トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2010/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

「太陽の子」の舞台裏

ヨーロッパの冬の娯楽のひとつに、演劇がある。
シーズンは、秋にはじまって
5月ごろには幕を閉じるというから、
今はもう後半に近づいている。

6時開演ということだが、
まだ高々と太陽が上っている頃。
緑がぐんぐんと伸び、太陽が惜しげもなく降りそそいでいる。
これから暗い劇場の中へ入ってゆくのが、
なんだか不思議な感覚だ。

シェプシ・セントジュルジの町には映画館はないが、
劇場は驚くほど多い。
人口7万人ほどの規模の町に、
国立の劇団が5つもある。
ハンガリー語の劇団には、普通の劇団とパントマイム系の劇団とがあり、
民俗舞踊団、人形劇団。そして、ルーマニア語の劇団。
ルーマニアの地理的には中心部に位置しながら、
ハンガリー人が町の過半数を占めるからである。

ダンナの友人ネメレのお陰で、
私たちは顔パス。
彼はブダペストの芸大の博士課程に属していて、
この舞台芸術を手がけている。

小さな劇場の中ほどにある
赤いベルベットの席に腰掛け、彼に尋ねる。
「 この劇の話はどんなもの?」
ロシアの作家、ゴーリキーの「太陽の子」。
世界文学に疎い、私はもちろん
彼の作品はまだ読んだことがない。

「 ロシアの19世紀末が舞台となっていて、
当時の知識人階級と農民階級の闘争。
知識人たちの力の限界や絶望・・。
それに、叶わぬ恋愛話も混ざったりして、
もちろんユーモアもあるよ。」

前方の舞台に目をやると、うっすらと暗い中に
カマクラのような洞窟のようなものが
ほのかに白く浮かびあがっている。
「 そして、この舞台は洞窟かしら?」
「 さあ、何だろうね?」
と作者は肩をすくめ、おどけて見せた。
やがて、室内は闇に包まれた。

真っ暗な闇に雑音がひびき、
青白いランプを照らしながら作業夫たちが何かを組み立てている。
その黒い影がやがて
奥へと姿を消して、舞台が明るくなった。

柔らかな素材で覆われた、
真っ白な建物。
それは、美しい曲線を描いて
白い踊り場のような空間を深くえぐり出している。
そのずっと奥には、たてに細く割れた穴。

やがて、
ある科学者をとりまく家庭問題から、
それぞれの孤独の姿がなぞられ、
物語は精神を病む若い女と求婚者の男性との
恋愛をはかなく、浮かび上がらせる。

その家庭の不協和音が
だんだんと激しく音をたて、きしみはじめると、
彼女の心はやせ衰えていく・・。

昼間の太陽がさし、ひかりがもれる様子は、
あたたかい色の光が
その細い繊維で包まれた屋根から、
かすかに零れ落ちる。
屋敷の庭の場面では、
中央奥の穴を隠すようにして、
太い白樺の幹が
天に向かって背伸びをしている。

napfiai.jpg

舞台の最後、悲劇の場面には、
ひかりを帯びた天井の円形のところが
まるで生き物のように
体をくねらせ捩じらせ、すとんと下に落ちた。

明るい光と役者たち、拍手が飛び交ったあと、
ネメレは言った。
「 これから、すぐ解体に入るんだ。
舞台裏を見においで。」

まだ演劇の後のほとぼりも覚めないうちに、
私たちは裏の方へと回った。
円形の大きな装置は、まるで
モンゴルのユルタのよう。
無数の鉄のひもが伸びて、
これがロボットのように天井部分を揺さぶっていたのだ。

鉄の階段を上ると、
巨大な建物が目下に見えた。
彫刻も専門としていただけあって、
なるほど舞台の裏までも美しい。

A nap fiai 012

やがて、あの気になる内側へ。

A nap fiai 023

ひかりの差し込む舞台の内側では、
ちょうど白樺の大木が立っているところ。

A nap fiai 026

A nap fiai 052

A nap fiai 038

そのふわふわとした
建物を覆っているものに触れてみると、
思ったよりも硬くてしなっている。

これは羊の毛ではなくて、
機織の縦糸に使う糸だそう。
舞台装置を作るときには、
俳優さんたちも総出で
この糸を貼りつける作業に明け暮れたという。

A nap fiai 046

あたたかく包み込むような、
それでいて繊細さをも持った空間。

A nap fiai 056

A nap fiai 058

作者ケレジ・ネメレはこれから、
6月にはパフォーマンス・アートを披露するため、
来日することになっている。

まるで子どものようにわくわくした、
満月の夜だった。



トランシルヴァニアをこころに・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村


*Tamasi Aron劇場のHPにて、
 「太陽の子」ギャラリー公開中です。




スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|アート|2010-04-29_06:32|page top

