トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

02 ≪│2014/03│≫ 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

結婚記念日とカールノクの遺跡

10年前のその日、
私たちはここトランシルヴァニアで結婚をした。
日本の母と弟が駆けつけてくれたものの、
結婚式という形式ばったものはしなかった。
それよりも、国際結婚の複雑な手続きや、
生まれてくる子供の方が大切だった。

その年、初めての大雪が降った数日後。
いつものようにカールノクの友人宅を訪ねていた。
「そういえば」と結婚記念日のことを話すと、
友人夫妻は記念日には夫婦だけでどこかへ出かけて過ごすという。
結婚後も夫婦の時間を大切にするのは、
ハンガリー人の特徴かもしれない。

ふと、旦那に村を散策しようともちかけた。
娘を抱いて、真っ白な雪道を歩いていく。
ほんの10分ほどで、村の教会にたどり着くと、
おとぎ話さながらの木彫りの門が出迎えてくれる。
「神はひとつ」と書かれるのは、ユニタリウス派のしるし。

IMG_1501.jpg

並木のたつ小道を通り過ぎ、
白い教会と木造の鐘つき台の間を進むと墓地にでる。
「私のことを信じる者は、死後もずっと生きている。」
聖書の引用句に精霊だろうか、小鳥が飛んでいる。

karnok (10)

さみしい墓地の中に、
とりわけ大きな一本の木が目をひきつける。
樹齢550年と言われるこの大木は、
こちらでは珍しい樹齢の長いもの。

IMG_1506.jpg

初めて見たとき、もっと高く大きく感じられたのは、
その木の不思議な存在感のせいかもしれない。

karnok (1)

墓地を過ぎると、もうそこは村はずれ。
見渡す限り真っ白な丘を、ただひたすら登っていく。
雪の中の影が青いということを、ここに来て初めて知った。
日常に流されて、自分を見失いがちなとき、
真っ白な道をただ歩き続けることが不思議と心を静めてくれる。

karnok (2)

気が付くと、身にまとうコートが重く感じられ、
首に巻いたマフラーを緩めた。
丘の上に立つ建物は、13世紀に建てられた教会の跡。

karnok (3)

ちょうどこの頃、タタール人の侵略によって
ここトランシルヴァニアの町や教会は崩壊された。
そのため、ロマネスク時代の遺跡はほとんど残っていない。

karnok (4)

日の沈む前の、橙色の光が遺跡を鮮やかに浮かび上がらせる。
丸い窓にどんなガラスが輝いていたのだろう。
壁やドアにはどんな模様が描かれたのだろう。
そして、日曜のミサには村人たちがどんなに清潔に身支度をして出かけただろう。
悠久の時代に思いを馳せることが、
日常にいかに欠けていたかを知った。

karnok (14)

これだけの石が何百年の時の重みに耐えてきたのだ。
人の手で作り出したものを文明と呼ぶ。
その有名無名にかかわらず、この小さな村はずれの丘にこの遺跡が
存続してきたということに心を動かされた。

karnok (13)

さっきまで胸の中に頭を埋めて眠っていた娘が目を覚ました。
ギリシャでも、エジプトでもなく、
トランシルヴァニアの村で迎えた結婚記念日は、
忘れがたいものとなった。

karnok.jpg
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2014-03-23_04:48|page top

赤いビーズの腕飾り

今回の旅は駆け足だった。
はじめは手仕事を探す目的で訪れていたのが、
いつしか人と出会い、再会することの方が大きくなっていった。
同じ土地に、こう何度も足繁くかよってしまうのはどうしてだろう。
はだかの丘が目の前に立ちふさがる、何の変哲もない風景が
不思議と心を落ち着かせる。

kalotaszeg2013nov (4)

カロタセグに惹きつけられ、ここで暮らす人がいる。
教会の修復をしながら、絵を描き続けるレベンテ。

彼の絵にはこだわりがある。
手製のキャンバスは、手織りの麻袋を使っている。
その土地の伝統の手仕事を土台にして、
彼自身の色を塗り重ねていく。
森深く粗野な自然のセーケイ地方から、
明るく穏やかな自然に囲まれ、今度はどんな絵が生まれるのだろう。

