トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2008/10│≫ 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

トランシルヴァニアに家を建てる(10)

「今日は、家に瓦を乗せるんだけれど、
村に来ない?」そうダンナに言われて、
朝早く車で村へ向かった。

秋晴れの美しい青空の中で、
ドボイの村も黄色や赤の木々が色鮮やかである。
庭のクルミの大木も、黄色く色づいていた。
屋根まで乗っかった家は、
もうかなり家らしい風貌になっていた。

haz.jpg

こう近くで見てみると、家はかなり大きい。
男性人が作業をしている間、
私は例によってご近所めぐりを始める。

ICIRI PICIRI 12 116

お向かいのエルジケおばさんの所を訪ねると、
「今日は私も加勢するからね。」と張り切った様子。
どうして女性の手まで借りないといけないのだろう、
と私は不思議でならなかった。

この瓦をおく作業というのは、
日本で言えば棟上のような儀式的な意味合いもあるらしく、
ご近所総出での大掛かりな作業のようだ。
そして皆で作業した後は、
ご馳走を振舞うのが慣わしだそう。
エルジケおばさんは、この家の瓦置きの頃の写真を引っ張り出して見せてくれた。

何も知らないでやってきた私。
だが食事の準備は、ラツィおじさんが買って出ていたのであまり出番もなさそう。

お向かいのイロンカおばあちゃんが水を運ぶところだったので、
お手伝いをする。
おばあちゃんが家に招いてくれるので、中に入る。
イロンカおばあちゃんの家のクルミの木は見事で、
村で一番高い木のようだ。
そして向いの私たちの庭の木は、その兄弟といったところか。

ICIRI PICIRI 12 113

おばあちゃんは、
お嬢さんが若い頃に縫った刺しゅうのクロスを私に手渡した。
「あなたのお母さんに渡してね。」
おばあちゃんは、私が手仕事に興味があるのを知っていて探してくれていたのだ。

また別の部屋にも招かれる。
「ほら、私たちは大家族だったのよ。」と古い白黒の家族写真を見せてくれた。
おばあちゃんの家族にまつわる話をたっぷりと聞かせてくれた後、
「これ、あなたにあげるわ。」とおばあちゃん。
何枚かの白黒写真を手に握っている。
貴重そうな写真をどうして・・・と戸惑ったが、
他にも同じものがあるし、日本にいる家族に見せて欲しいとのこと。
ありがたく頂くことにした。

ICIRI PICIRI 12 118

家のほうに戻ると、もう瓦作業に入るところらしい。
ご近所のおばさんたちも加勢しての、大賑わい。
1m感覚ほどに並んで、ひとつひとつ手渡しの作業。
だから、こんなに人手が要るのだ。

ICIRI PICIRI 12 119

瓦は片手で持つと、かなりの重さ。
5kgはあるだろうか・・・
私の手から隣人の手へ、また別の隣人の手へ・・・
そうして人から人へと手渡しの作業が、
なんだか暖かい。
そして屋根の上で、見事に場所に収まってゆく。

ICIRI PICIRI 12 135

お昼ご飯のしたくも、庭で同時進行する。
アランカおばあちゃんの見事なジャガイモのむき方にびっくり。
私が一個に対して、おばあちゃんは二個分をむいてしまう。
普段ピューラーに頼っているからかしら。
「あなたも私くらいの歳になれば、
出来るようになるわよ。」と笑う。
ひ孫ちゃんも、おばあちゃんの魔法の手を見守っている。

ICIRI PICIRI 12 132

息子が突然、「おしっこ!」と叫んだ。
もちろん村なので、どこにしてもいいのだが・・・
見ると皆の前でズボンを下ろし、
あの木材の山にかけようとしているではないか。
「ちょっと・・・そこはダメ!」と思わず叫ぶ。

すると息子は機嫌を損ねてしまった。
「大樹は、ママに怒ってる。」とすねたまま。
すぐにおしっこがしたかったようだ。
説明をしても、なかなか分かってくれない。

アランカおばあちゃんが、
「イエス様も、ほら怒らないでしょう。
怒っちゃダメなのよ。」と優しく説得。
この世代の人はと接することの出来る子供たちは幸福だ。
おばあちゃんの時代には、キリスト教が全てだったから
子供に善悪を教えるのもきっと難しくなかっただろう。

ICIRI PICIRI 12 128

・・・だが、息子にはこれも効果なし。
放っておいくに限る。
今度はジョンビが「遊びに行こう!」と誘ったので、
すぐに機嫌を直した。
資材を結んだひもで、電車ごっこ。

