トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

トロツコーの刺繍を訪ねて

宿を出ると、村のはずれの博物館へ向かった。
中庭のある建物の二階へ登ると、渡り廊下の前にもやはりダイナミックな岩山がそびえていた。

まず鉱山で働く人々に必要な鉄器具の展示物を眺め、
それからやさしい赤色が私たちを迎えてくれた。
閉ざされた環境でいかに長い冬を過ごしてきたか、
名もない女性たちの息遣いが感じられる。

  torocko (6) 
赤と濃い青の枕カバーを積み上げた、飾りベッド。
クロスステッチとサテンステッチのふたつの刺繍が見られる。
ふっくらと立体的なサテンステッチは、図案も入り組み、見ごたえがある。

torocko (5) 
年代や既婚未婚の違い、夏冬などの季節に応じて、
ひとつの村でもさまざまな衣装が見られる。
白いヴェールをかぶった花嫁衣装は、とくに美しい。
ザクセン人の影響を受けているのは、
銀のメダルやベルトなどの装身具。
赤い刺繍のブラウスは、いかにもハンガリー人らしい。

むかし、村のおばあさんにトロツコーの衣装を着せてもらったことがある。
とびきりの美人の後輩は、赤い刺繍にリボンの冠をいただく花嫁衣装に身を包み、
私はその横で青い刺繍のブラウス、スカーフを頭に巻いていた。
きのうの宿のおばあさんによると、
青いブラウスはお嫁にいけなかった女性の象徴ということだ。
ともいうおばあさんの妹さんも、青いブラウスを身につけていたらしい。
閉鎖的な村社会の中で、いかに屈辱的な思いをしたに違いない。

トロツコーには、ボビンレースも有名だった。
トロツコーのレースと呼ばれ、エプロンの端などに施されたが、
カロタセグ地方にまで輸出されたのは面白い例である。

torocko (11) 
いつか出会ったおばあさんが個人の展示室を持っているのだが、
おばあさんは高齢のため案内できず、家族のものも不在とのことだった。

今でも、この村で刺繍をする女性はいるのだろうか。
村で聞き込みをして、村のはずれまで訪ねて歩いた。

torocko (3) 
ドアをノックして、おばあさんがやさしく迎えてくれた。
刺繍を見せてほしいと告げると部屋に通される。
あたたかい空気とともに青い刺繍が目に飛び込んできた。
「今ちょうど刺繍を広げて刺していたところよ。」

刺繍枠を使い、サテンステッチでできた花模様のトロツコーの刺繍は、
80年代に図案集としても刊行された。
まるで織り機のような、自家製の頑丈な木の枠に巻いてある。

torocko (12) 
図案も自分で描くのかと尋ねると、
「私は、トロツコーのとなり村で生まれたの。
そこで図案を描き、刺繍をする人がいて、彼女に習ったのよ。」
長いあいだ、町で暮らしていたが、定年後に夫婦で村に帰ってきたという。

torocko (14) 
上から針を入れて、下の手で受け止め、
さらに下から上へと運ぶ。
吸い込まれるようにうっとりとその手の動きを眺めていると、
時間を忘れてしまいそうだ。
旦那に出発をせかされて、
今度来るときに刺繍を教えてほしいと頼むと、
おばあさんは「もちろんよ。時間ならいくらでもあるから。」と答える。

torocko (1) 
車に乗り込む時には、もう青空が広がっていた。
手がとどくほどの美しい山に手仕事のある村。
後ろ髪を引かれる思いで、この旅の目的である洗礼式のために
カロタセグ地方へと旅立った。





スポンサーサイト
comments(2)|trackback(0)|その他の地方の村|2016-11-07_19:49|page top

赤い刺繍の革ベスト

やっとのことで旅の支度が整ったのは、10時過ぎだった。
オーブンから焼き立てのケーキを布で丁寧に包み、
沢山のプレゼントと、
6日分の着替えやおむつ、ベビーカーに寝袋を詰め込むと
車のトランクはもうパンパンに膨れ上がっていた。

