FC2ブログ

トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

運命の家

カロタセグの次に目指したのは、セーク。
ここでどうしても今見ておきたいものがあったからだ。
二日間の取材を終えて、村はずれにやってきた時だった。
ふと一軒の家が旦那の目にとまった。
村の遊具広場のちょうど前に、売り家と書いてある。

きっと、ハンガリーからの観光客が買うに違うない。
そう思わせる、美しい家だった。
中だけでも見てみようと旦那が誘い、
ご近所に尋ねてみると、
「ほら、あそこからやって来るのが持ち主よ。」
と好都合にも向こうからちょうどやってくるところだった。

黒い喪服姿のおばあさんは、
もうひとりの持ち主であるお姉さんに電話を呼び出して、
昨年まで母親が住んでいたという家に通してくれた。
ブドウの房が下がる、美しいベランダ。


セーク (1) 

吸い込まれるように中に入ると、
夏の空のように蒼い壁が出迎えてくれた。


セーク (9)


ロージおばさんとジュジおばさん。
ちいさな二人のおばあさんたちがおしゃべりをしているのを見ていると、
おとぎ話の森の小人の家に迷い込んできたようだ。

 
セーク (3) 

「他にも家具や絵皿などがあったのだけれど、
昨年の夏にセンテンドレの博物館員がきて、持って行ってしまったわ。」とおばさん。
手がつけられる前の内装は、どんなにか美しかったのだろう。
蒼い壁には絵付け皿が並び、
セーク独特のガラス絵が掛けられている。
赤がなんとも鮮やかに目に飛び込んでくる。


セーク (8) 

冬の生活には欠かせない、薪ストーブ。


セーク (7) 

セーク特有の黒い絵付けがほどこされた窓。
幸いにも、家に取り付けられてあるため、持っていかれなかったのだろう。
「盲目の窓」と呼ばれ、昔から大切な食料品をしまっておく
いわば冷蔵庫の代わりだったらしい。
長椅子は開くと、たくさんの衣装が入っていた。
目星いものはすべておばあさんたちが持っていったようで、
日常用のブラウスや布ばかりだ。


セーク (6) 

家の外には「夏のキッチン」と呼ばれる、小さな部屋がある。
薪で部屋を暖めないように、夏にはここで料理をする。
まだ生活の匂いが漂っている。


セーク (4) 

何度か旦那が「どう思う?」と小声で尋ねてきた。
非のつけ所が見つからなかった。
ひとつ気になるのは、木造ではなく、土を固めて作っただけの壁が
どれだけ冬の寒さに耐えられるかというところだろうか。
観光シーズンが始まれば、人の目にもつくだろう。
1も2もなく、ロージおばさんの家でサインをしていた。
そして、カロタセグの家のために持ってきた前金を渡していた。


セーク (2) 

ピンクのバラが花咲く家から、おばさんたちが「売り家」と書かれた紙を取り去った。
まるで狐につままれたかのような不思議な気持ちで、
セークの村からセーケイ地方へと向かっていた。



スポンサーサイト
comments(4)|trackback(0)|セーク村|2018-07-23_15:09|page top