トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2012/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

ウルクーのダンスパーティ

フォトグラファー堀内僚太郎氏と出会ったのは、昨年夏の展示会のことだった。
手芸専門書店で開かれたこともあって、
男性一人の見物客は珍しく、すこし存在が浮いていた。
ジプシーについて何か質問をされて、お話をしたことを覚えている。
「ブログで見たような、トランシルヴァニアの市井の人々を
ぜひ撮影したいと思っている。」

むかし、ドイツでキャンピングカーで生活している人々を追い、
そのアウトロー的な自由な生活にジプシーを感じたとおっしゃった。
少数民族として生きる人々をテーマに作品を作るという意気込みに耳を傾け、
やがて1年間をへて、堀内氏と二人の友人が私の住む町に降り立った。

まず私の住む地方にあるいくつかのジプシー地区や村を巡り、
エルドゥーヴィデーク(森の地方)のセーケイの村を見てまわり、
それからカロタセグ地方のハンガリー人村に手芸を訪ねに行く。
おおよその旅のプランができた。

herman.jpg

基本的には私の知人を訪ねて周ることだったが、
会いたかった人が不在のこともあれば、新しい出会いもあった。
ジプシーの子どもたちの大歓迎をうけて、
一大撮影会になったこともあった。

herman1.jpg

忘れられないのは、初日にウルクーを訪ねたときのことである。
音楽家フェリの弟と偶然に出会い、
ウルクーの民俗音楽を演奏をしてもらうことになり、
やがてダンサーたちとも話がついて、
ちいさなダンスパーティが催されることになった。

夕方5時に待ち合わせをすると、
珍しく彼らが先に着て待ち構えていた。
「酒を持ってきたか?」
私たちが抱えてきたビールを見せると、
「ウォッカがいるといっただろう。
それなしに音楽は盛り上がらないんだ。」
と結局、弟にお金を渡して、買出しに入ってもらうこととなった。

一方わたしたちは、フェリたち音楽家の跡について、
ウルクーの下地区へと足を踏み入れる。
道のない道が家の間をうねりつづいている、
ウルクー独特の様相が目の前にひらけた。
坂道を馬車が駆けあがり、
子どもたちは私たちの姿を見ると一斉に掻き集まってくる。

orko1.jpg

ウルクーのダンサー一家は、
ゲリおじさんを中心にしてできている。
今夜のパーティの会場は、彼の自宅である。
すでに親戚一同にご近所さんも集まって、
今か今かと始まるのを待っている様子だ。
フェリのアコーディオンと音楽家のヴァイオリンが、
演奏をはじめると、薄暗い部屋の中に灯りが点ったかのように
色彩が豊かになる。

orokoizeneszek.jpg

一曲、二曲と音楽がつづいても、
一向に踊る様子が見られない。
ビールやウォッカが人々の間に勧められ、
しばらくすると私の名が呼ばれ、カーテンの奥へと通された。
「お金のことで話したいことがある。」
嫌な予感は当たったが、
いつもこういう役を買ってでるジュリとの交渉がはじまった。
彼らにとってみれば、せっかくの一仕事。
できるだけ長く大勢でやって、
たくさんの報酬がほしいところだ。
いくつかの妥協やいろいろな協議のあと、
人数を少なく、短くてもいいということになった。

IMG_7193.jpg

盛り上がりを見せる演奏が部屋に満ちていく中、
やっと若いダンサーが入場してきた。
先ほどまでは金髪の赤ちゃんを胸に抱いて
乳をやっていたモニカがいつの間にか着替えて踊っていた。

IMG_7241.jpg

踊りにはほとんど参加しなかったゲリおじさんが、
牛乳入れのアルミの瓶を手で叩いて、拍子をとる。
高価な道具を使わずとも、
生活用品を気軽に応用してしまうジプシーらしい楽器である。