今回の旅に同行するのは、1歳を迎えたばかりの次男だけ。
どんよりとした曇り空の下、薄暗いボガートの森を越えて
ザクセン地方のおとぎ話の村々を眺めながら、
マロシュ地方に入って昼食を取った。

今回は、いつもと違う道筋をいき、寄り道をする計画だ。
道に迷いながらも、渓谷のような道に入り込んだ。
両側には黄色く色づいた木々がカーテンののようにかかり、
秋の見事な色が夕暮れ時の空に美しく映える。
「なんて美しいところなんだ。」と思わず運転席から感嘆の声がもれる。
さらに、山のそそり立つ方に道が曲がっていくと、
まさに秘境といっていい風景が広がっていた。
村についた時には、雨が激しく降り始めていた。

一度だけ、ここに来たことがある。
今からちょうど18年前、まだ大学生だったころだ。
初めてルーマニアを訪れた時で、ハンガリー語科の学生たちと一週間のキャンプに参加した。
一日の遠足でバスに揺られ訪れたのが、ここだった。
大きな岩山の麓に抱かれた神秘的な佇まい、
白い漆喰とどっしりとした石造りの民家に、
ドイツ系ザクセン人の影響を受けた豪華な衣装、
そして博物館のやさしいおばあさんのことをよく記憶している。

「どうして、今までここに来なかったのだろう。」と旦那はしきりに感激している様子。
しかし、私の心はすぐれなかった。
土砂降りの中、今夜の宿を探さなければならないからだ。
前の晩に下調べをしたのだが、驚くことに村は民宿だらけだと知った。
いくつか選んで見せようとしても、「いや、すぐに見つかる。」と無下に断られた。
それで電話番号も控えずに、旦那にすべて委ねるつもりだった。

長いこと車の中で雨の音を聴きながら、次男と待っていると、
「そこのおばあさんと話してきた。」と旦那がずぶ濡れでやってきた。
「今、暖房をつけてくれるって。」
美しい家は沢山あるのに、私たちが門を押したのは、
至って平凡な住まいだった。
おばあさんが一人暮らしの傍ら、民宿を営んでいるようだ。
夏には観光客が多いだろうが、10月ともなればシーズンオフでがらんとしていた。
よりにも寄ってこんな雨の晩に、
行き当たりばったりで訪れる親子も珍しいに違いない。
観光用に作った奥の建物の、二階の一室に通されたが、
寒いので上着を脱ぐこともできない。
「もうすぐ、暖かくなるから・・。
大人だけなら断ったのだけれど、子どもがいると聞いたので受け入れることにしたのよ。」
と大人しそうなおばあさんが話す。

荷物を部屋に詰め込んで、簡単な夕食をとっていると、
「おばあさんが薪を切っているらしい。手伝ってくる。」と旦那が外へ出た。
部屋の中を見回すと、ブダペストの観光の本が二冊と、
テレビが置いてあるだけ。
窓辺には、青いクロスステッチのカーテンがかけてあり、
辛うじて村にいることを感じさせてくれた。
なかなか部屋が暖まらず、隣のシャワー室も使えそうにないので、
寒さで凍えるのではないかと不安に駆られながらも眠りについた。

朝がきた。
暖房が夜には効いたらしく、毛布のお蔭で暖かかった。
早起きをして旦那が部屋を出ていき、
私は持ち込んだパンをかじっていた。
「こんな美しいのに、どうして外に出ないんだ。」と
外から見える山の美しさをしきりに褒めたたえていた。
「おばあさんは、この村で一番古い鉄職人の娘だったそうだ。」
とすっかり宿の主人と親しくなり、仕入れたばかりの情報を披露していた。

