トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

12 ≪│2011/01│≫ 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

上ドボイ村の冬の一日

その村は、うつくしい畑と呼ばれる平野をつっきり、
湖を通りすぎて、さらに東へ進んだところの
山脈のふもとにある。

近隣の村の人こそ知っているが、
知る人ぞ知る、ちいさなちいさな村。

barni sotartoja 001

初めてこの村へ足を踏みいれたのは、学生のときだった。
当時、民俗学部を専攻する私たちと、
美大生のバルニとの三人で、
この近郊をフィールドワークしていた。

ある墓標の形を調査するために、
とある村で撮影をしたあと、
さらに隣村まで歩くことになった。

車もほとんど通らない一本道をゆくと、
幻のように右手の山沿いに教会の尖塔がうっすらと見える。
こんなところに村があったかな、と言いながらも、
その小さな村へ向かって歩き出していた。

私たちを出迎えるように、
緑色の質素な門が立っていた。

barni sotartoja 005

小さなのぼり坂を行くと、
やがて塀に囲まれた教会が見えた。
牧師さんに鍵を開けてもらい、中へと入った。
その古ぼけた色した教会の内部には星や太陽が輝き、
誇りっぽい空気のなかで静かに呼吸をしていた。

私たちは教会の二階に上って、
静かにただ言葉もなく、その教会のなかの世界をながめていた。
「素晴らしいね。」
しばらくの後、誰か一人がこう言った。

barni sotartoja 006

分かれ道には馬の水のみ場があって、
たえず新鮮な水が桶に注いでいる。
ジプシーの男の子ふたりに墓地への道を尋ねると、
「ついてきなよ。」といって道案内をしてくれた。

杉林のなかにある小さな墓地には、
細長い木の墓がたくさん立っていた。
ジプシー少年が言った。
「ねえ、日本人はけんか好きなんだろ?」
私たちは顔を見合わせた。
「テレビでよくやってるんだ。」と目を輝かせて言った。

子どもたちはなおも私たちのそばを離れずにいた。
「俺も日本へ仕事を探しに行きたい。」と話しかけるので、
「日本へ行って、何の仕事をするつもり?」とダンナが聞いた。
「石大工をしにさ。」と当然のように答えた。

上ドボイという村はこんな印象が残っていた。
それから二年後、
友人のバルニが偶然のようにしてこの村に家を買い、
そして三年後には、
彼を訪ねにきた私たちも偶然のように近所に土地を買うことになった。
そして五年後には、
その土地に家を建てることになった。

barni sotartoja 007

私たちの家の入り口には、
かつてあった門を忠実に再現した。

barni sotartoja 010

二年越しで建てている我が家。
窓はついているものの、玄関のドアがまだ見つからない。

barni sotartoja 011

彫刻家のバルニは、ここ上ドボイで暮らしはじめて、
はや4年になる。
杉林を望む庭には、木の彫刻作品が並び、
家の中はいかにも村の民家にふさわしく
フォークアートの素朴なじゅうたんや壁掛けで包まれている。

barni sotartoja 131

公共の彫刻作品やギャラリー用の大作に加え、
門やベッドや棚など、
最近は生活を彩る工芸作品も手がけている。

barni sotartoja 129

手のひらにすっぽりと収まる小さな塩入れは、
白樺の皮を彫ったもの。
黄色っぽい皮が、だんだんと使われていくに従って、
手の脂を吸い、色が茶色味を帯びていく。

もともとは羊飼いが、
放牧の間に丘や山に腰掛けて、
果物ナイフで時間をかけて彫っていった伝統的な品。

ハートやチューリップは土着の民俗モチーフ、
クロス型の小さな棒は古い墓標を形どったもの。

barni sotartoja 039

細かく彫刻された小さな円のスピンドルは、
かつて糸を紡ぐ女性たちの仕事道具だった。
男性が想いの女性のために、
心をこめて美しい模様を彫って贈った。

barni sotartoja 096

村のおばあちゃんが、
リンゴのお菓子を焼くというので家に招かれた。

小さなキッチンに入ると、
薪ストーブのあたたかな空気が顔に吹きかかってきた。
マリシュカおばあさんが、
「家で採れたリンゴがたくさんあるからね。」
と黒い斑点のついた赤や緑のリンゴを
鮮やかな手つきでクルクルとまわして剥いていた。

