トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2009/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

イェッド村のふたつのジプシー

おだやかで好意的なジプシーの人たちに囲まれて、
イェッド村で生活をはじめた3日目。
ジプシー語でのあいさつを覚え、
村の人たちとの距離もどんどん近くなっていったように感じられた。

ciganyi falvak 600

そんなとき、思わぬ出来事があった。

お昼ごろに、写真を撮りに出かけて行ったYUUMIさんに
誰かが石を投げつけたということ。
事情を聞いてみると、前に撮った写真をどうしてくれないのかと
誰かが怒ったそうだ。

それを聞くと、すぐにカティおばさんは顔をしかめ
「 あの上の人たちの方へは、もう行ってはだめよ。」と言った。
そういえば、以前にも先へと行こうとしたら
あちらには行かないほうがいいと言われたことがあった。

そう、あそこが境界だったのだ、とやっと気がついた。
どうして彼らは違うのかと問うと、
カティおばさんも少し困惑したようにこう話しはじめた。

あの境から奥に住む人たちは
昔は森の近くに住んでいて、その中には家族代々、
足が不自由な人が生まれる人たちもいるという話。
その森が誰かの所有地になったために
こちら側に移ってきたという。

「 それに、家の中もきれいじゃないし。
 規律を好む人たちじゃないのよ。」
民族衣装をまとって、きれいな家に住む下のジプシーたちと、
ふつうの古着を着て、清潔とはいえない小さな家に住む上のジプシーたち。
この小さな村には、ふたつのジプシーが存在する・・・。



これ以上、もう上の方へは行かないべきか。
そう考えていると、
「 やっぱり、誤解を解いてもらいましょう。」とYUUMIさん。
カティおばさんに同行してもらって、
彼女の口から説明してもらいたいと頼むと、了解してくれた。

手にはたくさんのお菓子を抱えて、
カティおばさんのあとをついていく。
例の境を越えると、向こうから
わっと子どもたちが駆け寄ってきた。
子どもたちにお土産をふるまっていると、
やがて大人たちもやってきた。

写真はどうなった、と尋ねてくるごとに
いますぐにはできないということを説明してもらった。
そして石を投げたという青年にわけを尋ねると、
「 ただ写真を撮ってもらいたかったから、
 注意を惹こうとしただけだよ。」ともらした。

この橋の向こうに、足の不自由な家族が住んでいる。

kopjafa 264

イヌもちいさな日かげを探してやすむ。

kopjafa 273

まるで古い映画から抜け出してきたようなジプシー少女。

kopjafa 279

写真を撮ってという姿は、
子どもが親に自分を見て、と望む欲求にどこか似ている。

jeddiek2.jpg

「 また写真を撮りに来ていい?」と尋ねると、
皆が、「 もちろん。」と答えた。
胸につかえたものが取れたように、
晴れ晴れとした気分だった。
カティおばさんを見ると、
彼女もまた同じように、うれしそうな笑顔を浮かべていた。




夕暮れ時、近所に牛乳を頼むついでに、
カティおばさんとふたりで村を散歩した。
ジプシー少女たちの精一杯のおしゃれが、
あの長くうつくしい髪。

kopjafa 321

澄んだ瞳をおおきく見開いて、
外の世界を見つめる女の子。

jeddiek.jpg

こんなにちいさな赤ちゃんでも、
髪を三つ編みに結っている。

kopjafa 341

ジプシー女性は、子どもを抱いている姿がうつくしい。
母親としての喜びに満ち溢れている。

jeddiek3.jpg

ほら、もう日が暮れてしまった。

kopjafa 347

世界のどこにでもあるちいさな誤解や偏見、
その中のひとつがすっと解けていくような
奇跡を目にした一日だった。


トランシルヴァニアをあなたの心に・・・クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|ジプシー文化|2009-08-30_00:16|page top

カティおばさんのお部屋

こうして、ジプシーの村での生活がはじまった。

朝7時まえ、
コーヒーの香りで目が覚める。
カティおばさんは、大のコーヒー好き。

子どもたちを起さないように、
ベッドをそっとぬけ出す。
おはようとあいさつする。

いつもはスカーフで包まれたヘアスタイルが、
うしろで丸くゆった白髪まじりの髪。
「 ジプシーの女性の髪は長いけれど、
一度も切らないの?」とたずねると、
「 切ったりしたら、だめよ。
長い髪が、きれいなんだから。」

