トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

雪の楽しみ方

雪が二日二晩と降りつづけた次の朝、
息子を連れて白銀の世界へと飛び出した。
全てが凍る雪の世界の気温は・・・
私の感じからいくとマイナス20度といったところか。
札幌の雪祭りさながらの芸術品が並んでいる。

hofeher.jpg

ho.jpg

家の軒先には、長さは30cm以上の太いつららが並び、
まるで凶器のようである・・・

ho0001.jpg

初めてつららを手に取った息子は大喜び。

ho4.jpg

約束していたように近所の子供たちがやってきたので、
そりを引いてさあ出発。
息子は当然のように、そりの上にまたがっている。
足をまっすぐ伸ばしているのは、足が雪まみれにならないためだ。

ho01.jpg

ちなみに背景の不思議な建物。
町外れに新しく出来た共同墓地の葬儀場。
ハンガリーの有名な建築家、マコベツ・イムレが設計したとか。

ho5.jpg

宮崎からの里帰りの後だったので、
いくら厚着はしていても、この寒さはやはり堪える。
せいぜい30分くらいしか耐えられないとあらかじめ断りを入れておいた。

やっとのことで、町外れの谷間にやってきた。
つい2、3ヶ月ほど前までは青々とした草が茂り、
羊や馬が放牧されていたのが嘘のよう。
一面が真っ白。
11月終わりの寒さは、全てを雪で覆ってしまった。

ho6.jpg

hoter.jpg

しばらくため息をつくのも忘れて風景に見入っていると、
子供たちはどんどん崖を下りていってしまった。
私も息子の手を引いて、
一緒に雪の中へとなだれ込む。

やがて谷を乗り越えたところで、
そり遊びが開始する。
子供たちに、4歳の息子にはここでよいと何度も繰り返し、
谷あいの小さな坂からそりは滑り降りた・・・・
と思ったら意外に進まず、途中の雪で止まって転げ落ちた。

ho7.jpg

今度は熟練をしたお兄ちゃんの番。
子供たちは、寒さは全く忘れてしまったようにそりに夢中になる。
私にもこんな時代があったのだろうか。

ho02.jpg

谷あいの茂みには、秋の実りの名残も見られる。
鳥にも食べられなかった黒い実は、カチカチに凍っていた。

ho9.jpg

ふと見やると、息子は雪の中でじっとたたずんでいた。
やはり寒さがこたえるのだ。
・・と思ったら、雪が口の中に入ってしまったらしい。

ho8.jpg

このくらいの坂道では満足しない子供たちに
引っ張られるようにして、
私たちはさらに小高い山を目指すことになった。

レヴィが突然、雪に寝そべって
手足をバタバタと動かした。
「雪の天使を作っているんだよ。」
それでも意味がよく分からない。
そして彼が立ちあがった後の雪を見て、やっと分かった。

手足を左右に動かして・・・

ho10.jpg

こんな可愛い天使の型の出来上がり。

hoangyal.jpg

さらに雪の道を上へ上へと進んでいると、
前方の雲行きが怪しい。
どんよりと重く灰色に濁っている。

先ほどから、時折吹きすさぶ冷たい風にも我慢ならない。
風と一緒に、雪の粉が降りかかってくる。
風景が白く霞んでみえるほどだ。

ho13.jpg

ついに私は山を登ることを断念した。
子供たちがそりをして下りてくる間、
その場で見届けてから元の道を引き返す。

谷を下ると、またあの崖が待っていた。
いよいよその最後の難関を越えようとしたとき・・・
息子を引いたそりは、まだ後方に残っていた。
滑り降りると、転倒したのか息子が泣き叫んだ。

慌てて駆け寄ると、
どうやら怪我をしたわけではないようだが、
足が寒さでかじかんでいる様子。
私は息子を背負って谷をわたるが、
崖までは上れない。
そりで引いても足が引っかかって、さらに泣き叫ぶ。

今日の一日を悔いるとともに、
この苦難をどう乗り越えようと頭が混乱する。
仕方なく息子の手を引っ張り、
崖を乗り越えたときはもう疲労困憊。

それからの帰り道もまた長かった。
そりから何度も落ちそうになって、べそをかく息子を引いて帰る
雪道は悪夢のようだった。

暖かい我が家について、
布団に寝かせるときに聞いてみた。
「またそり遊びがしたい?」
すると息子は苦い顔をしていった。
「ううん、もうしたくない。」

今年の初雪には、苦い思い出が残ってしまった。


トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ





スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(10)|trackback(0)|ルーマニアの育児|2008-12-03_00:15|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。

ルーマニアでの生活・子育てなんて、想像がつきませんが、こうやって頑張っている日本人の方がいらっしゃるんですね~。
その様子を垣間見れるのも、ブログの醍醐味ですね。
うちも、次男が4歳です。
ちなみに、長男のサッカーのコーチは、ルーマニア出身です。

また遊びにきますね♪
雪が懐かしいです☆
こんにちは☆

トランシルヴァニア地方は雪がす降るんですね。
雪遊び、懐かしいです☆
私は出身が北国サッポロなのです☆

子供の頃は、毎日冬でも外で遊んでいました。
スノースーツとでも言うのですかね?
昔はアノラック(古!)と、言っていたのですが、
こそれが雪でびしゃびしゃに濡れてしまって、
毎日ストーブの脇に掛けて乾かし、
また、次の日も雪の中で…。おおはしゃぎ♡

学校の行き帰りには、よく自分の型を作ったものです。
昔は、環境汚染について今ほどうるさくはなかったので、
屋根から降りるつららや、
その辺の雪などは、平気で食べていました。
いろんな意味で平和でした。

息子さん、またそり遊び頑張ってくれるといいですね☆


天使のかたち☆
小さい頃から、雪とは縁の無い生活。
定番のそり遊びはよく知ってるけど
「寝ころんで手足バタバタ」→「天使のかたち」
なんて、初めて知りました!
やっぱり、身近に雪がある暮らしの中で
いろんな楽しい遊びが生まれるものなんだね!!
すごく感心しました。

最近のブログを読んでいると
読んでいるだけなのに、凍えそうになります。
tulipanちゃんの表現が絶妙だからだろうね(^-^)

また、凍えそうな話を楽しみにしています♪

まだまだ暖かい、宮崎からでした☆
はじめまして、ぶちゃっちさん。
コメントをどうもありがとうございました。
同じ様に海外で子育てをしていらっしゃる方がいて、心強いです。
アメリカのテキサスですか・・暖かそうですね。音楽教育、私もとても心惹かれます。私も息子にピアノかヴァイオリンさせてあげたいとひそかに思っていました。
これからも参考に、訪問させていただきますね♪

ルーマニアも昔はサッカーが有名だったようです。

サーラさん、こんにちは!
ご出身は札幌なんですか?

トランシルヴァニアも札幌も、
子供たちの楽しみ方は同じなんですね。
雪やつららを食べて・・・それもきっといい思い出ですね。
私も過保護すぎないこの環境が気に入っています。子供たちも外でたくさん遊んで、のびのびとしているので。

はい、息子もこれにめげずにそり遊びを楽しんでくれるといいですが。たぶん、次に雪が降る頃にはきれいサッパリ忘れていると思いますよ。
☆天使のかたち☆
ゆりちゃん、暖かい宮崎からありがとう♪
天使の形、クリスマス前のこの季節と相まって素敵だよね。こんな真っ白の世界で、よくこんな遊びを思いつくなあ・・って感心します。

これからも凍えそうな表現を、これから磨いて生きたいと思います。南から来た私にとって、これが一番強烈で、印象に残る出来事なので・・・
あの極寒の、水汲み体験を思い出した?
この場所って水くみに行った途中の景色だよね?
あの-20度での体験&景色は一生忘れないよーー。
宮崎は太陽の光がまだまだ暖かいよ!
なるみちゃんも宮崎からありがとう♪
水汲みは町のもう少し北よりで、
ここは西側です。
-20度の記憶がよみがえったでしょう・・・
あの時と同じくらい寒かったです。

あの後は雪が降らず、比較的暖かい冬です。
みやさんが思い出され…
今日、初めておじゃまします。
トランシルヴァニアですか~!   と言いますと
みやこうせいさんが浮かびます。彼は何十年もその地に赴いておられますね。彼の写真集もたくさん見ました。
そこは昔の風習が時が止まったように残る町と言うことで…モミの木の教会やバラ模様の刺繍を施した衣装(お祭りの?)長いお下げの髪形で民族衣装を着けた少女たちが連なってお祈りに行く、そんな写真の中の風景が印象にあります。 白い細かなプリーツの男性衣装なども。
冬は厳しそうですが、素敵な場所にお住まいなんですね。
今後も楽しみに拝見します。
みや こうせいさん
はじめまして、霧のまちさん!

みや こうせいさんの「ルーマニアの赤い薔薇」は本当に素敵ですね。
ルーマニアのフォークロアにいかに魅せられ、
愛情を持っていらっしゃるかが伝わってくるような
写真や文章です・・。

みやさんがお住まいだったのは、
確かマラムレシュ地方だったと思いますが、
トランシルヴァニアにもまさに時間が止まったような
村がたくさん残っていますよ。

冬も厳しいですが、
だからこそ、あのような素晴らしい手仕事が生まれ、
人々が交わり、踊る文化も生まれたのでしょうね。