秋らしく、風の冷たい朝だった。
灰色の雲が流れていき、岩山はその見事な輪郭をゆっくりと広げる。
セーケイの岩と呼ばれるその山は、
二度太陽が昇るという。
日中は高い山に太陽が隠れてしまうので、
朝と午後に顔を出すのはおそらく冬の間のことだろう。

torocko (2) 
トロツコーの住民がこの地を選んだのは、
景色の美しさではなく、鉱山で働くためだった。
天然資源で村は潤い、堅固な作りの家に、
見事な衣装を生み出すこともできた。

やがて旦那が帰ってくると、興奮した面持ちでこういった。
「今、そこで信じられないものを目にしたよ。」
おばあさんが仕事をしているそばで話していると、
何気なしに柵にかけてある革のベストが目にかかった。
「それ、どうしたんですか?」と尋ねると、
「そうね。もうじき暖炉にくべることになると思うわ。」とそっけなく答えた。
そうして、慌てて譲ってもらうように頼んだという次第だ。

漆喰のような白い革に赤い刺繍が連続模様となって、表面を鮮やかに彩る。
コーチングステッチでできた線をなぞって見ていると、
バラやチューリップなどさまざまな形が浮かんでくる。
襟から前の打ち合わせにそって、
キツネだろうか、ふわふわとした毛が覆っている。
ポケット部分の片側は、確かに虫食いでところどころ損失しているようだ。
それでも年代を考えると、十分に良好な状態だ。

私たちは、二日分の宿代を置いて帰った。
不思議な縁で私たちのもとに、世にも美しい革のベストが巡ってきた。

torocko (13) 
comments(0)|trackback(0)|その他の地方の村|2016-10-30_13:39|page top

でこぼこ道のある村での記憶

6月の冷たい雨のふる中を、
車から下ろされて閉口した。

その日はラツィおじさんの車で
はるばるムレシュ県へやってきたのだが、
用事を済ませる間、
どこで待つかという話になり、
ダンナの一存でこの小さな村で降りることに決まった。

どんよりとした灰色の空、
雨のせいで肌寒い。
でこぼこ道には、
大きな水たまりがあちこちに生じている。

村のはずれの看板には、
この道路の不整備を訴える
ユーモラスな詩が書かれてあった。

Heviz 003

「泉」という名前の、小さな村。
ドイツ系のザクセン人の暮らしていた地方が
すぐ目の先のため、
家並みもどことなくドイツ文化の香りがする。

その家並みの中に、
黒い服のおばあさんが現われた。
なんとなく、そちらの方へついて行く。

Heviz 004

小さな曲がり角を曲がって
上り坂をゆくと、
そこは墓場の入り口だった。

おばあさんはなおも、
墓場の小道を登ってゆく。
その姿はやがて、
ルーマニア正教の教会へと消えていった。

Heviz 005

すべなく
そこで立ち尽くしていると、
後から後から
同じように黒い衣装のおばあさんたちが、
かさを手に坂を上ってくる。

「 こんにちは。」と声をかけると、
皺だらけの優しい顔が微笑んだ。
「 まあ、あなた。
 どこからやってきたの?」

黒いブラウスにスカート、
エプロンをかけている。
手作りの衣装だということはすぐに分かった。

「 これから、この教会でミサが始まるのよ。
 さあ、中へお入りなさい。」

小人みたいな
黒い服のおばあさんたちに囲まれ、
その人懐こい笑顔に包まれると、
不思議と足が中へと吸い込まれていくようだった。

平日の午前中にもかかわらず、
薄暗い教会の中には
電灯の光りが赤々と燃え、
黄金色の壁画を照らしていた。

おばあさんたちは、小さな階段を上り
二階へとあがった。

黄金に輝く壁画の文様、
お香の煙と、
黒尽くめの男性たちのコーラスが
小さな空間に響きわたる。

言葉も文化も分からないが、
宗教の力というものを
なんとなく肌で感じていた。

おばあさんは椅子を勧めると、
「 どう、気に入った?」と誇らしげに微笑んだ。
ほとんど村から出ることもなく
一生を過ごしたであろう、
おばあさんたちの人生を彩る大きな舞台のひとつが
この教会であったに違いない。

