トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

トランシルヴァニアの秋市

ここトランシルヴァニアでも、
ようやく秋らしい青空が見られるようになった。

そんな9月最後の月曜日、
近くの町で秋市が開かれるという知らせ。
朝早く、車で出かけることになった。

その町は、ボッザ・フォルドゥローというところで
かなり交通の便が悪いところらしい。
以前、ダンナと友人のバルニが二人で
ドボイから山を越えて徒歩で行ったらしいのだが、途中でもイノシシの足跡をいくつも見たりして
大変な道のりだったという。

私たちは車で山を超え、
朝の日を浴びた美しい自然と村の美しさに思わず歓声をあげる。
黄色く色づいた木々が、青空にこんなに映えるだなんて・・・
長い長いトンネルを越えて見える風景のように、
この秋の風景はまぶしく感じられた。

boodsz 112

小さな村をいくつか越えると、ボッザ・フォルドゥローに到着。
この辺りは高原のような高度の高い地域なので、
ルーマニアでも1、2番目に気温が低いところなのだそうだ。
もう10時近くなるのに、吐く息は真っ白・・・

月曜日なのに、町の中は人でいっぱい。
不思議に思って聞いてみると、
この辺りは農業、牧業に従事する人が多いからだそう。
まずは新鮮市場が見えてきた。

色とりどりの野菜でいっぱいのテーブル。
トマト・パプリカが安いので、
相談して冬のためにザクスカの瓶詰め用に買うことにした。

boodsz 118

これはペレツと呼ばれる、細長いパン。
ドイツ系の民族がもたらしたものらしい。
くるくると円になっていて可愛らしい。

boodsz 116

なんて立派な赤たまねぎ!
細長くて大きいこと。
そして三つ編みに編んであるのも、可愛い。

boodsz 119

こちらの三つ編みもかわいい。
セカンドハンドの靴を売りにきたジプシー親子。
もうこの辺りは、何でもありの市場のよう。

bodza piac

ちょっと笑えるこのビニール袋。
アメリカの国旗に、EUのマーク、そしてルーマニアの国旗・・・
アメリカとヨーロッパの間で揺れる
微妙な関係がこんなところにも・・・

boodsz 125

冬は零下何十度にもなる、この辺りでは必需品の帽子。
動物の毛皮で、冬も暖かそう。

boodsz 123

おばあちゃんが袋に入れたニワトリを抱いている。
写真を・・と思ったら、さっと誰かがその袋を奪ったので目を丸くする。
そう、ニワトリを買いに来た人が
重さを見るために抱いてみたようだ。
一羽、おいくらなんだろう?

boodsz 126

お菓子の家を見つけて、息子は大喜び。
昔から市に出ている伝統的なお菓子、メーゼシュ・カラーチ。
ハチミツやシナモンなどが入った、クッキーの様なもの。
ハート型のものは、恋人に贈るそう。

boodsz 127

砂糖で飾られた中には、鏡が埋め込まれている。

boodsz 128

あまりたいした買い物はしなかったが、見ているだけでも雰囲気は味わえた。
次は、動物市場に向かう。

もう入り口の辺りから、馬を引いていく人、馬具を抱える人などが見られて期待をそそらせる。
すぐに馬の飾りを売るブースが登場。
赤が多いのは、古くから魔よけのしるしだから。

boodsz 133

そして鈴。
野原で放牧している、羊やヤギ、牛などにも付いている、あれ。
このカラカラという音が大きさや形によって違っていて、
自分の家畜をすぐに聞き分けることができるのだそう。
私も小さな鈴をひとつ購入。
カラカラ・・・と私のかばんも鳴る。
低く心地よい音。

boodsz 136

装着例。

boodsz 139

どうしたのだろう?
このお馬さん、気分でも悪いのだろうか・・・

boodsz 142

きっと中にこんなものが入っているのだろう。
携帯のえさ入れ。

boodsz 138

市場で売られた可愛そうな子牛・・・

boodsz 146

車のトランクに、いっぱい詰められた子豚。
見ていたら、おじさんが一匹の足を引っ張りおろした。
あっと声を上げそうになる。
私達のような町育ちの人間には動物虐待に見えても、彼らにとってはこれが日常なのだ。