ICIRI PICIRI 12 162

木材の山と化した庭では、
こんな積み木遊びも出来る。
イモ虫くんの家を作った。

ICIRI PICIRI 12 149

しばらく子供二人との遊びに興じた後、
戻ると別作業が進行しているらしい。

屋根に飾りをつけるのだ。
これは、コピャファ(矛の木)と呼ばれていて
お墓の墓標と似たような形であるのが面白い。
屋根の角と角に2つ角のように飛び出している。
彫刻家バルニの出番。

ICIRI PICIRI 12 154

チェーンソーやオノで大体の形が出来上がった。
中央の十字は、星のモチーフ。

ICIRI PICIRI 12 155

バルニの家の門の前。
ここは森につながる道なので、野生動物に遭遇する可能性が高い。
つい先日の夜も、ここをクマが通ったとか・・・

ICIRI PICIRI 12 157

庭には、こんな可愛い植物も。
ケチケ・ラーゴー(ヤギのかむもの)。
私がアクセサリー作家なら、ぜひこんなピアスを作ってみたい。
ショッキング・ピンクの皮から、オレンジの実がたれる。

ICIRI PICIRI 12 110


家に幸福をもたらすように・・・と花を飾るのが
しきたりの様なので、
アランカおばあちゃんが庭から美しいホウズキを持ってきてくれた。
まさに秋満開、の色合い。
この季節に屋根が付いた、
私たちの家にぴったりの植物。

ICIRI PICIRI 12 167

やがて屋根のてっぺんに、
矛の木とオレンジ色のホウズキが飾られた。
秋の澄んだ青空をバッグに、美しく映える。

haz2.jpg

一度に3つの瓦を抱えて、家の反対側に運んでいく。
私の服もホコリだらけ。
やがて家も赤い屋根の帽子をかぶって、
見違えるように立派になった。
みなのため息が漏れる。
今日の作業はここまで。

お向かいのエルジケおばさんの所から見た風景。

ICIRI PICIRI 12 174

屋根ができたばかりの家を見ながらの昼食会。
黄色く紅葉したクルミの木の下で。

ICIRI PICIRI 12 181

ラツィおじさん特製の、肉とジャガイモの煮込みを振舞う。
パプリカ味が効いていて、美味しかった。
向いのイロンカおばあちゃんもお呼びした。
おばあちゃんがこの土地を私たちに売ってくれたのだ。

ICIRI PICIRI 12 186

ICIRI PICIRI 12 184

この家も、みなの加勢がなければ出来なかった。
だから快く加勢をしてくれた隣人たちに、感謝の気持ちでいっぱいだ。
この一日は、私たちにとって記念すべきものとなった。

秋の青空、太陽の光、
新しい家、親切なご近所さんたち・・・
まるで絵本の中の出来事のような、完璧すぎる一日。

これまでこの村に私たちを結び付けていたものは、
あの土地とダンナの古くからの友人、バルニ。
それに、この家と近所の隣人たちも加わった。

ドボイの美しい秋に、
そして私たちの家に祝福を!

ICIRI PICIRI 12 143



トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ



スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(8)|trackback(0)|村に家を建てる|2008-10-13_02:44|page top

トランシルヴァニアの秋市

ここトランシルヴァニアでも、
ようやく秋らしい青空が見られるようになった。

そんな9月最後の月曜日、
近くの町で秋市が開かれるという知らせ。
朝早く、車で出かけることになった。

その町は、ボッザ・フォルドゥローというところで
かなり交通の便が悪いところらしい。
以前、ダンナと友人のバルニが二人で
ドボイから山を越えて徒歩で行ったらしいのだが、途中でもイノシシの足跡をいくつも見たりして
大変な道のりだったという。

私たちは車で山を超え、
朝の日を浴びた美しい自然と村の美しさに思わず歓声をあげる。
黄色く色づいた木々が、青空にこんなに映えるだなんて・・・
長い長いトンネルを越えて見える風景のように、
この秋の風景はまぶしく感じられた。

boodsz 112

小さな村をいくつか越えると、ボッザ・フォルドゥローに到着。
この辺りは高原のような高度の高い地域なので、
ルーマニアでも1、2番目に気温が低いところなのだそうだ。
もう10時近くなるのに、吐く息は真っ白・・・

