トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

トランシルヴァニアに家を建てる(10)

「今日は、家に瓦を乗せるんだけれど、
村に来ない?」そうダンナに言われて、
朝早く車で村へ向かった。

秋晴れの美しい青空の中で、
ドボイの村も黄色や赤の木々が色鮮やかである。
庭のクルミの大木も、黄色く色づいていた。
屋根まで乗っかった家は、
もうかなり家らしい風貌になっていた。

haz.jpg

こう近くで見てみると、家はかなり大きい。
男性人が作業をしている間、
私は例によってご近所めぐりを始める。

ICIRI PICIRI 12 116

お向かいのエルジケおばさんの所を訪ねると、
「今日は私も加勢するからね。」と張り切った様子。
どうして女性の手まで借りないといけないのだろう、
と私は不思議でならなかった。

この瓦をおく作業というのは、
日本で言えば棟上のような儀式的な意味合いもあるらしく、
ご近所総出での大掛かりな作業のようだ。
そして皆で作業した後は、
ご馳走を振舞うのが慣わしだそう。
エルジケおばさんは、この家の瓦置きの頃の写真を引っ張り出して見せてくれた。

何も知らないでやってきた私。
だが食事の準備は、ラツィおじさんが買って出ていたのであまり出番もなさそう。

お向かいのイロンカおばあちゃんが水を運ぶところだったので、
お手伝いをする。
おばあちゃんが家に招いてくれるので、中に入る。
イロンカおばあちゃんの家のクルミの木は見事で、
村で一番高い木のようだ。
そして向いの私たちの庭の木は、その兄弟といったところか。

ICIRI PICIRI 12 113

おばあちゃんは、
お嬢さんが若い頃に縫った刺しゅうのクロスを私に手渡した。
「あなたのお母さんに渡してね。」
おばあちゃんは、私が手仕事に興味があるのを知っていて探してくれていたのだ。

また別の部屋にも招かれる。
「ほら、私たちは大家族だったのよ。」と古い白黒の家族写真を見せてくれた。
おばあちゃんの家族にまつわる話をたっぷりと聞かせてくれた後、
「これ、あなたにあげるわ。」とおばあちゃん。
何枚かの白黒写真を手に握っている。
貴重そうな写真をどうして・・・と戸惑ったが、
他にも同じものがあるし、日本にいる家族に見せて欲しいとのこと。
ありがたく頂くことにした。

ICIRI PICIRI 12 118

家のほうに戻ると、もう瓦作業に入るところらしい。
ご近所のおばさんたちも加勢しての、大賑わい。
1m感覚ほどに並んで、ひとつひとつ手渡しの作業。
だから、こんなに人手が要るのだ。

ICIRI PICIRI 12 119

瓦は片手で持つと、かなりの重さ。
5kgはあるだろうか・・・
私の手から隣人の手へ、また別の隣人の手へ・・・
そうして人から人へと手渡しの作業が、
なんだか暖かい。
そして屋根の上で、見事に場所に収まってゆく。

ICIRI PICIRI 12 135

お昼ご飯のしたくも、庭で同時進行する。
アランカおばあちゃんの見事なジャガイモのむき方にびっくり。
私が一個に対して、おばあちゃんは二個分をむいてしまう。
普段ピューラーに頼っているからかしら。
「あなたも私くらいの歳になれば、
出来るようになるわよ。」と笑う。
ひ孫ちゃんも、おばあちゃんの魔法の手を見守っている。

ICIRI PICIRI 12 132

息子が突然、「おしっこ!」と叫んだ。
もちろん村なので、どこにしてもいいのだが・・・
見ると皆の前でズボンを下ろし、
あの木材の山にかけようとしているではないか。
「ちょっと・・・そこはダメ!」と思わず叫ぶ。

