トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2010/06│≫ 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

小バツォン村の水車小屋

まるでおとぎ話の中のような、
小さな村がトランシルヴァニアには存在する。

お菓子の家のような美しい家がきれいに並んでいるわけでもなく、
この小バツォン村は、
その雰囲気そのものが素朴で
とても村らしい。
セーケイ地方の誇る民話研究者
ベネデク・エレクの出身地であるのも納得がいく。

その生家のすぐそばの小川をあがっていくと、
小さな水車小屋があるという話を聞いていた。
まさに、おとぎ話の村にぴったりの風景。

erdovidek 436

気さくなご主人さんに通されて、
うす暗い民家のなかへ。
部屋のどこそこに積み上げられた大きな袋。
小麦粉の粉のせいか、
中の空気もうっすらと白い膜をはったようで、
展示場か何かを見ているかのように
どこか現実味がなかった。

kisbacon.jpg

するとご主人が丁寧に、
水車小屋の仕組みを解説してくださる。
木造の古い仕掛けは、
すべてが何百年と全く変わらない。

erdovidek 374

実際に水車を回して、
小麦粉ができるまでを見せてもらう。
家の脇を通る小川の水を放流すると、
ゆっくりと水車が回りはじめた。

erdovidek 377

先ほどの大きな臼に力が伝わり、
あっという間に、真っ白な粉となって現われた。
こちらは家畜用の粉なので、
家庭用と比べると粒が粗い。

erdovidek 381

ひんやりと冷たい地下室では、
いくつもの大きな歯車が滑るようにして
力を送りつづけている。

erdovidek 388

こちらは屋根裏部屋。
村の民家では大切な貯蔵庫であり、
燻製なども行われる。

瓦からかすかに光りがもれて
神秘的な光景だが、
日中はとてつもなく暑い場所。

erdovidek 396

袋からこぼれた小麦粉がここにも。

erdovidek 397

山がちな地形を生かして、
トランシルヴァニア地方には至る所にあったという水車小屋。
共産主義時代にすべて国有となり、
政権交代後にはそれが持ち主に返されるどころか、
お金で買い取らないといけなかったという。
そのため、残ったものは数少ない。

この粉挽き場のすぐとなりの扉の向こうは、
ご主人のお母さんの住まい。

erdovidek 384

窓際に置かれた、小さな機織機。
エテルカおばあさんのアトリエはここ。

erdovidek 403

赤と黒の縞もようは、
セーケイ人の民族衣装のスカートに使われる。
きめの細かく整った織り目。

erdovidek 404

美しい発色の赤は、
トランシルヴァニアのハンガリー人にとって憧れの色。
長い冬を暖かく過ごすために、
うす暗い民家を少しでも明るくするために、
必要不可欠な色だったのだろう。

erdovidek 421

エテルカおばあさんは、
水車小屋の仕事や畑仕事の合間をぬって、
針仕事や機織をつづけてきた。
今は孫娘さんに、
その技術を教えているという。

erdovidek 411

チャキチャキと
いつも忙しそうに小走りで動く、
元気のいいおばあさん。

「 ちょっと、お待ちなさい。
 帰る前に、これを味見していきなさい。」と
手には大きなボールをかかえて。

erdovidek 425

エテルカおばあさん特製の、
霜降りロールクッキーを一つつまんで頬張る。
すっと口の中でとけていく
軽い歯ざわり、そのやさしい甘さ。
こんなに美味しいクッキーは久しぶりだ。