月曜日なのに、町の中は人でいっぱい。
不思議に思って聞いてみると、
この辺りは農業、牧業に従事する人が多いからだそう。
まずは新鮮市場が見えてきた。

色とりどりの野菜でいっぱいのテーブル。
トマト・パプリカが安いので、
相談して冬のためにザクスカの瓶詰め用に買うことにした。

boodsz 118

これはペレツと呼ばれる、細長いパン。
ドイツ系の民族がもたらしたものらしい。
くるくると円になっていて可愛らしい。

boodsz 116

なんて立派な赤たまねぎ!
細長くて大きいこと。
そして三つ編みに編んであるのも、可愛い。

boodsz 119

こちらの三つ編みもかわいい。
セカンドハンドの靴を売りにきたジプシー親子。
もうこの辺りは、何でもありの市場のよう。

bodza piac

ちょっと笑えるこのビニール袋。
アメリカの国旗に、EUのマーク、そしてルーマニアの国旗・・・
アメリカとヨーロッパの間で揺れる
微妙な関係がこんなところにも・・・

boodsz 125

冬は零下何十度にもなる、この辺りでは必需品の帽子。
動物の毛皮で、冬も暖かそう。

boodsz 123

おばあちゃんが袋に入れたニワトリを抱いている。
写真を・・と思ったら、さっと誰かがその袋を奪ったので目を丸くする。
そう、ニワトリを買いに来た人が
重さを見るために抱いてみたようだ。
一羽、おいくらなんだろう?

boodsz 126

お菓子の家を見つけて、息子は大喜び。
昔から市に出ている伝統的なお菓子、メーゼシュ・カラーチ。
ハチミツやシナモンなどが入った、クッキーの様なもの。
ハート型のものは、恋人に贈るそう。

boodsz 127

砂糖で飾られた中には、鏡が埋め込まれている。

boodsz 128

あまりたいした買い物はしなかったが、見ているだけでも雰囲気は味わえた。
次は、動物市場に向かう。

もう入り口の辺りから、馬を引いていく人、馬具を抱える人などが見られて期待をそそらせる。
すぐに馬の飾りを売るブースが登場。
赤が多いのは、古くから魔よけのしるしだから。

boodsz 133

そして鈴。
野原で放牧している、羊やヤギ、牛などにも付いている、あれ。
このカラカラという音が大きさや形によって違っていて、
自分の家畜をすぐに聞き分けることができるのだそう。
私も小さな鈴をひとつ購入。
カラカラ・・・と私のかばんも鳴る。
低く心地よい音。

boodsz 136

装着例。

boodsz 139

どうしたのだろう?
このお馬さん、気分でも悪いのだろうか・・・

boodsz 142

きっと中にこんなものが入っているのだろう。
携帯のえさ入れ。

boodsz 138

市場で売られた可愛そうな子牛・・・

boodsz 146

車のトランクに、いっぱい詰められた子豚。
見ていたら、おじさんが一匹の足を引っ張りおろした。
あっと声を上げそうになる。
私達のような町育ちの人間には動物虐待に見えても、彼らにとってはこれが日常なのだ。

boodsz 145

後ろの野原には、私がいまだかつて見たことのないほどの馬車で埋め尽くされていた。
これだけの馬が集まった景色は、圧巻。
そう、ここが駐車場。
村からきた人たちの、動物置き場。
ふとドボイのご近所さんもいたので、ご挨拶。
20kmの道のりを馬たちが運んできたのだ。

bodzafordulo.jpg

何だか面白い飾り・・・
と思ったら、あのゴボウの花!
乾燥してカラカラになると、オナモミのようにくっつく。
ここではゴボウがいかに雑草化しているか、ご想像いただけるだろう。

bodzafordulo2.jpg

そして帰り道。
どこまでも続く原っぱの横で車を止めた。
私たちは車を降りると、方々へ散っていく。
秋のキノコ、マッシュルームを探すためだ。

boodsz 156

nohara.jpg

太陽の光がこんなにも暖かく、有難いものだなんて忘れていた。
体いっぱいに陽を浴びながら、
原っぱの緑とタンポポの黄色を眺めながら歩いていること。
それ自体が、気持ちよくて仕方がなかった。
いつしかキノコ探しよりも、ひたすらにどこまでも歩いてみたくなった。
そして野原の終わりに、秋で紅葉する山が見渡せた。

nohara3.jpg

この寒い9月の間に、山の木々はこんなにも鮮やかな変貌を遂げていた。
トランシルヴァニアの秋・・・
もうすぐ私たちはここを去っていき、
次に来る頃にはもう冬がきているはずだ。

この限られた秋を味わいつくすように、
秋の野原を歩きまわった。
この野生味あふれる風景、
やがて雪で閉ざされるこの地方では
緑も野生動物も姿を消してしまう。

boodsz 160

そして、ついに私もキノコを発見。

boodsz 166

みなさまもトランシルヴァニアの野原を歩いてみませんか?
きっと出会いたかった風景に出会えるはず。
飾らない、そのままの姿の自然の美しさにきっと気づくはず・・・



トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ




Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(5)|trackback(0)|イベント|2008-10-08_06:51|page top

