トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

トロツコーの刺繍を訪ねて

宿を出ると、村のはずれの博物館へ向かった。
中庭のある建物の二階へ登ると、渡り廊下の前にもやはりダイナミックな岩山がそびえていた。

まず鉱山で働く人々に必要な鉄器具の展示物を眺め、
それからやさしい赤色が私たちを迎えてくれた。
閉ざされた環境でいかに長い冬を過ごしてきたか、
名もない女性たちの息遣いが感じられる。

  torocko (6) 
赤と濃い青の枕カバーを積み上げた、飾りベッド。
クロスステッチとサテンステッチのふたつの刺繍が見られる。
ふっくらと立体的なサテンステッチは、図案も入り組み、見ごたえがある。

torocko (5) 
年代や既婚未婚の違い、夏冬などの季節に応じて、
ひとつの村でもさまざまな衣装が見られる。
白いヴェールをかぶった花嫁衣装は、とくに美しい。
ザクセン人の影響を受けているのは、
銀のメダルやベルトなどの装身具。
赤い刺繍のブラウスは、いかにもハンガリー人らしい。

むかし、村のおばあさんにトロツコーの衣装を着せてもらったことがある。
とびきりの美人の後輩は、赤い刺繍にリボンの冠をいただく花嫁衣装に身を包み、
私はその横で青い刺繍のブラウス、スカーフを頭に巻いていた。
きのうの宿のおばあさんによると、
青いブラウスはお嫁にいけなかった女性の象徴ということだ。
ともいうおばあさんの妹さんも、青いブラウスを身につけていたらしい。
閉鎖的な村社会の中で、いかに屈辱的な思いをしたに違いない。

トロツコーには、ボビンレースも有名だった。
トロツコーのレースと呼ばれ、エプロンの端などに施されたが、
カロタセグ地方にまで輸出されたのは面白い例である。

torocko (11) 
いつか出会ったおばあさんが個人の展示室を持っているのだが、
おばあさんは高齢のため案内できず、家族のものも不在とのことだった。

今でも、この村で刺繍をする女性はいるのだろうか。
村で聞き込みをして、村のはずれまで訪ねて歩いた。

torocko (3) 
ドアをノックして、おばあさんがやさしく迎えてくれた。
刺繍を見せてほしいと告げると部屋に通される。
あたたかい空気とともに青い刺繍が目に飛び込んできた。
「今ちょうど刺繍を広げて刺していたところよ。」

刺繍枠を使い、サテンステッチでできた花模様のトロツコーの刺繍は、
80年代に図案集としても刊行された。
まるで織り機のような、自家製の頑丈な木の枠に巻いてある。

torocko (12) 
図案も自分で描くのかと尋ねると、
「私は、トロツコーのとなり村で生まれたの。
そこで図案を描き、刺繍をする人がいて、彼女に習ったのよ。」
長いあいだ、町で暮らしていたが、定年後に夫婦で村に帰ってきたという。

torocko (14) 
上から針を入れて、下の手で受け止め、
さらに下から上へと運ぶ。
吸い込まれるようにうっとりとその手の動きを眺めていると、
時間を忘れてしまいそうだ。
旦那に出発をせかされて、
今度来るときに刺繍を教えてほしいと頼むと、
おばあさんは「もちろんよ。時間ならいくらでもあるから。」と答える。

torocko (1) 
車に乗り込む時には、もう青空が広がっていた。
手がとどくほどの美しい山に手仕事のある村。
後ろ髪を引かれる思いで、この旅の目的である洗礼式のために
カロタセグ地方へと旅立った。





スポンサーサイト
comments(2)|trackback(0)|その他の地方の村|2016-11-07_19:49|page top

赤い刺繍の革ベスト

やっとのことで旅の支度が整ったのは、10時過ぎだった。
オーブンから焼き立てのケーキを布で丁寧に包み、
沢山のプレゼントと、
6日分の着替えやおむつ、ベビーカーに寝袋を詰め込むと
車のトランクはもうパンパンに膨れ上がっていた。

