トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2009/06│≫ 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

セントキラーイ村のお花畑

6月の、
とある夏日の午後。

いつものお昼寝のあとで、
息子を連れて友人のブラーガ宅へと向かった。

途中、アパートの脇で
淡い紫色のアカシアの花が満開だった。
このまま口をあけていたら、
甘い甘い蜜がしたたり落ちそう・・・と思ったら、
この紫アカシアには蜜がないらしい。

IMG_8264.jpg

花マニアの息子は、こんな満開の花を見て
じっとしているわけはない。
手にしっかり力をこめて、
枝を引きちぎった。

IMG_8266.jpg

かわいい木のかごに花を寝かせて、
友人宅のドアをたたく。
迎えてくれた子どもたちと、
玄関先でアカシアの花の蜜を吸って遊んでいた。

しばらくして、エンツィが電話で話をした後、
目を輝かせ、こう尋ねた。
「ねえ、これから村へ一緒に行かない?」

ブラーガの5人家族、
お客さま3人、そして私たち3人家族・・・
あわせて11人を乗せたキャンピングカーは、
セントキラーイ村の教会の脇を過ぎ、
ガタガタ音を立てて、
道なき道をひたすらに走った。

やがて、私たちは夕暮れ前の
原っぱの中にいた。

IMG_8287.jpg

この原っぱの真ん中で、
これから家作りをはじめようとしている
ブラーガ一家。
この野原すべて、
この見晴らしすべてが彼らのもの。

IMG_8319.jpg

緑の原っぱの中で、
ひと際目立って咲いているケシの花。
それは、まるで真っ赤なルージュを引いた
くちびるのよう。

IMG_8293.jpg

花もうつくしいけれど、
ふわふわの毛で覆われた大きなつぼみだって、
負けてはいない。

IMG_8303.jpg

大きなふくろが鈴なりに・・・
紫がかった先っぽからは、
まぶしいほどの黄色い花びらがこぼれる。

IMG_8335.jpg

もう、野いちごがこんなにも色づいている。
市場のイチゴよりもずっと小さく、
赤みもないけれど、まるで砂糖菓子みたいに甘い。
子どもたちは夢中で、
地面に目を見張って探しはじめた。

IMG_8317.jpg

黄色い花粉を体じゅうににくっつけて
すやすやと眠っているカナブン。
ピンク色の花びらに
きっとやさしく包まれるのだろう。

IMG_8315.jpg

この日、最後の太陽の光を受けた
平原は黄金色に輝く。
日が沈んだ後でも、
しばらくはその余韻でうす明るいまま。

sztkiraly viragok1


「 ママ、むらさきのタンポポだよ!」
大切そうに握りしめられた花束。
夢のようにやさしい、
むらさきと黄色の花束だった。

IMG_8332.jpg

虫たちのささやき声が満ちて、
ひんやりと風が肌を包み込む。
もう日が暮れてしまう。

私たちはキャンピングカーに乗り込んだ。
月と、星と、暗やみの世界を跡にした。

IMG_8336.jpg



トランシルバニアをあなたの心に・・・
              クリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|自然、動物|2009-06-30_08:03|page top

ジプシー学校の音楽の時間

「ジプシー学校では、木曜日に音楽の授業がある。」
という情報を聞いて、
再び町のはずれのウルクー地区へと向かった。

ハンガリー語教師の友人は、
「私の住んでいる通りは、学校へとつながる通りだけど、
彼らにとっては、ここは全くよその世界なの。」と語っていた。

その通り、閑静な住宅地が
このアパートを境にして、
「ジプシー村」へと変わってしまう。

IMG_8258.jpg

人一倍元気で好奇心旺盛な子どもたちを相手にするのだから、
しっかりと心構えをしておかないと・・・。
学校へ近づくと、運悪く中休みのようす。
さっそく子どもたちが取り巻いてきて、
「どこから来たのか。」
「どこに住んでいるのか。」
「ジャッキー・チェンを知っているか?」などと同じような質問の嵐。

