FC2ブログ

トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

コロナ禍のトランシルヴァニア

3月9日に非常事態宣言が出て以来、
私たちの日常は大きく変わった。
子供たちは朝学校や幼稚園に行く代わりに、
夏休みのように一日中家にいる。
オンライン授業というとってつけたような手段にも慣れず、
あたふたと戸惑う学校側の様子が手に取るようにわかるようだった。
中途半端なことはせずに、
この状態が続くうちは仕事をきっぱりと忘れようと思った。

思えば、私たちの日常とは
社会が押し付ける価値観に則ったものであるといっていい。
学校教育がはじまると、朝から晩まで子供たちは学校で過ごす。
幼稚園では、学校への慣らしとして、
朝ごはん前に幼稚園へ連れていく。
朝ごはん、昼ごはん、お昼寝、おやつを食べたころに親が迎えに行く。
共働きの家庭にとっては大助かりなのだが、
要は、平日は教育機関に子供を任せきりなのである。

しかし、最終的に子供を育てるのは親であることに変わりない。
私たち親は、朝と夕方からの限られた時間の中で、
子供たちをしつけ、育て、その行動に責任をもたなければならないのだ。

自宅で過ごそう、ステイホームを合言葉に、
2部屋のアパートで5人家族がひしめく我が家で、
自宅学習、自宅遊びが始まったのだが・・・。
高校1年、小学1年、幼稚園年中という年の離れた兄弟が
あっちで遊び、こっちで勉強というのがなかなかうまくいかない。
その中でも家事はノンストップだ。
春から初夏へと流れる、一年で最も美しい季節を
窓の外からだけ感じるのも忍びない。
思春期の長男は、ともすると朝から晩まで
パソコン、タブレット、携帯という三種の神器を振りかざし、
家から出ようともしない。

そんな時、近所のスーパーで知人イロナに出くわした。
入場制限のある店内。
お互いに遠く離れ、マスク姿で品を選ぶそぶりで会話した。
買い物を終えて、家に帰ると
思い切って彼女を電話で呼び出した。
すると、彼女も二人の子供を家で持て余しているという。
森を一緒に散歩していた知人家族とも連絡が途絶たという。
彼女は遠く離れた村で牧師をしているが、
子供たちの教育のために生まれ育った町を選んだ。
彼女の夫ははルーマニア人で、普段はブカレストの
生物学研究所で働いている。
その夫がウィルスの研究をしていて、
まさにコロナウィルスの試験をする担当だという。

彼女自身は、子供たちの精神衛生上、
自宅謹慎はよくないと考えているようで、
その日から、長男とアーロンが自転車で出かけたり(スポーツ目的の運動は許されている)、
イロナの家に遊びに行ったり、
炭酸水通りの我が家の庭に遊びに来たりという交流が始まった。

2か月超におよぶ自宅謹慎の中で、
庭つきの家があるというのは何ものにもまさる宝だ。
炭酸水通りの家へ毎日のように通い、
いつの間にかそこで泊まり、過ごす日が長くなった。
今年初めて、心から畑をしたいと欲するようになった。
先の不安な世の中で、食べ物を自分たちの手で作ることができることは
大きな安心感を与えてくれるからだ。
3月から4月にかけて、しっとりと水分を含む黒い土、
中で眠っていた小さな虫たちが目を覚ますのを見ているだけで、
何とも言えぬ満ち足りた思いだった。
飛行機ひとつ飛ばない空はいつもより青く澄んでいて、
排気ガスが少なくなった町の空気も目に見えてきれいになった。

ki (2)

警察や軍隊が目を光らせる中、
隠れて悪いことをする子供のように、森のはずれまで自転車で出かけて行った。
炭酸水通りは、もう町のはずれの自転車道路に続いている。
森まで1キロ半といったところだろうか。
後ろに次男を乗せ、自転車を乗り始めた長女をしたがって、
炭酸水通りの小さな小川を眺め、
自転車道路に出ると、原っぱで放牧している馬の群れに挨拶をする。
さらに先に進むと、そこはもう森のはずれ。
くぼみに自転車を隠してから、
太陽の降り注ぐ森で目覚めたばかりの真っ白な「そよ風のバラ」や
輝くような黄色の「カエルの花」、細く優雅なカタクリの花や、
まるで森の精そのものように神秘的なクリスマスローズ。
そうした花を愛で、小鳥の歌声に耳を傾けているだけで、
緊張で固まった心が浄化されていく。

ki (1)