barni sotartoja 101

小麦粉にベーキングパウダー、卵に砂糖、牛乳、
マーガリン、そして油を少しいれるのがコツだという。
「そうすると、ほろほろと生地がやわらかくなるのよ。」
おしゃべりしながらも、しっかりと生地を練る手は止まらない。

barni sotartoja 103

きれいに剥いたリンゴは、小さく摩りおろして、
ぎゅっと水分を搾りだす。
うすくのばした生地の上にのせる。
「残った汁は、自家製のリンゴジュースよ。」

barni sotartoja 105

リンゴの上にも、砂糖をたっぷりかけて。

barni sotartoja 108

薪のぱちぱちという音と熱が伝わってくる。
ガスオーブンみたいに早くはいかない。
けれども1時間ほどじっくりと焼くから、
出来上がった生地は口の中でほろりと溶ける。
リンゴの甘酸っぱさと、小麦の香ばしさが入り混じって
部屋いっぱいに流れこんできた。

barni sotartoja 109

さあ、出来上がり。
上ドボイの自然が培ったリンゴと、
熟練のおばあさんの手でできた極上のお菓子。

ゆったりと時の流れる村そのもののように、
優しくて甘いお菓子を、ゆっくりと頬張った。

barni sotartoja 128






トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村




*彫刻家エールテシュ・バルナのHPはこちらです。
 Sculpture-Eltes Barna



スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(9)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2011-01-23_01:46|page top

冬の時間のすごし方

真っ白く曇った窓ごしに、
ぼんやり浮かびあがる冬景色。
寒い日の一日の過ごし方は、
お菓子を焼くこと、お料理すること。

木製の台を食料庫から出して、
テーブルにドンと広げる。
これから何が始まるのかと息子も興味深々。
小麦粉の山にマーガリンをのせれば、
今にも粘土遊びがはじまりそう。

ICIRIPICIRI46 002

子どもの仕事は、クルミを割ること。
ドボイの村は、
毎年たくさんの実りをもたらしてくれる。

ICIRIPICIRI46 005

カチンとクルミをふたつに割ったとき、
幸運なら中からハート型が現れる。
こんな単純作業の中にも
楽しみを見つけてしまうのが、子どもの凄いこと。

ICIRIPICIRI46 009

オーブンから、温かい空気とともに
バニラやシナモンのいい香りが部屋いっぱいに立ちこめると、
自然と顔もほころんでしまう。
これが冬のいいところ。

ICIRIPICIRI46 004


綿入りのパンツにジャケット、
手ぶくろにマフラー、毛糸の帽子。
しっかり着こんで、外へ出発。

ICIRIPICIRI46 027

いつもの風景も、
白い雪のせいで幻想的な美しさ。
どこか知らない世界へ迷いこんだかのよう。

ICIRIPICIRI46 032

雪の種類にもいろいろある。
しっとりと湿った雪は、
すぐに大きな固まりになる。
ゴロゴロと転がして、3つの雪の玉を作ろう。

ICIRIPICIRI46 036

ちょっと目をくぼませて、
ツンととがった鼻を作り、
それからきゅっと結んだ口を彫ってあげよう。

ICIRIPICIRI46 042

アパ(お父さん)みたいにヒゲをはやしたら、
雪の精の出来上がり。

ICIRIPICIRI46 046

3年目にして、
ようやく冬の寒さ、長さも、
そして風景の白ささえも気にならなくなった。





トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村


Theme:海外の子育て
Genre:海外情報

comments(3)|trackback(0)|ルーマニアの育児|2011-01-15_19:57|page top

待合室での出会い

2010年の新しい年は、モルドヴァ地方で迎えた。

昨日の大騒ぎの後は、
水を打ったようにひっそりと静まり返った町。
その日も朝から歩き回った。

帰りの電車の切符を買い求め、
二時間の待ち時間をすごさなければならない。

半分ほど窓ガラスが割れているドアを開けて、
駅の待合室へと入る。
幸いにも、中は暖房は効いているようだ。
ざっと周りを見渡すと、
浮浪者だろうか、
壁際のベンチでは二人の男が横になっていた。

