トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

12 ≪│2015/01│≫ 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

2015年はじめの日

森のはずれの友人の家に、
3家族が集まってのささやかなパーティ。
去年と同じ部屋で迎える新年だった。

家の中は寒かった。
6畳部屋が二つあり、真ん中に小さな薪ストーブがある。
靴下を二枚重ねした上にフェルトのスリッパ、スキーズボンをはいているのに、
床下からとてつもない寒気が伝わってくる。
部屋の中なのに足は凍え、手はかじかむ。
何度も、火に当たりにストーブのそばへ通わなければならなかった。

ナースチャは、いつものように故郷のウドムルト料理のサラダを作っているところだ。
娘のカタがニンジンをすりおろす。
ガラスさらに、煮たジャガイモや赤ビーツ、ニンジンを幾層にも重ねて、
マヨネーズを薄く塗っていく。

キッチンと居間を兼ねた小さな部屋は、
時に楽器職人のミクロ―シュのアトリエとなる。
空間を余すことなく活かし、
美しい木彫りの細工や白樺の小物、自然療法の本などが並んでいる。

家族がテーブルを囲み、
所狭しとごちそうが並ぶのを見ているとすでに寒さを忘れていた。
大人も子どももその年最後の食事をゆっくり味わいながら、
ワイングラスで乾杯をして、時が過ぎるのを待つ。

新しい年がくるのが楽しみなのは、自分がまだ若いからだろうか。
年を取った人は、果たして新年が喜ばしいのか、
それとも年が過ぎるのが惜しまれるのか。

そういえば、昔話でこういうものがあった。
正月に年の神が現れ、すべての人に年を渡していく。
ある年寄りの夫婦がそれを恐れて逃げ、
どうにかして年をとらないようにとする。
結局は年の神に見つかり、年を重ねてしまうというものだった。

ロウソクに火をともし、テーブルにはカードゲームをひろげて時間を過ごす。
寝付けないのか、娘が何度も目を覚ました。
そうこうしている間に、新年が近づいた。
室内用の小さな花火に火をつけ、
シャンパンを抜いて乾杯をする。

オレンジ色の線香が、か細い銅線をほどばしる。
その輝きに魅せられながら、時の儚さが身に染みるようだった。
ぱっと火をまき散らし、やがて煙と燃えかすだけが残る。
人の一生も、きっと同じようなものかもしれない。

その夜、何度目かの娘の泣き声でゲームが中断となり、
皆が寝る支度をはじめた。
娘の横に寝そべった。
その手は氷のように冷たかった。
娘や友人の娘の泣き声が何度か、
眠る皆の上を飛び交った後、夜が明けた。

朝一番に目を覚ましたのは娘だった。
友達のロージャの名前を呼び、起こそうとするのを制して、
仕方なしに私もむっくりと体を起こした。

ぼんやりとした目に飛び込んできたのは、ガラスに映る「氷の華」。
氷点下10度以下の寒い日にだけ見られる、氷の模様だ。
勢いよく降り注ぐシャワーのような、
透明な鳥の羽根のような見事な模様の中に、
ふと一頭の馬が現れた。

ujev.jpg

新年初めての画を収めようと、
カメラを撮りだして、テーブルを乗り越えて窓に近づこうとする。
いくつか写真を撮ったあと、
いざ元の場所に戻ろうと振り返ったとき・・。
ガシャンと華々しい音がはじけた。
おそるおそる目を落としてみると、二個のグラスが割れている。

テーブルの下で横になっていた、主人と奥さんがゆっくりと体を起こした。
ミクロ―シュが「それは、幸運のしるしだよ。
グラスが割れるのは、そういうことなんだ。」と穏やかな口ぶりで言う。
そしてまた、何でもなかったかのように横になった。

何度も謝りながら、優しい主人の心遣いに感謝した。
賢く、そして謙虚なミクロ―シュは、
奥さんの郷のはるかロシアのウドムルトの地でハンガリー語教師をしていた。
その時に、ウドムルトの各地をめぐり民俗音楽を収集していた。
やっと助成金を得て、今年はその成果をまとめて本を出版することになったという。

その日は、いつになく寒さが厳しかった。
氷点下30度近くになった朝、娘を連れてそりをしに外に出たものの
手袋の下で手がかじかみ、すぐに家に戻らなければならなかった。

皆でテーブルを囲み、朝食を取っていたとき、
誰かが「何てきれいな鳥。」とつぶやいた。
黄色い体の鳥が、代わる代わる
窓の外にかかった豚の脂身をつつきに飛んでくる。

ujev (2)

部屋は小さいけれど、家の中は寒いけれども、
温かく幸せな家族がここにいる。
新年は静かに、そして穏やかに明けた。



スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(9)|trackback(0)|その他|2015-01-03_22:44|page top