トランシルヴァニアに家を建てる(9)

トランシルヴァニアの村で家を建てる・・・
このシリーズも、家の土台で今年はおわるのかと思っていたら、
9月に入ってから急展開を見せた。

9月のちょうど建設作業が始まった頃から
息子の幼稚園が始まり、なかなか村に行く機会を得なかった。

9月も終わりのある日、
やっと厚い雲のすき間から水色が姿を現した。
久々の青空である。
思い切ってその日は幼稚園を休みにし、
私たちもドボイに向かった。

車で秋の畑をみながら村に向かう。
途中、だだっ広い畑でジャガイモの収穫をする人の集団が見えた。

普段どおりの村の景色を何となく眺めていると、
さっと目の前を通り過ぎた建設中の家に
すぐには気が付かなかった。

真新しい木材の色が目に飛び込んでくる。
これが私たちの家・・・
ついこの前までただの土地であったのが、
この2週間ほどの間でこんなに形ができていたのだ。
「ほら基礎でみたときより。大きく見えるだろう。」
とラツィおじさんも満足そう。

boodsz 007

ご立派に窓までちゃんとついている。
気になるのは日当たりだ。
ドボイはきた向きの村である。
南側は山になるから、期待できるとしたら東から差す朝日だろう。
この極寒の地では、窓はもちろん二重窓である。

boodsz 018

ネコの額ほどの土地には、建設中の家と木材、資材でいっぱいであるから足の踏み場もないほどである。

boodsz 013

その木と木とのすき間に、小さな秋を見つけた。
すぐに息子を呼ぶ。
この花は、ウースィケ。
ハンガリー語で「秋ちゃん」とでも呼ぼうか。
ここトランシルヴァニアでの秋のしるし。

boodsz 012

すっと伸びた白いしなやかな茎に、
可憐なうす紫色の長い花びら・・・
その透き通るような存在感。
まるで小さな森の精のようだ。
その小さな体は、確かにここに秋が来ていることを知らせてくれる。
「あらー、きれい!」と息子からもため息が漏れる。

しばらく秋の花に酔いしれた後、
もう一方の土地も見に行ってみる。
これは私が買ったほうの土地だ。
この奥はもう森になるから、土地は坂になっている。
その奥のほうに年をとったリンゴの木があった。
数は知れているが、きれいな赤。

boodsz 027

boodsz 039

もぎたてをかじると、心地よい甘酸っぱさ。
息子もりんごをかじりながら、もいでいる。

boodsz 025

他にもクルミの木があるはずだ。
探してみると、土地の左側にあったが、
枝にはほとんど実が付いていない・・・
足元を見ると、無数のクルミの殻が散らばっている。
リスだ、と直感した。
この土地を買った私よりも、この小さな動物が本当の土地の主なのかもしれない・・・
そう思いながら、クルミを拾っていると、

boodsz 017

カサカサと音がした。
ふわふわの大きな尻尾を揺らしながら、
すばやい動きで木から木へと飛び移る。
あっという間に、隣の庭へと消えていった。

mokus.jpg

プルーンは、小さな小屋の横にたくさんなっていた。
深い紺色の粒からは、中の水分がにじみ出ていた。
少し洋服でこすって、食べてみる。
シロップのような甘さが口の中にあふれる。
プルーンがこんなにも甘いものだなんて・・・

boodsz 041

プルーンをもぎながら、森の主のことを考える。
昨年の秋に、この庭に入ってプルーンの木を押し倒していったあの動物・・・
クマである。
私はプルーン狩りをしながら、ふとどこかからクマに見られているような感じがしてならず、プルーンはほどほどに建設中の土地へと買えることにした。

息子はお姑さんたちと一緒に、ひいおばあちゃんの住む村へ。
ダンナは建設作業で忙しい。
私は、仕方がなくクルミの収穫に専念する。

クルミの木は、ちょうど中央に位置する。
10mか、15m・・・分からないが、とにかく高い。
こんなに高い木には登れないから、木材をひとつ調達して叩き落す。
すると、緑の実に包まれたクルミをたくさん収穫できた。

boodsz 058

初めてクルミを収穫しに行ったとき、初めこの緑色のなかにあの茶色いクルミが入っているとは思いもしなかった。この緑の厚い皮が簡単にはげないときは、足で踏んで取り出す。
手に付くとこの汁は、茶色い染料なのでなかなか落ちない。

boodsz 029

しばらくして作業が休憩に入ると、
大工のジュリが話してくれた。
「あのお向かいの家には昔、クルミの木があって、
あの上に42歳の男が上って、落ちて死んだんだ。
まだ小さい子供もいたのに・・・気の毒だったよ。」
そんな危険を冒してまで、クルミを取ろうとは断じて思わない!