今回の旅に同行するのは、1歳を迎えたばかりの次男だけ。
どんよりとした曇り空の下、薄暗いボガートの森を越えて
ザクセン地方のおとぎ話の村々を眺めながら、
マロシュ地方に入って昼食を取った。

今回は、いつもと違う道筋をいき、寄り道をする計画だ。
道に迷いながらも、渓谷のような道に入り込んだ。
両側には黄色く色づいた木々がカーテンののようにかかり、
秋の見事な色が夕暮れ時の空に美しく映える。
「なんて美しいところなんだ。」と思わず運転席から感嘆の声がもれる。
さらに、山のそそり立つ方に道が曲がっていくと、
まさに秘境といっていい風景が広がっていた。
村についた時には、雨が激しく降り始めていた。

一度だけ、ここに来たことがある。
今からちょうど18年前、まだ大学生だったころだ。
初めてルーマニアを訪れた時で、ハンガリー語科の学生たちと一週間のキャンプに参加した。
一日の遠足でバスに揺られ訪れたのが、ここだった。
大きな岩山の麓に抱かれた神秘的な佇まい、
白い漆喰とどっしりとした石造りの民家に、
ドイツ系ザクセン人の影響を受けた豪華な衣装、
そして博物館のやさしいおばあさんのことをよく記憶している。

「どうして、今までここに来なかったのだろう。」と旦那はしきりに感激している様子。
しかし、私の心はすぐれなかった。
土砂降りの中、今夜の宿を探さなければならないからだ。
前の晩に下調べをしたのだが、驚くことに村は民宿だらけだと知った。
いくつか選んで見せようとしても、「いや、すぐに見つかる。」と無下に断られた。
それで電話番号も控えずに、旦那にすべて委ねるつもりだった。

長いこと車の中で雨の音を聴きながら、次男と待っていると、
「そこのおばあさんと話してきた。」と旦那がずぶ濡れでやってきた。
「今、暖房をつけてくれるって。」
美しい家は沢山あるのに、私たちが門を押したのは、
至って平凡な住まいだった。
おばあさんが一人暮らしの傍ら、民宿を営んでいるようだ。
夏には観光客が多いだろうが、10月ともなればシーズンオフでがらんとしていた。
よりにも寄ってこんな雨の晩に、
行き当たりばったりで訪れる親子も珍しいに違いない。
観光用に作った奥の建物の、二階の一室に通されたが、
寒いので上着を脱ぐこともできない。
「もうすぐ、暖かくなるから・・。
大人だけなら断ったのだけれど、子どもがいると聞いたので受け入れることにしたのよ。」
と大人しそうなおばあさんが話す。

荷物を部屋に詰め込んで、簡単な夕食をとっていると、
「おばあさんが薪を切っているらしい。手伝ってくる。」と旦那が外へ出た。
部屋の中を見回すと、ブダペストの観光の本が二冊と、
テレビが置いてあるだけ。
窓辺には、青いクロスステッチのカーテンがかけてあり、
辛うじて村にいることを感じさせてくれた。
なかなか部屋が暖まらず、隣のシャワー室も使えそうにないので、
寒さで凍えるのではないかと不安に駆られながらも眠りについた。

朝がきた。
暖房が夜には効いたらしく、毛布のお蔭で暖かかった。
早起きをして旦那が部屋を出ていき、
私は持ち込んだパンをかじっていた。
「こんな美しいのに、どうして外に出ないんだ。」と
外から見える山の美しさをしきりに褒めたたえていた。
「おばあさんは、この村で一番古い鉄職人の娘だったそうだ。」
とすっかり宿の主人と親しくなり、仕入れたばかりの情報を披露していた。

秋らしく、風の冷たい朝だった。
灰色の雲が流れていき、岩山はその見事な輪郭をゆっくりと広げる。
セーケイの岩と呼ばれるその山は、
二度太陽が昇るという。
日中は高い山に太陽が隠れてしまうので、
朝と午後に顔を出すのはおそらく冬の間のことだろう。

torocko (2) 
トロツコーの住民がこの地を選んだのは、
景色の美しさではなく、鉱山で働くためだった。
天然資源で村は潤い、堅固な作りの家に、
見事な衣装を生み出すこともできた。