ずいぶんと時間が経っていたらしい。
その薄暗い祈りの場から
目を覚ますようにと、私を呼ぶ声がした。

小さな不思議の国へと迷いこんだ、
そんな体験だった。



トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村






Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|その他の地方の村|2010-08-13_23:36|page top

セーク(シク)村の手仕事を訪ねて(後)

午後になるとたちまち、
どこからか雨雲がやってきては、
地面を湿らす。

SzekesKalotaszeg 177

また一雨こないうちにと、
目指す家の門を叩いた。
玄関口からは、様子を伺いに外に出てきたのは
小柄なおばあさん。

「 機織りを見せていただけませんか?」
おばさんは一瞬考えたあと、
「 どうぞ。」と小声で言い、
家の中へと案内した。

薄暗い部屋のなかに、
ぴんと張られた縦糸のあまりの白さに、
鳥肌が立つ。

SzekesKalotaszeg 184

小さな部屋の中、
大きな機織機を動かしはじめると、
生活空間はたちまちにアトリエに早代わりしてしまう。
ただじっと、その動きを見つめ、
その音に耳を澄ます。

SzekesKalotaszeg 214

横糸の入った筒を、右へ左へと動かす。
バタンと厚い木の板で、
生地を押して整える。
その一定のリズムが、なんとも心地よい。

SzekesKalotaszeg 220

機織に向かうその姿は、
まるで鍵盤をたたくピアニストのよう。
美しい旋律の代わりに、美しい模様が紡ぎだされる。
織っているうちに、
自然とおばあさんの顔には笑みが浮かんだ。

SzekesKalotaszeg 228

たっぷりと時間を吸い込んで黒ずんだ木目。
この機織機は、
どれだけの夏と冬を越してきたのだろう。

SzekesKalotaszeg 242

セークの村でも唯一の、
立体模様の織りを作りだすカティおばさん。
村の人たちからの注文に応じて、
機織をつづけている。
結婚式や葬式など、
今でも織りのクロスは生活のあらゆる場面を彩っている。

SzekesKalotaszeg 201

先ほどまでの雨雲はとたんに姿を消し、
ふたたび青空が戻ってきた。
丘の上にあるペンションへと戻り、
セークでの半日も終わった。

SzekesKalotaszeg 178



朝日が差してきた。
なだらかな曲線を描く谷あいを一望する、
ペンションからの風景。

SzekesKalotaszeg 284

ゆっくりと朝食を食べ、
村へ向かうと、もう畑仕事を済ませた
おばさんたちがやってくる。
真っ白なブラウス、紅色や黒のプリーツスカート。
もったいないほど美しい日常着。

SzekesKalotaszeg 286

人づてに聞いた、刺しゅうの職人さんを訪ねる。
ジュジャさんは、
「 これが一番古い衣装よ。曾おばあさんから伝わるもの。」 
と美しい衣装を次々と見せ、説明をしてくれる。
細やかなプリーツの寄せられたスカートは、
すべて手縫いで作られてある。

SzekesKalotaszeg 335

「 私はね、生まれてから一度も市販の服を着たことがないのよ。
 ブダペストに出かけようとも、いつもこの衣装。」
年の頃は、50前くらいだろうか。
高校を出たばかりのお嬢さんがいる。

ふくよかなその指先からは、
驚くほど繊細なバラ模様が生まれる。

SzekesKalotaszeg 388

縁にバラ模様の連なったスカーフは、
セークの女性の晴れの服装である。
サテンのようななめらかな光沢の黒地に、
鮮やかなバラの模様が美しい。

SzekesKalotaszeg 436

ご主人さまのために作ったという、
アコーディオンプリーツのシャツ。
「 シャツの袖には、
日曜日の朝は必ずアイロンをかけるの。
そうしないと、綺麗なプリーツが寄らないからね。」

