トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

ドボイ村の人々

doboly2.jpg

その日は、友人バルニを手伝うためドボイに向かった。
木の根の力で、地下室の壁に穴があいてしまったらしい。
このままだと家が傾く・・・ということで、
地下室の壁をコンクリートで埋める作業だ。

私には用のない仕事なので、
今日はご飯たきに専念する。
かまどで火をおこし、とうもろこしを茹でていると、
「窓の外にフワフワと浮かんでいるものが・・・

外に出てみると、すぐにその正体が分かった。
綿毛だ。
タンポポのそれよりも、はるかに大きなパラシュート。
秋の始めに、なんともメルヘンチックな光景。

doboly.jpg

ハンガリーの民俗音楽を聴きながら、
柄にもなく上機嫌で料理にいそしむ。
息子も、リズムを口ずさんでいる様子。
バルニの部屋は、まさにアートの展示室だから
内装やオブジェを見ていると飽きることもない。
私たちもいずれ家ができたら、このような素敵な住空間を作りたいものだ。

こちらは細かい彫りのされている洗濯板。
実用的なだけでなく、
昔はこれを愛する女性に贈ったものだったようなので、
シンボリックな形が刻み込まれている。

doboly4.jpg

ICIRIPICIRI11 063

トランシルヴァニア、特に北向きの村ドボイでは、野菜や果実の実りも遅くなる。
庭に植えてあるトマトは、9月のはじめでもまだ緑色のまま。
まだ青いトマトの子供たちが、
最後の夏の太陽をいっぱいに浴びて日光浴中。

doboly3.jpg

木から落ちたリンゴは、もう赤く色づいていた。
これは秋リンゴと呼ばれるもの。
夏、秋、冬と3つの季節を通してさまざまな種類のリンゴが食べられる。
冬には大切なビタミン源となる。

ICIRIPICIRI11 075

疲れた労働者たちを呼んで、昼食をとった後、
いつものように息子は昼寝の時間。

やがて昼寝から目覚めると、もう日は傾きかけている。
ダンナが呼ぶので、門を出てお向かいさんの家へと入った。
すると、ワインやビールなどを出して何かのお祝いのようだ。
ダンナと私は、写真を撮るようにと頼まれた。

驚くことには、今までケンカ中だった隣同士が
仲むつまじそうにおしゃべりをして、笑いあっていることだ。
昔は良い付き合いをしていたのに、とあることで揉め事になり、
行き来もしていなかったらしい。
意外に、村でこういうことは珍しくないと言う。

「もうすぐ、おばさんのお誕生日だからね。」
ああ、そういうことでパーティなのかとやっと合点した。
そして仲良く記念撮影。
何と、私がシャッターを切ると、家のご主人とおばさんがキスをし始めた。
こんなこと、冗談でもできない・・・やっぱりヨーロッパ人は情熱的にできているのだろう。

doboly5.jpg

「夜になったら、また来るよ。」とお隣の夫妻は帰っていった。
そしてお隣さんが帰ると、おばさんはすぐに「あの人たちの言うことは信用しちゃダメよ。」と耳打ちをした。・・・もう何がなんだか、よく分からない。

私たちは、この外に出されたテーブルで語り合い・・・というより話を聞き、
やがて外の色もオレンジ色を浴びてきた。
息子は、近所の友だちジョンビを見つけて表へ出て行った。

本の5,6年前では考えられないようなことだが、
今ではありとあらゆる贅沢を子供にするような家庭が多いそうだ。
そのひとつがこれ。
ミニ4輪というのか、普通のガソリンで走る車。
時々馬車が通るだけで、めったに車も通らない
村の静かな通りを、6歳の子供の運転するミニ・カーが音を立てて走る。
ダンナはものすごく顔をしかめる。

ICIRIPICIRI11 072

やがて村も薄暗い闇に包まれ、
夕食のしたくも厳かに始まった。
茹でたジャガイモの皮をむいて薄く切ったものに、たまねぎ、サラダ油、酢、塩コショウを加えてサラダを作った。
男性たちは、外で肉を焼いていた。

テーブルのそばには、豆電球が灯される。
不思議と、生暖かい空気が流れてくる。
聞こえてくるのは、鳥の声。
不思議な高い声で鳴く鳥は、何かと思ったらふくろうのようだ。
隣人たちの語らいの中にあっても、不思議と耳を奪われてしまう。
心配されたクマも、こんなに大勢の人のそばには寄ってくるまい。

まだ家も建てていないのに、隣人に呼ばれるとは思わなかった。
ドボイの夏の終わりの食事会。
不思議な縁で、この小さな村で隣人となったのだから、これからも良い関係でいられるようにしたい。
ドボイの夜は静かに更けていった。


トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ





スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2008-09-23_05:42|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

素敵な木製品
村でもホフロマ塗りのまな板等はやはり装飾品で少しずつ集めている方もいるみたいです。
芸術家さん宅では実際に使っている物も合ったけど。
それにしても素敵な洗濯板とスプーン。木彫が好きなだけにとても心惹かれる物ですね。
こちらでも木彫の本等をみると似た様な模様があったり。昔から残っている模様というのは何処か似ている部分があるのかもしれませんね国が違っても。
たしか日本の物とも似ている物があったな~。
民俗モチーフ
本当です。
国や地域が違っても、似たようなモチーフがみられますよね。
そちらにはロゼッタはありますか?
円形のお花のような形をしていて、こちらでは魔よけとして使われていたようです。
門や子供の揺りかごにも彫られているのを見ました。

ホフロマ塗りってどんなものでしょう?
そちらも素敵な手仕事が残っているのですね。