やがて旦那が帰ってくると、興奮した面持ちでこういった。
「今、そこで信じられないものを目にしたよ。」
おばあさんが仕事をしているそばで話していると、
何気なしに柵にかけてある革のベストが目にかかった。
「それ、どうしたんですか?」と尋ねると、
「そうね。もうじき暖炉にくべることになると思うわ。」とそっけなく答えた。
そうして、慌てて譲ってもらうように頼んだという次第だ。

漆喰のような白い革に赤い刺繍が連続模様となって、表面を鮮やかに彩る。
コーチングステッチでできた線をなぞって見ていると、
バラやチューリップなどさまざまな形が浮かんでくる。
襟から前の打ち合わせにそって、
キツネだろうか、ふわふわとした毛が覆っている。
ポケット部分の片側は、確かに虫食いでところどころ損失しているようだ。
それでも年代を考えると、十分に良好な状態だ。

私たちは、二日分の宿代を置いて帰った。
不思議な縁で私たちのもとに、世にも美しい革のベストが巡ってきた。

torocko (13) 
comments(0)|trackback(0)|その他の地方の村|2016-10-30_13:39|page top

でこぼこ道のある村での記憶

6月の冷たい雨のふる中を、
車から下ろされて閉口した。

その日はラツィおじさんの車で
はるばるムレシュ県へやってきたのだが、
用事を済ませる間、
どこで待つかという話になり、
ダンナの一存でこの小さな村で降りることに決まった。

どんよりとした灰色の空、
雨のせいで肌寒い。
でこぼこ道には、
大きな水たまりがあちこちに生じている。

村のはずれの看板には、
この道路の不整備を訴える
ユーモラスな詩が書かれてあった。

Heviz 003

「泉」という名前の、小さな村。
ドイツ系のザクセン人の暮らしていた地方が
すぐ目の先のため、
家並みもどことなくドイツ文化の香りがする。

その家並みの中に、
黒い服のおばあさんが現われた。
なんとなく、そちらの方へついて行く。

Heviz 004

小さな曲がり角を曲がって
上り坂をゆくと、
そこは墓場の入り口だった。

おばあさんはなおも、
墓場の小道を登ってゆく。
その姿はやがて、
ルーマニア正教の教会へと消えていった。

Heviz 005

すべなく
そこで立ち尽くしていると、
後から後から
同じように黒い衣装のおばあさんたちが、
かさを手に坂を上ってくる。

「 こんにちは。」と声をかけると、
皺だらけの優しい顔が微笑んだ。
「 まあ、あなた。
 どこからやってきたの?」

黒いブラウスにスカート、
エプロンをかけている。
手作りの衣装だということはすぐに分かった。

「 これから、この教会でミサが始まるのよ。
 さあ、中へお入りなさい。」

小人みたいな
黒い服のおばあさんたちに囲まれ、
その人懐こい笑顔に包まれると、
不思議と足が中へと吸い込まれていくようだった。

平日の午前中にもかかわらず、
薄暗い教会の中には
電灯の光りが赤々と燃え、
黄金色の壁画を照らしていた。

おばあさんたちは、小さな階段を上り
二階へとあがった。

黄金に輝く壁画の文様、
お香の煙と、
黒尽くめの男性たちのコーラスが
小さな空間に響きわたる。

言葉も文化も分からないが、
宗教の力というものを
なんとなく肌で感じていた。

おばあさんは椅子を勧めると、
「 どう、気に入った?」と誇らしげに微笑んだ。
ほとんど村から出ることもなく
一生を過ごしたであろう、
おばあさんたちの人生を彩る大きな舞台のひとつが
この教会であったに違いない。

ずいぶんと時間が経っていたらしい。
その薄暗い祈りの場から
目を覚ますようにと、私を呼ぶ声がした。

小さな不思議の国へと迷いこんだ、
そんな体験だった。



トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村






Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|その他の地方の村|2010-08-13_23:36|page top