そして反対側には、
あまりガラの良さそうではない少年たちが3人。
いかにも村出身というおばあちゃんが一人いた。

先ほどから喉がかわいていた。
「さっきの店でオレンジを買ってこようか。」
ダンナが早くも腰をあげる。

普段なら平気で使いをさせるのに、
このときは急いでそれを遮った。
この場で一人になるのは、気が気でない。

退屈しのぎにおしゃべりをしていると、
少年たちのうちの一人が寄ってきた。
「ハンガリー語で話しているんだろ。
俺もちょっとなら、できるぜ。」
とめどなくルーマニア語でダンナに話し続ける。
「俺の母ちゃんは、ルーマニア語もハンガリー語もパーフェクトだ。
 電話番号をあげるから、今度電話しなよ。」

そのうちに、他の二人もやってきた。
3人は次々にまくし立てる。
「どこからきた?」
「ここで何してた?」
「何歳だ?」

根掘り葉掘り、
思いつくままに質問を浴びせてくる。
私の手元にカメラを見つけると、写真を撮らせようとし、
ビデオがついていると分かると、歌をうたいはじめる。

「実は俺たち、ジプシーなんだ。
 コヴァスナ県へ行って、くず鉄を集めているんだ。」
ジプシーの中には、
村から村へくず鉄を集めて売っている者もいるとは聞いていた。

ursul 368

すると向こうのベンチで一人で座っていたおばあちゃんも、
興味深そうに私たちの周りにやってきた。
「私の娘がこの町に家を持っていてね。
 今出稼ぎでイタリアへ行っているから、
 今度来るときはそこでとまってもいいわよ。」

おばあちゃんは、ここから少し離れた村に住んでいる。
その村では、クマ踊りの代わりに
ヤギの踊りが見られるという。
私たちが興味を示すと、
「じゃあ、これから私といっしょに来なさいよ。」

きっと子どもがいなかったら、
そのままおばあさんの住む村へ直行していただろう。
心から気の良さそうなおばあさんの誘いを
泣く泣く断った。
「来週の木曜日にも、村でお祝いがあるのよ。
 おいでなさい。」

しばらく考えて、来週も難しそうだと返事をした。
「それでも、待ってるわ。」
おばあさんは微笑む。

ursul 365

二時間はあっという間だった。
おばあさんに別れを告げる。
両頬にひとつずつ、
そしておでこに何度もキスをした。
私とダンナへの別れの挨拶だった。

「きっと、訪ねに行きますね。」
そう約束して、電車に飛び乗った。
移り変わる車窓の風景をぼんやりを見ながら、
まだ見ぬモルドヴァの小さな村を思い描いていた。

しばらくはモルドヴァの魔力にとりつかれそうだ。





トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|その他|2011-01-11_11:18|page top

大晦日のクマ踊り

モルドヴァ地方の小都市についころには、
太陽はもう高く昇っていた。
清々しい青い空、快晴の大晦日。

私たちを運ぶマイクロバスは
やがて県道から大きく横に反れ、
小さな家の並ぶ通りへと入っていく。
ダルマネシュティは地図で見ると町のようであるが、
まるで大きな村のような所。

せっかくの習慣も、ビルやアパートの立ち並ぶ
町中では面白くない。
小さな一軒やがどこまでも続く小道をゆっくりとバスが進み、
私たちの期待も自然と高まってくる。

特に目を引いたのは、木造の門。
半円系のかたちが特徴的だ。

ursul 337

力強い木彫りのモチーフと、ハート型のノブ。
生活の中で使われる芸術品である。

ursul 039

真っ白な氷でスケート場化した道は、
途方もなく長く続いている。
歩いても歩いても、なかなか進まない。
ふとどこからか、
ドンドンドン・・、太鼓の音が小刻みに響いてきた。