「音楽の授業を見に来たのよ。
「音楽の先生はどんな人?」と聞くと、
おませな女の子が
「そうね。あなたにぴったりの、なかなかいい男よ。」
とウインクした。

やがて職員室へ案内されて、
音楽の先生に授業の見学をお願いすると
快く受け入れてくださった。

中学二年生のクラス。
今日の生徒は5人だけ。
まずは遊び半分の生徒たちを席に着かせて、
授業の雰囲気を作るのが難しそうだ。

やがて先生がマンダリンをかき鳴らし、
歌が始まった。
はじめは一人、一人に歌を歌わせる。

IMG_8199.jpg

女の子の方が、協調性があるらしい。
男の子は後ろのほうで、すこし冷やかし加減に、
それでもちゃんと歌をうたっていた。

IMG_8196.jpg

それからは、先生と話をしながら
リクエストを交えながらの、
楽しい歌の授業。
自然にハンドクラップや、机をたたいてリズムをとったり、
もうそれだけでジプシー独特の音楽ができあがっている。

zene ora2

その楽しげな雰囲気に誘われて、
校庭でも小さな女の子たちが楽しげに踊り始めた。

IMG_8215.jpg

昼休み。
木一本も生えていない、狭い校庭で
子どもたちがゴムとびをしていた。
なんだか戦後の日本の風景でも見ているようだ。

IMG_8233.jpg

建設中の学校の体育館のよこでは、
放し飼いにされたブタが草を食んでいる。

zene ora1

カメラを向けると女の子たちは、
大喜びでポーズをする。

zene ora3

ところで、この先生はオルバーン・フェレンツという
名前の知れたミュージシャン。
NEMEZというセントジュルジのグループにも属し
(ジャズとフォークロアが融合された、こちらがオススメ。)
舞台の作曲から弾き語り、ヴァイオリンまで幅広い音楽活動をしているらしい。



子どもたちの歌う歌のイメージにあわせて、
即興で伴奏を入れていく。
ジプシー音楽と、ハンガリー音楽がうまく
混ざり合う、その感じがまた面白い。

IMG_8238.jpg

みんなが興味深そうに私の方を向いて、
日本の歌をうたうように促した。
そこで、幼稚園でしたように「ひらいた、ひらいた」をうたった。
クラップもリズムもない、日本のわらべ歌。
彼らの好む音楽とはまったく違うけれども、
うたい終わると自然に拍手が聞こえてきた。

そう、言葉がわからなくとも、
音楽には聴くものを納得させるそんなチカラがある。

ジプシーの子どもたちの大好きな音楽を通じて
ハンガリー人の子どもも、ルーマニア人の子どもも
みんながひとつになれたら
どんなに素晴らしいだろう。

zene ora4

少なくとも、ここウルクーのジプシー学校は
こんな風にハンガリー教師とジプシーの生徒との
信頼関係でつながっている。

のびのびとうたう子どもたちの歌声、
ジプシー特有のリズムに包まれた半日。

気がつくと、あのとき耳にしたメロディーが
リズムが不意に流れてくるときがある。

何ものにもとらわれない自由さ、
どんな苦しみにも負けない楽観的な明るさ。
まだまだ、たくさんのことを学ぶことができるだろう。


トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|ジプシー文化|2009-06-22_08:13|page top

トランシルヴァニア、ジプシーの学校

普段はほとんど足を踏み入れることのない、
町のはずれのジプシー居住区。

ここを訪れるきっかけとなったのは、
最近お知り合いになった女流写真家さんとのやりとりである。
実は、6月の末にここトランシルヴァニアで
ジプシーを撮影しに来られるYUUMIさん(素敵なお写真のHPはこちら)。
そこで私もその撮影旅行にご一緒させていただくことになった。