ジメシュ流のおもてなし

カティおばあちゃんを訪ねようと、今度は教会の裏手の山を登っていく。
旦那が「おばあちゃんは、いつもこの道を通って教会へ行くと言っていた。」というので、
例の木の柵を下ろして奥へと進んでいった。やがて小川にぶつかったので、どうやって先に進むのかと思ったら、およそ25cm幅の丸太の上を渡ってどんどん先に行ってしまう。「息子はどうなる!」と怒鳴ると、引き返して息子の手を引いていってしまった。

Gyimes 161_convert_20080512195939

ただ一人取り残された私・・・。
向こう岸までの長さは、5mほどか。落ちておぼれるような川ではないが、やはり中に入ることは極力避けたい・・・。意を決して先に進む。せめて水平に切ってあればよかったのだが、ただの丸太なので足場が悪い。まるで綱渡りでもするかのような緊張感で、足はがくがく震える。旦那に揶揄されながらも、ようやく渡りきった。

その先はひたすら登り道である。
かなりの急坂道なので、息も荒くなり喉もからから。息子はとっくに父親の頭にしがみついている。ちょっとそこらで休憩と思ったら・・・。旦那が「熊の足跡だ。」と顔色を変えだした。「急げ。こんなところで熊に会ったら、大変だ。」とどんどん先に進む。私もゼイゼイ言いながらも、取残されたくない一心で前に前にと向かった。
旦那は若い頃、一度だけ熊に会ったことがある。友人たちと山登りをしていたら、遠くに二匹の熊を発見。見る見るうちに熊たちはやってきて、気がつくと後ろを追いかけられていた。旦那はこのとき追いかけられながらもカメラにその姿を収め、後で現像してみたらフィルムが古くて何も写っていなかった、というのは武勇談の一つである。
それ以来、熊と聞くと異常な反応をしめす。昔、山の山頂近くで熊の遠吠えらしきものを聞いた途端、ものすごい勢いで我先にと山を下った。もちろん私のことなど忘れて。

80歳のおばあちゃんがこんな冒険をして教会に通うとは到底思われない。
きっと道を間違えたのだ。私たちはようやく山を越えて、家らしきものを探したが見当たらない。下のほうに村の集落が見える。仕方がないので、下っていくことにした。

誰かのうちの庭にたどり着き、犬がいないか確認してから通りに出る。
もう昼過ぎなので家に帰ろう。そう思って歩いていると、以前道案内をしてくれたおじさんの奥さんと会い「さっき、エーヴァに家で焼いたパンをあげると約束したから取りにおいで。」と声をかけてもらった。そして大きな家の前に来ると「少し家で食べていきなさい。」とまた勧めてくださった。旦那と顔を見合わせていると、家に通されて、あっという間にテーブルがきれいに準備されていった。

ご主人がワインを注いでくれ、少し酸味のあるワインを飲みながら、自家製のパンを頂いた。パンを持ち上げてみて、その重みに驚く。普通のパンの二倍くらいは中身が詰まっているのだ。口に入れると、その食感はまるで鹿児島名産のかるかんのよう。あのモチモチとした、水分の多い粘った感じだ。よく見ると、ちいさなジャガイモのかけらが見える。
パンだけでも十分なご馳走だ。
テーブルの上には、さらに自家製のソーセージやチーズがいっぱいに盛られていた。

Gyimes 176_convert_20080514065414

奥様が今度は、私の好物の「羊のチーズ入りプリスカ」を鍋に持って来てくださる。
プリスカは、ルーマニア名物のとうもろこしの粉を茹でたものだ。これに羊のチーズがよく合う。家で作るよりも格段に美味しかった。残念なことに、お腹がいっぱいになってしまった。

奥様は、隣の部屋にあるかまどを見せてくれた。
普通の部屋なのに、ふたを開けるとかまどが。ここであのパンを焼くのだ。エーヴァにパンを焼くことを教えたという。私もいつか教えてもらうよう約束をした。

Gyimes 178_convert_20080514065500

ご主人は、「旅行者をもてなすのは当たり前。自分もよそに行ったときに、歓迎してもらえたからお互い様のことだ。」と話す。よっぽど人とよい関わりをしてきた人なのだろう。私が「セントジュルジでも、日本でもお待ちしています。」というと、「人生どんなことだってありえるさ。」と言って笑った。
息子は奥さんにねだって、やっと開きかけたチューリップやスミレの花をちぎらせてもらい満足そう。夕方牛乳をもらいに行くように約束をして別れた。