話をしながら、その長い髪をほどいて
あっという間にお下げを編む。
その長くうつくしい髪を
すぐにくるくると巻いて、アップにしてしまった。
それからは一日中、スカーフを巻いて取らない。

ciganyi falvak 618

井戸で冷たい水をくみ、
顔にかけると目がすっきりと覚めてしまう。
朝早くから、馬車を引いて畑にでかける
村のジプシーのおじさんおばさん。
どこの村とも変わらない風景。

ciganyi falvak 620

そうしている間に、
カティおばさんは家の周りを掃きそうじをしていた。
きびきびとしていて、
明るくしっかりもののおばさん。

道でどこに泊まっているのかと尋ねられ、
おばさんの名前を言うと、
相手はいつも
「 ああ、それなら安心だ。」と笑顔で応える。

おばさんとゆっくりコーヒーを飲みながらおしゃべりをする。
それが気が付くと、日課となっていた。

「 私たちジプシーにとって、
 井戸は大切なものなのよ。
 女は子どもを産んだあと6,7日間は
 井戸に近づいてはいけないの。
 そうすると、井戸に虫がわくといわれているからね。」

薪をくべて、大きなお鍋たっぷりの水を沸かす。
きれいなものが大好きなおばさんは、
キッチンだってこんなに華やか。

ciganyi falvak 598

朝から、鶏肉のピカタを作るおばさん。
「 皆がたくさん食べられるようにね。」

ciganyi falvak 606

それでも食事のときは、いっしょには食べない。
私たちが買ってきたものをすすめても、
なかなか手をつけてくれない。
みなが考えているジプシーとは違う、と主張するかのように
おばさんはいつもきっぱりとして断った。

毎日きまって、ご近所さんが
訪ねてくる。
「 テー・バフタリ!(幸運でありますように)」
ジプシーの挨拶から、おしゃべりがはじまる。
ジプシー語で話すから、ここからは全く分からない。

ムンドラのお母さんが、カティおばさんのお友達。
いつもニコニコとした、素朴な感じの方。

ciganyi falvak 592

ムンドラと息子さん。
近くの町のハンガリー人のもとへ嫁いでいたのが、
子どもをつれて実家に帰ってきてしまった。

ciganyi falvak 590

カティおばさんの手仕事で囲まれた部屋は、
壁もピンクとグリーンで染めてある。
自慢の刺しゅうの作品の数々を
目の前に広げて見せてくれた。

ciganyi falvak 586

「 私のところには、ハンガリー人も遊びに来るのよ。
 村のハンガリー人の出していたレストランで、働いたこともあるからね。」と
誇らしげに話していた。

ジプシーとして、よその民族に受け入れられるということは
相当なハードルだろう。
ここトランシルヴァニアでも、根強い差別がぬぐいされずに
まだなお残っている。

それでも、そうした壁を努力で乗り越えていく人たちもいる。
その一人が、カティおばさん。
ジプシーとしての誇りを失わず、
そしてハンガリー語、ルーマニア語をあやつり
明るく誠実に人と接する。

この村で出会い、
こうして彼女のもとで5日間生活できたことは
ただの偶然ではなかったような気がした。



トランシルバニアをあなたの心に・・・
              クリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ


・カティおばさんのインテリアは、こちらで詳しく紹介しています。

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|ジプシー文化|2009-08-29_12:31|page top

イェッド村での生活

これまで訪れたトランシルヴァニアのジプシー村の中でも、
とくにあたたかな雰囲気の村、イェッド。

はじめて出会ってから、
二日後にまたこの村へ帰ってきた。
すぐに見慣れた、人懐っこい顔をみつけた。

小さな男の子を腕にいだく、女性。
「 私に仕事を探してくれない?」と困ったような
表情で聞いてきた彼女の名前は、ムンドラ。

子どもたちといっしょに緑の中で
ハイキングをしたいと話すと、案の定。
すぐにたくさんの子どもたちが、
私たちの後についてきた。

村のはずれのリンゴ畑のよこを上にのぼって、
森の方へと歩く。
途中、バッタをつかまえたり、
花を摘んだりしながら、
ゆっくりとお散歩。
息子はもう村の子どもたちの間に、
溶けこんできたようだ。

ciganyi falvak 458

真夏の日のした、
子どもをつれての散歩は楽ではない。
田舎道を歩きなれない、空くんも疲れ気味。
何メートルか遅れてくる
YUUMIさんたちの横で、だまって付いてきていたムンドラ。

日陰をみつけて、一休みする。
まだ2歳の子どもをひざに抱くと、
髪にかけていたスカーフをとって涼んでいた。

ciganyi falvak 459

丘の向こう側には、
真っ白な野の花がまるでじゅうたんのよう。

ciganyi falvak 453

森までは行き着かなかったが、
7月の緑の中で散歩を楽しんだ。
まだまだ元気があり余っている男の子たちは、
坂道を転げるように走ってゆく。

ciganyi falvak 472 

「 ジプシーの輪っか、知ってる?」と
次々に反転をやってみせてくれる。 

jeddkirandulas2.jpg




ムンドラが言った。
「 今日の昼過ぎに、村でお葬式があるの。
 昨日、29歳の女の子が亡くなって・・・。」
よそ者の私たちが参列してもよいのかと聞くと、
もちろんとの返事。

