トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2008/03│≫ 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

ハンガリーのイースター

春の足跡が少しずつ近づいてくるのが感じられるようになったこの頃。気が付くと、イースターという春と切っては切れない関係のイベントが今週末にやってくるという。
以前、ブダペストに留学していたころ、「パプリカ通信」という
在ハン邦人向け雑誌に記事を書いていたので、ちょうどイースターに関するものがあったと思い出した。
その記事を紹介してみたい。

ヨーロッパの春はイースターから。
・・・長い長い冬に別れを告げ、ようやく緑の季節がここ、ハンガリーにも到来します。毎年4月になと市場に並ぶ、たまごやウサギ、ネコヤナギの枝の意味を知っていますか。日本ではほとんど馴染みのないイースターですが、ここで幅広くご紹介しましょう。

イースターとは?
大きく二つの意味合いに分類できる。
一つはキリスト教の復活祭のこと。キリストは、金曜日に十字架に張りつけられて、3日後の日曜日に復活したという。それを祝してキリスト教圏では、クリスマスと並ぶ、主要な行事となっている。
また謝肉祭の後に約50日間、肉食を断ち、この時期にやっと解禁される。ここでは、むしろ春を迎える祭りという意義が大きい。長い冬からの開放と、生命の誕生を祝う風習といえよう。ハンガリー語のHúsvét(Hús=肉)はここからくる。

イースターはいつから始まるか?
3月22日~4月25日の間のいずれか。いつになるかは、毎年変動するが、春分の日〈3月21日〉の後、最初の満月の直後の日曜日に始まるといわれる。〈325年、ニケーア公会議から〉それ以前は、ユダヤ教の過ぎ越しの祭りと同時期にあった。今年は、4月20日にあたる。

イースターの起源
元来、キリスト教以前の春を祝う祭りとして様々な地方で行われていたという。
語源を辿ると、それがよく分かる。例えば、ドイツ語でOster、英語でEasterは、ゲルマン神話の女神オスタラに由来する。また一説には、太陽の昇る方角、東(East)にあるともいわれる。また、ユダヤ教の過ぎ越しの祭りでは、出エジプトを祝って、子羊の血で家の扉をを染めていた。

イースターのシンボル
・たまご・・・永遠なる生命の象徴として最も重要。又はたまごとひよこ。特に赤いたまごは、イエス・キリストの流した血を意味する。東ヨーロッパでは、この時期にたまごを赤く染める習慣が見られる。
・赤い色〈血〉・・・一般に生命を意味する。例えば、古代の墓にも赤い塗料が確認されている。また、冬を悪としてとらえるなら魔よけの色ともいえる。
・火と水・・・ともに清めの意味をもつ。(習慣参照)
・ウサギ・・・ゲルマン神話によると、もともと鳥から姿を変えたもの。
・子羊・・・キリストが子羊として姿を現したことから、キリストの象徴。また、いけにえの動物としても知られる。
・魚・・・肉を断つ期間に許された貴重な食べ物であった。キリストの象徴ともいわれる。
・ネコヤナギ・・・つぼみを持つことから春のシンボル。

イースターの料理
たまごを使う料理から、子羊を焼いたものまでみられる。ご馳走を家族皆で囲むというのは、クリスマスにも似ている。たまごやハム、子羊、カラーチ(菓子パン)など。

ハンガリーにおける風習、卵のいろいろ
この時期の多くの習慣は、たまごに関連する。その中から、いくつかをご紹介しましょう。
・たまごを染め、模様を描くのは、主に女性に限られる。染めは、玉ねぎの皮を使うのがふつうである。その他にも、リンゴの皮から黄色、麦から緑色、レンズ豆からは青い色ができる。その際、お酢をたらすと色が残りやすい。模様をつける場合は、溶かしたろうを針のついた筆でたまごの上に描くのが一般的なやり方である。つまり、ろうで描いた個所が白く残るわけである。主に、幾何学模様にする。
・ハンガリーで最も有名なものは、Locsolás=ロチョラーシュ(水をかけること)である。女性を花にたとえて、男性が水をかけに家を訪ねにゆく。昔はバケツ一杯の水を頭からかけるという、かなり激しいものであったが、今では香水を使うのが普通である。その際、女性は色とりどりのたまごを男性に贈る。お菓子やアルコール類を勧めるのも忘れてはならない。
伝統的には、まず詩を読み、水をかけてよいか尋ねる。例えば、
「私は庭師の若者です。花に水をかけにまわっています。この家で、花が枯れそうになっていると聞きました。水をかけてもよろしいですか。」
・木曜日・・・緑の木曜日ともいわれる。緑色の野菜を食事に使う。ネコヤナギの枝を清め、それに治癒する力が宿るといわれる。
・金曜日・・・キリストの命日。今では、この日だけ肉食を断つ。
・土曜日・・・新しい洋服を着る。または、新しい手袋。
・日曜日・・・復活の日。この日に朝日を見る風習もある。太陽に、キリストの姿を、又は、旗をすかして子羊の姿が確認できるといわれる。
・月曜日・・・ロチョラーシュ、水をかける習慣。
〈この一週間後に、女性がお返しに水をかけに行く習慣があるところも〉