やがて日が傾きかけて、ペットボトルを二つ抱えてフィリップさんの所に向かう。
ちょうどウシの乳を搾るところらしく、中を拝見。大きなウシ二頭に子牛もいた。息子も乳絞りを初体験させてもらう。が、ウシのお乳はとんでもない方向に向かって飛んでいった。おばさんはさすがベテラン。あっという間にバケツが一杯になり、「絞りたてが一番体にいいのよ。」とコップを差し出してくださった。
搾りたての牛乳は、幸せな味。なぜこんなに美味しいものがあるのに、ジュースや酒を買うのだろう。ペットボトルにもたくさん牛乳が注がれた。

小屋から出るとご主人が馬小屋に呼び入れる。
つるつるに光った茶色の肌をした立派な馬が二頭。「馬は足の力が強いから、決して後ろに立ってはいけない。」こう聞かされていたから入るのを躊躇していると、馬を連れてご主人が外に出てきた。どうやら息子を乗せてくれるらしい。馬の背には毛布がしかれ、快適そうだ。優しい目をした馬の背に抱え上げられ、息子は誇らしげである。おじさんがゆっくりと庭を二週させた。午後の日差しに、馬の毛並みが美しく輝いた。いったん馬から下りたものの、もう一度とせがむので、もうあと一周させてもらった。

Gyimes 197_convert_20080514065602

自家製のチーズと牛乳を安くで分けていただき、カティおばあちゃんにも牛乳を持っていった。ちょうど夕食時だったようで、少し話をしていると「さあお食べなさい。」とゆでたてのジャガイモと羊のチーズをテーブルに置いた。明日もう帰るので、今日は急ぐことを告げると「まあ、可哀想に。」といった。

こうしてコーシュテレクの気さくな村人たちと別れた。
まだここにいながらも「次はいつ来られるだろう。」と考えている。
どうして知り合ったばかりの人に、心をこうも開けるのだろう。もてなし上手、お客好き・・・。きっと村の人たちは、お金で買えないものの大切さをよく知っているからだろう。ほとんどを自給自足でまかなうから、人との交流、付き合いに物を惜しまない。
都市の生活との決定的な違いはここだ。お金はなくても、どこか心にゆとりがあるのだ。
もう一度、この村に帰ってこの「おもてなし精神」を学びたい。よくしてもらった分、どこかでお返ししたい。そう思った。

Gyimes 205_convert_20080512195616


Theme:東欧
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|その他の地方の村|2008-05-15_06:13|page top

ジメシュのツーリズム計画

エーヴァたちは、チャーンゴー協会から派遣されたハンガリー語教師である。
始めは半年のつもりできたのに、この地が気に入ってもう4年目になる。人口が600人の村だから、子供の数も少ない。その数少ない子供たちと深く関わってきた。

ルーマニア一般の教育事情として、村の教師の水準は低い。教員免許を持った力のある教師はほとんどが都市部を希望するから、農村部には古い体制の教師たちが多いという。そこにエーヴァたちのような、一流の教育を受けた意欲あふれる教師たちが来たのだから、村にとっては思ってもいない贈り物だろう。ただ、エーヴァの話を聞いていると村の住民はまだその価値に気がついていないと見える。

民族舞踊を得意とする二人は、地元に学生の民族舞踊グループを作った。ちなみにエーヴァの兄は、町の民俗舞踊団で踊っている。まだよそに公演はしていないものの、かなりのレベルにまで達しているようだ。
そしてこの春休み中には、村で伝統的な結婚式を催し大成功を収めたそうだ。本当の結婚式ではなく、子供たちが衣装を着て、古い習慣を再現したものだ。花嫁をもらう時のせりふを言ったり、もちろん音楽や踊りもあった。二人とも大学で民俗学を専攻していたから、きっと本格的なイベントだったであろう。
いかにして地域の特徴を生かし、自分達のものにするか。それを心から考え、実践してみせた。その影響力は大きいだろう。

