トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

トランシルヴァニアの日本の日 2016年

トランシルヴァニア、セーケイ地方で日本の日を主催して3回目になる。
2011年に初めて開催して以来、
日本語の教え子や生け花クラブの人々、さらにさまざまな協力者も得て、
色彩豊かな文化紹介のイベントと成長していった。
さらに、地元Sepsiszentgyorgyの市役所の助成も受けることができた。


nihon.jpg 


今回のテーマは床の間。

和室の中でも、特に重要な床の間という空間を、「聖なる角」と訳した。

ハンガリーの住空間の中でも、かつて角というのは特別なもので、

部屋の角の形にそった棚が作られたものだ。

旦那が木材で作った床の間空間。


nihon (5) 


床の間を舞台に繰り広げられる、暮らしを彩るさまざまな芸術活動。

折り紙、切り紙、書道、浴衣の体験にはじまり、

美術を学ぶ学生による紙芝居を地元劇団員マジャロシ・パラ・イモラによる上演、

宮﨑の佐土原在住のお茶の師匠から厚意で寄付いただいた抹茶でお茶会を催したり、

生け花と風呂敷の包み方のデモンストレーション。


nihon (2) 


nihon (7) 


nihon (1) 


今回の目玉は、友人のピアニスト二人を招いたコンサート。
本田奈留美、本田真奈美の姉妹による息のあった連弾演奏に、
迫力のあるピアノのソロの演奏。
日本をテーマにした、さまざまな作曲家や民謡、古い歌を演奏家といっしょに選び、
プログラムを組んだ。
ハンガリー民謡を唄うエル―シュ・レーカに、
チェロ奏者のコヴァーチ・アルノルド、
作曲を学ぶパール・ペトラ・ノエ-ミなど、
地元の若手の演奏家も織り交ぜた多彩なコンサートとなった。

2016年9月18と20日。

私のもう一つの故郷で、たくさんの友人知人と日本文化を共有できた二日間となった。


nihon (3) 


日本の日の様子は、

こちら現地のポータルサイトでご覧いただけます。

Sepsiszentyorgy.info


ローカルTVの取材はこちらです。(終わりの方)

Kézdivásárhely Polyp TV


以下コンサートのプログラムとなります。

続きを読む

スポンサーサイト
comments(2)|trackback(0)|イベント|2017-02-21_11:48|page top

ジプシー市場の贈り物

まだ冬の入口にさしかかった、ある日のこと。
町に寄ったついでに、ジプシー市場に立ち寄った。
トランシルヴァニアにはさまざまなジプシーが定住しているのだが、
特にガーボル・ジプシーと呼ばれる人たちは、流浪の民としての歴史が長く、
民族衣装に身を包み、伝統に固執することで有名だ。

男性は大きな帽子をかぶり黒づくめの服を着て、大きな髭を生やしている。
一方、女性はというと華やかな花柄の衣装を身に付け、長い髪をスカーフで覆っている。
そうした商人ジプシーたちが、古着などを売っている。


車から降りて、私は次男を抱き、
旦那は長女の手をとって買い物をしていた。
それほど寒さも厳しくなかったので、
子供たちにそれほど厚着をさせずにいたのだが、
ジプシーの売り手のおばさんがそれを見て、驚いた風にこういった。


「まあ、子供たちが風邪をひいたら大変。」
すぐに、売り物のスキースーツや帽子をご主人に持ってこさせ、
「これを着させなさい。」と言って手渡した。
赤いスキースーツと青いスキースーツを頭から被せて、
耳まで隠れる毛糸の帽子をかぶせると、子供たちはいかにも雪国育ちのようだ。
1歳の息子と3歳の娘を抱きしめると、
金髪で青い目をしたおばさんに笑顔で手を振った。





comments(2)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2017-02-14_11:10|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。