スポンサーサイト

Theme:世界のイベント
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|文化、習慣|2008-03-20_20:34|page top

キノコ狩り。

雪解けの後、だんだんと日が長くなり、トランシルバニアにも春が訪れると
キノコ狩りのシーズンがやってくる。

山や森よりも海や川に親しい環境で育った私には、
このキノコ狩りというイベントが不思議で仕方なかった。
毎年死者も出るという、そんな危険まで冒して
どうしてただの食料を探しに森に行くのか?

いくどか友人たちに誘われて行くうちに
そんな先入観も消えていった。
日本のうっそうとした森、
外から見るばかりで、中に入りづらい森のイメージは、
ヨーロッパの「明るい森」とはまるで違う。

緑と土色の世界に足を踏み入れると、
白や黄色や赤やその他もろもろの、色彩を放つキノコは、
まるで花のように景色を明るく華やかに彩る。

森を歩くうちに、いつしか袋は
色も形もさまざまなキノコでいっぱいになると、
不思議な満足感で満たされてゆく。

家に持ち帰ったからといって、
必ずしも料理をするとは限らない。
そのままの状態で朽ちていったものも何度か見た。

どうやら、森でキノコを収集すること自体が
娯楽であるようである。

旦那が3ヶ月くらいのときに
両親が友人たちと一緒にキノコ狩りをしに行ったと話したことがある。
そのときに、悪いキノコが入っていたらしく、
彼の母親も、そしてその乳を飲んだ赤子の彼さえも、
おなかを下してしまったという笑い話である。

そして私たちも子供が5ヶ月になったときに、
友人たちと森に出かけた。
その時は、収穫したばかりのキノコを
キャンプファイヤーで焼いて食べた。

どんなキノコがとれるのか?
キノコに関しては素人なので、
ほとんどはこちらで聞く名前しか知らないが、
代表的なものを挙げると・・・・

・「鳩の背」と呼ばれるグレーのかさが開いたキノコ。
・「パン・キノコ」と呼ばれる、パンのような赤茶色した傷をつけると乳のようなものがしたたるキノコ。
旦那は生で食べるのが好きだ。
・「子牛の鼻」と呼ばれる、傘が湿っぽいキノコ。
・「小鹿の足」と呼ばれる、背の高い大きな傘をもつよい香りのキノコ。
・「カーネーション・キノコ」は、小さくて細い茶色のキノコ。
 スパイシーな香りがする。
・「苦いキノコ」は、その名の通り、苦い味のキノコ。色は白くて、傷をつけると乳が出る。
・「クマ・キノコ」は、茶色くて、太ったキノコである。キノコの王様。
・「キツネ・キノコ」は秋を代表する味覚。だいだい色で、トランペットのような形をしている。
 甘くて、香りがよいので好まれる。 
・「コショウ・キノコ」は、傷をつけると、赤っぽくなるキノコ。

そして最後に、草原の明るい場所を好む、
・「チペルケ・キノコ」とは、マッシュルームのこと。
大きいものは、大皿ほどの大きさにもなるという。
栽培されたものとは、味も香りも大きさも段違いである。

キノコ狩りには興味があるが、
キノコが見分けられない・・・・という人のために、
市場に「キノコ判断」をする専門家がいるので大丈夫である。

ただキノコはおそろしいもので、習慣で毒を感じなくなるという
特性もあるらしい。
あるハンガリーの民俗学者はシベリアの部族を研究中に、
地元の人の食するキノコを食べてしまい、亡くなったという。

だから、むやみに見知らぬ土地のキノコを
味見してはいけないということであろう。
私もこれを踏まえて、慎重にキノコの世界に近づいてゆこうと思う。







 



comments(4)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2008-03-20_17:48|page top