boodsz 145

後ろの野原には、私がいまだかつて見たことのないほどの馬車で埋め尽くされていた。
これだけの馬が集まった景色は、圧巻。
そう、ここが駐車場。
村からきた人たちの、動物置き場。
ふとドボイのご近所さんもいたので、ご挨拶。
20kmの道のりを馬たちが運んできたのだ。

bodzafordulo.jpg

何だか面白い飾り・・・
と思ったら、あのゴボウの花!
乾燥してカラカラになると、オナモミのようにくっつく。
ここではゴボウがいかに雑草化しているか、ご想像いただけるだろう。

bodzafordulo2.jpg

そして帰り道。
どこまでも続く原っぱの横で車を止めた。
私たちは車を降りると、方々へ散っていく。
秋のキノコ、マッシュルームを探すためだ。

boodsz 156

nohara.jpg

太陽の光がこんなにも暖かく、有難いものだなんて忘れていた。
体いっぱいに陽を浴びながら、
原っぱの緑とタンポポの黄色を眺めながら歩いていること。
それ自体が、気持ちよくて仕方がなかった。
いつしかキノコ探しよりも、ひたすらにどこまでも歩いてみたくなった。
そして野原の終わりに、秋で紅葉する山が見渡せた。

nohara3.jpg

この寒い9月の間に、山の木々はこんなにも鮮やかな変貌を遂げていた。
トランシルヴァニアの秋・・・
もうすぐ私たちはここを去っていき、
次に来る頃にはもう冬がきているはずだ。

この限られた秋を味わいつくすように、
秋の野原を歩きまわった。
この野生味あふれる風景、
やがて雪で閉ざされるこの地方では
緑も野生動物も姿を消してしまう。

boodsz 160

そして、ついに私もキノコを発見。

boodsz 166

みなさまもトランシルヴァニアの野原を歩いてみませんか?
きっと出会いたかった風景に出会えるはず。
飾らない、そのままの姿の自然の美しさにきっと気づくはず・・・



トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ




スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(5)|trackback(0)|イベント|2008-10-08_06:51|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして、
ペレツの味を思い出してしまいました、笑




いまブログで旅日記2004(長く曲がりくねった道)
を書いてます。出発は富山県の港で,そこから船でロシア
のウラジオストックへ,~シベ鉄~モスクワ~ベラルーシ,
ポーランド(通過)~プラハ~フランクフルト~
ロマンティック街道~ミュンヘン~ウィーン~ミラノ
~フィレンツェ~スイス,ルクセンブルク(通過)~
ブリュッセル~アムステルダム~???,と続いてます。



油絵は本職なので作品を載せたりもしています,
気軽に感想聞かせてやって下さいね!

過去の記事でも気になったら,質問でもなんでもいいので
構いませんので是非,コメしてやってくださいね!



その他にも音楽,サッカー,
などのカテゴリーも 動かして行く予定ので,

是非,また遊びに来て下さいね!

               johann
見つけました
最後まで読んだら、ご褒美のきのこに会えました(笑)。
キノコとペレツ
johann さん、初めまして。
ものすごい旅程ですね。
私も子連れでなければ、ロシア経由で日本に帰るのですが・・
ルーマニアは残念ながら通過されたのですね。
絵を描きながらのご旅行、お気をつけて!
またじっくりブログも見させていただきます。

もせてさん、
あの芸術的なキノコ・フォト・・・
いつも魅了されます。
スミマセン、収穫も写真もお粗末で。
秋のキノコも森では取れるはずですが、
今年はちょっと時間がありませんでした。
また来年ですね。
はじめまして
はじめまして。
同じようにルーマニア人と結婚し、ルーマニアに在住のマリチカです。
といっても、私がいるのは、南西の方なので、なんか同じルーマニアといっても、雰囲気がちがいますね。

また遊びにきます!
初めまして、マリチカさん!
ルーマニアのブログを拝見しました。
もう4年も滞在されているのですね。

南西のほうはまだ行ったことがないので、
どんな雰囲気なのか分かりませんが、
ここトランシルヴァニアは
ドイツ系、ハンガリー系の文化の名残が濃いのでやはり違うのでしょうね。

特に私の住む地方、セーケイ地方は
ほとんどがハンガリー系なので
日常会話もハンガリー語ばかりです。
(おかげでルーマニア語は全然です・・)

またサイトの方、じっくり見させてコメントさせていただきます。
同じルーマニアに暮らす日本人仲間がいて、
とても心強いです。
どうぞよろしくお願いします☆