その下調べとして、町のジプシー地区にある
小学校を訪ねることになった。
私のクルージ・ナポカの大学時代に
同級生だった友人が、今ここで教鞭をとっている。

町のはずれの閑静な住宅地の
ひとつ向こうには、緑がなく殺風景な家が立ち並んだ
地域にさしかかる。
学校は意外と簡単に見つかった。
外には子どもたちがたくさんいるので、中休みのようだ。

IMG_7817.jpg

ただ単に来客が珍しいのか、
それとも謎のアジア人だからか、
子どもたちが取り囲み、身動きが取れない状態。
「 まあ、あなた中国人?」
「 どこに住んでいるの?」
「 あなた、ジャッキー・チェンの兄弟?」
同じような質問ばかりが飛び交う。

カメラを向けると、大喜びでポーズ。
一枚撮ると、その後はもう調子にのって
止められなくなる。
次々にパートナーを代え、背景を代えて
私は専属のカメラマンにでもなったかのようだ。

orkoi iskola4

やがて授業のベルの音が鳴ったので、
門番のおじさんを介して、友人を訪ねる。
次の授業は8年生。
日本でいう、中学二年生だ。

はじめの10分ほどは、熱心に詩の暗しょうをして
まじめな姿を見せていたが、
すぐにお祭りモードに変わる。
席を立って、机に腰掛けておしゃべりをしたり、
黒板に絵を描き始めたり・・・
ひとつのことに集中することが難しいらしい。
ただし歌うこと、踊ることは別である。

orkoi iskola1

手や机を打って、リズムが刻まれると
楽器なしでもすぐにジプシー音楽と化してしまう。
その体を震わせるような情熱的な歌声は、
やっぱり彼ら特有のもの。

orkoi iskola3

「 あなたも踊って。」と女の子に誘われ、
カチコチの固い体を無理に揺らす。
残念ながら踊りの教養も、ディスコの経験にも恵まれずに
年を重ねた私には、とても難しい。
これでは、まるでこぶとり爺さんのお隣さんだ。
興ざめをしてしまったのか、
「 あなた、どんな歌なら踊れるの?」と尋ねられる。

その大騒ぎにつられて、
庭にいた子どもたちが窓を開けてのぞき見をはじめた。
先生はあわてて、バタンと窓を閉めた。

orkoi iskola2

次の授業は、彼女が担任を受け持つ5年生。
すぐに授業は打ち切りになって、遠足の時間となる。
私の横にもすぐに女の子たちが来て、
腕を絡ませてくる。
本当にフレンドリーな子供たち。

同じ学年のはずなのに、
なぜか年齢層が広い。

IMG_7862.jpg

木のいろいろな部分をつぎはぎしたような
屋根や塀。
庭はどこの家にもない。

orkoi iskola5

通りもこのように、幅がまちまち。
どこまでが公の通りで、
どこからが個人の敷地なのか分からない。
遠くから、赤ちゃんを抱いた少女がやってきた。

IMG_7822.jpg

兄弟は5人6人はざらだから、
こんな風に子守をする子供も珍しくない。

IMG_7823.jpg

不思議なのは、たとえば家の付近でジプシーの子供にあったなら
すぐに物乞いをしてくるのだが、
この地区内ではまったくされなかったことである。

共同の水汲み場。
中には歩くのおぼつかないような
小さな子どもまでいる。

orkoi iskola7

ペットボトルいっぱいに水を入れる。
赤いリボンの編みこみは、ジプシーに特徴的な髪型。

orkoi iskola9

すずらんのペイントに、
ミラーが埋め込まれた壁が可愛らしい。

orkoi iskola6

お人形が、窓辺に置かれている。
カメラを構えたら、
すかさず女の子たちが前に立ちはばかり、ポーズする。

IMG_7866.jpg

馬屋には、なんだかトロピカルな木と
馬の絵が風景にミスマッチで面白い。

IMG_7836.jpg

馬屋を撮ったついでに、ご主人に生まれたばかりの
赤ちゃんを写すように頼まれた。
どこからか、子供たちが気がつくと集まっている。

orkoi iskola10

5年生の女の子たちと近所の子供たち。
きれいに整列しているのが、ほほえましい。

IMG_7851.jpg

森の手前に、
こんな仮設住宅が。
壁もなく、ただ布を当てただけなのに、
なぜか家の中にはソファーやトルコじゅうたんが飾ってある。
別に見られて恥ずかしいというな風でもなく
「 ここに住んでいるのよ。」と
にこやかに笑っていた。

