トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

04 ≪│2013/05│≫ 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ

トランシルヴァニアを代表する刺繍として親しまれる、イーラーショシュ。
独特の太い刺繍糸で作られたコードが、
曲線を織りなし、生き生きとした植物模様を描き出す。
単色づかいであるにもかかわらず、
その豊富なヴァリエーションをもつ図案が、
時に記号のように、時に美しい自然を映しだす鏡のように、
こちらにむけて語りかける。

kalotaszeg6.jpg

生命の誕生から、
成人の式、幸福を祝う結婚式や、葬式まで・・。
カロタセグの村で生まれ育つ人たちの、
人生のさまざまな門出を彩ってきた刺繍。

kalotaszeg17.jpg

おばあさんが一人で、
ただ黙々と針を動かし続ける。

kalotaszeg4.jpg

ご近所が寄り集まって、おしゃべりに花を咲かせながら、
手作業をつづけている。
その昔、冬の農閑期には
若い少女たちが集まり、手仕事に精を出していたという。

kalotaszeg10.jpg

ハンガリー語でイールとは、書くこと描くことを意味する。
イーラーショシュは、まず描くことから始まると言っていい。

IMG_5678.jpg

長年のインクを吸った手作りの型を使い、
一つ一つの布に丁寧に手で線を描いていくおばあさん。
そこから、すでに生命が吹き込まれている。

vozsi29.jpg

カロタセグ地方の村を巡り、
そこで出会った古い手仕事や村人たち、
そして時が止まったかのような懐かしい風景・・・。
昔から今へと伝わる刺繍の魅力は、尽きることがない。

kalotaszeg12.jpg

イーラーショシュの作品に込められた
物語のひとつひとつをひも解いて、ご紹介いたします。

「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」
文化出版局から5月30日に発売となります。

tanizaki-cover.jpg

*イーラーショシュについて、
詳しくはもうひとつのブログにて。
ICIRI・PICIRIの小さな窓

*カロタセグ地方の旅について、
こちらのカテゴリーにて。
カロタセグ地方の村
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|カロタセグ地方の村|2013-05-24_21:29|page top

春を告げる聖ジュルジ祭

4月の終わり、ここ北国のセーケイ地方に
春を告げるのは聖ジュルジ祭である。
町の中心にある公園を中心に、
一週間にわたり繰り広げられるさまざまな催し。

20年ほど前は、展示会やコンサート、講演会など
文化行事が中心だった祭りも、いつしか時の流れとともに
大規模で派手で商業的なものへと変わってしまった。

町の中心部から聴こえてくる賑やかな音楽や
目には見えない祭りの空気に、
子どもたちは夜も眠れないようなわくわく、
そわそわとした気分にくすぐられる。
あたたかな太陽の光と、土中から目覚めたばかりの
草花の彩りに誘われて、私たちも会場へ向かった。

IMG_5051.jpg

町のシンボルともいえる大きな公園は、
普段は小鳥のさえずりが楽しめる静かな憩いの場所。
ところが祭りの間は一転して、大勢の人と騒がしい音楽、
食べ物のにおいで埋め尽くされる。

IMG_5022.jpg

トランシルヴァニアの名物のお菓子、クルトゥーシュ・カラーチ。
イースト生地を棒にまきつけ、
砂糖をまぶした後、炭の上で丁寧に焼いていく。
すこし焦げた砂糖が生地の上で固まり、
パリパリとした香ばしさともっちりした生地の触感とが絶妙。
ハンガリー人の農村発祥のお菓子。

IMG_5027.jpg

騒々しさを逃れて、博物館前の通りに出ると、
そこは手工芸の市が並んでいる。
セーケイ衣装から、ルネサンス趣味の洋服や、
コロンドの陶芸や、若い世代の工芸品やアクセサリーなど、
年を追うごとに大規模になっていくようだ。

息子のクラスメイトの両親は、
ロシアの少数民族ウドムルト人のお母さんと、
トランシルヴァニアのハンガリー人のお父さん。
民俗楽器やフェルト細工を専門とする、
手作り市でも馴染みの顔。
木の棒をつけたひもを持って、狙いを定めて、
そっと手を離すと・・・。

IMG_4941.jpg

森の小人のような木のピンを倒すことができる。
ボーリングのような遊びに子どもたちは夢中になった。

IMG_4936.jpg

特設ステージの前にウルクーのジプシーたちが集まると、
ふだんとは違う雰囲気となる。
まるで村のような独特の共同体をもつため、
結束力も強いのだろう。
伝統の民俗舞踊や民謡の文化をもち、
小さいころから自然と歌や踊りを覚える。
オーストリアの赤十字基金の援助で、
小学生グループと有名な踊り手たちのステージがはじまった。
そして彼らのステージが拍手喝さいで終わると、
大量のゴミだけを残して、嵐のように去っていった。

IMG_5031.jpg

この時期には、果物の木も次々と花ひらいていく。
小さな白い花をつけるプルーンから、
アプリコットやサクランボに洋ナシ、
最後は白い大きな花をつけるリンゴまで・・。
こちらは観賞用のアプリコットの花。

IMG_5068.jpg

大木が影を作る博物館の庭でも、
連日のようにコンサートが開かれる。
100年以上も前に使われていたセーケイの木彫りの門がそびえる。

IMG_5100.jpg


9年前の聖ジュルジ祭りの最終日の夜に、息子が誕生した。
4日間の入院生活の後の、緑の美しさに
まるで初めて見る景色のように目を見張ったのが懐かしい。

祭りから一週間後、息子の誕生会を開いた。
アパートの小さな部屋にたくさん呼べないため、
ピクニックをしに森へ行くことにしたのだが、
あいにくの雨で仕方なく部屋で食事、ケーキを食べた。
その頃、雲間に太陽が差し込んだのを見て、
表へ飛び出した。

