トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2014/08│≫ 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

炭酸水通りの8月

成田から20時間を経て、私たちは再びトランシルヴァニアの地を踏んだ。
時間をさかのぼっての長い飛行機の旅を終わる頃には、
意識がもうろうとしてくる。
8月1日、二人の子どもを連れての長い里帰りは終わりをつげた。

日本から帰るときにはいつも、
自分の人生にひとつ区切りをつけるような気がしている。
そして、そこから新しい何かがはじまる。

故郷の空気は心地よく、肌にやさしくなじむけれども、
しばらくすると自分たちが宙に浮いている存在であることに気付く。
生活の基盤がそこにはなく、
あわただしい毎日の中で、右へ左へと流されているような気持ちになる。
自分の生まれ育った地から、1万キロも遠く離れたこの地の
我が家にたどり着いたとき、ちょうど実家に到着したときと同じ安堵が得られるのが不思議だ。

炭酸水通りの我が家の庭は、夏の真っ盛り。
例年にない雨の恵みを受けて、もう8月だというのに
植物がつややかに輝いている。

IMG_7559.jpg

大切な儀式であるように、ひとつひとつの植物を
丁寧に説明しはじめる旦那。
「ちょうどイチゴもグリーンピースも収穫ができたときに、
君たちがいなくて残念だったよ。」

IMG_7546.jpg

トウモロコシの何と大きなこと。
天を突かんがばかりに背伸びしている。
高いところから、人間たちを見下ろす気分はいかがなものだろう。

IMG_7545.jpg

「この花を知っているかい?」
夏の暑さを我知らず、涼しく透明なブルーを投げかける花。
それは、亜麻の花だった。
綿の育たない、北の冷涼な大地では、
古くからこの亜麻の茎が珍重されてきた。
乾かしてから、繊維を叩いて伸ばし、糸を紡ぎ、
それから冬の間中、機織り機を踏んでできたのがリネンの手織り布だ。

想像を絶する沢山の労働の果てに、
あの輝くような白い布が生まれる。
少しずつ種を増やし、いつかその美しい布の生まれる瞬間を見てみたいものだ。

IMG_7558.jpg

真夏の空に浮かぶ花火のような、白い花。
ドクニンジンの花は、ただの雑草だけれど、
可憐で繊細な姿かたちをしている。
もしも、女性を花に喩えるのならば、
大輪のバラや芍薬ではなく、小さな野の花でありたい。

IMG_7551.jpg

アザミの花は散った後も、
夢のように素敵な綿毛をのこしていく。
このひとつ、ひとつが子どもたち。
わが子を空高く飛び立たせて、その役目を終えるのだ。

IMG_7568.jpg

昼時となった。
ガスボンベがないため、外で火を起こして
大きな鍋で昼ご飯を作る。
おととしの夏、カロタセグ地方の村で過ごした一か月。
ひとつのお鍋だけで、すべてが事足りた。
欲を言えばきりがないが、
人間が生活をするのは至って簡単なことであることに気が付いた。

収穫したばかりのじゃがいもを、
冷たい井戸水の中に放り込む。
娘は、待っていたとばかりにその中で水遊びをはじめる。

IMG_7572.jpg

今年は雨の影響で小ぶりとなったが、
ルビー色に輝くじゃがいもたち。
包丁を入れると、ザクッと小気味よい音がする。

IMG_7577.jpg

真夏の太陽が降りそそぐ中、
キャンプファイヤーさながら火をたき、鍋で煮たセーケイ風じゃがいもの煮込み。
日陰に毛布を引いたら、ピクニック気分になる。
おなか一杯食べて、お隣のおばあさんにもおすそ分けをした。
再び、トランシルヴァニアの日常がはじまった。

IMG_7544.jpg

*7月に放送された「世界の村で発見、こんなところに日本人」の
番組についての感想をyuccalinaさんがこちらで述べていらっしゃいます。
私の思うところと一致していたので、ご紹介いたしました。
スポンサーサイト
comments(10)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2014-08-09_16:59|page top