orkoi iskola11

ここからは、ジプシー地区ウルクーが一望できる。
町のどの場所にも見られない、
この雑多な雰囲気はひとつの村そのもの。
通りを歩けば人目につき、
どこへ行くのかと尋ねられ、
子供たちには囲まれる。
これがヨーロッパだろうかと、目をこすってしまうような風景。
まるでタイムスリップをしたようである。

orkoi iskola12

この半日の刺激的な体験で、
たくさんの人に囲まれ、写真をせがまれ・・・
その日はどっぷりと疲れてしまった。

これからジプシーの撮影旅行、
さてどうなるのやら・・・。



トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(13)|trackback(0)|ジプシー文化|2009-06-15_06:50|page top

トランシルヴァニア、馬車の博覧会

5月の晴天のもとで
ここセーケイの文化を象徴する、
馬車にフォークダンス、
民芸品や職人の仕事が勢ぞろいした。

「私たちのハーロムセーク」というタイトルの
この馬車博覧会は、今年で二回目の試みになる。
いわば、ここハーロムセーク県(コヴァスナ)の各村の紹介
村おこしを盛り上げようというものだ。

マクシャ村から丘を上っていくと
ヴァイオリンの音とともにダンスのステップの音が響いてくる。
特設ステージでは、セーケイ地方の民俗舞踊が
盛り上がりを見せていた。

hsz1.jpg

はじめのテントでは、
民俗衣装に欠かせないブーツが販売されている。
今では、こんなに手の込んだブーツなど
なかなかお目にかかれない。
この美しいアコーディオン・プリーツの秘密が知りたいもの。

IMG_7708.jpg

木笛は、トランシルヴァニアの山のふもと
ジメシュ地方の音楽に特徴的。
シェーゲル・フェレンツという町でも有名な音楽家が
実演販売していた。

IMG_7709.jpg

こちらは馬のしっぽで編まれたアクセサリー。
触ってみると、ワイヤーのようにしっかりと固い。
この私の剛毛でも編めるだろうか・・・。

IMG_7712.jpg

パッタン、パッタン・・・という音は、
おばあちゃんの機織から。
昔は一家に一台あった機織も、今では珍しくなってしまった。
ハギレや毛糸を編んで作る、
カラフルなじゅうたんは今でも需要が大きい。

IMG_7715.jpg

こんなところに、ダンナの同級生が。
お父さんは、ハライの樽職人スーケ・ティボル(HPはこちら)。
ワインだるから、風呂おけに植木ばちまで作っている。
さっそく木製ジョッキで乾杯!
もちろん中は、空っぽ。

IMG_7719.jpg

おけの中の小さなお皿は何だろう?
友人いわく、
「 ほらヤギの乳を搾るときに、
 間違って入っていけないものが中に落ちてしまわないように・・・。」
なるほど、ヤギの糞をキャッチする入れ物のようだ。

IMG_7720.jpg

馬車の前でたたずむ、民俗衣装の男。
アールコシュ村の代表でやってきた、ゾリ。

hsz3.jpg

古いアイロンを使って、ここでしっかり宣伝。
アールコシュ郷土博物館とある。

IMG_7725.jpg

セーケイの門をバックに、
丸い自家製パン、自家製ソーセージにクルトゥーシュ・カラーチまで。
セーケイの特産品がずらり。

IMG_7746.jpg

ミコーウーイファルでは、結婚式のときに
こんなお菓子を作るそうだ。
細長い生地を揚げたものが、
木の枝にぐるぐるに巻きつけられている。
去年は販売もされていたのだが、今年は展示だけのようす。