4月の終わりに誕生日を迎えた長男、
イロナの家族を呼んで誕生会をひらいたこともあった。
森のはずれにあるドボイ村の家に出かけ、
静かな環境に身を置いたこともあった。

ki.jpg

驚くことには、社会の影響を強く受ける町では
精神的に圧迫感を常に感じていたのだが、
村の生活は以前とほとんど変わらないということだ。
社会がどのような混乱に見舞われても、
村では何もかもがマイペースにただ流れていく。
特に自宅学習をする友人宅では何もかも変わらずに、
(友人が訪ねてこないことを除いては)
いつもと同じ日常が続いているとのことだった。

今日、長い非常事態宣言が解けた。
私たちの生活に精神に大きな影を落としながら、
それでも、この状況で多くのことを学んだ。
ルーマニアでは学校はこのまま閉鎖され、そのまま夏休みに入る。
私たちは、これまでの生活をどのように変えようか、
何を取り、何を捨てるかという選択の自由があるならば、
今こそ真剣に、深く考えなければならない。




















スポンサーサイト



comments(0)|trackback(0)|ルーマニアの育児|2020-05-15_08:29|page top

サマーキャンプでの出会い

一か月の長い日本の夏休みから帰ると、
急激な気温の変化になじめず、しばらくぼんやりと過ごしていた。
久しぶりの日本の滞在は期限があるせいか、
それとも日本の風潮のせいなのかわからないが、
いつも何かに急かされているようだった。
それがトランシルヴァニアに帰ると、何とも言えない
時間のゆるやかさに包まれる。

夏のある日、誰かから連絡があり、
ここから北へ60キロほど離れたチークセレダのはずれショムヨーで
サマーキャンプに携わってほしいとの依頼があった。
カトリック教の施設内で15歳から30歳までの若者たちが集い、
宿泊施設でマットレスをひいたり、キャンプ道具を持って行って寝たりと
自由でお金のかからない滞在ができる。

大きなテントの中にテーブルやいすを並べただけの会場。
書道道具や手作りの教材を広げていると、
学生のグループが集まってきて、ワークショップが始まった。
甲骨文字と現在の漢字の違い、
漢字の熟語の成り立ちなどをカードで体験してもらい、
お手本をもとに筆を使った書道を体験してもらった。

カードを見ながら友達とおしゃべりをしたり、
携帯を片手に好きな手本を見つけては写したりと
のびのびと楽しむ姿が印象的であった。

1時間半が過ぎ、そろそろ片づけをはじめていると、
そばに一人の青年が立っていた。
手本用の文字ではなく、日本語の文を書いた紙を手に持っている。
それを褒めると、
かつて日本語に興味があって、自分で調べたこともあると話した。
それから学校のこと、進路のことと話しがはずみ、

「かつて医者になりたいと思った時期もあったけれど、
ハンガリー人の自分ではルーマニア語のハードルが高く、
ルーマニアの医大に入るのは難しい。
今は、ハンガリーの法学に進みたいと考えているんだ。
どうしても、人間に関わる仕事をしたいんだ。」

「何らかの使命をもって、神様からこの命を授かったと思っている。
だから、何とかしてそれを見つけたい。」

20歳そこらかと思っていたら、わずか高校1年生。
明るく外交的な今どきの若者が、ふと真面目な表情を見せて、
「将来のことが不安だ。」と口にした。
もやもやとした将来への不安を感じていた、自分の若い頃の姿に重なった。
「あなた自身が世界に開けていたら、きっと大丈夫。」
と私なりの声援を送った。

友人たちに声をかけられて別れるときになると、
「ハグをしてもいい?」と言うので、
動揺しながらも「もちろん。」と
息子くらいの少年と肩を抱いて見送った。

同行していた息子に
「来年は、ここにキャンプに来ない?」と尋ねると、
恥ずかしがり屋の彼なりにこの場で何かを得たらしく、
「そうだね。友達に声をかけてみようかな。」と晴れやかな顔で答えた。






















comments(0)|trackback(0)|ルーマニアの育児|2019-08-20_04:51|page top

幼稚園の日本の日

3年前に泣きながら幼稚園に行った娘も
もうすぐ卒園の日を迎える。
いっしょに朝ごはんを食べ、遊び、
昼ごはんを食べて、昼寝をしたお友達ともお別れだ。

娘の幼稚園の先生から提案された、二日間の日本の日。
喜んで、この申し出を引き受けた。
というのも、友達や先生たちに自分のルーツを知ってもらうことは
彼女を理解してもらうことにも繋がるからだ。
それに、3年間親しんだクラスメイトたちに親しみも感じている。