しばらく休むと、寒さに身震いをしてしまう。
ダウンジャケットを着ていても、まだ冷える。
向いのヤーノシュおじさんが、
「うちの奥さんが、今ザクスカを仕込んでいるところだから・・・」とすすめてくれた。

門を押して、中へ入る。
村の家は、夏は涼しく(時に寒いくらいに!)、
冬はまきを燃やすので暖かい。
エルジケおばさんは、「私は汗をかくくらいよ。」と大きな鍋の中でスプーンをかき回す。

boodsz 037

このザクスカというのは、日本でいうご飯の友。
パンに塗って食べるものだ。
いろいろヴァリエーションはあるが、夏に収穫した野菜などを煮つめてピュレーにする。
ここでは、トマト、パプリカ、たまねぎ、マメである。
美味しそうな野菜の香りが部屋にいっぱい。
この後ビンに詰めて、食物貯蔵庫へ入れる。

もうそろそろ私もお腹がすいてきた。
土地に戻って、ダンナと二人で質素なピクニックをした後、
お墓のお墓の間で、一人暮らしをしているユリシュカおばあちゃん訪ねた。

ユリシュカおばあちゃんは75歳。
2,3年前にご主人様に先立たれて以降、このガスも水道も、電気さえもない家で一人暮らしをしている。

おばあちゃんが村のニュースを話してくれた。
誰々さんの家で、最近150kgものブタをクマが襲ったということ。
ブタ小屋の屋根ももぎ取られたそうだ。
誰々のところで、オオカミが羊を何頭か襲ったこと・・・・
それにしても、なんて危険な土地なのだろう。
こんなところで一人暮らしは、さぞ心細いだろう。

おばあちゃんとおしゃべりをしていると、今度はイロンカおばあちゃんがやってきた。
耳の遠いおばあちゃんは、なかなか近所づきあいが難しいようだ。
がユリシュカおばあちゃんのところへは、日に何度も足を運ぶそうだ。

ユリシュカおばあちゃんが、麻の種を見せてくれた。
「これを植えて、刈り取った後の作業がまた大変なのよ・・・
草を干して、叩いて、くしですいて・・・
それから、糸を紡がなくちゃならない。
もう今の人にはとてもじゃないけど、できないわね。」

boodsz 047

そして、その収穫した麻で織った袋を懐かしげに広げて見せてくれた。
「これはまだ一回も使わずに、たんすの中にしまってあったのよ。」とおばあちゃん。
花嫁の引き出物に、女性の手仕事がたくさん詰められる。
そのうちのひとつ。

boodsz 049

大きな麻袋は、穀物を入れるもの。
うすい赤色の縞模様が刻まれるが、この模様や色でどの家のものかを区別していたそうだ。
麻の手触りにも、年月が感じられるようだ。

boodsz 053

そして、ユリシュカおばあちゃんがふと思い出したように笑った。
「この人、この前なんて夜の10時に私を訪ねてきたんだから!」と語り始める。
「その日は、もう10時すぎたので眠ろうとしてベッドに横になっていたのよ。
そしたら門を開ける音がするものだから、びっくりして耳を澄ましたの・・・
今度はドアを叩く音!
私は夜は戸を開けないことにしているから、もちろん出なかったわ。
もうそのときにはイロンカおばあちゃんだと分かっていたけれど。
・・・それでも足りずに、次は窓を叩くのだから!」
どうやら、イロンカおばあちゃんは夕方早くに寝てしまい、
夜にはもう目が覚めてしまったようだ。
そして朝だと思って、イロンカおばあちゃんを訪ねに行った・・・

2人で大笑いするおばあちゃんたち。
とぼけた感じのイロンカおばあちゃんと、はきはきしたユリシュカおばあちゃん。
いいコンビだ。
ドボイで一人住まいをするおばあちゃんたち。
元気の良い笑い声が聞けてよかった。

boodsz 055

そろそろお暇を・・・とおばあちゃん宅を後にして、戻ってみる。
私たちの家も、もう一階部分はほぼ出来上がった。

boodsz 057

この家が完成した時には、
村の人たちを呼んでパーティをしよう。
完成が待ち遠しい。


トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ




Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|村に家を建てる|2008-10-05_21:44|page top