SzekesKalotaszeg 339

胸からは、刺しゅう入りの
細長いネクタイがちらりとのぞく。
未婚の男性は赤を、
既婚の男性は黒を見につけるという。

SzekesKalotaszeg 340

お隣のお嬢さんにつれられて、
セークの部屋を見せてもらう。
まだ中学生くらいの少女のために
すでに嫁入り道具が用意されている。

家の富を手仕事に注ぎ込む、
セークの伝統的な価値観が
ここにもしっかりと根付いている。

SzekesKalotaszeg 417

衣装も見につけず、
針仕事もしない今の世代の少女たち。
彼女たちの時代には、
セークの村はどんなにか変わっていることだろう。

SzekesKalotaszeg 428

少女が絵付けをした額縁には、
若き日の両親の結婚写真が収められていた。

SzekesKalotaszeg 434

診療所の前では、
女性たちがおしゃべりに花を咲かせる。

szek4.jpg

こんな風に、紅い布が干してあるというのも
セークならではの風景。

SzekesKalotaszeg 453

黒いブーツがずらりと並んでいる、古い民家。
ベルギー人が家を買い取り、
住んでいるという。

szek5.jpg

こちらはハンガリー人が別荘にしている、
古いカヤブキの家。
こういう古い家を村の人よりは、
外国人が珍しがって買い取ることが多いようだ。

SzekesKalotaszeg 475

土で塗り固められた壁。
家の壁をより白く見せるために、
青が使われていた。

SzekesKalotaszeg 477

家の中は、まるで展示場さながら。
部屋を彩る鮮やかな色が、
光りの少なさを補って、
生き生きと明るいものにしている。

SzekesKalotaszeg 478

中世の残る村に
まだまだ後ろ髪を引かれながらも、
町行きのバスに飛び乗った。



トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村

*セークのファッションについて、
 詳しくはこちら。
 ICIRI・PICIRIの小さな窓、セークのファッション美学

*セークの機織について、
 詳しくはこちら。
 ICIRI・PICIRIの小さな窓、セークの立体織り

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|その他の地方の村|2010-07-15_06:35|page top

セーク(シク)村の手仕事を訪ねて(前)

トランシルヴァニアの中でも、
とりわけ有名なセーク(シク)村。
以前訪ねたのは真冬の閉ざされた環境のせいか、
どこか閉鎖的なように感じられた。

なだらかな山が続くこの一帯は、
メズーシェーグと呼ばれる。
四方を丘で囲まれた環境のせいか、
フォークロアが豊かな地方として知られている。

ゲルレからバスに揺られること20分ほどで、
すぐにセークに入った。
緑の丘に抱かれた村は、
それだけでひとつの世界のようである。

村の中心の教会の前には、
美しい衣装の人たちが見られる。
ちょうど、日曜のミサが始まるところのようだ。

バスから飛び降りると、
吸いよせられるようにして
黒い衣装の女性の跡をついてゆく。

SzekesKalotaszeg 015

大きく広がったアコーディオン・プリーツは、
まさにセークの衣装の顔である。
夏の太陽に照らされて、
その陰影がくっきりと移し出される。

SzekesKalotaszeg 032

黒いベストにスカート、
白のブラウスの控えめな色合いが、
可憐な女性の美しさを引き出している。

肩に留まったバラ飾り、
そして黒いスカーフの赤いバラ刺しゅう、
スカーフの下から、
お下げと赤いリボンが長く腰まで垂れる。

szek2.jpg

男性は、麦わら帽子に青いベスト。
刺しゅうのネクタイが、
白いシャツの胸からそっと顔を見せている。

教会のミサが厳かにはじまった。
日曜日のミサには、晴れの衣装を見につける。
どこでもその規則は変わりないはずなのに、
中世の古い教会に、
これだけの人数がお揃いの衣装で並んでいると、
ぴんと厳かな空気が張りつめるようだ。
まるで、何百年もの時間をタイムスリップしたかのよう。

