トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

カロタセグ、空色の教会

1月のある日、
私たちはカロタセグ上地方の村を訪れた。
村の中心にある、教会の中へと入る。
真っ白な壁に、まるで青空のようなブルーが鮮やか。
壁にはドロンワークのタペストリー、
その白が清々しい。


kektemplom (8) 

カルバン派教会に描かれているのは、
キリストでも聖人でもなく、素朴な植物模様だけ。
まるで村の民家にいるような、温かさを与えている。


kektemplom (5) 

天井から下がるのは、村人たちが麦の穂でつくったシャンデリア。
つり鐘の形をしている。


kektemplom (1) 

「天井を見てごらん。」とささやき声がする。
あの鮮やかな空色で囲まれた中に、
さまざまな物語が浮かんでいるでしょう。
四季折々の植物に、太陽に月、そして星たち、
知恵の実を守る蛇に、海の神さまポセイドン。


kektemplom (7) 

「あの2つの頭をもつ鳥はなに?」
あれは、オーストリア・ハプスブルクの紋章にもあるシンボル。
「双頭の鷹」と言われるもの。
それに、夏にやってくるコウノトリだっている。


kektemplom (6) 

教会の入口には、花びんから花が伸びるモチーフが描かれている。
刺繍にだって同じものが見られるでしょう。


kektemplom.jpg 

これは、牧師さんがお説教するときに上がる台。
ここで話をするつかの間は、この教会の王様になるんだ。
その証拠に、台の上に王冠がかぶさっている。
ここにもカロタセグならではのモチーフが見られるでしょう。


kektemplom (2) 

教会のブルーのように、澄んだ青色の瞳をもつ、
鍵番のおじいさんがこう言った。
「パイプオルガンを弾いてあげよう。」


kektemplom (3) 

おじいさんは、軽々と古い木の階段を登っていく。
「これは、古いオルガンだからね。
空気を送ってあげないといけない。」
旦那が木製のペダルを押している間、
おじいさんは厳かにオルガンを奏ではじめた。
その音は、太くてやさしく、
天から降りそそいできた。
冷たく静かな教会に、温かく染み入るような音色。

83歳のアンドラーシュおじさんは、
日曜日がくるたびに、こうして清らかな音階を奏でつづけている。


kektemplom (4) 

正面から見たところ。

 

そして、横から見たところ。

 

続きを読む

スポンサーサイト
comments(2)|trackback(0)|カロタセグ地方の村|2018-03-18_00:00|page top

トロツコーの刺繍を学びに

今から二年前の秋だった。 
トロツコーを訪ねようと思い立って、 雨のふる夕方にひと晩の宿を求めた。 
その翌日に、トロツコーの刺繍を学ぼうと人を探し、
やっと探し当てたのがイロナおばあさんだった。

大きな枠を使って縫う刺繍。
セークのアウトラインステッチにも似ているようだが、
どちらかというとサテンステッチに近い。
次の年の謝肉祭に学びに来たいと行って別れたのだが、
結局、来ることができなかった。

こうして、ついにイロナおばあさんの家で刺繍をすることになった。
私が持参したのは、通常の小さな丸い枠。
「それだと両手が空かないから、やりにくいわ。
私のをご覧なさい。」
おばあさんの愛用する刺繍枠は、
まるで画家のキャンバスのように大きくもできるし、
細長くもできる調節可能な木枠。
確かにこれなら、持ち運びもしやすい。

  torockoi farsang (6) 
イーラーショシュのような幅の広いラインを、
斜め方向に向かって輪郭を埋めていく。
円や入り組んだ曲線をこの技法で埋めていくのはなかなか難しい。
上から下、下で受けて上へ針を入れるのはセークと同じやり方だ。

トロツコーの刺繍に興味を持ったのは、刺繍のあるブラウスが始まりだった。
カロタセグの刺繍ブラウスに似たモチーフが見られ、
それでも技法が全く違うのに興味惹かれた。
初心者には適しない、モチーフの密集した古い図案をあえて選んだのだった。

おばさんが別室から、古い刺繍のコレクションを見せてくれた。
らせん模様の中に植物モチーフが入り込んだ図案。
この構造はルネサンス美術の名残とも言われ、
トランシルヴァニアの各地の刺繍図案に残っている。
カロタセグでは「刀」と呼ばれ、
トロツコーでは「蛇」と呼ばれるが、
呼び名はともかく起源は同じである。


torockoi farsang (4) 

こちらは紺色の糸で刺繍してある。
カロタセグでも、19世紀半ば頃までは紺色で刺繍したと言われている。
こちらは図案も、古いイーラーショシュに似ているようだ。


torockoi farsang (7) 

今度は上着を来て、暖房のない別室に通された。
おばあさんが初めて作った刺繍作品を見せてもらった。
初めてに取り掛かるにしては、大作のベッドカバー。
3枚の手織り布がつなげてある。


torockoi farsang (8) 

イニシャルと1965年の年号が刻まれた、中央部分。
今から50年以上も昔の作品なのに、鮮やかな赤は色褪せない。
大きな花の華やかさと、茎の細さの繊細さがトロツコーの刺繍の特徴だろう。


torockoi farsang (10)


 こちらは、おばあさんが刺繍を習ったおばあさんから受け継いだ図案。
トロツコーでは目を数えるクロスステッチ刺繍に対して、
図案を布に直接描く刺繍があり、それを「枠刺繍」と呼ぶ。


torockoi farsang (9) 

こちらがクロスステッチ刺繍。
もちろんトランシルヴァニアでは、
普通のクロスではなく、編みクロスステッチが一般的である。
衣装からベッドカバー、枕カバーまで幅広く使われていた技法。


torockoi farsang (11) 
二年越しの願いがついに叶った。
いつかは、憧れのトロツコーのブラウスを作ってみたい。


comments(0)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2018-03-13_00:00|page top