目を疑うようだった。
乞食のような男が、
激しく踊り狂う獣たちを引いてやってくる。
子どもたちが真っ白の衣装を着て、
太鼓を叩いていた。

とある家の門の前へ近づいた。
家の主は、家に入れようとはしない。
踊りを見たならば、払ってもらおうと強気な態度で
鉄の入れ物を差し出す乞食風の男。

きっと50年ほど前も、
村を回った大道芸はこんな風だったに違いない。
見たこともない光景なのに、どこか懐かしいものを見るようだった。

ursul 057

やがて連中たちは、
私たちの方へ標的を変えた。
大人熊と子ども熊が必死でアピールをする。
そして、例の男が私たちに献金をうながす。
しばらく迷ったが、財布からありったけの小銭をにぎりしめ、
銀の入れ物の中に投げ入れた。
男は満足したように頷き、先に進んでいった。

ursul 067

何となしに、彼らの後を付いていくと、
またドンドンドン・・・という音。
先の十字路から、色鮮やかな衣装をまとった行列が加わる。
みな、ジプシーの衣装を着ている。

それから、またしばらく行くと、
熊や白い衣装の人からなる行列が・・。
こうして、祭りの行列はだんだんと膨張していくのだ。

気がつくと、私たちは
摩訶不思議なパレードの中に身をおいていた。
行列のために小さな道に渋滞ができる。

ursul 094

こんな小さな熊も引かれていく。

ursul 101

仮面をかぶった輩は、陽気な事この上ない。
とにかく周りの者にちょっかいを出すことに余念がない。
どれも思考を凝らしたファッションばかり。

ursul 184

お化けや魔女、パンク少年に、死神・・。
思い思いに好きな格好をして、年忘れをして楽しむ。
大人も子どもも、老人も。
まるで町中の人が参加しているのではないかと思うほど。

ursul 149

時折、物凄い爆発音が起こる。
巨大な鉄の筒からは、煙がもくもくと上っていた。
自家製の花火も、この日ばかりは警察も目をつぶっている。

ursul 179

やがて一軒の家の庭へ、
熊たちがどっと押し寄せていった。
ネコの額ほどの小さな庭で、ぐるぐると踊りまわる。
異様な熱気で包まれた。

ursul 123

それが終わると、
今度は列の後尾にいた白い衣装の若者たちが中へ。

ursul 124

先ほどの荒々しさとは打って変わって、
今度は儀式か何かのような厳かな身のこなし。
太鼓のリズムと、ホイッスルの高い音がその踊りをさらに高揚させる。

前に3歩、後ろに3歩、それからぐるりと回転。
いたって簡単な同じ動きが、何度も何度も繰り返される。
見ているほうまで、そのリズムの渦の中に引き込まれていくようだ。

ursul 152

音楽と動きがやんで、人々がまた通りで行進をはじめたあとも、
しばらく呆然としてしまう。
これが祭りのひとつのクライマックスだったのだ。

ursul 204

高層アパートが立ち並ぶ中心部にさしかかると、
見物の人だかりが待っていた。
革命かデモ行進か、
とにかく物凄い熱気である。

ursul 211

「町のこの地区から出発するとは、
 あの地区でバスを降りて正解だったね。」などと話していると、
今度は向かいの方からも行列がやってきた。

ursul 259

こちらは正真正銘のジプシー女性たち。
自分たちの民族衣装が、
こんな風にパロディ扱いされてどのような心境なのだろう。

ursul 247

なまはげに似た、羊飼いたち。

ursul 270

物凄い二人に絡まれてしまった。
北極から着たような私と、
リオのカーニバルから出てきたようなお兄さんたち。

ursul 288

汗をびっしょりかきつつも、
なお体を揺らし、祭りの歓喜に酔いしれる人たち。
冬の真っただ中に、
こうして人々は地面を割らんばかりの騒音と、
激しいリズムと踊りの熱狂に身を任せ、
年忘れをするのだ。

ursul 238

雪景色の中を舞う白衣の子どもたちの姿は、
まるで雪の精そのもの。

ursul 309

早朝からの長旅の疲れも、
真冬の寒さも忘れさせてしまうような大晦日の大騒ぎは、
この後も日が暮れるまで続いていた。

ursul 261

新年のカウントダウンを待たずとも、
十分な興奮を味わった大晦日だった。







トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村


Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|イベント|2011-01-07_02:49|page top