家からほんの10分ほどの距離で、
信じられないほどの大自然に出会うことができる。
町のはずれでは、馬や羊の群れが日常の景色として見られる。

IMG_5215.jpg

小さな小川のほとりに毛布を敷いて、ピクニック。
「そこの崖のところに、面白い石があるよ。」
と旦那について行くと、発掘大会がはじまった。
小さな固まった石をゆすると、中がカラカラと音がする。
みなは目を輝かせて、土の中から宝物を探しはじめた。

IMG_5231.jpg

草原で虫を捕まえたり、
小川の魚やオタマジャクシを触ったり、
楽しい時間はあっという間に過ぎていく。

szulinap.jpg

年をひとつ重ねるとともに、
楽しい遠足の思い出がまたひとつ増えた。

IMG_5243.jpg

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|イベント|2013-05-20_17:04|page top

春の足音

毎年、どんな風にして春が近づいてくるのか
目をこらし、耳をすませて待っている。

森のこずえがうっすらと赤みを帯びてきたり、
なだらかな丘の表面をうっすらと若草のベールが覆うようになったり、
どこからか虫の羽音が聞こえてきたり・・・。

息子によると、春には独特の香りがあるらしい。
それは土の匂いなのか、草の匂いなのかわからないけれど、
何となくその感じは解る気がする。

今年の春ははじめ忍び足で、
それからは駆け足でやってきた。
うっかりしていると、どの花がいつ咲きはじめたのかさえ
気がつかない。

身重のせいか日々の散歩を怠りがちだったが、
今年は「炭酸水通り」の家に行く機会が増えた。
やっと去年の暮れに舗装された通りは、町外れの森へとつづいている。
町で一番古いプロテスタント教会を横手に見ながら進みゆくと、
崩れかかった門のある緑色の家がそれだ。
古い木の門を押して入ると、
すぐにライラックの大木が3本見える。

regihaz1.jpg

ライラックは普通は細い枝のはずだが、
我が家のはしっかりと太い幹で、
まるで渦を巻いたように木の皮がねじれながら伸びている。
新しい枝からは、つややかな若草色の芽が勢いよく開いていた。

regihaz3.jpg

建設中だった友人の家からもらってきた木も、
これから夏にバーベキューをするための燃料となってくれる。

regihaz5.jpg

寂しかった庭にも、ふかふかの草が生えてきた。
その先はすぐ、教会の裏手の墓地へと続いている。

regihaz2.jpg

さまざまな種類の果物の木を植え、
畑には野菜の種をまいている。
旦那は畑仕事が生きがいのように、
夜は暗くなるまで仕事を楽しんでいるようだ。

とげとげのある葉は、イラクサ。
夏には容赦なく足を刺す悪い雑草だが、
この時期に出たばかりの新芽は食べられる。
注意深くつんで、春の大地と草の香りを楽しもう。

regihaz6.jpg



やがて5月がやってきた。
真夏日のように刺すような太陽の光を浴びて、
古くて新しい我が家を目指した。
プロテスタント教会の白い塔が青空によく映える。

regihaz7.jpg

すでにプルーンの花は散り、
アプリコットやさくらんぼの花も満開をすぎていた。
黒ずんだ木の門を押して庭へ入ると、
すでに大木の上にはうす紫の花が見え隠れしている。

ラツィおじさんが、のこぎりを持ってきた。
「この木の枝が隣の家の屋根にかかって葉を落とさないように、
切らないといけない。」
花を咲かせたばかりのしなやかな枝が幹から切り離され、
音を立てて落ちてきた。

regihaz8.jpg

金平糖のような、丹精な姿かたちと
淡くてやさしい色あい。
顔を近づけると、ほんのりと甘く麗しい香りが流れてくる。
5月に花ひらくライラックは、
ハンガリー人にとって母親を思い出させる花らしい。

regihaz9.jpg

この日ははじめて、
アパート暮らしのヒヨコたちが草を踏んだ日。
始めは怖がって、いつもの木箱から出てこなかったが、
今では大胆にそこら中を走り回っている。
ふわふわの産毛が消えて、すでに硬い羽根が生えている。

regihaz10.jpg

次第に日が傾きかけている庭で、
一際大きい古い木が見違えるような美しさを湛えていた。
白い雪をいっぱいにかぶっているかのようだ。

regihaz12.jpg

黒ずみ乾ききった枝から、
どうしてこんなに澄んだ白い花が咲くのだろう。

regihaz13.jpg

つぼみのときはピンク色、
やがて白いシフォンのような柔らかな花びらとなってひらく。
黄色いめしべは、線香花火みたい。

regihaz15.jpg

ミツバチたちも、この白さに誘われたのか、
ほんのり甘い香りに呼ばれたのか、
ぶんぶんと羽音をふるわせていた。
今年はどれだけリンゴがなるのだろう。

regihaz14.jpg

息を切らせながら丘を登りきると、
目の前が開けて、遠くまで見渡せる。
同じ町なのに、違う風景。
ここでは、社会主義時代の高層アパートは影をひそめ、
昔ながらの一軒やが立ち並び、町にいるという感じさえしない。
夏の夜は、星の数を数えることが出来るかもしれない。

r5egihaz16.jpg

とうとう陽が沈んだ。
急に肌寒く、冷たい空気が忍び寄ってくる。
ヒヨコたちも小屋に入って眠る時間を感じたのか、
肌を寄せ合い、ささやきあうようにして鳴いている。
ヒヨコたちの成長とともに、夏がやってくる。

regihaz16.jpg

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|自然、動物|2013-05-03_03:04|page top