erdovidek 429

水車小屋で挽かれた小麦粉と、
村の新鮮な卵やジャムでできたから。
そして、あのエテルカおばあさんの
熟練の手で作られたから。

「 いつかは、あのイギリスの誰かがやって来られてね。
 このクッキーを召し上がっていかれたわ。
 ミクローシュバールのご主人さんもいっしょだったわ。」

erdovidek 427

おばあさんが小走りで部屋から
写真を持ってきた。
どこかで見たことのある顔・・・。

erdovidek 430

チャールズ皇太子は、
トランシルヴァニア出身の貴族カールノキ家と仲が良く、
たびたびこの地を訪れるそうだ。

erdovidek 431

もう一枚の写真は、
同じ霜降りクッキーを召し上がっているところだった。

そして小さな小箱を贈られたという。
イギリスの皇室からのプレゼントは、
水車小屋を守りつづけた一家への勲章なのだろう。

erdovidek 435

トランシルヴァニアのおとぎの村には
水車小屋があり、今でも
おばあさんが孫たちとなかよく
機織りをしているということです。




トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2010-06-29_09:06|page top

森の地方への旅-上ラーコシュ村

夏の太陽が照りつける中、
車はセントジュルジの町を北西へと向かった。

この夏の計画は、
トランシルヴァニアに埋もれた美しい村々を巡り、
手仕事の作り手を探し出すこと。

その日は、
同じコヴァスナ県のなかにある
「エルドゥー・ヴィデーク(森の地方)」
を見てまわろうと出発した。

70から80年代にかけて、
社会主義時代のルーマニアでは、
盛んにフォークロア、フォークアートが奨励された。
数多くの良質な民俗学系の書籍に加えて、
刺しゅうや手織りの図案集なども刊行される。

「ウドヴァルヘイ地方の刺しゅう」と題された図案集では、
生地の繊維を数えて針目をすくう
クロスステッチ刺しゅうとは違った、
自由に下図を描くことによって刺しゅうをする
イーラーショシュと呼ばれるタイプのものがある。
今回の目的は、この刺しゅうを探すこと。


広大な森で四方を囲まれたこの地方は、
美しい自然と伝統的な村の暮らしが特徴的。

最近、もともとの持ち主であった
カールノキ家という貴族に返還されたばかりという
ミクローシュヴァールのお屋敷を後にして、
いくつかの小さな村を次々と過ぎていく。
「 ここ辺りの道路がいいのは、
 このカールノキさんのお陰だよ。」と運転手のラツィおじさんが言う。

やがて分かれ道で小さい方へと入ったその途端、
ガタガタと音をたてて、いきなり砂利道に突入した。

真夏の強い日差しで照らされた白っぽい道、
緑の畑が砂埃のなかにぼんやりと見える。
やがて、上ラーコシュ村に到着。

天に向かってまっすぐに伸びた教会の塔と、
かつて要塞であった城砦が
ぐるりとその周囲をかこんでいる。

erdovidek 243

教会の管理人にさっそく中を案内してもらう。
空のように青いセーケイの絵付け家具は、
隣村ヴァルジャシュのもの。

erdovidek 250

村には機織をする女性が何人かいるそうで、
教会の白い壁、空色の家具にあわせて、
赤い星もようがひときわ鮮やか。

erdovidek 252

地元の工芸品で彩られた教会は、
そこで暮らす人々の嗜好を物語っている。

erdovidek 255

聞けば、教会の女性組合では
毎週より集まって手仕事をしているという。
賛美歌カバーにだけ、
小さな赤い刺しゅうが見られた。

felsorakos.jpg

「 機織をする人を探しているんなら、
 そこの廃屋のすぐあとにあるよ。」とアドバイスを受ける。
昔は立派な民家であっただろうその家は、
青々と雑草の巣と化している。

erdovidek 264
 
家の前に現われた、ジプシーの親子。
彼らにかかると、
どうしても廃屋になる運命なのだろうか。

erdovidek 261

門をたたくと、
すぐに人懐こそうなエルジおばさんが
中へと通してくれる。
キッチンを大きく占領しているのは、
古くてがっしりとした機織機。
ちょうど今も、仕事の真っ最中だった。

古着を裂いて長い糸にしたものを、
じゅうたんにする。
トランシルヴァニアのどの家庭にでも見られる、
一番身近な手芸。

erdovidek 268

おけには、カラフルな糸がたくさん転がっている。

erdovidek 266

奥の部屋では、アンティークミシンの上には
手作りのブラウスが載っていた。

erdovidek 276

セーケイのブラウスやシャツには、刺しゅうが見られない。
都市の影響をいち早く受けたため、
刺しゅうの代わりにレースが取り入れられた。
襟のまわりの細やかなギャザーは、
ため息をつくほど美しい。