そしてもう一つ、村のために貢献していることがある。
よそから隔離され農業に適しない環境のコーシュテレクでは、主な収入源は林業と牧畜業のみである。若者たちは村から離れることを余儀なくされている。
それで、考え付いたのはツーリズムである。
交通の不便は悪いが、その分未開発の自然の美しさ、何よりも村の人々のメンタリティー、伝統的な生活習慣は昔のままに残っている。それを生かして、村の人々に新たな生活の道が開けることになる。

私たちの滞在の間に、ちょうどハンガリーからの旅行者のグループがやってきた。今週の週末がちょうど、キリスト教の聖霊降臨祭にあたることから、チークセレダの隣村チークショムヨーで大掛かりなカトリックのミサが開かれる。トランシルヴァニアにおいて最も重要な巡礼地である。彼らは、それを目的にやってきた巡礼者たちである。

その旅行者たちは、このコーシュテレクの民家に泊まり、翌朝には徒歩でチークショムヨーを目指すという。ちなみにその距離はなんと25km! 子供づれの私たちにはとんでもない距離だ。これは巡礼という宗教的な儀式であるから、道が険しければ険しいほど、遠ければ遠いほどいいのかもしれない。

Gyimes 123_convert_20080512082434

この宿泊地についても直前まで決まらなかったようで、彼らは頭を痛めていた。まだ、村の人たちには新しい可能性を受け入れる準備ができていないようだ。

次の朝、村のカトリック教会でハンガリーの旅行者たちのためにミサが開かれた。
私たちも行ってみることにした。この村の神父さんは、モルドヴァ地方のチャーンゴー人である。以前遊びに行ったときには、ニコニコとやさしく微笑む、権威を感じさせない謙虚なおじいさんであった。ただ難点は、言語障害があるらしく言葉に何度も詰まって、話が聞き取りにくいことだった。これで村の住民の信頼は得られるのだろうか、ミサでは話が聞き取れるのか心配だったが、驚いたことに、ミサではすらすらと言葉が流れ、威厳あふれる神父さまだった。

ミサが終わると、民族衣装をまとったうら若き乙女二人と少年が立っていた。
男性は丈の長いシャツに帯を締め、女性は刺しゅうの鮮やかなチュニックに黒っぽい織りのまきスカート姿。ちらりと長いチュニックのすそを見せるのがポイントである。美しい刺しゅうがここにも。
チャーンゴーの衣装は、ルーマニアのそれにそっくりである。女性のブラウスのそでは膨らみ、ハンガリーのものに似ている。

Gyimes 147_convert_20080514065205

まず男の子がはっきりとした大きな声で詩を暗誦した。ペトゥーフィ・シャーンドルの長い詩を堂々とそらんじた。拍手が起こる。
一方で女の子たちは微笑んでいるだけなので、その内に見物客が「歌でも歌って。」と声をかけ出した。予想外のことに少し戸惑いの色を見せたが、少女たちはひそひそと相談を始め、やがて大きな声でチャーンゴーの民謡を歌った。しっかりとした歌声だった。きっとエーヴァかアンドラーシュの教え子たちだろう。

Gyimes 150_convert_20080514062556

彼ら次の世代の者たちは、この村の問題に新しい解決法を見出してくれるだろう。

アンドラーシュの作った、コーシュテレクの案内文はこのように綴られる。
“残念ながら、グローバル化の進む現代の社会の中で人々は自然から遠ざかり、健全なる人間関係も失われつつあります。コーシュテレクでは、この地理的に閉鎖しているために、この危険性は今のところまだありません。この地を訪れた人は、ふだん私たちが本や博物館の中でしか見ることのできないような伝統的で、原始的な文化に出会うことでしょう。なぜなら、この地の住民はまだ自然とともに毎日の生活を営んでいるからです。
旅行者の皆様は、村の住民と生活する内にきっとこの忘れ去られてしまった生活習慣を味わうことができるでしょう。・・・どうぞコーシュテレクにいらしてください。きっと後に再びこの村に帰りたくなることでしょう。“

Gyimes 163_convert_20080514064525


Theme:東欧
Genre:海外情報

comments(1)|trackback(0)|その他の地方の村|2008-05-14_06:31|page top