トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

11 ≪│2016/01│≫ 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

大みそかと虹色の紙

駆け足で過ぎていった年の暮れ。
大みそかの日の朝は晴れだった。
ぎりぎりまで悩んだ末に、3か月になったばかりの次男を抱いて
車に乗り込んだ。
私たちの乗った車は、雪の凍るカルパチア山脈を超えて、
はるかモルドヴァ地方をめざしていく。

大みそかにクマやヤギや、仮装をした人々が
大騒ぎをしながら練り歩く。
天を突くような激しい太鼓の音や、ホイッスルのリズム、
汗をかきかきクマの皮をかぶって踊り狂う人々。
それは、まさに年忘れというのにふさわしい。
ひっそりと静かな年の終わりに、何か刺激を受けたくて
ここまではるばるやってきたのだ。

氷点下の張り詰めた空気の中で、
大きな虹色の飾りが目にとまった。

IMG_0913.jpg

二頭の牛が鮮やかな飾りをまとう姿は、
はるか昔の結婚式の行列の習慣を再現してるようだ。

IMG_0918.jpg

後ろには大きなモミの木をひいている。
雷のように切った紙の飾りは、まるで七夕のよう。

IMG_0915.jpg

「似たような習慣がどこにでもあるものだね。」
旦那の言葉でふと気が付いた。
この紙はむしろ御幣に似ている。
とすれば、この木は門松なのかもしれない。

年神が天から降りてくるための依代。
彼らはそれを引いて、町中を周り、
人々に新年の幸運を振りまいてゆくのだ。

ひとりの人が息子を呼び寄せて、
何かを話している。
モミの木から枝を切って、
白と青、黄色の飾りのついたものを手渡した。

新しい年を、皆が健やかに
平穏に過ごすことができますように。
めでたい飾りを車にのせて、
私たちはまた山脈を引き返していった。
スポンサーサイト
comments(2)|trackback(0)|イベント|2016-01-04_06:03|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。