トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2008/04│≫ 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

トランシルバニアン・アート

旦那の古い友人に彫刻家がいて、展示会に誘われた。
4月18日の金曜日、夜6時に開会式がある。
町の中心に位置する時計の塔のある建物が、県立の美術館。
公園の横に位置していて、しずかな場所だ。

私たちが6時に着くと、ギャラリーの入り口には沢山の人が待っていた。
この美術館の常設展は、19世紀に活躍したジャールファーシュ・イェヌー、バラバーシュ・ミクローシュの作品が見ものである。どちらも貴族のお抱え画家として、その名を馳せていた。
その常設展のある部屋を横切っていくと・・・
廊下にはビニールが一面に張ってあり、上には水がいっぱいに入っている袋が4箇所もぶら下がっている。

そう、今回の展示会のテーマは「水」なのだ。
奥の小さな部屋に入ると、すぐに部屋の半分ほどの場所を閉める不思議な器具に目が留まる。水が流れている不思議な装置の横には、沢山のコップが並んでいる。
笛やらドラやらが並んでいて、これから何が始まるのか期待を膨らませずにはいられない。

その小さな部屋は人いきれでむせ返っているので、隣の部屋に移ることにする。
ビデオに映し出される時計、そこに少しずつ水がたまってゆく。
それを興味深そうに見つめる小さな女の子。
息子も興味を惹かれるらしく一心に壁を見つめる。
時計に水がいっぱいになると、再び少しずつ水が引いてゆく。
そして、画像が切れる。
砂時計のような、水時計。

ザラーンに住む、友人ペーテルの彫刻も部屋の真ん中に立っていた。
金色の鉄の光が突き差しているのは、キノコ雲のような木のような・・・
直線と曲線が美しく調和していた。

すると隣の部屋では開会の辞が始まったようで、写真家が大勢フラッシュをたいていた。
しばらくして、こちら側の部屋に白い衣装を来た男たちが入ってきて、隣の部屋に行った。
彼らがミュージシャンであるらしい。

やがて民族調の調べが聞こえ始める。
メディテーショナルな不思議なリズム・・・春雨を思わせるようなしっとりとした落ち着いた雰囲気がたちこめた。息子も気になるらしいので、人を掻き分けて前の方に通してもらい、じっと目と耳を傾けていた。

IMG_1914.jpg


それから、先ほどちょっと挨拶をした旦那の恩師が隣の部屋に移った。
何かを始めるらしい。ユーモアがあって学生に人気のある先生で、パフォーマンスアーティストとして活躍している。
カーテンの陰に隠れ、何かをしているらしいが残念ながらよく見えなかった。
すると突然、ペットボトルの水をあたりに撒き散らし(わっと声がおこる)、
白いカーテンから見える手だけが不思議な緊張感をかもし出す。
誰かが隣で「下品だ。」とつぶやいた。
手が不思議な動作をして、パフォーマンスが終わった。

IMG_1918.jpg


そして、先ほどのミュージシャンが白い液体の入ったコップを皿に人々のところをまわってゆく。水かパーリンカ(アルコール度数の高い蒸留酒)かという疑いがあったので、
「これ水よね?」と聞くと、何も言わない。が飲んでみると、やっぱり水である。
喉もさわやかに展示会が開かれた。

人が引いてから分かったのだが、息子が地面に血が何滴も落ちているのを見つけたので、
触らないように言った。「こんな所にどうして血が・・・」と不審に思っていたら、
「グスティだよ。」と旦那が言う。
「血!本当に切ったの?」と私が驚くと、見知らぬおじさんが「彼は以前にも反戦のパフォーマンスとして切ったことがあったが、こんなものじゃなかった。あの時は血が飛び散って、卒倒した人もあったよ。」と教えてくれた。
私には芸術家の考えはよくわからないが、人が言えずに心のうちにしまっておく事を、驚きを与えて表現することに意義があるのかもしれない。

旦那の元クラスメイトの母親が芸術家で、人々をパフォーマンスに招待した。
そしてやってきた人たちを外に、除いて見ながら笑っていたという。
この何もないことが、パフォーマンスという。私にはよく理解できないジョークである。

展示会から人々が引き始め、やっと隣の部屋に入る。
息子の目に留まったのは、古いトランクに水がたまっていて、そこに円盤が浮いている。
色とりどりの円盤には水、金属、木、土、火の文字がかいてある。
上には同じトランクに赤ちゃんが寝ている写真がおいてある。
知り合いの子供が、カラフルな円盤を手に遊んでいた。
母親の胎内そして、人間の始まりを思わせる。

中央には、木の大きな板の上に、水の入ったビニールをはさんだ木がいくつか置いてある。
小さな字で、「人間の体の約~%は水である。」とある。
他にも、眼、筋肉、骨、血・・などが同様にして記されてあった。
いかにも人間は水でできているようなものだ。