IMG_7729.jpg

若い女の子男の子が、馬車の上で語り合う。
もうこれだけで絵になる感じ。

hsz6.jpg

見事な星とバラのモチーフの織物。
家庭で紡がれたコットンまたはヘンプ糸で
丁寧かつ細やかに織られている。
大変に手間のかかる仕事なので、
今はもう受け継ぐものもいない。

IMG_7744.jpg

今ではもうセーケイのシンボルともなった、
巨大なモニュメント。
太陽がかくれると、吹きさらしの丘は
上着が必要なくらい寒い。

IMG_7747.jpg

緑がもえる麦畑。
寒い冬がくる前に種がまかれ、
あの厚い雪と氷のなかでずっと耐えてきたから
丈夫に育つのだという。

IMG_7761.jpg

草のにおいに包まれて、
原っぱを下って歩く。
すると、青白くかがやく蝶を見つけた。
その幻想的な色合に、ハッと息を呑んで見つめていた。

hsz10.jpg

全速力で坂をかけぬけていく息子のうしろ姿が、
初夏の草むらの中に消えてゆく。
夏はまだ始まったばかり。

hsz9.jpg



トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


*ちょうど一年前、2008年の5月に行われた
このイベントの様子はこちらです。

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|イベント|2009-06-14_06:44|page top

セントキラーイでワラの家作り

ここトランシルヴァニアでは、
最近、町から離れて村で生活しようとする人が多いらしい。

私たちもそのうちの一組で、
フェルドボイに昨年夏から、
のんびりと家を建てている。(ただいま少し放置状態・・・)

友人のブラーガ一家は、
町のすぐ隣の村セントキラーイの森の入り口に
土地を買った。
そこに建てようとしている家は、電気なしのエコ住宅。
昔話で聞いたことのある、ワラでできた家である。

今年の夏じゅうに出来上がるようにと、
意気込んでいる。
ダンナと手伝いに、その土地へと向かった。

セントキラーイはドボイのように、
山に面した村。
村の教会を通り過ぎると、道はもうない。
原っぱをガタガタいわせながら進んで、
森の入り口に到着。

大きく積み上げられた干草が目印。
これがどんな風に家に使われるのか、
楽しみである。

IMG_7518.jpg

早速、作業がはじまった。
丸太を板にきったものを
丁寧にならべて乾燥させる。

kiraly1.jpg

それとは別に、丸太の皮をはぐ作業もある。
のこぎりみたいな道具で、
木の皮の表面をけずりとる。
切ったばかりの湿った木なら、
簡単に皮がはがれていく。

私も挑戦してみたのだが、
一本分だけで汗びっしょりになった。
表面は丸いし、枝のあとなどでは
なかなかちょうどいいところで止まってくれない。

きれいに削った木は、
子どもたちの遊び道具になっていた。

IMG_7576.jpg

その日は、カニクラと呼ばれる猛暑日。
子どもたちは、裸同然。
カラッとした空気なので、日陰なら涼しいはずなのだが、
あいにく土地にはまだ一本の木も生えていない。

kiraly3.jpg

原っぱには、そこらじゅうが野の花だらけ。
カモミールの葉っぱ、
ペパーミントの葉っぱからはさわやかな香りがただよう。

IMG_7574.jpg

やっと間に合わせのテントが出来ると、
ほんの少しの影でもだいぶん違う。

IMG_7577.jpg

もう太陽の光もだいぶんやさしくなった。
7時ごろでも、まだこんなに明るい。

IMG_7563.jpg

皆で森のほうへと散歩に出かける。

IMG_7581.jpg

モミの新芽はもう、こんなに伸びている。
今年は、モミのシロップを作りそこなってしまった。

IMG_7586.jpg

林の向こうは、もうなだらかな丘、丘、丘・・・・
私は丘が大好きだ。
そのやわらかくくねった表面を、
そっとなでてみたくなる。

IMG_7592.jpg

2家族そろって、写真撮影。

kiraly4.jpg

丘のすぐふもとの谷間に、セントキラーイの村が
すっぽりと収まっている。
しばし、その風景に見とれていると
今日の猛暑も、労働もうそのように
消えてなくなるようだ。

