トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

ハンドメイドのクリスマス市

エルドゥー・ヴィデーク(森の地方)のとある村で、
ハンドメイドのクリスマス市が開かれるという情報を聞きつけた。
12月の割には暖かな日曜日、
正午のバスに乗り込んだ。

セントジュルジから西は、深い森がどこまでも広がっている。
冬の柔らかな日差しが、山間の村々を優しく照らす。
やがてエテルカおばあちゃんの住むアーラパタクも通り過ぎ、
バスはさらに山のすそを伝って北へと進む。

遠くを見やると、白く霞んだ大地に
ぼんやりと大きな山が見えた。
ダンナにふと、その名を聞いてみると、
「 あれは、クリズバの山だよ。」と返ってきた。
クリズバとは、義父が生まれた村のことだ。

この平原に見える川を隔てた向こう側は
かつてドイツ系ザクセン人の住んでいた地方である。
ダンナの父はハンガリー系だが、
その村にはルーマニア系とハンガリー系が混ざり合い、
そして民家はザクセン文化の影響を受けている。

道が悪いのか、タイヤがおかしいのか、
バスはガタンガタンと物凄い揺れ方である。
ふだん車酔いはしない私でさえ、少し気分が悪くなってきた。

そうして揺られること約40分で、
目的地であるナジ・アイタヤ(大きな扉)に到着。
道中は見られた太陽が、もう姿を隠していた。

市が始まるまでに、まだ時間があるらしい。
私たちは、村を散策することにした。
町の入り口では、古い建物が荒れ果てた表情を見せる。

mikulasnap 012

小高い丘を登っていくと、墓地にたどり着いた。

mikulasnap 017

振り返れば、遠くに隣村が見える。

mikulasnap 019

さらにこの丘を進むと、村の教会が見えた。

mikulasnap 022

トランシルヴァニアでは珍しくない、この要塞教会。
中世のハンガリー王国の国境であったこの辺りは
戦火が激しかった。
そこで、村の中心であった教会が
戦いの場となった訳である。

高く積み上げられた石壁には、
こんな風に戦争の名残も見られる。
ここから、銃が顔を出したのだろう・・・。

mikulasnap 026

教会の周りは、墓場になっている。
私たちの目的は、これである。
エルドゥー・ヴィデーク地方のプロテスタント教会では、
美しく彫刻されたコピャファ(矛の木)と呼ばれる
木の墓標が見られる。
この美しい文様は、ハンガリーの
アール・ヌーヴォーの芸術家たちをも魅了した。

mikulasnap 031

ここが教会の入り口。
ドラキュラでも出てきそうな雰囲気・・・

mikulasnap 040

もう体も冷えてきたし、
そろそろ暖かい飲み物が欲しくなってきたので
クリスマス市へと向かった。

村の中心の広場の、巨大なモミの木がクリスマスツリーとなり、
こじんまりとしたお店が並ぶ。
木で出来たパズルのようなおもちゃや、
ハチミツクッキー、
花模様がペイントされた板、
地域自慢の織物・・・
小規模だけれども、
手作りのぬくもりが感じられる出し物ばかりである。

mikulasnap 075

昔ながらの、ワラで作ったクリスマス・オーナメントにも味がある。
煌びやかなものを見慣れた私たちには、
かえってこちらの方が新鮮である。

mikulasnap 073

織物を広げているおばあちゃんと話していたら、
「 こちらに織り機があるから、見に来なさい。」
と言われるままについて行く。
広場に面した大きな建物の中へ。

大きな機織り機には、作りかけの作品が。
おばあちゃんは、
「普段はね、靴下だけでするんだけれど、
 今はブーツを履いているから、やりにくいわ。」
と言いながらも、薄暗い部屋の中で腕を披露してくれた。
さっと糸を通して、ガシャン。
その鮮やかな手の動きに、足も加わっている。
若い女の子たちも、横から興味深そうに眺めている。

mikulasnap 054

木の色がいい感じに茶色帯びているので、
「 これは、どれくらい古いのだろう。」とつぶやくと、
おばあちゃんが、
「 きっとこれと同じくらいよ。」と見せてくれたものは、
糸を入れた細長い木の箱。(これをシャトルと呼ぶらしい)
そこには1892年と文字が刻まれている。

100年もの間に、この機織り機は
一体どれだけの作品を生み出してきたのだろう?
私たちが日常に使う道具に、
100年もつ物がどれだけあるのだろう?
そう思うと、この木の道具が愛おしく感じられた。

