豊かな自然の恩恵をうけた土地であるか、
故郷出身の偉大な学者や知識人の名前を挙げては、
その魅力を力説して聞かせてくれる。

「俺たちは、それでもエルドゥー・ヴィデーグが世界の中心だと思っている。」
そういう彼も、さまざまな職歴を経て、
ここ何年か故郷の政治、文化活動に絡んでいるようだ。

約束のその日は、あいにく雨模様。
セントジュルジから北の国道から長い山道を越えて、
高原の上に出ると、おとぎの国のようなのどかな風景に美しい村々が点在している。

Barot japannap 005

いくつか村を越えると、
ここエルドゥー・ヴィデークの中心地バロートに到着する。
町の端は一軒家ばかりで、村が少し大きくなっただけのような感覚。
中心には鉱山の町らしく、たくましい鉱夫たちの像が立っている。

Barot japannap 042

それから博物館へ入り、荷物をほどいて準備をはじめた。
民家を改造した建物の地下室は、
少し天井が低いようだが石の壁で覆われていて快適な空間のようだ。

博物館の職員さんがやってきた。
「ホフマン・エディットよ。どうぞよろしく。」と握手を求める女性は、
40代くらいだろうか、一言二言交わしただけで
感じのよい人であることが分かる。

折り紙の見本を作ったりしながら、
自然とおしゃべりがはじまった。

「この町は、90年代から段々と景気が悪くなっていって、
もう若い人はほとんど出て行ってしまった。

私の姓を見ても分かる通り、
ザクセン人(トランシルヴァニアに暮らすドイツ人)の血も引いているんだけれど、
昔ドイツにいたことがあったの。
ドイツ語は話せるけれど、好きじゃないわ。まだ英語の方がまし。

そこで滞在許可証を発行して、
いよいよ本格的に移住するというときになった。
そのとき、目の前にあのヴァルジャシュの渓谷が・・、
あなたは行ったことがあるかしら。
それは美しい風景なんだけれど、
故郷の景色が鮮やかによみがえってきて、ついこう言ってしまった。
「ごめん、私はここにはいられないわ。」
そうしてここに帰ってきてしまったわけ。」

思わず手をとめて、
彼女の顔を見入ってしまった。
そして、その表情の中にあたたかなものを感じると、
不意に目が潤んできたようだ。
彼女はそれを敏感に感じて、すかさずこう言った。
「ごめんね。あなたには悪かったわね」

これほどまでに彼女を引き付けて離さなかったものが、ここにはある。
その想いが嬉しかっただけなのだ。

「いいえ、私は日本は大好きだけれど、
ここに居て、なおさら日本人で居られるような気がする。」
とっさに私はこう返していた。

Barot japannap 045

やがて6時になるかならないかの内に、
たくさんの子どもたちが日本の文化に触れ合いにやってきてくれた。
筆でもち、漢字を書いたり、
折り紙で小さなものの形を作ったり・・。
飽きずに何度も何度も、挑戦してくれる。

Barot japannap 050

それから日本の写真を見ながら、いろいろな話をさせてもらった。
自分の故郷を愛する人たちは、
きっと他の人間の故郷をも愛する事ができるはずだ。
話が終わったあとも次々と質問が飛び交い、
まるで十数人のの人たちといっしょに、
おしゃべりをしているような感じがして時間を忘れてしまった。
気がつくと、もう10時を回っていたようだ。

森に囲まれたエルドゥー・ヴィデーグは、
ほんとうの故郷のように私を受け入れてくれた。


*日本の日のイベントの様子は
 こちらでご覧いただけます。

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(5)|trackback(0)|トランシルヴァニアの町|2011-05-26_05:51|page top

旅のはじめに

早朝に出た車が、
クルージナポカの町についたのは昼前だった。

中心の聖ミハーイ教会のある広場から、
ホレア通りをくだって駅へと向かう。
その途中のことだった。

一人の老人の姿が目に留まると、
目が離せなくなった。
えんじ色の革のアップリケと刺しゅうのベストには、
鮮やかな色で刺しゅうがびっしりと施されている。
肩にかけたチェックの織りのかばんは相当年季が入っていて、
鮮やかな色が織り交じったタッセルが揺れている。

maramuresbacsi2.jpg

おじさんの跡を急ぐと、
隣から声をかけた。
「 どちらからですか?」
「 ・・・村だよ。マラムレシュさ。」
おじさんはそう言って一瞬立ち止まると、
またゆっくりとした足取りで歩みをすすめる。

maramuresbacsi1.jpg

10年前は、
クルージナポカの市場の辺りや駅の付近で
こういう民俗衣装をきたおじいさんおばあさんたちを見かけたものだった。

こういう姿が、ヨーロッパ化されグローバル化されていく
ルーマニアの中で、ひとつ、またひとつと消えていくのは
残念なことである。

まだ見ぬマラムレシュをぼんやり思い浮かべながら、
おじいさんの後姿を見送った。




トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村



Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|トランシルヴァニアの町|2011-03-28_21:32|page top

ザクセン地方の町並み

10月の秋晴れの空の下、
トランシルヴァニアのザクセン地方を縦断した。
かつてドイツ系ザクセン人が住んでいた所。
小高い丘に点在する小さな村や町は、
まるで中世そのものの趣を今に伝えている。





トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|トランシルヴァニアの町|2010-10-16_14:54|page top