IMG_7601.jpg

その丘を下っていると、
向こう側にちょうど家畜が下ってきているところ。
急げば、まだ間に合うかもしれない。

kiraly6.jpg

小高い斜面に陣取って、
家畜の群れがやってくるのを待つ。
ほら、見えてきた・・・。

IMG_7618.jpg

はじめにヤギの群れが一かたまりになって下りてきた。
それから牛たちが続く。

IMG_7619.jpg

早く家へ帰りたくて急いでいるのか、
それとも何かを怖がっているからか・・・
駆け足で行ってしまった。

kiraly8.jpg

色とりどりの動物たちが、
あっちからもこっちからも・・・
その光景は圧巻。

日の入りまえの涼しい空気につつまれる。
カランカランと高く響くすずの音、
牛や馬の歩む音・・・
これが村の一日の終わり。

目にもうつくしいこの出来事が、
トランシルヴァニアの村では日常なのだ。

kiraly9.jpg

一歩一歩をふみしめながら、家路へと急ぐ牛たち。
この賢い動物は、自分の家の門をみると
ちゃんと中へ入っていく。

IMG_7633.jpg

動物たちを見送ったあとで、
村のはずれにある石橋を見に行く。
なんでも19世紀に作られたもののよう。
細長く、きれいなアーチ型を描いている。

kiraly10.jpg

一つ一つが手でしっかりと積まれたことが
見て取れる、手作りの橋。
こんなちいさな村の端っこで、
ずっと村人たちの暮らしを見守っていたのだろう。

IMG_7647.jpg

村を横切って、
教会をすぎて再び野原にでてきた。
一日の終わりの野原の色は、
どこか神秘的である。

IMG_7654.jpg

冠をかぶった天使みたいな花も、
虫たちもやがて眠りにつくだろう。

IMG_7660.jpg

セントキラーイの野原も
闇に包まれていく・・・。




トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(8)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2009-06-06_23:47|page top

アールコシュ村の5月の遠足

5月の半ばに、ブログを通じてお知り合いになった
お客様がみえたので、
昼ごろにアールコシュ行きのバスに乗った。

やってきたのは大型の観光バス。
ここトランシルヴァニアでは、バスや電車、市電などが
西欧諸国からのお古であることがすくなくない。
このバスにも、テレビ搭載などとフランス語で書かれていた。

10分ほどですぐにアールコシュにつくと、
すぐに友人宅へと向かった。
アールコシュ村のゾリといえば、
この辺りで知らない人はいないほどの有名人。

何で有名かというと、
古いものは何でも集めてしまうというコレクション癖から
収集が始まり、今では個人の博物館を作ってしまうほどである。
庭には、雑穀機や墓石など
あらゆる古きうつくしきモノで埋め尽くされる。

私たちを見ると庭仕事の手を休めて、
すぐに炭酸水やお菓子でもてなしてくれる。
大きなくるみの木の下に、
古い臼をテーブルにしてくつろいでいると、
生まれたばかりの子犬を抱いてきた。

arkos10.jpg

愛犬ジョーフィが産んだ、ちいさな子どもたち。
イギリスのシャパード犬同士を掛け合わせても、
この種が生まれる確立は低い。
4匹のうち、一匹だけが明るい茶色をしている。

慣れない手つきで子犬を抱く息子。
後ろには、ゾリが自分で建てている家と雑穀機が見られる。

arkos18.jpg

ヨーロッパで森へ行ったことがないというお客様のために、
遠足をしに行くことになった。
さあ出発と思ったら、
大きな犬にびっくりした息子が
ズボンにお漏らしをしてしまった・・・。

