トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

08 ≪│2013/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

カロタセグのきらめく伝統刺繍

カロタセグ地方。
なだらかな丘の裾に点在するいくつかの小さな村から成る。
手仕事を愛する者にとって、
そこはおとぎ話さながらの土地である。

kalotaszegi utazas2011jul 398

祝日には、箪笥の奥底から
母親や祖母からのきらびやかな衣装を引き出し、身にまとう。
そして、人生の節目節目を鮮やかに彩ってゆく。

IMG_3720.jpg

肩に豊かな刺繍を施したブラウス。
朱赤の文様が渦を巻き、どこまでも繰り返される。
嫁入り時の少女だけが着ることのできるもの。

ing2.jpg

つなぎ目に沿って刺繍がされたエプロン。
規則に従いながら、同時に個性を表すことのできる。
カロタセグの人々にとって、衣装こそが誇りなのである。

kalotaszeg11.jpg

刺繍からビーズへ。
時代の流れに合わせて、常に変化してゆく手仕事。
装飾を楽しむ人々の創造性はとどまることを知らない。

kalotaszegi utazas2011jul 027

長い冬がはじまると、
人々は想像のおもむくままに手を動かし、
世にも稀なる美しい品々で生活を彩るようになった。
それらは娘の嫁入りの時のために、清潔の部屋で大切に取って置かれる。

IMG_8196.jpg

住まいから、教会へ。
装飾を取り払った白い壁画を埋めるのは、刺繍のタペストリー。
女性たちは手に針をもち、そこに信仰心をも縫いこんだ。

kalotaszeg2012aug 449

一つ一つの手仕事には歴史があり、
手に汗をして生み出した人々の物語が潜んでいる。

SzekesKalotaszeg 1023

衣装、住まい、そして教会。
それぞれの場に寄り添い、人々の暮らしを豊かに育んできた
世にも稀なる手仕事の文化を紹介します。


誠文堂新光社
「カロタセグのきらめく伝統刺繍:
 受け継がれる、ハンガリーのきらびやかな手仕事」

book.jpg
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(10)|trackback(0)|カロタセグ地方の村|2013-09-11_06:45|page top