部屋にはほとんどの人がいなくなり、展示もそろそろ終わりのような雰囲気。
話をしている人々が何人かいる中、例のミュージシャンたちが再び音楽を始めた。
金属の音が、何重もの響きを持って伝わる。
ドロンブと呼ばれる口琴で、アイヌのムックリのような楽器である。
一見単純な楽器だが、リズムや音階が変えられ、特に何人かで演奏すると圧巻である。
すべて即興で演奏されるようで、独特の緊張感のなか眼も耳も釘付けになる。
思わぬ演奏会となった。

IMG_1920.jpg


廊下を出てゆくと、あの水の入った袋は予想通り穴があけられ、ろうそくの黄色い光の中で静かに音を立てていた。
部屋を出たら、机の上にワインとクラッカーがおいてある。
展示会の開会式といえば、食べ物や飲み物(アルコールが多い)がつき物である。
大学時代も、あのフワフワとした気持ちで絵画や彫刻、写真などを見たものだった。
日本ではとてもじゃないが、ヨーロッパでは大きな展示会でもよくあることである。
息子も、お腹いっぱいお菓子をほおばり幸せそう。
展示の部屋に戻って、人々に勧めたりしていたので写真にも収めてみた。

IMG_1925.jpg


トランシルバニアの若い芸術家たちに乾杯!

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ










スポンサーサイト

Theme:東欧
Genre:海外情報

comments(3)|trackback(0)|アート|2008-04-23_02:53|page top

ルーマニアの不思議なもの。

問題1.
住宅地をを歩いていると、何やら大きな鉄の棒が不自然に立っている。
大きいものと小さいものが並んでいて、子供の頃に遊んだ鉄棒のようでもあるが、他に遊具らしきものは見当たらない。
これは、さて何でしょう?

IMG_1777.jpg



正解は、「じゅうたんの埃はたき台」です。
何しろ畳みがなく、フローリングといっても、鉄筋コンクリートの中では足元が寒いし、靴を脱ぐ習慣はあることにはあるが、皆が守るわけではない。
ほとんどの家では、じゅうたんを床に引いている。
じゅうたんとは、トルコじゅうたんのような立派なものではなく、洋服や布を裂いて織物にしたものを使うのが普通である。
じゅうたんはもちろん埃を吸い取るから、ソビエト製のオンボロ掃除機では太刀打ちできないのは言うまでもない。
だから大掃除の時には外に持ってゆき、あの鉄に引いて思いっきりはたく。
高層アパートの並ぶ地域では、不思議なほどこのじゅうたん叩きの音が響いて、何事かと驚くときがある。
私がこの写真を撮るときも、おばさんが「写真なんて!」と一笑したことからも、日常にありふれたものであることが分かる。

IMG_1677.jpg



問題2.
お姑さんが料理をしているときに、おもむろに取り出したこの器具。
丈夫な鉄製でものすごく重そうだ。
さて、これは何でしょう?

IMG_1773.jpg



正解は、「挽き器」です。
何に使うかというと、お肉をひき肉にしたり、クルミを引いたり・・・。
勉強机のランプのように一部をテーブルの端に取り付けて、ぐるぐる回す。
すると、新鮮なひき肉のできあがり。

IMG_1772.jpg



問題3.
これも住宅街に普通に見られる大きな台。
さてこれは何でしょう?

IMG_1697.jpg



正解は、卓球台です。
いまだ誰かがこれを使っているところを見たことはない・・・
が、社会主義時代には盛んにこの卓球台が公園に建てられたそう。
いつか試してみたいと思っている。
きっと中国人だと思われるであろうが。


問題4
近所のアパートの前においてあるもの。
普通は、こんなに面白い飾りは付いていないが、たいてい建物の入り口に鉄の門のようなものが置いてある。さてこれは何でしょう?
*ヒント:雨や雪の日に役立ちます。

2004_0513画像0076


正解は、靴の泥おとしです。
ルーマニアでは、舗装されていない場所がまだ残っているし、
靴ではいる場所が多いこともあって、この泥おとしは大変役に立つ。
建物の中に入る前の、エチケットです。


問題5.
ひいおばあちゃんが元気な頃の写真です。
棒をすばやく上下に動かしています。何を作っているところでしょうか?
ヒントは、中に牛乳を入れています。

Dscf0081_convert_20080504170830.jpg


正解は、バターです。
牛乳の脂肪分が固まって、こんな風になります。

Dscf0083_convert_20080504170734.jpg

模様もつけて、可愛らしいバターの出来上がり!

Dscf0061_convert_20080504170608.jpg


トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

Theme:東欧
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|文化、習慣|2008-04-23_02:51|page top