やがて機織りを見物していた女の子たちが、
踊りの練習を始めた。
もうすぐ出番で、広場のステージでフォーク・ダンスを披露するのだ。

mikulasnap 060

このクリスマス市のイベントは夜遅くまで続くそうだが、
私たちは帰りのバスへと向かった。
もう4時、曇った空にも夜の気配。

帰りがけに、砂糖の焦げるいい香りが流れてきた。
トランシルヴァニア名物、クルトゥーシュ・カラーチ。

mikulasnap 078

薄く延ばした生地を棒に巻きつけ、砂糖をまぶしたものを
炭火の上でじっくりと焼く。
砂糖が溶けて、こんがりとキツネ色になったら出来上がり。
クルミをまぶして、いただきます。

mikulasnap 079

パリパリの生地と、
ほんのりとイーストのよい香り。
それは食べたらクセになる、トランシルヴァニアの味。
かじかむ手に、暖かなお菓子のぬくもりも心地よい。

やがてバスに乗り込む。
クリスマス市で出会ったおばあちゃんたちの
名刺をにぎる。
今度は、どんな手仕事との出会いが待っているか・・・楽しみである。



トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ



スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(8)|trackback(0)|イベント|2008-12-13_05:29|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

美味しそう~。一瞬バームクーヘンかと思ったらイースト生地なのですね。直火が無いけどグリルで焼けるかな?
手作りのクリスマス市いいですね、ここではそう言った物は無いので残念です。
バーム・クーヘン
越後屋さん、
クルトゥーシュはバーム・クーヘンの原型だとも言われているそうです。
古くは、丸い木の型に巻きつけたようです。
他にも、ぐるぐる巻いたものを
ドーナツのように油で揚げるやり方もあります。
一時は、本気でこれを習得して
出店を出したいとも思っていました。
日本でこれ、受けるでしょうか?


初めまして。
今年の夏にクルジェに行ったのですが、美術館での民族文化の展示にあった通りの織物ですね。
凄く高かったので買えませんでしたが、本当に綺麗でした。
現在は在ドイツなのですが、またwizz airで40ユーロ以下でいけるのでトランシルバニア行ってみたいです。
人がドイツより全然親切で英語も使えて驚きのルーマニアでした。
はじめまして、Jolaさん!
はじめまして、Jolaさん!
クルージ・ナポカにいかれたのですね。
そうですよね、今は安い航空会社がありますから
ヨーロッパ間は簡単に行き来できます。
次回来られたときには、
ぜひクルージ周辺の村もご覧ください。
きっと西ヨーロッパにはない、
昔ながらの風景が待っているはずです・・・。

クルージ・ナポカはルーマニアでも
有数の大学都市。
ですから英語ももちろん、通用します。
村は少し難しいかもしれませんが、
それでも得るものも大きいと思いますよ。

はじめまして。私は今在上海です。
トランシルバニアという地方は、こちらのお店を知らないと
全く知らなかったところでした。
とても興味深く拝見しています。
いつもブログ&お店を楽しみにしています♪
Re: タイトルなし
Tibiさん、どうもありがとうございます!
上海からブログ+ショップともに見ていただいて、
とても嬉しいです。
私の感じたトランシルヴァニアの姿を
これからも書き綴っていけたら・・・と思います。

上海も素敵なところでしょうね。
まだアジアは未経験なので、いつか行ってみたいです。
昨日はコメントありがとうございました。
古きよきヨーロッパの面影を残す。。。本当にそんな場所にお住まいなのですね。読みながらタイムトリップした気分になりました。
 
大根シロップ↓、作り方は違うけれど小さい頃母が作ってくれた記憶があります。もう何年もその味を忘れていましたが、このブログで思い出しました。美味しいんですよね~。トランシルヴァニアにも伝わるのですね。アジアンマーケットで大根が手に入るので、早速作ってみます!
Re: タイトルなし
ゆりさん、こちらこそ有難うございます!
二人の子供さんをアメリカ人+日本人として
しっかりとしたお考えで教育していらっしゃるのには、
頭が下がります。

大根シロップ、ぜひお試しください。
細長の大根でなくても、
あの黒い皮の丸いやつでも大丈夫ですよ。

子供さんたちも飲みやすくていいですよ。
「良薬口に苦し」とは言いますが、
やっぱり美味しいのに越したことはありませんよね?