すると息子は機嫌を損ねてしまった。
「大樹は、ママに怒ってる。」とすねたまま。
すぐにおしっこがしたかったようだ。
説明をしても、なかなか分かってくれない。

アランカおばあちゃんが、
「イエス様も、ほら怒らないでしょう。
怒っちゃダメなのよ。」と優しく説得。
この世代の人はと接することの出来る子供たちは幸福だ。
おばあちゃんの時代には、キリスト教が全てだったから
子供に善悪を教えるのもきっと難しくなかっただろう。

ICIRI PICIRI 12 128

・・・だが、息子にはこれも効果なし。
放っておいくに限る。
今度はジョンビが「遊びに行こう!」と誘ったので、
すぐに機嫌を直した。
資材を結んだひもで、電車ごっこ。

ICIRI PICIRI 12 162

木材の山と化した庭では、
こんな積み木遊びも出来る。
イモ虫くんの家を作った。

ICIRI PICIRI 12 149

しばらく子供二人との遊びに興じた後、
戻ると別作業が進行しているらしい。

屋根に飾りをつけるのだ。
これは、コピャファ(矛の木)と呼ばれていて
お墓の墓標と似たような形であるのが面白い。
屋根の角と角に2つ角のように飛び出している。
彫刻家バルニの出番。

ICIRI PICIRI 12 154

チェーンソーやオノで大体の形が出来上がった。
中央の十字は、星のモチーフ。

ICIRI PICIRI 12 155

バルニの家の門の前。
ここは森につながる道なので、野生動物に遭遇する可能性が高い。
つい先日の夜も、ここをクマが通ったとか・・・

ICIRI PICIRI 12 157

庭には、こんな可愛い植物も。
ケチケ・ラーゴー(ヤギのかむもの)。
私がアクセサリー作家なら、ぜひこんなピアスを作ってみたい。
ショッキング・ピンクの皮から、オレンジの実がたれる。

ICIRI PICIRI 12 110


家に幸福をもたらすように・・・と花を飾るのが
しきたりの様なので、
アランカおばあちゃんが庭から美しいホウズキを持ってきてくれた。
まさに秋満開、の色合い。
この季節に屋根が付いた、
私たちの家にぴったりの植物。

ICIRI PICIRI 12 167

やがて屋根のてっぺんに、
矛の木とオレンジ色のホウズキが飾られた。
秋の澄んだ青空をバッグに、美しく映える。

haz2.jpg

一度に3つの瓦を抱えて、家の反対側に運んでいく。
私の服もホコリだらけ。
やがて家も赤い屋根の帽子をかぶって、
見違えるように立派になった。
みなのため息が漏れる。
今日の作業はここまで。

お向かいのエルジケおばさんの所から見た風景。

ICIRI PICIRI 12 174

屋根ができたばかりの家を見ながらの昼食会。
黄色く紅葉したクルミの木の下で。

ICIRI PICIRI 12 181

ラツィおじさん特製の、肉とジャガイモの煮込みを振舞う。
パプリカ味が効いていて、美味しかった。
向いのイロンカおばあちゃんもお呼びした。
おばあちゃんがこの土地を私たちに売ってくれたのだ。

ICIRI PICIRI 12 186

ICIRI PICIRI 12 184

この家も、みなの加勢がなければ出来なかった。
だから快く加勢をしてくれた隣人たちに、感謝の気持ちでいっぱいだ。
この一日は、私たちにとって記念すべきものとなった。

秋の青空、太陽の光、
新しい家、親切なご近所さんたち・・・
まるで絵本の中の出来事のような、完璧すぎる一日。

これまでこの村に私たちを結び付けていたものは、
あの土地とダンナの古くからの友人、バルニ。
それに、この家と近所の隣人たちも加わった。

ドボイの美しい秋に、
そして私たちの家に祝福を!