大晦日の旅のはじまり

大晦日に面白い冬の習慣があると聞いた。
ルーマニアのモルドヴァ地方では、クマの着ぐるみで踊り、
大騒ぎをして新年を迎えるという。

クマ踊りといえば、
かつて大道芸として本物のクマを仕付け、
ジプシーが各地を周っていたそうだ。
やがて禁止されてどこにも見られなくなったが、
どうやらその習慣の名残のようである。

大晦日は普通、
友人たちとパーティをするのがヨーロッパの慣わしだが、
年に一回の大イベントならそちらを選ぶしかない。


お姑さんに息子を預けて、私たち二人家を出た。
防寒は万全のはずだったが、その日は
とりわけ寒さが厳しかった。
マイナス25度はあるだろうか。

大晦日の早朝5時。
スフントゥ・ゲオルゲから電車が出発した。
電車の中も寒く、上着を脱ぐ必要はなさそうだ。

外は当然、真っ暗闇のはずだが、
そのとき電線とレールが摩擦し、不思議な化学反応が生じた。
エメラルド色した火花が、
真っ白な雪景色をコマ送りに映し出した。
まるで古い映写機から流れる映像を見ているようだ。

足まで届くダウンコート、
厚いセーター、その下の何枚もの洋服の下で、
体が凍えてくるのが分かる。
電車はいつまでたっても、
暖かい風を送ってはこない。
窓からは若干、隙間風すら漏れている。
すでに、旅を選んだことを後悔しはじめた。

やっと1時間ほどで、乗り換えの町へついた。
ミエルクレア・チウクは、
山ひとつこえただけあってさらに寒い。
冷たく湿った空気が外を充満していて、
肌にしっとりとまとわりつく。

乗り換えの電車が来ると、
急いで飛び乗った。
この中は辛うじて、
マイナスには達していなさそうだ。

電車は、これから
カルパチア山脈間のジメシュ地方を
右へ左へとくねりながら進んでいく。

チャーンゴーと呼ばれるエスニック・グループがいる。
元々は、ハンガリー系セーケイ人だったのが、
兵役を逃れるために
山間部の地方へと移り住んでいった。
ジメシュのチャーンゴーと呼ばれる人たちである。

広大な風景を有する風景が、
だんだんと山深くなるにつれて、
谷あいに小さな居住地が点在する風景が見られる。
針葉樹林は青々と茂り、
その上をたっぷりと雪が頂いている。
ここで、やっと朝日が差してきた。

ursul 013

山の合間に、小さく線がなぞられたように小道が見られる。
これは、山から木を運んだ跡なのだそうだ。
山間部のため、耕地も少なく
果物のなる木も生えない。
そこでの厳しい生活がうかがえるようだ。

ジュメシュ・ブックと呼ばれる地方が、
その終わりにある。
ハンガリー人にとっては感慨深い場所である。
というのも、ハンガリー王国1000年の国境と呼ばれる
小高い丘がそびえているからだ。

一年に一度、ハンガリーの首都ブダペストから、
蒸気機関車が16時間かけてここまで走るという。
1919年のトリアノン条約で国が別れてしまった、
トランシルヴァニアのハンガリー系住民にとっては
とりわけノスタルジックな気持ちを駆り立てる。

この山脈をこえると、
いよいよモルドヴァ地方が開けてくる。




トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村







Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|その他|2011-01-06_07:07|page top

2011年が明けて

ルーマニアで暮らしてから新年を迎えるのは、
これで3年目となる。
今回の大晦日は、
カルパチア山脈を越えてモルドヴァ地方を目指した。

車窓から眺める風景が、なだらかな平野から
次第に細く険しい山脈へと変わっていく。
広大な畑を有し、がっしりとした家が整然とまとまっていたのが、
狭い土地に家がひしめき合っている風景へと変わっているのに気がついた。

ここはモルドヴァ地方。
山ひとつこえただけで、違う風習を持ち、違う天候の土地の下、
どこか違う顔つきの人たちが暮らしている。

2011年は、旅で始まった。

ursul 016

本年度もどうぞよろしくお願いいたします。





にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村


Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|その他|2011-01-03_06:17|page top