トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2008/03│≫ 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

巨大なパンを食べる。

ルーマニアの主食は?とよく聞かれるが、
それはすなわちパンである。

パンといっても、あの日本の四角くてふわふわのパンではない。
ましてや原材料に、砂糖を入れるなんて禁物だ。

一言でパンといっても、いろいろな形や食感のものがあるが、
普通は1kgのものを買う。
だから大きな袋を持ってゆかないと、中に入らない。

特にここ、セーケイ地方のパンといえば

平たくて丸くて、皮のかたーいパンである。

大きなナイフでその円形を真っ二つにきると、
こげ茶色のパイパリした表面から真っ白いもっちりとした中身が見える。
それから、その半円形を切れ目を下にしておいて、
たてに2~3cmほどの厚さでスライスしてゆく。

これにはかなり熟練した技が必要である。
私もはじめはパンの厚さが違ったり、ぼろぼろと
パン粉がこぼれたりしたものだった。
ナイフを垂直に持って、前後に動かしながら潔く切るのだ。

パンを頂くときには、ルールがある。
そのまま口に入れてかじるのではなく、手でちぎって食べること。
スープや肉料理を食べるときには、必ずパンを添えること。
(旦那は、リゾットやチャーハンを食べるときにも
パンと一緒に食べる。)

パンだけを食べるのも、またよいものである。
お味噌汁を口に含んでご飯を食べるごとく、
ミルクを口にしてから
自家製のアプリコットジャムのパンを食べると、
パンがミルクに溶けてジャムの甘さが心地よい。

レバー・ペースト(鳥や豚のレバーをペースト状にしたもの)に、
固いチーズをのせて、自家製のピクルスといっしょに。
これだけでもう本格的な、食事のようである。

またルーマニアでもっとも美味しいもののひとつが
ハチミツである。
日本のスーパーでよく見る茶色いトロトロのものとはわけが違う。
ざらざらとした塊を、スプーンで力を入れてすくい、
パンの表面に塗る。
バターを塗ったパンであれば、なおコクが出て美味しい。
味に、驚くほど濃さがあり、
ねっとりとした舌触りである。
一口食べれば、病み付きになることは間違いない。
私も息子も、ここ一ヶ月間ハチミツ中毒である。

夏になり、市場にさまざまな果物や野菜があふれるようになると、
今度は、パンにつける具作りが盛んになる。

なかでも、おすすめは・・

1.ビネテ(ナスのペースト)
 ナスをよい香りがしてトロトロになるまでよく焼いて、
 たまねぎのみじん切りと塩、こしょう、サラダ油(または
 マヨネーズ)とまぜるだけ。
 これが本当にナスかと思うほど、複雑な味がするのだ。
 焼いたナスの香ばしい味が、パンにあう。

2.ザクスカ(野菜のペースト)
 パプリカは、緑の長いものと、トマトパプリカと呼ばれる
 丸いものとを使う。
 もう一度、レシピを確認してから記すことにする。
 これは、野菜の美味しさが凝縮されたペーストで、
 トマトの甘みが十分にしみこんでいる。

ここでは、パンにもたくさんの食べ方があることがよくわかる。
ただ注意してほしのは、白米の感覚で食べていると
うっかり体重が増えてしまうことである。


 







スポンサーサイト

Theme:海外食生活
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|未分類|2008-03-12_21:44|page top