おばあちゃんの遺言

カロタセグの土地を踏んだのは、新年が明けてからだった。
一番の目的は、カティおばあちゃんの弔いのため。
死が近いことを感じたのか、
「見てごらん。ここの墓場はそれはきれいなのよ。」
「いつか私が死んだら、お墓に花をそえてちょうだい。」
生前にこう話しては涙した。

村を見下ろす高台の上に、ひっそりと広がる墓場。
家から煙が立ち上るのがよく見える。
高齢者にはきつい、この高い丘を登って、
おばあさんは生前、亡き息子やご主人さんを訪ねていたのだ。

おばあさんの孫娘イボヤの後をついていく。
「ここが父方の祖父母の墓で、
あれがおばあちゃんのお墓よ。
可哀そうに、もう寒い寒いということもないわね。」
鮮やかな緑と赤いカーネーションが目に飛び込んできた。
色のない寂しい風景の中で、ここにだけ生命が燃えているようだ。
ちいさなブーケをその色の渦のなかにそっと置いた。


bogar1_20180225143222af8.jpg バラと

バラと鳥に囲まれた最後の住まいは、
カティおばあちゃんの刺繍で作りあげた世界そのもの。
年末、ちょうどクリスマスの前におばちゃんは亡くなった。
学生たちと取り交わした約束事があり、
全てをすてて、ここまで来ることができなかった。
生きている間にもう一度会えなかったこと、
葬儀に立ち会うことができなかったことなど、
後悔ばかりが胸をついて出てくる。

  bogar2.jpg 

おばちゃんの最後をみとったのは、
嫁と孫娘のふたりに他ならなかった。
最後に会った10月には、弱っていた体が回復したかに思われた。
おばあちゃんは、起き上り、助けてもらって立ち上がったこともあった。
しかし、おばあちゃんの心が生を拒絶したのだと思う。
12月になり、いつか孫たちにこう語った。
私たちがやってきたら、いつでも温かく迎え入れてくれと。
それが、そのままおばちゃんの遺言となった。

村で滞在している間、
これまで交流のなかったバビおばあさん、
イボヤのふたりに夕食をごちそうになったり、
豚の解体でできた自家製のソーセージをもってきてもらったり、
世話を焼いてくれた。
「村にきたら、いつでも訪ねてね。」

ふたりの親切は、そのままカティおばあちゃんの優しさなのだった。
自分の家で泊めることができないから、
エルジおばあさんを紹介してくれ、その縁が今につづいている。
そして、自分の死後のことまで考え、
私たちの世話をしてくれている。
もはやカティおばあちゃんはいないのに、
その果てしない愛情に始終包まれていた。

カティおばあちゃんは、
相手が異国の人間だろうか、
誰であろうが構わず、人に愛を注ぐことができる人だった。
私は何をすることができるだろうか、
おばあちゃんの愛情に触れるたびに自身に問いつづけている。




















comments(2)|trackback(0)|カロタセグ地方の村|2018-02-24_22:55|page top

イースターのカロタセグ、手芸の旅ツアー

4月のトランシルヴァニア。
冷たい大地がやわらかな若草色に染まると、
人々は新たな季節を迎えるために身支度をはじめる。
色とりどりの衣装に身をつつんで、
厳かな足取りで教会へと向かう。
イースターの日曜日。

IMG_3720_20170115161356d28.jpg 
カロタセグ地方に残る、清潔の部屋。
村人たちは、先祖から受け継いだ
極上の手仕事を大切に守りながら、
聖なる空間を生み出しています。

IMG_2391.jpg 

おばあさんたちが紡ぐ伝統刺繍。
いくつかの村には未だに昔ながらのやり方で、
美しい手仕事を生み出す黄金の手があります。

kalotaszeg10_2017011516135707a.jpg 
イースターのカロタセグを訪ねる旅、今年も開催いたします。
3/29(木)~4/4(水)までの期間となります。
(うち現地滞在は3/30(金)早朝~4/3(火)午後の5泊5日)
異国の地で、春を迎える祭典に参加しませんか?
ご希望の方はこちらまでご連絡ください。
(8名様の定員に達した時に、募集を終了させていただきます。)

*今年は募集定員に達しなかったため、
見送らせていただきます。また次の募集をお待ちください。

comments(6)|trackback(0)|カロタセグ地方の村|2017-12-31_21:54|page top

カロタセグのバラが枯れた夜


20日の夜、古き良き時代を知るカロタセグの花が枯れた。

小さな村で生を受け、

その村で育ち、子孫を残して大地へと返っていった。

 

ほぼ一世紀にわたる長い生涯も、

夢のように短かったと私に告げた。

カロタセグの宝を詰め込んだ美しい部屋を守りつづけ、

きらめくビーズで刺繍した花をつぎつぎと生み出した。

少女のような心をもち、

美しいものを愛してやまなかった。

 katineni (3) 


カロタセグへの扉を開けてくれたのも、彼女だった。

カロタセグは刺繍だけではない。

ビーズやプリント布や、さまざまな新しいものの中にも

確かに美しさが宿っていることを教えてくれた。


katineni.jpg 


惜しむことなく、あらゆるものを与え、

愛情を注いでくれた。

クリスマスを待たずに旅立った、おばあちゃん。

もしかしたら、天使に姿を変えて私たちのもとへ降りてきたのかもしれない。

 

空っぽの心に、生のきらめきを放つビーズのボクレータが語りかける。

たくさんの楽しい思い出が、私を慰めてくれる。

一日も早く、冬の冷たい大地に花を捧げたい。


katineni (4) 


comments(2)|trackback(0)|カロタセグ地方の村|2017-12-28_15:13|page top