erdovidek 320

真っ白なエプロンは、手仕事の見せ所。
少女の装いにふさわしく、
真っ赤なバラのつぼみが可憐な印象。

erdovidek 312

古いプリント生地でできたエプロンは、
既婚女性のもの。
「 この結ぶひもに使うウールのリボンが、
もうどこにもないのよね。」
時代の移り変わりで素材が変わることで、
手作りも形を変えることを余儀なくされる。

erdovidek 315

既婚の女性がかぶっていたスカーフ。
髪を隠すことは、女性が既婚であることの証だった。

erdovidek 317

6角形のテーブルには、
赤黒のクロスステッチのテーブルクロス。
こちらは比較的新しいもののよう。

erdovidek 304

壁にかけられた女の子と男の子。
向かい合って、ひそひそとおしゃべりしている。

erdovidek 319

エルジおばさんのお隣さん、
もうひとりのエルジおばさんのところへ。
陽気なおばさんたちの会話がはずみ、
たんすの中から次々に、
セーケイのスカートやエプロン、
手芸品を紐解いて見せてくれる。
「 こういう古いものを全て売ってしまう人もいるけれど、
 私は好きなのよ。」

erdovidek 322

このエルジおばさんは刺しゅうの名人。
セーケイの女性たちは、刺しゅう入りのハンカチを
想う男性に贈っていた。
婚約中には、ズボンのポケットから
刺しゅうのハンカチを垂らしていたそうだ。
愛の贈り物として、刺しゅうは
男女を結びつけるものだった。

erdovidek 335

上ラーコシュの、陽気でやさしい
ふたりのエルジおばさん。
小さな村で手仕事の伝統を守り続けている。

erdovidek 341



トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村


*エルジおばさんのアンティーククロスについては、
 もうひとつのブログで紹介しています。
 ICIRI・PICIRIの小さな窓

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2010-06-20_03:26|page top

6月の麦畑

まっすぐにどこまでも続く
でこぼこ道をいくと、
花畑に出会った。

erdovidek 185

レモン色の花粉が
こちら側へ風に吹かれて飛んできそうに、
びっしりと花をつけた菜の花。

erdovidek 187

レモン色の隣には、青々とした麦畑。

erdovidek 217

緑の畑のところどころを
鮮やかにうつくしく染める、
青い「麦の花」と朱い芥子の花。

erdovidek 216

まるで蝶のように
その朱色は風にのって、
今にもひらひらと羽ばたきそう。

erdovidek 191

まっすぐに天を突く
麦の穂につつまれると、
夏が芯まで沁みてきた。

erdovidek 225

夢のような6月の花畑は、
旅の目的さえ忘れさせてしまいそうだ。

erdovidek 194

一時しか見られない
極上の風景を瞼に焼きつけ、
ふたたび車に乗った。




トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村



Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(8)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2010-06-19_23:50|page top

アールコシュの貴族屋敷と郷土博物館

日曜の朝10時すぎ、
スフゥントゥ・ゲオルゲから
6km離れたアールコシュ村へと出発した。

アールコシュの村の誇りのひとつが、
セントケレスト家の貴族のお屋敷。
ライオンの彫刻が座った門をくぐると、
細長いポプラ並木が屋敷へと誘う。

その日は、屋敷の庭にあるギャラリーで
20世紀を代表する報道写真家ロバート・キャパの展示会が開かれた。

doboly20106 060

たくさんの来客でにぎわう会場。
ロバート・キャパは、
本名をフリードマン・エンドレという
ユダヤ系ハンガリー人。
スペイン市民戦争など数々の戦場の写真で有名だが、
ハンガリーの博物館の協力もあって
40年代のハンガリーの様子を伝える写真なども多かった。

doboly20106 062

キャパの半生と、
40年代50年代の激動する世界のすがたが
絵のように美しい
モノクロの写真を通して映し出されていた。
地雷を踏んで、片足をもがれた後も
カメラを手に持ったまま生涯を閉じたという。