幼稚園で日ごろ、いろいろな言葉で数を数える練習をしていることは
娘から聞いている。
まず母語であるハンガリー語、それから国の言葉であるルーマニア語、
国際語である英語、さらには娘が日本語を教えたり、
ドイツに移住したクラスメイトがドイツ語を教えたこともあったという。

まず日本語で数を数えてもらい、
それから数の歌を歌う。
簡単なリズムと体操も面白い「なべ鍋底抜け」、
こちらで似た遊戯がある「かごめ、かごめ」などを歌い、遊んだ。

それから、簡単な日本語のあいさつ。
「・・・ちゃん」「・・・くん」をつけて呼び合ったり、
「こんにちは」、「さようなら」、
翌日には「どうぞ」「ありがとう」とものを渡しながら練習もした。

地球儀を使って、ルーマニアと日本がどれだけ離れているかを見たり、
日本の周りに海が囲み、山がちなことを話した。

そして準備していた教材を使って、
漢字の意味当てゲーム。
山や田、川など簡単な意味合いの漢字と
イラストの札を組み合わせる遊び。


61347380_10157191236810040_1726704765708009472_n.jpg


文字をまだ使わない幼稚園児は、
絵で覚える漢字のほうが親しみやすいに違いないと思っていたが、
考えながらも、結構うまく意味を当てていた。


60941236_10157191237020040_5055539329049296896_n.jpg


そして、日本の折り紙も持っていき、簡単な折り方を教えた。
チューリップから、ネコやイヌが作れることを教えたら、
イヌの折りあげた口を返してベロを描いた子もいた。
こうしなければいけないという決まりはない。
自分の想像力やアイデアを加える柔軟な頭脳のなんと素晴らしいこと。


翌日には、準備していたお米やトウモロコシ、
パスタや豆などを箸を使って食べる練習をした。
私自身、正しく箸を持てないまま40年が過ぎた。
正しい使い方を事前に調べて学び、なんとか教えるまで至ったのだが・・。


60785551_10157193786340040_5064767113529393152_n.jpg

日本のふりかけを持って行ったら、大好評だった。
校長先生や給食室のおじさんまでやってきて、味見をしていった。

最後に着物を着る体験もした。
長い間送りためた着物を持ち寄り、
可愛い子どもたちに着物を着させた。
教えてもないのに、お祈りの手つきをする子供たち。


61232442_10157193781160040_4570304403667419136_n.jpg


どの子たちも可愛く、よく似合っている。


60970836_10157193782005040_4602207094324592640_n.jpg

61174566_10157193784800040_1725629503465586688_n.jpg


最後に、子どもたちに愛情を惜しまず降り注ぎ、
さまざまなイベントを盛り込み、幼稚園生活を楽しいものにさせてくれた
幼稚園の先生たちに感謝。


60841857_10157193785775040_8710912692468056064_n.jpg





comments(2)|trackback(0)|ルーマニアの育児|2019-06-08_16:29|page top

ふたつのランドセル

はるか海のかなたから小包が届くと、 
子どもたちは我さきにと駆け寄ってきて、
何が入っているのかと尋ねる。
日本とは違い、受け取る側もわざわざ町の中心部の郵便局まで出かけ、
週に二回、数時間しか開かない国際郵便の窓口で
長蛇の列に並ばなければならない。
しかし、送る側の苦労は言うまででもない。
ここでは手に入らない食料品やお土産など
3ヶ月後に受け取る相手の喜ぶ顔を思い浮かべ、
英語訳つきのリストを作成してから、
重い荷物を郵便局まで運び、さらに高い輸送料を払うのだ。

1月になり、我が家に届いた重い荷物の中身はランドセルだった。
日本では祖父母が孫のために贈るのが習わしであるという。
早いもので長女もこの6月に6歳を迎え、秋には小学生になる。
日本でもランドセルを買ってあげようかという話になり、
店まで見に出かけたが、あまりに高額なのに閉口して買わなくていいと告げると、
残念そうだった父親の姿が目に浮かぶ。

やがて母が、パッチワークの生徒さんからお孫さんのものを譲ってもらったと話した。
「そんな重いものを、良かったのに・・。」と高価な送料を気にして思わず口をついて出たのだが、
大切に新しいタオルで包まれて海を渡ってきたふたつのランドセルを手にしたとき、
親御心のありがたさが手に取るように分かり、はっとした。

