FC2ブログ

トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

02 ≪│2019/03│≫ 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

セーケイ地方の謝肉祭

長い冬のトンネルも、
ようやく終わりが見えてきたころ、
塩の地方と呼ばれるところへ向かった。
友人家族は、この村の謝肉祭に毎年来るというので、
ずっと前から気になっていたのだ。
同じセーケイ地方であっても、丘を越えて、
車で3時間ほどはかかる。

朝早起きをして子どもたちを幼稚園に送り出した。
国道沿いを車を走らせていると、
ザクセン地方に差し掛かった頃から、
先程までの太陽が姿を消し、遠く向こうに雨雲が広がっているのを見た。
気が付くと、私たちの周りは横殴りの雨が打ち付けて、
しばらくして雪に変わった。
なだらかな丘の輪郭が、みるみるうちに白く染まっていく。

謝肉祭の日に、こんな荒れ模様となり不安がよぎったが、
村につく頃には雪は山の頂上にしか見られなかった。
それも今朝降ったばかりのものではなく、
ずっと昔から残った雪のようだ。

30分遅れて村に到着。
「謝肉祭の行列は村のあちこちを回るから、
大きな村の中で探すのは結構苦労するわよ。」と友人から聞いていた。
ちらほらと坂を登っていく人の後についていくと、
カラフルな色合いの子供たちの行列が見えてきた。
とある家の前に人だかりができていたので、
近づいていくとすでに風変わりな「葬式」がはじまっていた。

     farsang sofalva (41) 

「イッェーシュ!ああどうして死んでしまったの?
お菓子も焼かなくちゃいけないし、洗濯もしないといけない、
壁の塗り替えもしなくちゃならない。
そして、あなたを泣いて送別しなければならないなんて。」

「イッェーシュ!昨日まではいっしょに酒を酌み交わしたのに。
ただキャベツだけを残して、おまえは逝ってしまった。」

「イッェーシュ!いい隣人だったのに。
悲しくて、関節があちこち痛むわ。」

他にも愛人たちも別れの言葉を叫んだりして、
滑稽な葬式はつづく。


farsang sofalva (17) 

「あの人の好きだった歌は・・」

という声とともに、村人たちが民謡を合唱する。
「もし私が死んだら、誰が私を惜しんで泣いてくれるだろう。
誰が私の棺桶に倒れてくれるだろう。
お母さんは倒れてくれるだろうが、もう生きていない。
私のただ一つの宝よ、どうか私の棺桶に倒れておくれ。」

そうして歌からダンスへと変わり、「葬式」は終わる。
お宿となった家の人たちは食べ物や飲み物を配って回り、
飲み食いをしたら、またわら人形を連れて行列が始まるのだ。


farsang sofalva (2) 

村の楽団の演奏が、
伝統行事をますます生きたものへと仕立ててくれる。


farsang sofalva (1) 

長い行列が村をあちこちと行き交う。
かれこれ20年もこの村へ通う、友人のカティが話してくれた。
「お宿となる村人たちも、それはこの行事を楽しんでいるのよ。
一度は、葬式のような黒い幕が下がっていて、
家の前に棺桶が置いてあるだけだったの。
突然に起こった不幸だと思い、申し訳なくたっていたら、
棺桶が突然開いて、人が出てきたわ。
もう心臓が破裂するかと思った。」

それぞれの宿がテーマを持っているのだという。
細い坂を下りていくと、
女装したおじさんがチケットを配っている。
そして、宿が近づいて来ると、家の前に白い装束に身を包んだ
ローマ法王が長椅子に横になっている。
参列者たちがキスをして過ぎていく。


farsang sofalva (4) 

家の門には、織物や刺繍のタペストリーなどがかけてある。
昔は、その冬中に出来上がった手仕事をかけて、
展示会のように皆が見ていったのだという。

「隣の奥さんとはいい、
ここでうわさ話をしてはいけない。」
という冗談みたいな詩の書かれたタペストリー。


farsang sofalva (7) 