仕方なく、下は裸ん坊になる。
長いTシャツでよかった。
村のはずれは一面の原っぱ。

arkos11.jpg

アールコシュのシンボルである
ユニタリウス派の教会。
トランシルヴァニアには、このような要塞教会が
数多く見られる。

IMG_7257.jpg

こんなに可愛らしい野の花を見つけた。
まるでピンク色の冠をかぶっているみたい。

IMG_7263.jpg

「 わあ、緑の海だ!」
風がそっと表面をなでると、小波が立つようである。
なんてやわらかな色合いの緑なんだろう。
大麦の海にそっと触れてみたくなった。

IMG_7260.jpg

じりじりと太陽の光が照りつける中、
上着を脱ぎ、汗をかきかき
やっと森の入り口までたどり着いた。
いつものパパの肩車なしに、
3kmほどの道のりをがんばって歩いた息子。

IMG_7272.jpg

この野原の色を緑と表現するには、
あまりにもぶっきら棒だろう。
日本の野原との色の違いは、
きっとこの乾いた感じ。
この乾いた大地からくる茶色がかった色が、
緑にある種のやわらか味を与えている。

IMG_7274.jpg

森の中に一歩足を踏み入れると、もう別世界。
ひんやりと湿った空気が肌に絡みつき、
落ち葉のじゅうたんの中では
鳥の歌声が響いている。

IMG_7288.jpg

愛妻ジョーフィを枕に、一休みをするゾリ。
気持ちよさそう・・・。

IMG_7283.jpg

こんなとき、普通は毛布を下に引くのに・・・
落ち葉のじゅうたんに座った、
息子のお尻は大丈夫だろうか?

IMG_7285.jpg

今日の収穫物。
花束を満足そうに見つめている。

IMG_7287.jpg

ふと虫に刺される感じ・・・
やっぱり、蚊が寄ってきたようだ。
私たちはとにかく、下半身裸の息子のために
引き上げることになった。

また外の世界へでてきた。
息子は最近はやりの、遊びで周りを驚かす。
「 見てみて、角が生えちゃった。」

arkos16.jpg

本当に、鹿みたい・・・。

arkos20.jpg

不意にジョフィが、ある茂みに向かって
しきりに顔をつついている。
ワンワンと・・・ほえ始めた。
ただ事でない雰囲気に、一同じっとそのほうを見つめる。

ゾリは、「 そこに蛇がいるんだ。1mくらいの長いやつが。」と
目を茂みから離さずに言った。
「 ジョフィ、噛め!やっちまえ!」とけしかける。
その闘争すること、20分あまり・・・

やっと、相手が姿を現した。

arkis16.jpg

ものすごい牙をむいたまま、動かない・・・。
最後は棒切れで、ゾリが突付いて片がついた。

IMG_7300.jpg

その白黒の鮮やかなもようの蛇は、
まん中の辺りが不自然に膨らんでいる。
丸呑みにしたカエルが、入っているようだ・・・。
「 蛇の皮を早くはがないといけないから、急いで。」
とけしかけられ、重い足に鞭打って進む。

IMG_7303.jpg

道行く人に、「 これ、触ってみる?」などと冗談を言いながら
村を歩くゾリ。
大きな蛇に、皆おどろく。

arkis17.jpg

とある民家の中庭へと入り、
蛇を横たえた。
ナイフで切れ目を入れると、
大きなカエルがそのままの形ででてきた。
カエルは動かなかった。

IMG_7308.jpg

それから、どうなるのかと期待していたら
蛇をドラム缶へ投げ込んでしまった。
「 俺は、蛇の皮なんかはいだことない。」という家の主人に、
返す言葉もなく家を出た。

アールコシュ村の要塞教会を横切って、
またゾリのうちへと帰っていった。

IMG_7309.jpg

半日だけの遠足にかかわらず、その内容は濃いものだった。
トランシルヴァニアの生きた緑に触れることができた、
と評してくださったお客様。

一度きたら、きっとまた何度も来たくなる
魅力でいっぱいのトランシルヴァニア。
10年前の私がそうだったように、
きっとたくさんの人をも虜にすることでしょう。



トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(5)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2009-06-06_16:52|page top