トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

02 ≪│2008/03│≫ 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

ハンガリー語のあいさつ

挨拶、
それは相手を確認し、好意を伝える大切な手段。

家から外に飛び出すと、
まずはじめに大切なのは、あいさつをすること。
同じアパートの住人の顔を覚え、
その人にあったあいさつをしないといけません。

*号室のおばあちゃんには、
"Csókolom!" チョーコロム!
(あなたにキスを!)

*号室のおじいちゃんには、
”Jó napot kívánok!” ヨーナポトキーヴァーノク!
(よい日でありますように。)

小さな子や、若者には、
”Szia!” スィア!
(英語のHi!のようなもの)

相手が何人かであったら、
”Sziasztok!” スィアストク!
(Hi!を複数の相手にいいたいとき)

・・・というように、あいさつ一つにしても
その言葉の文化をよく表すし、
私のような外国人は頭を悩まさなくてはいけない。

たとえば、ハンガリー語においては、

tegezés(テゲゼーシュ)・・・友達なのだから気楽に話そう。(下の二つ)
magazás(マガザーシュ)・・・少し距離を置いて話しましょう。(上の二つ)

の二つのルールがある。

同じアパートに住んでいて、顔見知りだけれどあまり話したことはない。
という相手に、どう挨拶をしたらいよいかの判断は難しい。
相手が明らかに目上であればよいのだが、
自分も年をとってきたので相手との年の差が微妙である。

たとえば、自分の親ほどの年齢の人が、
いっしょにワインで乾杯をして、
「さぁ、これからはタメ口で話しましょう。」
といってきても、なかなか難しいものがある。

礼儀と親密さと、どちらをとるかが問題である。



スポンサーサイト

Theme:ハンガリー
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|文化、習慣|2008-03-10_21:53|page top

ルーマニア、トランシルヴァニア、セーケイ地方、コバスナ県、スフントゥ・ゲオルゲ(シェプシ・セントジュルジ)

皆さまはじめまして、TULIPANです。
私の住んでいるところを紹介します。

ルーマニア・・・
ヨーロッパの東部に位置する国。元共産主義国。
東欧とか中欧などと呼ばれる地域。

トランシルバニア・・・
ルーマニアの西部、カルパチア山脈に囲まれた地方。
第一次大戦までハンガリー王国であったため、
ルーマニア人のほかにハンガリー人、ドイツ系のザクセン人なども多く住んでいた。

セーケイ地方・・・
ハンガリー王国時代に、当時国境であったカルパチア山脈の
南東部に兵士として送られたエスニック・グループ。
もとはトゥルク系であるといわれるが、今はハンガリー語を話す人々。

コバスナ県・・・
セーケイ地方の南側に位置する、昔はハーロムセーク県
(「三つの中心」という意味)とよばれていたところ。

スフントゥ・ゲオルゲ(シェプシセントジュルジ)・・・
コバスナ県の県庁所在地。人口は約10万人。
ハンガリー系住民が、人口の80%ほどを占める。

・・・とまあ、こんな風です。
ルーマニアといっても、ほとんどの方はご存じないと思いますので、
これだけ詳しく場所を説明したところで、
摩訶不思議な印象を持たれたかもしれません。

私がこの地方に初めて出会ったのは、
1999年の夏でした。

当時大学生であった私は、
ハンガリーの東部デブレツェンの大学でサマースクールに参加し、
それから大学の先生のご紹介で、
トランシルバニア地方のツアーに参加しました。

電車でハンガリーの国境をこえ、
プスタとよばれる大平原(地平線まで何もない野原)から、
突然、山の多く、起伏にとんだ地形がみられ、
山の合間から、まるで映画のロケのような
衣装を着たジプシーの親子がこちらを見ているのに面食いました。
掘立小屋のような粗末な家に、小さな洗濯物がたくさん干され、
裸同然の姿の子供たち・・・。

なんとも生活のリアルさが漂う、ルーマニアに私は引き込まれました。

そして目的のクルージ・ナポカに到着して、
ハンガリー系の語学教師イザとの出会い。
つたないハンガリー語で得たルーマニアという国、トランシルバニア地方についての情報は、
その後の私の人生に決定的な影響を与えました。

埃っぽい町に、混在する新しいものと古いもの、
一つの通りに並ぶ、5つも6つもの宗派の教会、
ハンガリー語やルーマニア語の共存。

それから9年後・・・
再びこの地に戻ってきたのです。








comments(1)|trackback(0)|その他|2008-03-10_19:02|page top