IMG_7243.jpg

ひらめくスカートに息もつかせぬ激しいダンス。
哀愁漂うヴァイオリンの旋律が重なって、
生というものの激しさ、強さが
この瞬時の動きのなかに凝縮される。
外部の私たちも、身内の彼らも息をひそめてその踊りを見守る。

IMG_7286.jpg

子どもたちは、小さい頃からこうしてジプシーの色や音色に染められ、
ウルクー独特の文化の中で生まれ育っていく。
目にもとまらぬステップや手拍子でリズムを刻むこと自然と覚え、
両親や親戚の固い結束の中で彼ら独特の価値観を築いていく。
肌の色が浅黒かろうと白かろうと、
髪の色が黒かろうと金髪だろうと、
瞳の色が漆黒だろうと青だろうと。
外見的な特色とは違う、ジプシー性というものが現れてくる。

orkoilany.jpg

やがて宴も最高潮に達すると、
ちいさな部屋に集まったたくさんの人びとが大合唱をはじめた。
いつしか彼らも私たちのために踊り歌うことを忘れ、
自分たちの楽しみのために歌と音楽の中に埋没しているようだった。

「なあ、お前も踊ってみなよ。」
気がつくと堀内氏に向けて、踊りを仕掛けてくる。
必死で断る氏をよそに、
マヤコさんがジプシーの踊りを模倣してステップを踏むと、
拍手喝さいが部屋に満ちた。
そのあと、チロさんが憑依的なダンスを披露すると、
ジプシー男性が大いに盛り上がり、
部屋の空気は最骨頂の活気で満ちた。

IMG_7434.jpg

こうしてこれ以上はないまでのジプシーの洗礼を受けて、
彼らの旅ははじまった。


ハンガリーのロマ民族歌

「 緑の森に、緑の山
 幸運がやってこようと去っていこうと、
 悩みの刃が私たちを切り裂く、
 この世なんてただ見せかけだけのものになった。

 世界はみな敵ばかり、
 私たちはただ祀りあげられた盗人として生きるだけ。
 たった一つのものを盗んだだけなのに。
 イエスの血にまみれた手の平から、
 たったひとつの釘をとっただけ。

 神よ、私たちを許しておくれ。
 ロマ民族がこれ以上苦しみを受けないように。
 私たちを呪い、叩いて、
 永遠の流浪の民としてしまった。

 神よ、私たちを許しておくれ。
 ロマ民族がこれ以上苦しみを受けないように。
 私たちを呪い、叩いて、
 永遠の流浪の民としてしまった。」

Zöld az erdő, zöld a hegy is
A szerencse jön is, megy is
Gondok kése húsunkba vág
Képmutató lett a világ

Egész világ ellenségünk
Űzött tolvajokként élünk
Nem loptunk mi csak egy szöget
Jézus vérző tenyeréből

Isten, könyörülj meg nékünk
Ne szenvedjen tovább népünk
Megátkoztál, meg is vertél
Örök csavargóvá tettél

Isten, könyörülj meg nékünk
Ne szenvedjen tovább népünk
Megátkoztál, meg is vertél
Örök csavargóvá tettél

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|ジプシー文化|2012-10-23_05:01|page top

夏の旅の終わりに

流れるように過ぎていった夏。
長い旅から小さな家に戻ると、ぐったりと眠りについた。
夜は空いっぱいにまたたく星の数を数え、
朝は目がくらむほどのまぶしい光に迎えられて目が覚める。