ところでこの素敵な趣のギャラリーは、
もともと納屋だったもの。
レンガがむき出しになったところや、
家畜のえさを入れる桶のかたちが
そのままに残っていて、面白い。

doboly20106 065

ちょうど向かいに貴族の屋敷が
構えてある。
20世紀の歴史のなかで
その所有者もめまぐるしく変わった。
今はまだ国に管理され、
クラッシックのコンサートに使われている。

doboly20106 059

第二次大戦後には、
村の住民たちによって貴族の家具はすべて破壊され、
取り除かれてしまった。
そして社会主義時代には、
故チャウセスク大統領の別荘としても使われた。

がっしりとした石造りの建物。
二回には、リビングルーム、ベッドルーム、
バスルームがある。

内装はすべて、
チャウセスクの嗜好によって新調され、
そのままの形で残っている。

doboly20106 080

ネオ・バロックと呼ぶのだろうか、
豪華な飾りのソファーやベッド。

doboly20106 083

農村の貧しい家庭で生まれ育った
チャウセスクの、貴族に対しての憧れやコンプレックスが
こういう物を生み出したのだろう。
チャウセスクとエレナ婦人の
ベッドルームとバスルームが別々にあり、
格段に夫のものの方が豪華であったのが印象的である。

doboly20106 091

こちらは、国の文化遺産に登録されている
バスルーム。
自然の絵が描かれたタイルの間のなかで、
どんな想いをめぐらさせていたのだろう。

doboly20106 088

噴水にはカラカラに枯れ、
草が伸びきった庭。
それでも、まだこの屋敷は恵まれた環境である。
まだトランシルヴァニアには数多くの屋敷が、
所有者に返されないまま、
朽ち果てているという。

doboly20106 092

巨大なクマの剥製の敷物があったので、
ここでもクマ狩りをしたのかと案内役に聞いてみた。
「 いいえ、クマ狩りにはハルギタ県に行っていたそうですよ。」
他にも、数々の屋敷を所有していたようだ。

応接間では、先ほどの展示会の来賓たちが
テーブルを囲んでいるところだった。

doboly20106 097

貴族屋敷の見学が終わったあとは、
庭を散策する。
池にはボートが浮かべてあり、
豊かな緑が生き生きと映し出されている。

arkos1.jpg

誰もいない、静かな庭。
リンゴの果樹園もあり、広々とした敷地のなかには
風化に身を任せた彫刻が
ぽつんぽつんと置かれている。
70年代に、ルーマニア中のアーティストたちによって設計され、
アールコシュの大工さんが作ったという作品。

doboly20106 121

村の中心にある、
ユニタリウス派教会。
青空にくっきりと浮かぶ
真っ白の鐘つき台と岩でできた城壁が
中世の趣を伝えている。

doboly20106 155

かつて国境であったトランシルヴァニアの東側では、
戦火が激しかったために
教会が砦として使われていた。

塔のひとつは、
友人のバーリント・ゾルターンによって
郷土博物館として使用されている。

急傾斜の階段を登るのも、
スリル満点。

doboly20106 156

ここセーケイ地方で収集された
骨董品がずらりと並ぶ、薄暗い室内。

埃をすったような小さな小箱が開かれて、
キラキラと輝くキッチュな色があらわれた。
古いクリスマスのオーナメント。
中には、19世紀のものもあるという。

doboly20106 146

かつて高価だったプラスティックやアルミニウム。
この輝きが、当時の人たちにとって
どんなに珍しいものだっただろう。

かわいいキノコのロウソク立て。
ロウソクの光りの下に映しだされた
クリスマスツリーは、人々のささやかな
贅沢であっただろう。

doboly20106 151


今もなお使われている、鐘つき台を登る。
丸くくり抜かれた窓からは、
緑の丘と村の家並みを見渡すことができる。

doboly20106 157

二階に登ったところで、
上にぶら下がっていたのは・・・
なんとベーコンやソーセージ。

セーケイデルジにある世界遺産に登録された
要塞教会は、村中の人々が
冷蔵庫や倉庫代わりに今も使っている。
友人がそれを見て試したところ、
実に保存がよく効くというのだ。
神様の威光で守られているため、
盗まれる心配もない。