家のお祈りの言葉をパロディにしたもの。
「信仰があるところに愛があり、
愛があるところに平和があり、
姑のいるところは、終わりである。」
強烈な詩を目の前に苦笑していたら、
横に立っていた村のおじさんが微笑みながら、
「いや、これは本当なんだよ。」と呟いた。


farsang sofalva (8) 

焼き菓子やドーナツ、スコーンのようなもの、
サンドイッチ、茹でたジャガイモにチーズなど、
ご馳走がならんだテーブルで私たちのようなよそ者は遠慮していると、
パンをこねる大きな桶にいっぱいのオープンサンドが運ばれてきた。
「手がふさがっているから、自分で取ってね。」
その気兼ねの無さに、私も手を伸ばした。


farsang sofalva (6)


住まいの近くのブルン村の謝肉祭でも
食べ物の振る舞いがある。
謝肉祭の醍醐味は、飲んで食って、大騒ぎをすることにあるからだ。
それでも、何十名ものお客をもてなすことに疲れ、
お宿となる家はだんだん減り、謝肉祭そのものも危ぶまれている。
しかし、この村においては、
観光バスで幼稚園児や保護者たちも合わせると
100名以上のお客を喜んでもてなす懐の広さを感じさせるのだ。
普段は静かであろうちいさな通りもこの日ばかりは人だかりになる。
 
farsang sofalva (11) 

長いテーブルにご馳走を広げて、
お宿の主人たちはこの滑稽な劇を眺めている。
人生でも最も悲劇的な事件でさえも、
パロディとして笑い飛ばしてしまう人々のおおらかさ。
「町の幼稚園から、毎年大型バスでここまで来るの。
謝肉祭といっても、町ではただの仮装大会にしかならないから。
大人たちがどう楽しむかを子供たちに見せることは大切だと思うの。」とカティ。


farsang sofalva (10) 

わら人形のイッェーシュは、
冬の象徴としてこの日の生贄となる。


farsang sofalva (18) 

こうして6箇所のお宿を回る頃には、
寒さで体が凍えてくる。
そして、繰り返されるお葬式の台詞や歌を自然と口ずさめるようになる。
知らず知らずに、「ヤーィ!ヤーイ!」と悲しむ掛け声をかけている。


farsang sofalva (23) 

村の中心に戻ってきた。
可哀想なイッェーシュは体を引き裂かれ、火をつけられる。


farsang sofalva (26) 

燃える炎を囲んで、
人々は歌い、踊り、歓喜し、冬と決別する。
葬式であるのに、人々の顔は晴れ晴れしい。


farsang sofalva (28) 

farsang sofalva (39) 

最後に大きな輪になって踊る村人たちを眺めていたら、
輪の中で踊っていたカティが私を呼んだ。
私も輪の中に入り、見よう見まねで楽しんだ。

共同体の力の素晴らしさを感じていた。
皆でお互いを助け合い、いっしょに苦労も楽しみも分かち合う。
それがちいさな村の良いところだ。
しかし、21世紀の世の中では、
こうした昔ながらの価値観がゆらぎ、
人々は共同体からだんだん遠ざかっていってしまった。

参加者のおばさんと話していた時だ、
「この大騒ぎは今日で三日目よ。
かれこれ20年はこの行事に参加しているけれど、
私たちにとってはお祝いなの。」

お酒を飲んで酔い加減のおじいさんがカティと話していた。
「またこの村に遊びに来なさい。いつでも歓迎するから。」

長身で美しい金髪のカティの姿が輪の中に見えた。
踊りが終わり、村人たちと別れの抱擁やキスをしているのだった。
この愛らしい人々と別れ、暖かい思い出を胸に村を離れた。
春に向けての、大きな一歩を踏み出した。






スポンサーサイト
comments(6)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2019-03-21_21:22|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。