トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

02 ≪│2016/03│≫ 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

6月の講習会のお知らせ

ルーマニア西部カロタセグ地方村々では、
古くから手仕事の文化が生活に根ざしてきました。
冬の農閑期がくると、女性たちは集まって糸を紡ぎ、刺繍をして長い夜をすごしました。

19世紀末にはヨーロッパ中を風靡した、
カットワーク、イーラーショシュのベッドカバーに枕カバー。
鮮やかな色と柄が織り成す民俗衣装。
現代では「清潔の部屋」と呼ばれる一室に大切に保管されています。
カロタセグ地方の伝統刺繍の世界を、現地で取材した写真とともにご紹介します。

IMG_8641.jpg


また、カロタセグを代表する刺繍、イーラーショシュも体験していただけます。
今回は、木の枝をくわえたクジャクとチューリップの花がオーバル型にデザインされた
ロングクロスをいっしょに作りましょう。

IMG_3413.jpg


「トランシルヴァニアの伝統手芸 イーラーショシュ体験」講習会

とき: 2016年6月18日(土)10:00~12:00

ところ: 朝日カルチャーセンター新宿校
 
詳しくはこちらまで。

head_logo.png


*おかげさまで満席になりました。
たくさんのお申し込みをどうもありがとうございます。
大阪NHKカルチャー梅田校にて
7/24(日)13:00~15:00に開催予定もございますので、次の募集をお待ちくださいませ。


*こちらの講座は定員を10人増やして、再募集しています。
詳しくはこちらまで。


*定員に近づきましたので、HP上のお申し込みは受け付けていないようですが、
まだわずかな人数を受け入れる可能性がございます。
お席の状況やキャンセル待ちについては
03-3344-1946までお問い合わせくださいませ。(4/18)
スポンサーサイト
comments(8)|trackback(0)|その他|2016-03-18_17:22|page top