初春の遠足

北国の、トランシルヴァニア地方にも
ようやく春が訪れた。

春一番に花を咲かせるのは、
レモン色のゴールデンシャワー。
4月のあたたかな太陽の光そのもののように、
降り注いでくる。

09.04.2010 16-25-09

こちらは、まだ冬枯れたままの花。
天然のドライフラワー。

09.04.2010 16-26-27

向かいの小学校の校庭の大木も
新緑が無数のつぼみとなって、
高くそらに伸びている。

09.04.2010 16-33-18

春は、その表情を
めざましく変えてゆく。
早足でさっていってしまう前に、
春を見つけに行こう。

そう思って、突然に思い立った遠足。
パンにベーコン、ジャガイモにリンゴ、
水だけをかばんに詰めこみ、
町外れの原っぱへ。

緑の芝生が心地よい、谷間。
ここでは、春から秋にかけて
羊の放牧がなされているところ。

08.04.2010 18-52-55

午前中に見られていた青空は顔をかくし、
白くうす曇ったそらに早変わり。
5月になれば、マヤーリシュという
ピクニックでにぎわうはずのこの場所も、
まだこの時期には誰も見られない。

08.04.2010 18-51-39

小さな春、見つけた。
野に咲く小さなマーガレットは、
どんな植え込みの花よりも美しい。

08.04.2010 19-13-33

日陰でひっそりと咲いていた
クリスマス・ローズ。
緑と紫色した森の精は、
幻想的な雰囲気をかもし出している。

08.04.2010 19-16-12

息子が見つけた、か細い黄色い花。
こんなに痩せた体で、
よくもこの寒さの中咲いているものだ。

08.04.2010 21-25-42

水彩絵の具に
そっと水を垂らしたような、
透明なむらさき。

08.04.2010 19-16-57

薪拾いのはずが、つい花探しになってしまった。
振り返ると、
もう羊たちに囲まれてしまった。

08.04.2010 19-18-04

いたずらっ子のヤギは、
せっかく集めた枯れ枝も食べてしまう。
ひょいと乗り越え、仲間たちのもとへ。

08.04.2010 19-19-00

生まれたばかりの子羊。
フワフワの毛に覆われて、
なんてあどけない、やさしい顔をしているんだろう。

08.04.2010 19-27-08

カランカランという鈴の音とともに、
羊の波はだんだんと
遠くへ離れてゆく。

08.04.2010 19-22-22

焚き火をして、昼食を終えたあと。
ダンナが、なにやら
残り物の木を彫りはじめた。
十字架、それとも・・?

08.04.2010 20-40-37

クロスさせた木を太い枝に差込んだものを、
小川の方へ持っていく。
水の流れに、そっと浮かばせて。
それは、くるくると勢いよく回りはじめた。

08.04.2010 21-03-25

まだ少し肌寒かった、春の日の遠足。
次は、どんな自然と出会えるだろう。

08.04.2010 21-42-15




トランシルヴァニアをこころに・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|自然、動物|2010-04-18_15:40|page top

春の赤タマゴ

日本からの長い長い旅路をへて、
再びルーマニアに降り立ったのは4日の深夜。
これから、さらに3時間以上も離れた町へと向かう。
長旅の疲れで、すぐに眠りについた。

「 ほら、見て。
墓地にロウソクが灯っているよ。
今日はイースターの祝日だからね。」
ぼんやりした意識のなか
目に映ったのは、
暗闇をほんのりと照らす
ロウソクの光と、それを手に携える老婆のすがた。

再び、この不思議の国にやってきたのだ。



北国の春は、足元からやってくる。

雪が解けたあと、
地面には真新しい緑が覆いはじめる。
木々にはもう丸々と膨らんだつぼみが、
びっしりと張り付き、
緑がはじけるのを今か今かと待っているようだ。

05.04.2010 01-28-14

イースターの日曜日。
お姑さんのところで昼食をいただいた後、
タマゴを赤く染める。

ずいぶんと太陽の光が力強さを増してきた。
表からは、新鮮な緑の草を
いただいてきた。

04.04.2010 23-03-12

このやわらかな若草を
ひとつひとつ摘んで、
タマゴの表面にそっとのせて、
ストッキングで包む。

04.04.2010 23-08-13

ギュッときつくしばってから、
染料をまぜた赤いお湯の中へ。
数分ほどおいて湯気とともに出てきたのは、
真っ赤なゆで卵。

04.04.2010 23-49-50

ストッキングをゆっくりとはずすと、
春の植物が
真っ白な影をかたちどった。

husveti tojas

イースター・マンデーには、
ハンガリーの男性たちは古くから
女性を花に喩えて水をかける習慣がある。
そして、女性はその代わりに
赤いタマゴをプレゼントする。

タマゴに描かれた文様には、
波や星、カエルやニワトリのトサカなど
不思議なものが多い。

06.04.2010 19-35-10

赤いタマゴではじまる、トランシルヴァニアの春。
イースターエッグをあなたにも。

06.04.2010 19-30-02




トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ




Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(10)|trackback(0)|文化、習慣|2010-04-14_03:34|page top

