トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

風邪封じの薬

風邪のはやるこの季節、
日本なら生姜湯や卵酒、ネギなど・・・
昔から風邪に効く薬は、親から子へと言い伝えられてきている。

トランシルヴァニアでは、塩が効くという話。
息子が風邪を引いたときに、
塩を炒ったものをフキンで包み、
それをのどに当てて寝るとよいと聞いた。
早速試してみたが、息子が嫌がったため
やむなく中止。

翌日フキンを開いて触ると、
中の塩はまだ温かかった。
きっと、この保温効果がいいのだろう。

そして、もうひとつは大根シロップ。
こちらの大根の品種は、皮が真っ黒で
カブのように丸くて太い。

mikulasnap 003

この分厚い皮をきれいにむいて、
中央に大きく穴を開ける。
それから箸で下まで穴を貫通させておく。

mikulasnap 001

それからこの穴に、砂糖をサラサラ・・と流す。
穴が一杯になるまで入れても大丈夫。

mikulasnap 002

そのまま一晩置いておくと・・・
砂糖が大根にしみ込んで、
穴を伝って下に落ちていく。
こうして出来たのが、「大根シロップ」である。

mikulasnap 010

こちらの乾燥した空気のせいで、
大根はもうカラカラに干からびてしまった。
大根の栄養と砂糖の甘みが混ざった
このお薬の味は、息子にも大好評。

良薬はたくさんあるけれど、
風邪は引かないに越したことはない。
皆さまも、どうぞお気をつけください。


トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(8)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2008-12-12_05:39|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

炒った塩にダイコンシロップ、私が小さい頃風邪をひくと母親が作ってくれました!
ダイコンのやつは作り方も違うし、砂糖じゃなくてハチミツだったけど、塩の方はまさに同じです。よく巻いてたな~、首に。何気に我が家はトランシルヴァニア風だったのかな?!
それにしてもダイコンシロップ、作るのに一晩かかるんだね。確かに効果がありそう☆
ちなみにチュニジアでは、風邪をひいたときに無理やり辛い物を食べさせられました・・・。汗が出て熱がひくと言われたけど、かえって喉をやられ大変でした。国によっていろいろな民間療法があるのはおもしろいね!
私も子供の頃、大根に蜂蜜、、塩を炒って、さらしに巻いた物は、おなかが冷えたときにしてもらった記憶があります。あと、風邪を引いてしまってからは、母が付けた梅干しをストーブで焼いて、熱々の番茶に入れて、何故か、そのときだけは割り箸で梅干しをつぶしながら飲むと、熱が一気に下がったと言うより、治った気がしました。
こどもにとって、大切なのは、それを作るお母さんの『手』なのかもしれませんね。
 丁度我が家にはのど飴として大根蜂蜜飴が頂き物であります。大根蜂蜜は結構有名みたいですね。
 村では風邪といったら「蜂蜜&自家製複数べリーのジャム」が定番ですが、芸術家さんからはホットワインを、ベテラン駐在員さんが村の人から教わったというのはウォッカのレシピを教わりました。
 ホットワインもウォッカも特徴は胡椒を使う事。ワインの方は他にも入りますが、ウォッカは胡椒だけ。でもこれが意外に効くんですよびっくり。
 ホットワインはブログのレシピに載せました。お暇な時に除いてみて下さいね。
さすが、チュニジア・・・
さっちゃん、ありがとう~!

子供が病気をして、
何とかしてやりたい・・・とあれこれ知恵を絞ってできた
この民間療法。
本当に、日本でもトランシルヴァニアでも
考えることは同じなんだね。
息子も大根シロップのおかげで、
風邪も快方に向かっています。

チュニジアの療法は、かなり荒いね・・・
確かに汗は出たかもしれないけれど、
辛いもの苦手な私は、恐怖かも・・・
母の手
twelvesevnteen さん、梅干と番茶も効くのですか。
本当におっしゃる通りです。
母親が、病気をした子供の為にいろいろ手を尽くす。
その願いと、あたたかい手が病気を癒すのかもしれません・・・
病気をしたときには、
いつもよりも母親の愛情を感じたものです。
ワインにウォッカ、さすがロシア!
越後屋さん、
ロシアも民間療法はたくさん言い伝えられてそうですね。
蜂蜜&自家製複数べリーのジャムも美味しそう。
こちらもホットワインは飲みますが、
風邪に効くとは知らなかったです。
ホットウォッカもあるんですか!?
さすがはロシアです。
またブログで拝見させていただきます。
 書き方が悪かったですね、ウォッカは冷やした物に胡椒です。私は熱が逆に上がるのでは?って思いますが、ベテラン駐在員さんは一気にかー!っとなって楽になると言っていました。
一気にかー、ですか。
冷やしたウォッカにコショウ!
聞いただけでも、のどが焼けるようです・・・。
でも本当に効くのでしょうか?
いつか、試してみます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。