ICIRI PICIRI 12 143



トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ



スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(8)|trackback(0)|村に家を建てる|2008-10-13_02:44|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

瓦を乗せたんだね。
外から見たら殆ど完成したねぇ~!
素敵なお家だね。
次は内装なのかな?
待ち遠しいね~。
見ていてワクワクするね。

応援クリック~☆
形がやっとできました。
もし天気がよければ、
今年中にできるかな・・・

早く中に入りたいです。
いつか遊びにおいでね!
初めまして♪

ルーマニアにご在住されているんですね!
一度も行った事がないので、どんな所なんだろう?と私はとっても興味津々です。:)

お家の完成とっても楽しみですね!
私もBlogを通してですが完成を楽しみにしています♪

また遊びに来ますね。:)
急なコメントを残してしまいごめんなさい~。

P.S.
私はアメリカ在住です。:)
初めまして。
natsukiさん、初めまして!
コメントをありがとうございます☆
アメリカに、8年もお住まいとのこと。
異文化の中で、そんなに長く身を置かれていて大変な部分も多いと思います。

私は続けて2年半が最長ですが、これからどうなりますことやら・・

家作りもクライマックスを迎え、もう二階の床まで出来上がったそうです。
今度見られるのは、帰国後の11月になりますから楽しみです。

また遊びにいらしてくださいね。
ちゃくちゃくですね
 家が建って行く様子はこちらも同じ様な感じです。こちらは角材のログハウスが多いのですけどね。
 二階があるんですね~、村は二階建て案外少なくて平屋が多いのです。それも日本でいっても広く無い。そのかわり畑は広いけど。

 まだ秋なのですね。こちらは霜が降りたり雪がしんしんと降ったりですっかり初冬です。
 そうそう、一時帰国で雑誌探したら記事の掲載号は11月発売だったんですねー。私勘違いしていて10月に買える~と喜んだのもつかの間、結局実家に配送してもらう事にしました。
 手元にくるのは年内に届けばラッキーですが楽しみです。
お帰りなさい!
越後屋さん、もう帰って来られたのですか?ずいぶんと、お早かったですね!

私は昨日,日本に帰ってきたばかりです。
飛行機からシベリアが見えました。小さな山が凸凹していて、真っ白でした!

そうですか、そちらもこんな感じの家なのですね。これから内装作業です。漆喰を塗らないといけませんので。

家は二階は、屋根裏部屋に近い感じです。
でも思ったよりも大きくて、驚きました。

雑誌は11月号なんですか!
知らなかったです・・私もここにいる間に見られるかどうでしょうか。
中は漆喰なんですね~
 村の様式は基本的にログハウスなので中も木材。で断熱材を貼って上に合板等を貼って壁紙が多いかな。ここはレンガ積みに見えるお宅も実は中身は木造で外にレンガを貼っているだけなんです。

 我が家の一時帰国はあくまでビザ更新の業務帰国ですからビザが発給されかつ手数料無料の最短5日滞在となるのです。連れ合いが休暇ではないのでいつもこんなもんです。日本で5日入れたらラッキーです。連れ合いはまだ駐在してから休暇を取っていませんからねー。
 今回は別件でサンクトペテルブルグのツアーに連れ合いが同行しないと行けなかったのでむしろ何時もより長く村を離れていました。

 フィンランド経由だと行きは恐らく我が家の住んでいる地域からかなり南を通過していると思います。逆に帰りはほぼ真上を通ると思いますよ。まあ上空からみたら白い雪と木々が黒く見えるだけだけど…。

 雑誌たしか11月6日発売だった様な。結局今でている北欧の特集も面白そうだったのでそちらは買っていまは郵送の途中。おそらく既にモスクワには到着しているはずですがあと1週間は届かないでしょう。

 こちらは今日は終日雪、すっかり冬になりました。
夏に帰ったよう。
大阪でも暖かいと思いましたが、
宮崎はさらに暖かく、夜は寝苦しいほどでした。
改めて、宮崎は緑が豊かなところだと思います・・・今うちに夏を満喫したいです。帰ったら、おそらく雪の世界なので。

そちらの民家も気になりますね。
壁紙って、面白い模様が使われているのでしょうね。

帰りは、越後屋さんのお住まいの地方を通のですか!注意して観察してみます。
飛行機からも、何千メートル下の陸があんなにはっきりと見えるのは感激します。

シベリアの冬の過ごし方をお手本に、私もトランシルヴァニアの冬を楽しみたいと思います。