赤い薔薇のセーク村

イェッドからカロタセグ地方へ向かって、
旅のしめくくりはセーク村。
ルーマニア語ではシクと呼ばれる村は、
ハンガリーの古い伝統を守りつづけていることで有名である。

みやこうせい氏の著書「ルーマニアの赤い薔薇」では、
セークの女性たちの赤い衣装のうつくしさが
愛情をこめた写真と文章で紹介されている。
クルージ・ナポカの駅で待ち合わせ。
迎えにきてくれたのは、村出身のヤーノシュさんと
奥さんのジュジャ。

「 日本とは縁が深くてね。
 もう何人もの日本人が家にやってきたよ。
僕の母さんは、日本のテレビ番組でも紹介されて、
日本に呼ばれたこともあったんだ。」と陽気なヤーノシュさん。
彼の母親クララさんのところに、
日本の女優さんがホームスティした番組を
確か学生時代に見たことがあった。

ジョルトシュ・クララさんの日本とのつながりは、
80年代に村の結婚式でみや氏とであったことからはじまる。
「 その当時はね、外国人をここで見ることはほとんどなかった。
 ミヤが結婚式のときに、ベンチで寝ているのを見かねて、
母さんが家に呼んだんだよ。彼とはそれからの付き合いさ。」
当時のルーマニアでは、
セクリターテと呼ばれる秘密警察がはびこっていた頃。
素性の知れない外国人を家に招くことは、
それなりにリスクもあったに違いない。

セークでは古くから
男性たちは建設業に、女性は家政婦として村を出ていくのが習慣だった。
クルージ・ナポカの町の中心部にある公園で、
夜になるとセーク出身の若い男女が集まり、
踊りを踊っていた。
この話を基にして、詩も生まれたという。

昔はクルージやボンツィダの屋敷だったのが、
今では行き先がブダペストになった。
村からは毎日ブダペスト行きの長距離バスが
出ているというのだから、驚きだ。
国境を越えて、ハンガリーの首都へは
ここから8時間ほどはかかる。

そういえば、赤い衣装を身にまとった女性たちが
町のなかをそぞろ歩き、
メトロに乗っているのを何度ともなく見たことがある。

まだ見ぬセークの村に想いをはせているうちに、
うっすらと白粉をはたいたような山並みをいくつもこえて、
車が走ってゆく。

szek 156

「 この山の辺りから、もうセークだよ。
 村にはね、湧き水がふたつあってね。
 ひとつは普通の水なんだけれど、もうひとつは塩水なんだ。」
その塩水を何に使うかというと、
燻すまえのベーコンを漬け込むといいそうだ。

szek 160

セークには三本の道しかない。
フェルセグ(上)通り、
チプケセグ(トゲ)通り、
フォッローセグ(熱い)通り。

人口は、2000人ほどの大きな村。
昔は上地方と下地方に分かれていて、
その間でも人は交わらなかったといわれている。
それために、より純粋な
セークの文化が守られてきたのだ。

やがて車がとまり、
二軒あるうちのひとつの方へ通される。
小さな男の子が、ヤーノシュめがけて
抱きついてきた。
その後ろからは、
赤い衣装に白いスカーフをかぶった女性が笑顔で迎える。

そう、今日は日曜日。
家族団欒の日だったのだ。

szek 172

日曜日のミサのあとに、
家族いっしょに昼食を食べるのが安息の日のすごし方。
お料理が上手なクララさんの食事は楽しみだった。
お肉と野菜のエキスがぎゅっと凝縮された
コンソメスープ、そして
ローストチキンとグリンピース・ピラフに舌鼓をうつ。

szek 174

セークといえば、名物は
プルーンの蒸留酒。
パーリンカという、二度も蒸留させて
濃い果実のエキスを絞りだす酒には、
アルコール分が40~50%も含まれている。
小さなグラスに注がれた
その透明な液体の清々しい甘い香りをかぎ、
すこし舐めてみるだけで十分。