村での生活がはじまったころ、
息子がおもちゃがなくて退屈だと言い出した。
「遊ぶものはいっぱいあるじゃないか!」と旦那がしかりつける。
庭中に散らばっている青リンゴを集め、
黙々とナイフで彫りはじめた。
酸っぱくて食べられない役立たずのリンゴが、
ちいさな彫刻品に生まれ変わる。

kalotaszeg2012aug2 009

またリンゴに木の枝を刺して、人形や馬を作ったこともあった。
息子の目は輝きはじめ、
やがて遊びに没頭するようになった。

小枝で私たちの住む家のような、ちいさな小屋を作ったこともある。
食事のときには息子も薪を集め、
火をおこすのを手伝ったりもした。

kalotaszeg2012aug 072

おもちゃは何一つなかったけれど、庭には砂場があった。
家主が工事のために集めた砂や砂利が、
子どもたちの絶好の遊び場となった。
ご近所のお母さんがやってきては、
子どもをしばらく置いていくこともあり、
村はこんな風にお互いを助けあうことが自然に行われているようだ。

kalotaszeg2012aug 084

ゾルターンのおじいさんは、養蜂家。
父親から学んだ養蜂の技術を今も磨きつづける。
若いころは、車であちこちへ蜜を集めにも行ったことがあるが、
今は自宅でミツバチを飼っている。
甘い香りがいっぱいの部屋の中、
おじいさんがハチの巣をドラム缶の中にいれ、
もち手を回すと、遠心力で勢いよく蜜が振り落とされる。

「春の蜂蜜と、夏の蜂蜜はまた味が違うんだよ。」
春に採れた蜂蜜は、レモン色でキャラメル状にねっとりとしていて、
それでいてさわやかな香りがする。
夏の採りたての蜂蜜は、ベッコウ飴のような色をしていてとろりと滴り落ちる。
こくがあって甘い。

そのとき気がついた。
トランシルヴァニアの蜂蜜の味は、
あの無数の種類の野の花の混ざった味なのだ。
その香りに包まれ、甘い蜜をなめていると、
目の奥に緑色の野原が広がった。

kalotaszeg2012aug 109

隣村で知り合ったスコットランド人の夫妻。
カロタセグ地方をこよなく愛し、
古い民家を買い取っては自分たちの手で丁寧に修復をしている。
私たちも何かの引力に引き込まれるように、
村で古い民家を探しはじめた。
透かし彫りの彫刻が彩る、理想的な民家を見つけた。
家の中は、昔そのままの状態にしてあり、
かつての持ち主が今もそこで暮らしているようだった。
そこで生活をする自分たちを思い描いては、幸せな気持ちになった。

kalotaszeg2012aug2 534

隣村へと歩いていく。
距離は4キロほどだが、
途中の道には所々に羊の放牧があるので危険がいっぱいだ。
野原は美しい曲線をえがいてどこまでも続き、
大海原に出たかのような開放感に包まれる。
枯れた原っぱの中には、
ベージュ色した羊や白や黒のヤギの群れが点々と見渡せる。
あちらへこちらへと流れ雲のように移動する羊の群れはまだしも、
木の柵で四角く区切られた羊の小屋には注意しなければならない。

小屋を守る番犬は、野生動物をかみ殺すようにしつけてあり、
それが人間だとしても躊躇することはない。
近くに羊飼いがいれば安全かもしれない。
または主人がいても、しつけがなっていない犬などは
人に危害を加えることもあるといわれる。
村から帰る途中で、三度も羊小屋に遭遇し、
何匹かの猟犬にほえられ、冷や汗をかいたこともあった。

kalotaszeg2012aug2 704

村に帰ってくると、不思議な光景を目にした。
人が入れるくらいの大きな木の桶を、馬車で行商している姿。
傾いた太陽の光と物売りのおじさんの低く響く声に、
幼いころに聴いた豆腐屋さんや野菜やさんのそれを重ね合わせていた。

kalotaszeg2012aug2 713

2012年の夏は、記録的な日照りと暑さだった。
いつもより厳しい夏の真っただ中を、
村から村へと渡り歩いた。
色を失った原っぱも、絞りたての牛乳の味も、
青リンゴのぼとんと落ちる音も、甘いハチミツの香りも・・・。
カロタセグの夏の思い出として、
刺しゅうといっしょに縫いこまれるだろう。

kalotaszeg2012aug2 523

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|カロタセグ地方の村|2012-10-04_02:00|page top