トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2013/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

赤いリボン

車に乗りはじめて二週間ほどが過ぎ、
近くの町に出かけることにした。
ダンナは免許歴10年ほどになるが、
実際はほとんど運転したことがない。

できるだけ交通量の少ない山沿いの村を通って、
町の中心部には入らないようにと入念に調べたあと、
家族を乗せた車が出発した。

広々とした青い空に、
真夏の緑が生き生きと目に飛び込んでくる。
薄暗いアパートの部屋、
建物が立ち並ぶ町の生活に慣れた目には、
ありのままの自然の姿がまぶしい。
もう、夏も終わりに近づいているのにふと気がついた。

手に汗をしながら、
三車線の道路で車の流れにどうにか合流して、
やっと目的の場所についた。
そこは、町のはずれの生地屋だった。

生後一ヵ月半の娘の乗るベビーシートを抱えて、
店の中に入ると、数人の店員さんが同時にこちらを見ていった。
「まあ、子どもが産まれたの!」
こちらでは赤ちゃんを見ると、
声をかけずにはいられないという人が多い。
赤ちゃんの存在で会話も弾み、
にこやかな笑顔が周りに伝染していくようだ。

買い物を済ませて、外に出ようとしたときに
娘が手に何かをぎゅっと握っているのに気がついた。
それは、赤いリボンだった。
ダンナの方を見ると、
「店員の一人が、魔よけのためにくれたんだ。」と言う。
赤いひもを赤ちゃんの腕に巻きつけるという、
古い魔よけのおまじない。

赤ちゃんにわざとプップッと唾をはきかける真似をしたり、
「まあ、みにくい子!」とか呼びかけることもある。
これは、病気をひき起こす悪魔の関心を
赤ちゃんからそらせるためだと言われている。

息子が小さい頃には、
当時まだ生きていたダンナの祖母が
指にすすをつけて額にポンと印のように押したこともあった。

それから、もうひとつの行きつけの場所へと向かう。
ジプシー市場では、声高く物を売る人たち、
買い物客でにぎわっている。
私の姿を見ると、
「久しぶり。今までどうしていたの?」と売り子が声をかける。
小さな娘の姿を見るなり、
「子どもかい?抱かせて。」というので、
相手の腕に娘をそっと乗せた。

30代半ば頃だろうか、
浅黒い男は満面の笑みをうかべながら
いかにも幸せそうに抱いている。

そろそろ手が疲れた頃かと思って、
重くないかと聞くと、
「俺には子どもが三人いるんだよ。慣れたものさ。」
と変わらず笑顔で言うので、その間に買い物を済ませた。

次のブースに行くと、
また見知った顔を見つけた。
「赤ちゃん?あなたの?」
と派手なスカーフを被ったジプシーのおばさんが、
抱かせてくれという。
大きな胸に乗せられた娘は、普段よりずっと小さく見えた。
「赤ちゃんのためにひとつ選びなさい。」
とベビー服の古着の山を指差した。
さっと選んで戻ってくると、
今度はダンナさんが娘を抱いていた。

こうして、
その日は売り場を一周しながら、
たくさんの人に抱かれ、
撫でられ、
キスを受けて、
娘はそれでもすやすやと眠っていた。

心から子ども好きなジプシーの人たち。
まるで故郷の村に帰ったような、
不思議な愛情をいっぱいに受けて市場を後にした。
娘の手には、まだ赤いリボンがしっかりと握り締められていた。

IMG_7346.jpg
スポンサーサイト
comments(4)|trackback(0)|ルーマニアの育児|2013-08-24_05:19|page top

ナースチャと家族

子どもが誕生して、私たちの生活も一変した。
昨日と今日との区別がつかないほど、
毎日が過ぎていくのが早い。

あらん限りの声を振り絞って泣き、
必死で胸に吸い付いて乳を飲み、
ようやく安心して眠りにつく。
娘の成長を見ながら、人は生まれながらに、
何かに必死でしがみつきながら
成長をつづけていく生き物なのだと思った。

生後二週間経って、
日々のリズムにようやく慣れてきた頃、
閉め切ったアパートの部屋を抜け出した。
こちらの生活6年目にして、やっと手に入れた中古車。
免許歴10年の新米ドライバーのダンナと子どもたちと、
村に住む友人たちを訪ねることにした。

ゆりかご代わりにもなる、小さなベビーシート。
子どもの成長とともに、
少しずつ行動範囲が広くなっていくだろう。

IMG_6474.jpg

息子のクラスメイトの家族は、お母さんがウドムルト人。
ウドムルトというのは、ロシアのウラル山脈の近くに住む少数民族で、
ハンガリー人と言語的に近いと言われている。
ナースチャは、町で生まれ育ったが、
自分のルーツであるウドムルト語を学べる学校に入った。
高校生の時にハンガリー語を専攻してから、
ハンガリーに留学をして、今のご主人さんと知り合ったという。