SzekesKalotaszeg 039

一時間のミサのあと、
重い荷物を下ろそうと宿を探す。
セークには三つの通りしかないと言われる。
昔は町と呼ばれたほど大きな村は、
三つの地域に分けられる。

SzekesKalotaszeg 072

手違いでペンションが予約されていなかったことが分かり、
炎天下のなか宿を探す羽目になった。
ハンガリーから大型バスで観光客が着ているため、
村のペンションはどこも一杯だという。
村人を探すにも、日曜日の午後は
しんと水を打ったように静かだ。

やがて親切なハンガリー人団体客の招きで、
ツアー観光の中へと入れてもらう。
急きょ、同じペンションで部屋を空けてもらい、
ほっと一安心。何とかなるものだ。

村のおばさんが、糸紡ぎのレクチャーをしているところ。
麻を育て、くしをかけて、叩き、それから糸を紡ぐ。

SzekesKalotaszeg 078

隣国ハンガリーにとっては、
トランシルヴァニア地方はノスタルジアをそそる、
文化のルーツともいえるところ。

荷物を置いて身軽になったので、
さっそく村を散策に出かける。
「 村の下の方に、刺しゅうをする人がいたと思うわ。」という
おぼろげな情報を頼りに通りを下っていく。
途中で道を尋ねたら、
その女性が「うちにもあるわよ。」と家へ招き入れてくれる。

一般にハンガリー語では「清潔の部屋」という
女性の手仕事をしまった部屋のことを、
ここでは「セークの部屋」と呼ぶ。

カラフルなウールの機織のベッドカバーが
幾層にも重ねられ、その上には
真紅の織りのクッションカバーが高く積み上げられる。
決して使われることのない、
生活用品はまさに目で愛でるべきもの。

SzekesKalotaszeg 065

青い壁には、所狭しと
機織のクロスにアンティークの皿、
家族の写真や、絵画などが飾られている。

SzekesKalotaszeg 093

「 刺しゅうはされますか?」と尋ねると、
奥の部屋から、作りかけの刺しゅうを見せてくれる。
1mほどはある大きな刺しゅう枠は、
まるでキャンバスのようだ。

SzekesKalotaszeg 115

その大きなキャンバスを胸に抱き、
ひと針入れては、裏からひと針を出す。
ただひたすら、その繰り返し。

SzekesKalotaszeg 110

「 あ、これなら。私にもできそう。」
友人がそうつぶやいた。
そうフォークアートは、本々は難しい技術を要するものではない。
畑仕事や家事、育児・・・
たくさんの仕事の傍らに、物質的に豊かでなかった村の生活を
より美しく生活を彩ろうと努力してきた、
その証なのだから。

エルジおばさんの家を出ると、
先ほどまでの青空は跡形もなく、
だんだん雲行きが怪しくなってきた。

SzekesKalotaszeg 158

小川のほとりの小さな一軒家。
おばあさんが招き入れてくれた。
富の象徴である「セークの部屋」もなく、
ささやかな老夫婦の生活が垣間見られるような部屋。

SzekesKalotaszeg 169

ハンガリー語を流暢に話す、ルーマニア人のおばあさん。
「 私の子どもたちはみんな、遠くへ行ってしまったわ。
 もう80だからね、いくら呼ばれたってどこへも行けないわ。」

SzekesKalotaszeg 173

先ほどエルジおばさんから聞いていた、
機織の名人のおばあさんを探す。
「 ああ。カティおばさんは、すぐそこよ。
 ねえ、うちにもいいものがあるから、寄っていかない?」

SzekesKalotaszeg 182

もう、ここは村のはずれ。
この先はただ緑の丘がつづくだけ。
村はずれの家の門を開いて、中へ入った。

SzekesKalotaszeg 175



トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村


*エルジおばさんの刺しゅうについて、
 詳しくはもうひとつのブログにて。
 ICIRI・PICIRIの小さな窓

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(8)|trackback(0)|その他の地方の村|2010-07-13_09:39|page top