doboly20106 159

貴族と教会の伝統、
そして村の生活が息づいている村
アールコシュ。
そこでは、今もゆったりとした時間が流れている。

doboly20106 165




トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村


Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2010-06-14_02:37|page top

伝統のチカラ

ルーマニアのトランシルヴァニア地方、
カルパチア山脈ぞいに点在する村々。

セーケイと呼ばれる、
ハンガリー人の兵士たちの暮らす地方。
そこから森を越えて南へ下ると、
ドイツ系のザクセン人たちが暮らしていた地域が
広がっている。

アーラパタクはちょうど、
その境にある村である。
中心には、円形屋根のルーマニア正教教会、
そして高台にはハンガリー系のカルバン派教会が
たたずんでいる。

橋をこえて、
小さな通りに入る。
埃っぽい乾いた道には、
放たれた羊たちの茶色がとけこんでいく。

ICIRIPICIRI34 112

ひときわ鮮やかな緑の壁には、
木彫りのチューリップとロゼッタが
光りと影を生んでいる。
木彫り職人のデーネシュ・ジュルジさんの家。

ICIRIPICIRI34 124

夏になると、庭の小さなスペースで
太陽の自然の光りをうけて刺しゅうに励む
奥さんのエニクーさん。

ICIRIPICIRI34 125

ピロシュカおばあさんは、
畑仕事をひとりでこなしながら、
空いた時間には針を持つ。
使い込まれてくたくたになった
古い刺しゅうの図案集を出し、
生地の一目一目に鮮やかな文様を写しとる。

ICIRIPICIRI34 115

橋のこちら側には、
手仕事の伝統が脈々と息づいている。
そして橋をこえると、
村の中心は新しい住人たちのものである。

ICIRIPICIRI34 131

ルーマニアとEUの国旗のたなびく
村の通りを行きかう、馬車。
浅黒い肌のジプシーたち。

ICIRIPICIRI34 141

ハンガリー人、ルーマニア人の
若い人たちは次々と
村を捨てて町へ越していく。
一方、空いた家に移住してくるジプシーたちは、
人口が増えていく一方。

ICIRIPICIRI34 146

伝統にしがみつく古い住民と、
新しい住民。
まさに、今のルーマニアを象徴するような村である。

ICIRIPICIRI34 156

河が流れるように移り変わっていく、
村の風景。
人々の中にまだ生み出すチカラがあるうちに、
その姿を目に留めておかないといけない。



トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村


Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2010-06-11_05:59|page top

初夏の味

まるで梅雨が間違えてやってきてしまったかのような、
5月のトランシルヴァニア。
晴れの合間に
さっと暗雲がたちこめたかと思うと、
夕立のようにざっと冷たい雨を降らす。

そのせいで、森の中も緑が豊か。
小さなマーガレットの花が、
元気よく白い花びらを広げている。

ICIRIPICIRI34 318

日陰の森のなかに、
白いお花の小道ができた。
馬車の通り道であるため、
ここだけ草が生えにくくなり、
代わりに白い花が姿をあらわした。

ICIRIPICIRI34 324

森のなかは、実に音が豊富である。
鳥たちは、まるで人の姿が目に入らないかのように
大きな声で歌をうたい、
おしゃべりに花を咲かせている。

森までやってきた目的は、
春の味を探すため。
松ぼっくりの赤ちゃんみたいな
緑の小さな実は、
甘く清清しい香りの樹液をたっぷりと含んでいる。

ICIRIPICIRI34 327

それから、ニワトコの花。
甘酸っぱいような香りを放つ、
クリーム色の小さな花の集まり。

この花をレモンと砂糖水につけて、
ジュースを作る習慣がある。
他にたとえようのない、初夏の味。

ICIRIPICIRI34 335

飼い馬がやけに跳ねると思ったら、
前足だけがつながれている。
遠くへ行かないように、
放牧をしているのである。

落ち着きのない子どもに、よく喩えられる。

ICIRIPICIRI34 340

冬は真っ白のソリ場になる、小高い丘。
ここは野生植物の宝庫。

ICIRIPICIRI34 344

緑の茂みのなかに、
ぽつぽつと淡いピンクの花が咲きはじめている。
野ばらの花。

ICIRIPICIRI34 345

黄色いおしべは、
まるで線香花火みたい。
均整のとれた姿かたちと、
淡いやさしい色あいは夢心地にしてくれる。

ICIRIPICIRI34 350

この野ばらの花もあっという間に散りゆき、
やがて秋には、
ビタミンCに富んだ真っ赤な実をつける。

ICIRIPICIRI34 358

町のなかでは
日常が淡々と過ぎてゆくのに、
自然の世界はどうしてこんなにも
変化に富んでいるのだろう。

ビニール袋いっぱいの、
香り豊かな自然のお土産を手に、
家路に着いた。

トランシルヴァニアの初夏の味、
ただいま開花しました。



トランシルヴァニアをこころに・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|自然、動物|2010-06-04_06:08|page top