一人はロシアのウドムルト人、
もう一人はルーマニアのハンガリー人。
はじめはハンガリーのペーチ近郊の村に住んでいたが、
3年ほどウドムルトの地方に暮らし、
ここトランシルヴァニアに越して5年ほどになる。
二人の小学生になるお嬢さんといっしょに、ここで暮らしている。

民俗楽器を作るミクローシュと、
フェルト細工を作るナースチャの姿をよく手作り市で見かけるたびに、
どんな暮らしをしているのか興味を持っていた。

町を出て、国道沿いの道をそれると、
突然、畑の中を突っ切る田舎道に入る。
昔、アルコール工場のあったウゾンの村を通り過ぎ、
今度は左手に山を見ながら国道を進み、
二つ目の村がそれだ。

ビクファルヴァは、山の斜面にある小さな村。
19世紀以前に建てられた貴族の屋敷がいくつもあり、
文化的な匂いがするため、
ここ最近は町から移住する人も増えた。

村の中心から奥へ奥へと、
山に向かってどんどん坂道を登っていく。
やっと車が入るくらいの小道をいくつも曲がっていくと、
人家も絶え絶えに、もの寂しい風景がつづくので、
さすがに不安になってきた。
電話をしてみようかと思った頃、
「ここだ。」とダンナが言って止まった。

こんもりと木々が茂っている中に、
黒い布がつぎはぎになった屋根が見えた。
不思議の国に迷い込んだような、
ぼんやりとした目に笑顔で迎える家族の姿が映った。
「さあ、おいでよ。」

西に傾きつつある太陽の光を受けて、
大きなクルミの木が心地よい影を作っている。
その下にテーブルが置かれ、椅子が並んでいた。
すると、ナースチャが家の中から木いちごやお菓子を持ってきた。
「ウドムルトのお菓子よ。」
餃子のような形で包まれた中には、
細かく刻んだ赤ビーツとクミンが入っている。
ほんのりと甘く、噛めば噛むほどに味わい深い味は、
彼らの庭にぴったりで、心地よい。

IMG_6488.jpg

気がつくと、先ほどまで娘の座っていたシートに、
子ねこが居心地よさそうに乗っている。
ナースチャはそれを見て、シッと追い払った。

IMG_6489.jpg

大人がおしゃべりをする間、
子どもたちはクルミの木に作られたアスレチック広場で遊んでいる。
ブランコやロープ遊びなど、
素朴な遊びに目を輝かせる子どもたち。

IMG_6499.jpg

「庭を見てみる?」との声に、腰を上げて、
裸足で歩くナースチャの後についていく。
大木が通せんぼしてよく見えなかったが、
実は細長く広い土地のようだ。
木々のカーテンが開くと、あっと声を上げたくなるほど、
明るい風景がひらけた。
周りは一面に森が続いているのに、
ここだけはぽっかりと穴があいたよう。
首をかしげたようなりんごの木が一本だけ立ち、
印象的な風景を作っていた。

IMG_6501.jpg

そこは畑だった。
ジャガイモや玉ねぎやにんじんなど、さまざまな種類が植えてある。
エンドウのさやから、つやつやとした丸い緑の玉を取ると、
そのまま口に放り込んでる。
「どうぞ。」と差し出され、私も口に入れた。
無農薬のグリーンピースは甘く、お菓子のようだった。
子どもたちはすでにエンドウをつんでは、どんどん食べている。

この隠れ家のような土地に魅せられて引越し、
去年の秋にようやく町に古い民家を見つけてここまで運んだ。
寒い冬の間は、その家に身を寄せるようにして四人で寝ていたが、
夏はずっとテントを張ってここで夜を明かすという。
「熊は怖くないの?」
カルパチア山脈に接するこの辺りでは、
熊が多く、付近の村にも深刻な被害を与えている。
「ええ、お隣さんの庭には出たみたいだけど・・。」

最後に家を見せてもらうことにした。
2間のうち、ひとつが家族の部屋で、もうひとつがアトリエ。

IMG_6512.jpg

6畳くらいの空間に、キッチンとテーブル、
小さなベッドが二つがやっと収まるほどだ。
新鮮な野菜や果物を瓶詰めにして、長い冬に備える。
主婦は、夏に仕事が多い。

IMG_6506.jpg

いつからか人は家に贅沢をするようになったのだろう。
あれこれと注文をつけては、窓はいくついるかとか、
子どものためにそれぞれ部屋をそろえて・・ときりがない。
彼らは、この美しい庭に魅せられて移住することを決め、
どんな大きさの家でもまったく気にしない。

IMG_6515.jpg

ナースチャの幸福そうな笑顔を見て、
家族にとって何が一番大切なのか気づかせられる。
みんなが同じことに価値を見出し、
自分たちの足元を見て生活していくこと。

IMG_6518.jpg

帰り道、夕焼けにまぶしく照らされるのどかな田舎道を眺めながら、車を走らせる。
彼らが毎日子どもたちといっしょに目にする風景を思い、
こちらまで夢心地の気分になった。

Theme:海外の子育て
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2013-08-03_00:20|page top