もうそのときには、この村で数日間滞在することを
心に決めていた。
そこで、ムンドラに頼んでどこか受け入れ先を
探してもらうことになった。

話はすぐについた。
隣のカティおばさんのところで、
泊まらせてもらうとのこと。
しっかりとした、見るからに信頼の置けそうな女性でひと安心。

それから、2時になった。
カティおばさんの跡をついて、その場所へと向かう。
ちょうど、馬車でお棺を運ぶところのようだ。

ciganyi falvak 497

たくさんの人たちが、通りから見送っている。
どうやら、村中の皆が参列する
というわけでもないようだ。

ciganyi falvak 500

棺の周りにいる、親族らしき人たちは黒服だが、
ほかの参列者は、いつもと同じ
あの色鮮やかな衣装のまま。

ciganyi falvak 505

ジプシーの住む通りをまっすぐ突っ切ると、
今度は角を曲がって
丘の上にある墓場へと入っていく。

ciganyi falvak 512

うっそうとした森の中。
ひっそりとした影に包まれていると、
何か心細くなってくる。

ciganyi falvak 517

もうここは、墓地の中。
ジプシーの墓はだいたいはずれにあるというのは、
村でも墓場でも同じ。

ciganyi falvak 521

やがて真夏の日差しが降りそそぐと、
丘の上にまでやってきたようだ。
ジプシーの行列の跡についていく。

ciganyi falvak 531

やがて棺おけは、さらに奥の茂みに持っていかれた。
「 これ以上は、行ってはいけないって。」
誰かが小声でささやいた。
別れの儀式も何もない。
ここまで。

ciganyi falvak 540

馬車を引いていたおじさん。
「 ここには、俺の弟も埋まっているんだ。」
と悲痛な表情で、墓のふちに座っていた。

ciganyi falvak 548

丘のむこうには、今朝行ってきたばかりの
あの果樹園のある林が横たわっていた。

jeddtemetkezes1.jpg

丘のあちら側には、
今朝の遠足の記憶がそのままに。
丘のこちら側では、死者を埋める場所がある。

生と死を、まざまざと目の前に突きつけられ、
忘れられないイェッドでの日々がはじまった。



トランシルバニアをあなたの心に・・・
              クリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|ジプシー文化|2009-08-14_01:10|page top

イェッドとの出会い

トゥルグ・ムレシュに暮らす素敵な一家と
約10年ぶりに再会した。
トランシルヴァニアのフォークダンス、
民俗音楽について第一人者である日本人男性。
そして、その奥さまは心優しいハンガリー人女性。
3人のかわいいお嬢さんに囲まれて
幸せそうに暮らしていらした。

ジプシー村について相談すると、
たくさんの村の名前が挙がった。
「 民俗衣装を着た、雰囲気のいい村を探しているんです。」というと、
ここから近いある村にこれから案内してくれることになった。

私たちが出たのは、もう夕方。
大人3人、子ども5人をのせたギュウギュウ詰めの車。
トゥルグ・ムレシュからの田舎道をいくと
イェッド村がすぐに見えてきた。

小さなお店の角を曲がって、
細い道をまっすぐ行く。
と、色鮮やかなジプシースカートをまとった女性、
赤やピンクのリボンと三つ編みの女の子たちが目につきはじめる。

「 ここで止めましょうか。」と車を寄せると、
もうすでにたくさんの村人が集まってきていた。
まだ耳慣れないロマ語で、
何をしにきたのだろうと話し合っているのだろう。

ciganyi falvak 281

ハンガリー語で写真を撮らせてもらいたいと伝えると、
ほほ笑みがすぐに浮かんだ。
民俗衣装をまとったジプシー女性は、
凛とした気品がただよう。

jedd2.jpg

男の子たちも、カメラを向けると
うれしそうにポーズ。

jedd4.jpg

ジプシー女性は、子どもを抱いていると
さらにその美しさが増すよう。
柄と柄との組み合わせの妙は、さすが。

jedd6.jpg

ちょっと酔っぱらい加減のおじいさんは、
若い女性の肩を抱いて、アピール。
結婚している女性は、みなこのようにスカーフで髪をかくしている。

jedd7.jpg

私たちが写真撮影の夢中になっている間、
息子は相変わらずのマイペースさで、
かたつむりの歌をうたっていた。

jedd`

家からも、私たち外国人の訪問を
ものめずらしそうに眺めている。

ciganyi falvak 309

それにしても、この子どもたちの数。
もう私たちの周りをくっついて離れない。
人懐っこい顔が、あちらにもこちらにも。
「 ねぇ、私を撮って。」、「 僕を撮って。」、「 あの、赤ちゃんを撮って。」
もうわけが分からない。

