トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

トランシルヴァニアの光無月

9月に入ってからというもの、
外を眺めても毎朝、あのどんよりと重いグレーの雲しか見られない。
太陽の光は、青い空はどこに行ってしまったのだろう・・・

9月の第2週からは、
今までの通りに息子の幼稚園生活が再スタートし、
私たちの生活サイクルも回り始めた。

ICIRIPICIRI11 090

全くヨーロッパの季節は、
夏と冬の2つしかないのではないかと思ってしまう。
ただし秋になって、もう一度夏が返り咲いたかのような
猛暑が続くことがある。
英語では Indian summer というそうで、
ハンガリー語では vénassyonzok nyala (ヴェーンアッソニョク ニャラ)
つまり「姥の夏」である。

ヨーロッパでは(ハンガリー文化圏だけであろうか?)
一般に老いた女性をからかうような風潮があると私は感じる。
盛りを過ぎた女性が、再びその色香を振りまく
そんなイヤな妄想が頭によぎってしまう。

今年はそんな、姥の夏もやっては来なかった。
一気に、季節は晩秋もしくは冬の初めである。
すでに私は暖かい日が来るのをあきらめ、
夏服は全てタンスにしまった。

・・・そんな突然の冬日の来襲で、
家に縮こまってしまった私を誘い出すのは、息子。
ひいおばあちゃんの村でも、一面枯れ色の野原で
なおも元気に走り回る。

szoknya 032

通りかかった馬車に乗る人たちも、
さすがに寒そうだ。
十分に着こんだ上にひざ掛けをしている。

szeker2.jpg

ひいおばあちゃんの飼い犬、イグナーツ。
犬はいいなあ、フワフワの毛皮があるから。
それでも寒いのか、普段はやっぱり小屋の中である。

szoknya 021

外でにぎやかな声が聞こえてきたので、
走って見に行く。
若い男女が楽しそうに馬車でにぎわっている。
収穫祭のお知らせのようだ。
こんな風にして、近所の村々を周って
秋のお祭りを皆に知らせるのだそうだ。

szeker.jpg

ここツォーファルバでは、いつ頃なのだろう?
ひいおばあちゃんに聞いてみたところ、
ブドウが熟する頃だと言う。
庭のブドウを見てみたが、
後もう少しといったところか。

szoknya 058

この光の失われた日常だからこそ、
家の中の明かりが暖かく感じられ、
村のお祭りもそれだけ楽しくなるのだろう。

収穫祭が早く来ないだろうか、待ち遠しい。


トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|自然、動物|2008-09-28_06:15|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント