トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

冬の日のフクロウ観察

私たちがトランシルヴァニアに帰って
3日目には、この冬初めての雪が降り始めた。

夜からずっと降り続いていた雨が
徐々に重みを増してみぞれのようになり、
やがてフワフワの天使の羽のような
白い塊が次から次へと舞いおりてきた。

雪の降りはじめる瞬間を見ると、
いつものように驚き、そしてある感動に包まれる。
殊に、暖かい室内からその様を眺めているのは、
飽きることがない。
 
驚くほどスローで次から次から生まれては、
消えてゆくの繰り返しを眺めていると、
まるで時間さえもが止まった、
というよりは同じところで足踏みしているような感覚。

ところで、ここ数日間の私の楽しみのひとつは、
窓の外の唐松の木に泊っている
フクロウを見ること。

bagi2.jpg

つんと尖った耳、そしてフワフワの茶色い毛を覆った
丸っこい体は愛嬌がある。
はじめ一羽だったのが、多いときでは7羽も見られるようになった。
どんなに寒い朝でも、そこで不動のまま
居眠りをしている。

幾度か撮影を試みたが、
望遠レンズなしのカメラではどうしても距離が足りない。
それでも一番近く正面が撮れたものは
こんな感じである。

bagi.jpg

このフクロウが、たまに瞬きをして首を横に回したり、
毛づくろいを始めたりしたので、
あわてて今度はビデオカメラを持ち出した。
もちろん望遠つきだ。

キッチンの横の分厚い二重窓をあけるもの、
神経を使う。
音を立てないようにそっと・・・外れた。

するとドッと真冬の凍りつくような空気が
室内になだれ込んでくる。
中には小ぶりの雪も混じっている。

それでも窓枠にひじをまっすぐに立て、
カメラの準備を始める。
時々、フクロウの様子を確認してみたが、
いまだ私の動きには気が付いていないようだ。
それとも、関心がないだけなのか。

学校の校庭を背景にした唐松が、画面いっぱいに映し出される。
それからだんだんクローズアップして
(このスピードが意外に難しい)
やがてカメラの焦点が例のフクロウに当たった。

その茶色い小動物は、いまだ横を向いたままだ。
目は開いているのだろうか。
その静止した状態を数分とり続けると、
不意に身動きを始めて、
今度は毛づくろいを始めた様子。

一心に懐の下あたりを、つついている。
正面下を見たフクロウの目は、
まるで微笑んでいるかのように目じりがさがっている。

そしてゆっくりと、再びその顔を上げた・・・
そのレンズの中のフクロウが
今度は私の顔をまともに見る。
赤みがかった茶色い瞳を、まん丸に開いて。

私はその場に凍り付いて、
まだなおカメラを回していた。
私が見ているのがビデオカメラのレンズでなければ、
きっと恐ろしくて、そのまま見続ける事はできなかっただろう。

瞬きすらせずにこちらを凝視する
その丸く茶色い瞳には、
怯えたような表情も読み取ることができる。

その時間たるや私には数分に感じられたが、
おそらく数十秒だったのか・・・
この摩訶不思議な生物を見たということなど
すっかりと忘れてしまったかのように、
元のようにまた横顔を見せていた。

私はカメラの焦点をゆっくりと引いてゆく。
そして画面が再びもとの学校の校庭を映したとたん、
カメラの電源を切った。

気が付くと氷のように冷たくなって手に、
血が通い始める。
生まれたばかりの最高傑作を見せるため、
家族の下に飛んでいったのは言うまでもない。

そのまま消えてしまうかと思われた雪は、
一日、二日と静かに降り続き
気が付けば窓の外は白銀の世界に豹変していた。

 


トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|自然、動物|2008-12-02_12:10|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

読みながら、こちらまで息をひそめてしまいました。
白銀の世界を感じ、
私まで、この暖かい喜界島で
さぶいぼ(京都で言う鳥肌のこと)が
出ました。。。
いつか、本当に行ける日を夢見ています。。。
さぶいぼ
さぶいぼですか、面白い表現ですね!
南国の島にお住まいの方にまで、
この冬の世界を感じていただいて
光栄です。

私にも異質なこの冬の寒さ、
全ての生きるものが凍る世界・・・
これからの長い冬を通じて、
その美しさや神秘性をお伝えしたいです。

Seventeenさんからは、私が南の色や光が恋しくなったときに、ほっと暖かくなれるそんな風景を見せていただきたいです。

これからもブログを楽しみにしています♪
ふくろうを近くで見たんだね。
私もテレビで見たことあるけど、実際には見たことがないので見てみたい生き物です。
寒さには慣れたのかな?
中々コメントができないけど、ブログは読んでいるので更新楽しみにしています。
ふくろう
フクロウは実際に見ると、
ネコみたいで可愛いのに感激しました。

雨が降ろうが雪が降ろうが
じっと木の枝で目をつむっている姿。
何かに耐えているようで、
愛らしくなってきます。

こちらは寒くなったり、暖かくなったりだけれど大分なれました。
でも冬はまだまだこれからが本番です。

見に来てくれて、ありがとう。
なちゅさんのブログも、
また再会を楽しみにしていますね♪