食事のあとは、
クララさんお得意のお菓子が出された。
TV番組でも、彼女のお菓子の腕前が
存分に発揮されていた。
モノの少ない共産主義時代に、
少ない材料で工夫を凝らして作られた
ホームメイドのお菓子。
時間がかかるから、今や
その家庭の味も存在が危ぶまれている。

今日のデザートは、
ケシの実のスポンジケーキと、
チーズクリームのクッキー。

szek 184

ケーキは、卵白でふんわりとやわらかな舌触りで
ケシの香ばしい風味と、
プリンみたいなカスタードクリームがいっしょに溶けこむ。
上には、しっとりとリキュールがしみこんだ、
ビスケットがのっかっている。

塩味のクッキーの中に、
チーズクリームがはさまれたお菓子は、
軽くてさわやかな味わい。
「 バラージュが、クリームをぬるのを手伝ってくれたのよ。」とクララさん。

居間にもセークの色と模様が
ぎっしりと詰め込まれていて、
その重みのあるクッションの針目だとか、
深い黒に赤い花が冴えわたる絵付けされた家具に
目が釘付けになる。

szek 195

「 これはね、最近私が描いたものよ。
木目だけの棚だったのだけれど、
ほら、こうするだけで生まれ変わるでしょう。」
日本家屋にも違和感なく収まってしまいそうな、
その色合いの家具を見て、うなづく。

szek 190

セークの刺繍は、
どこか粗野で丸みのあるモチーフが特徴。
丸いバラだとか、円のなかにニワトリがあったりという、
素朴さが魅力。
「 この刺しゅうはね、針を表と裏に返して縫うから
とても時間がかかるのよ。」
最近では、この伝統的なステッチを使わず、
簡単なものに変わってきているようだ。

szek 318

ミサがはじまる前に、
本宅の方へと案内してもらった。
もともとはこちらの家に住んでいたのが、
今は客室として利用しているらしい。
「 ここに、ミチコも泊まったのよ。」
パジャマ姿の女優さんと、クララさんの写真に
思わず笑みがこぼれる。

女性の手仕事がいっぱいに詰まった
ティスタ・ソバ(清潔の部屋)は、
ここではセークの部屋と呼ばれる。
普段は使われることのないこの部屋を、
一言で物置などとはいうことはできない。
そこには嫁入り道具や、家族の写真など、
大切な家の歴史が刻まれているから。

szek 256

ボクレータという藁でできた
花嫁、花婿の髪飾りは、
その長い年月とともに、
ガラスの中にそっと封じ込められる。
クララさんたちのもの、
息子さんたちのものが
あたかも同じ時を刻んでいるかのように並んでいた。

szek 261

セークの衣装の中でも有名なのは、
アコーディオン・プリーツの袖つきのブラウス。
昔はパンを焼いた後のかまどに入れていたのが、
後には専用のアイロンでプレスして
この立体的な造形美が生まれるようになった。
坊やも、いつかはこの晴れ着に袖を通す日がくるだろう。

szek 219

高く積み上げられたクッションと、
幾層にも折り重なった華やかな色彩の毛糸織りのラグ。
彼女に子供ができ、
孫に囲まれても、その色はあせることなく
若かった彼女の手のぬくもりを
そのままに伝えている。

szek 239

村としては大きな規模のセークの教会。
おそろいの皮のジャケットに着替えた人たちが、
表で待っていた。
特別な行事もなく、
民俗衣装でミサに通う姿はもう他所では見ることはできない。

szek 319

ひっそりとした、
古い石造りの教会のなかへ。
13世紀にタタール人が侵攻してから、
再び建てられた教会。
古びたフレスコの壁画と
薄暗くひんやりとした石の温度が、
保守的な村の人々とぴったり寄りそうようだ。

szek 332

szek 333

また、表には雪が降りはじめた。
クララさんと別れたあと、
車はもとの山をいくつも越えてゆく。
「 村が、恋しくなることはない?」たずねると、
「 ああ、僕はたまにね。」とヤーノシュさんが答える。

彼はブカレストで三週間仕事をしたあと、
残りの一週間をすごすためにクルージの家に帰る。
ジュジャは子どもさんとふたり、
シンデレラの城のような家で暮らしている。

「 歌をうたいましょうか。」
うっすらと暗闇に包まれた雪景色を眺めながら、
家族の奏でる民謡の調べを聴いていた。

山の中にひっそりとたたずむ故郷を想って、
遠く離れた地で仕事に励み、
故郷に錦を飾るために村へと帰っていったセークの民。
確実に変わりつつある、
彼らの生活を想った。

szek 349



トランシルヴァニアをこころに・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村


*クララさんの手仕事の部屋を、詳しく
もうひとつのブログにてご紹介しています。

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(19)|trackback(4)|その他の地方の村|2010-04-06_22:03|page top