幼稚園から帰ってきた娘に、
6年間使用したとはとても思われないほどの綺麗なランドセルを見せると、
目を輝かせて喜んだ。
「日本の学校に持っていくね。」と背負ってみてから、鏡を見てさらに顔をほころばせた。
もうひとつのランドセルは・・と考えていたら、
娘がまだ3歳の次男に背負わせた。
ものを入れたらひっくり返るのではないかと思われるほどの、大きな黒いランドセル。
次男も満更ではないようすで、部屋の中を駆け回っていた。
教科書やノートの代わりに、玩具の車やぬいぐるみの入ったランドセルを背負う。


iskolataska.jpg iskolataska2.jpg 
幼稚園の前の公園で遊ばせているときに、
ふたつのランドセルを見つめていた。
いつか二人が小学校にこのランドセルを持っていける日がやってくるように、
健康であってほしいと祈るような思いでいた。
ランドセルを贈ってくださった方、
小包で送ってくれた両親にこの場を借りてお礼を言いたい。

iskolataska3.jpg 
comments(2)|trackback(0)|ルーマニアの育児|2019-02-17_05:15|page top

3人の洗礼式

いつしか、こちらでの生活も8年を過ぎていた。
長男はこの春に12歳になり、
長女は3歳、そして次男ももうすぐ1歳を迎える。
トランシルヴァニアの生活に根をおろし、
生活をしていくにあたって、何かをしておきたいと考えるようになった。
そうして思いついたのが、洗礼式。
それも、亡き姑の生まれ故郷の村でしようと決めた。

きっかけは昨年の秋、
お盆のためにクリズバへ向かった時だった。
お昼前に向かう車の中で、旦那が思いつきのように口にした。
洗礼式をしようというのは話題にしていたのだが、
住む町から遠く離れ、親戚はおろか知人すらいない村でしようとは全く予想していなかった。

村から村へ精力的に歩きまわり、
亡くなるまで村のことを書き綴っていた舅親。
民話や民謡、習慣に手仕事、歴史・・。
幅広い分野に興味をもち、
セーケイ地方や故郷のバルツァシャーグ、モルドヴァ地方まで足を伸ばした。
シェレシュ・アンドラーシュは民俗学者であり、
旦那が12歳の時に他界してからも、常に彼に大きな影響を与えてきた。

村につき、車を降りるとすぐ旦那の兄に偶然出会った。
腹違いの兄弟なので普段は連絡を取ることもない。
いっしょに墓を参り、そして洗礼式のことを話すと、
ぜひ参加したいと申し出た。
その足で、牧師の家に向かい、
ただの空想だった行事があっという間に形を整えていった。
6月に日本から母がこちらに来てくれる、
ちょうどその時に決行することになった。

イギリスのヴィクトリア時代の洗礼衣装が手に入った。
旦那がスモッキングの技法について探しているうちに、
イギリスで伝統的なブラウスの型に興味を持つようになった。
前後形が同じという珍しい形で、
白一色のさまざまなスモッキング刺繍の陰影がなんとも美しい。
大きさもちょうど、娘と次男にぴったりだ。

IMG_7040.jpg

足踏みしながらやってきた、6月のある日曜日。
私たちはクリズバに来ていた。
日本から母親が、セーケイ地方やカロタセグから親友たちが駆けつけてくれた。
主人の母親と連れ添ったラツィおじさんも・・。

IMG_8165.jpg

娘の生まれながらの親友、ジョフィカ。
この二人の誕生のおかげで、
さらにブラーガ一家と親しくなった。
洗礼式の話を持ちかけると、
三人のうちから娘の洗礼親になりたいと申し出てくれた。

IMG_8168.jpg

教会の鐘の音が高らかに鳴り響き、
日曜の礼拝がはじまった。
牧師の澄んだ歌声のようなお祈りと、
信者たちの掛け合いがまるでミュージカルのようだ。
おじいさんが賛美歌の番号の書かれた札を、
ごそごそと探し出し、厳かに皆の前に掲げる姿も微笑ましい。

はじめて参加する、ルター派教会の礼拝。
はじめて見る、クリズバの教会。
全てが新しい場にもかかわらず、
何か温かいもので包まれているようだ。

IMG_8211.jpg

それはかつて、子供たちの祖父やご先祖たちが集い、
祈りを捧げてきた場であるからに違いない。
1697年という年号の刻まれた洗礼盤が、
確かにそれを物語ってくれる。

IMG_8182.jpg

若い牧師が愛情深い眼差しで、
子供たちの新たな旅路を祝福してくれる。
それぞれの洗礼親に抱かれ、
聖水を頭から注がれて、彼らは晴れてキリスト教徒として生まれ変わった。

IMG_8192.jpg

トランシルヴァニアの大家族に見守られながら、
私たちはここでまた歩きはじめる。
3人の宝を通じての絆が、末永くも続いていくことを願って。

IMG_8185_201608291221053b2.jpg
comments(2)|trackback(0)|ルーマニアの育児|2016-08-29_12:26|page top