娘とちょうど一か月違いで生まれたジョーヨム。
新しい家族も加わって、彼らの生活に輝きが増していた。

kalotaszeg2013nov (22)

「まるで救世主みたいに、皆あなたを待っているのよ。」
と冗談交じりの声が響いた。
村の女性たちに、秋の展示会のために注文をしていたのだ。
アンナおばさんは図案をひとつずつ布にほどこし、村中の女性たちに配った。
子供の笑い声も、若者の働く姿も消えてしまった村。
ほとんどが未亡人のおばあさんたちからなる村に、
少しでも活気を取り戻すことができるだろうか。
沢山の人の手が加わった布の束を貰い受け、私は海を渡ることになる。

kalotaszeg2013nov (11)

「いつ来るのかと首を長くしていたわ。」
いつも受話器で聞いていた声の主とは初対面。
耳の遠いカティおばあさんの代理で、いつも電話で様子を尋ねてくれる。
「私には孫がいないから、あなたたちが親戚よ。」

赤ん坊のもつ力は何と偉大なのだろう。
その小さな体から想像もつかないほどのエネルギーを放ち、
とたんに周りを笑顔に変えてしまう。

kalotaszeg2013nov (16)

ビーズの輝きの持つ魅力を教えてくれたカティおばあさん。
感謝の気持ちを込めて本を手渡すと、目を輝かせて喜んでくれた。
「私にとって、この本はお金を幾らもらうよりも価値があるわ。」
そしてページをめくりながら、
あれはどこの誰だとかエルジおばさんと楽しそうに話している。
少女のような無邪気な笑顔を見せながら、
「この本を見終わるまではとても眠れないわ。」という。

そして、分かった。
おばあさんにとって、カロタセグのきらめく衣装は
たとえ幾つになっても胸ときめく憧れであり続けるのだと。
幼い少女が花嫁衣装に憧れるのと同じ、
パールタ(ビーズの冠)をかぶり刺繍やビーズで縁取られた衣装をきる少女たちを、
自分の手元に置き、夢心地で眺めるのだろう。

kalotaszeg2013nov (17)

ご近所さんのおばあさんに会った。
カティおばあさんが日本でカロタセグの本が出版されたことを話すと、
「それは、よかったわ。すべて書いて、記録して頂戴。
そうしないと、もうじき私たちの物はなくなってしまうから。」
おばあさんの真剣なまなざしを見て、
改めてカロタセグの状況を知った気がした。

kalotaszeg2013nov (19)

高齢のカティおばあさんは、自分亡きあとのことを考えて、
エルジおばさんを紹介してくれたようだ。
同居している嫁と合わず、離れの部屋に一人住んでいる。
「たまにエルジが来て、お互いに愚痴を言ったりおしゃべりしてから、帰っていく。
私たちはまた同じ十字を背負っていくのよ。」
あの光り輝く赤と白のビーズを手にとり、
つらい現実から少しでも解き放たれるされるのかもしれない。
エルジおばさんも同様に、息子さんを一人抱えている。
不自由な片手を見せながら、
「私はこの手であらゆるものを縫ったわ。ビーズの衣装も刺繍のベストもすべて。」
手仕事を続ける人にはそれぞれ理由がある。

kalotaszeg2013nov (13)

カティおばあさんのお孫さんは息子と同級生。
「いい、私がいなくなっても、ずっと良い友達でいるのよ。」
レヘルが静かにうなづく。

kalotaszeg2013nov (18)

子どもたちが通りを走っていく。
別れの時も近い。

kalotaszeg2013nov (21)

エルジおばさんが、娘のために赤いビーズで腕輪を作ってくれた。
「私たちの所ではこうするの。
赤ちゃんが邪視に合わないようにするためにね。」
やわらかく丸々とした腕に、きらりとビーズの輝きが見え隠れする。
若い女性の装う衣装が赤であるというのにも同じ意味があるのだろう。

「運命の赤い糸」という言葉がある。
東洋では、人と人とを結ぶ縁を赤い糸に喩える。
もしかしたら、カロタセグの土地や人々と繋ぐものはこの糸であるのかもしれない。
私たちから息子や娘へ、この赤い糸が繋がっていくことを願ってやまない。

IMG_0011.jpg

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|カロタセグ地方の村|2014-03-05_07:33|page top