ciganyi falvak 294

八重歯のかわいい少女が抱いているのは、
でっぷりと太った赤ちゃん。

ciganyi falvak 302

サイズの合わないぶかぶかの服、
夏服にウールなどもいっしょになって。
こんなにも愛らしいのは
きっと気持ちがピュアだからだろう。

jedd9.jpg

車いすのおばあさんが、赤ちゃんを抱えている。
カメラを向けると、ただ静かに微笑んでいた。

ciganyi falvak 332

先ほどの少女が、お召しがえをしてやってきた。
夕日を浴びて、褐色の肌がかがやく。
黄緑色の鮮やかなスカートが、風のなかで踊っている。
そう、このスカートこそがジプシー女性の誇りなのだ。

jedd12.jpg

若々しいジプシーのカップル。
お腹をやさしくなでる母親は、
なんて幸せそうな表情。

jedd13.jpg

この小さな通りには頻繁に車が通る。
そんなときも、ジプシー女性たちは
すべての子どもを守るようにして脇に立つ。
カティが言った。
「 ここのジプシー女性たちに、
 母親になることを教わったのよ。
 どこの子どもでも、自分の子どものように守るでしょう。」
彼女たちがこんなに美しいわけは、
きっとここにある。

一日の終わり。
はじめての来訪者を、
こんなにもあたたかく包んでくれる村。
トランシルヴァニアの村に、
小さな宝物をみつけたような気がした。

jedd14.jpg



トランシルバニアをあなたの心に・・・
              クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|ジプシー文化|2009-08-07_22:37|page top

かご編みジプシーの村

ジプシーの手仕事に興味があったので、
トゥルグムレシュから北に向かった村、
シャーロシュパタク(泥の川)を訪れた。

だいたいジプシーは村はずれに住んでいる。
ここでも、奥まった感じの通りを探して
中へ入ってみると・・・

思ったとおり。
外でたくさんの人が行きかい、小さな家が立ち並ぶ
ジプシー地区へきたようだ。

sarospatak2.jpg

車をとめて出てみると、
あっという間に人だかりができていた。
「 どこから来たの?」
「 何を探しているの?」と親しげで興味深そうな顔がずらり。

「 あなたたち、日本人でしょう。」と
元気のよさそうなおばあちゃん。
「 うちにも日本人がきたことがあるのよ。
 舞踊家を探しにきたんでしょう。」

ciganyi falvak 391

かご編みを見に来たのだと伝えると、
「 もうこの辺り、そこら中にあるわよ。」と指さす。
お年をきくと、たくましそうな指を折って数えた。
「 今年で、73歳よ。」

ciganyi falvak 392

この辺りの家の塀は低いので、
庭に腰をかけて仕事をする姿がすぐに目についた。
茶色っぽい、細長い枝の皮をカンナで削っているところ。

ciganyi falvak 385

奥では、小さなひ孫さんが
じっと仕事のようすを見ていた。

ciganyi falvak 387

散策してみると、
本当にどこの家でも茶色い木の枝が積んであったり、
かごを編んでいる姿が見られる。

こちらの家では、
先ほどの木の枝をいすに巻きつけているところ。
トンカチで上からたたいて押さえる。
ciganyi falvak 400

小さな男の子も、お父さんのお手伝い。

Clipboard07.jpg

出来上がりのいすは、こんな風になる。
ベージュと、レンガ色の組み合わせ。

Clipboard08.jpg

シャールパタク(泥の川)の名前のように、
にごった川なのだろうか。
子どもたちは、泥をボールのように地面にたたきつけて遊んでいた。

ciganyi falvak 405

あちらから、
かごをたくさん抱えてくる人たちがやってきた。
これから市場に出すところのようだ。
いまでも青空市場で買い物をするトランシルヴァニアでは、
この編んだかごは必需品。

sarospatak3.jpg

通りを車でまっすぐ進むと、
もう村のはずれに来てしまった。
馬車には、あのレンガ色の木の枝がいっぱい。
「 今、かまどで煮てきたところだよ。」

ciganyi falvak 415

村のはずれのジプシー一家。
たくさんの子どもに囲まれている。
この子たちも大きくなったら、
きっと両親、祖父母のようにかご編みをするのだろうか。

ciganyi falvak 420

村中が、ひとつになって作り上げるかご編みの伝統、
これからもたくさんの子どもたちが
受け継いでいくのだろう。


トランシルバニアをあなたの心に・・・
              クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|ジプシー文化|2009-08-07_20:01|page top