幼稚園でお泊り

ふだん遊びなれた幼稚園で、
友達といっしょにお泊りをする。

学生時代の修学旅行や、
友達とのお泊り会を思い出し、
こちらまでわくわくするようなアイデアを出したのは、
ユーリア先生だった。

「 ここなら、お金もかからないし。
 子どもたちが楽しむには、何も特別な場所なんて要らないわ。」と
一日の保護を一手に引き受けてくれた。

よそのクラスの子どもたちがいないので、
幼稚園の庭も独り占め。

ovodatabor 107

それから、子どもたちを連れて、
徒歩10分のところにある競技場へお散歩。
一周で800Mもあるトラックを、
みんなで駆け抜ける。

ovodaikepek 143

やがて走り回って疲れた子どもたちは、
パジャマに着替えて、夜ご飯。
夏時間にかわって、
8時を過ぎてもこの明るさ。

ovodatabor 067

小さなテーブルを囲んで、
和気あいあいとサラミやジャムをのせた
パンを食べる。

ovodatabor 061

そして、恒例の枕投げ。

ovodatabor 014

「 さあ、パジャマ・パーティにしましょう!」と先生が音楽をかけると、
子どもたちは元気良く踊りはじめる。
タンゴを踊る、女の子たち。

ovodatabor 026

いつもとは違う環境で、
子どもたちも大興奮。

ovodatabor 035

ふと見ると、ボギが横になっている。
わけを尋ねると、
しくしくと泣きはじめた。
心細くなったのだろうか?

「 今日教えてあげた、あやとりを皆に見せてあげて。」
そう言うと、すぐに涙をふいて顔を上げた。

ovodatabor 045

ゆっくりと確かめるような手つきで、
ヒモを引っ張る。

ovodatabor 049

ホウキの出来上がり。
子どもたちからは、拍手が起こった。

ovodatabor 053

にぎやかな部屋の中では、
夜はなかなか更けてきそうにない。
子どもたちにとっても、
忘れられない夜となりそうだ。

ovodatabor 056

そして次の日の朝。
子どもたちもぐっすり眠れた様子で、
いつものように元気いっぱい。

白雪姫幼稚園では年度末に、
さまざまな分野でコンテストが開かれる。
この日は、お話と歌の発表会。

セーケイ人の偉大な民話収集家、
ベネデク・エレクにちなんで、
民話を朗読する。
王様のいすも用意されて、
ロウソクの火が灯って、準備は万端。

ovodatabor 079

「 あったことか、なかったことか。
  あるところに・・・がありましたとさ。」に始まって、
「 もしも・・・が・・・しなかったら、
  私のお話はまだ続いていたでしょう。」で終わるハンガリーの昔話。
10分以上も続く長い、長いお話を
子どもたちは驚くべき集中力で語り終える。

ovodatabor 072

今度は屋外へ出て、
舞台で歌の発表会がはじまった。
今回は、3人の子どもが浴衣を着て登場。

ovodatabor 084

子どもたちは、ひとりずつ
歌声を披露する。
小さな体で大きなマイクをにぎり歌う姿は、
何とも可憐しい。

ovodatabor 099

カエルの歌を輪唱。
覚えやすい旋律と、
カエルの鳴き声をまねた音は
子どもたちにも大好評。

ovodatabor 089

6月に入ると、
幼稚園や学校もすべて休みに入る。
3ヶ月間にわたる長い長い夏休みが
始まろうとしている。


トランシルヴァニアをこころに・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村



Theme:海外の子育て
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|ルーマニアの育児|2010-06-02_05:58|page top