トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

01 ≪│2016/02│≫ 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

二月の小春日和

今年の冬はどうかしている。
12月まで雪がまったく降らず、
お正月休みが明けると一気に極寒の日々がやってきた。
まとまった雪が降ったのは、一度か二度。
そうして、2月だというのに
うららかな陽気に小鳥がさえずり、
木の芽は膨らんで、今にも緑がほころびそうだ。

tavaszias (3)

私たちの住む町は小さくて、
思い立ったらすぐに森へ出かけることができる。
松林のはずれの、町を一望できる崖がお気に入りの場所だ。

tavaszias (7)

崖の下は10M以上あるのに、柵はおろか「危険」の立て札も何もない。
日本ならば、立ち入り禁止になってもおかしくないだろう。
お転婆盛りの2歳半の娘からは、目を離すことができない。

この小高い丘は、昔は石器時代の居住区だったそうだ。
何気なく足元に広がる落ちくぼんだ穴を、
少し掘ってみると、土器のかけらなどが見つかる。
旦那の考古学熱が長男にも移り、娘も穴掘り遊びに夢中になっている。

tavaszias (6)

9月の終わりに生まれた次男は、ほとんど太陽の光を浴びていない。
この暖かな光をいっぱいに吸収すれば、
春の草花のように大きくなってくれそうだ。

tavaszias (8)

次男を置いて軽くなった体で、あたりを散策する。
雪解けの水のあとから生まれた、苔の鮮やかなこと。

tavaszias (9)

崖の淵の枝を見ると、
まるでウサギの尾のような、白く愛らしいつぼみが付いている。
ネコヤナギの枝は、春の象徴でもある。

tavaszias (1)

春の兆しは、知らないうちにあちこちに目覚めている。
コンクリートに囲まれて過ごした数か月。
私たちは、身も心もカチカチになってしまったのではないか。
美しい自然と新鮮な空気を吸って、息を吹き返したような気がする。

tavaszias (2)

12時の鐘の音もとうに鳴り、お腹が空いてきた。
ボールをけりながら、ゆっくりと元の道を歩いていく。

高い高い松の木々を見上げながら、思う。
今から100年前の人々が、子孫のためにと植林した、この美しい松林。
これから生まれてくる人たちのために、私たちは何を遺すことができるだろう。

tavaszias (4)
スポンサーサイト
comments(4)|trackback(0)|自然、動物|2016-02-15_05:43|page top

セーケイ地方の謝肉祭


クリスマスに大晦日、正月を終えて
寒さはますます厳しくなる。
二月の半ば、
うんざりするような長い長い冬の終わりに、
その祭りはやってくる。

仮装をしたセーケイの花嫁と花婿。
馬にまたがり、鮮やかな花の花輪やリボン飾りがはためく。
晴れ晴れしいその姿は、むかしの結婚式を彷彿させる。
管楽器の賑やかな音色にあわせて、
私たちも行列に混ざって、歩き出す。

boloni farsang (6)


boloni farsang (5)

行列の終わりに、馬車に引かれていく男女。
アダムとイブと書かれた藁人形。
彼らはいわば祭りの犠牲となり、
その死によって私たちは冬と決別することができる。

boloni farsang

5時間以上かけて、村の通りという通りを歩きつくす。
そして最後に、広場で藁人形に火をつける。
めらめらと燃えさかる炎を囲んで、
踊り歓喜する人々。
ファルシャングの埋葬とも言われるように、
冬という邪を焼き払うことが醍醐味である。

boloni farsang (7)

かじかんだ足も凍えた体も、
祭りの熱狂を浴びて、体の芯が燃えるように熱くなる。
こうして春に向けて、一歩近づいていく。



1月の終わりに、悲しい報せを聞いた。
去年につづき、今年もこの行事が行われないという決定が下されたのだ。
何故だろうと問いてみると、
まず参加者がすくないということ。
そして、昨年末に首都ブカレストで起きた
ナイトバーの大火災を受けて、規制が厳しくなったということ。
消防署の許可なしに、祭りのあとのパーティが行うことができないためだという。

いつか祭りで村人から耳にしたのは、
参加者の家族が行列にお菓子や飲み物を振る舞い、
お金がかかるという不満だった。

金銭的な理由も、法的な規制の厳しさもあるだろうが、
一番悲しいのは、村の共同体の意味が希薄になっているということ。
人々の興味関心が外ではなく、内に向かっているのではないか。

5年前にファルシャングを見た後に、
「いつか参加したいか。」と尋ねたことが思い出される。
大きくうなずいた少年の表情を思い、
いつか近い将来にきっと開催されることを信じている。


冬の埋葬-2011年ファルシャング(謝肉祭)
トランシルヴァニアの謝肉祭(カーニバル)
comments(4)|trackback(0)|イベント|2016-02-06_06:47|page top