トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

クリスマスの過ごし方

家族としては初めて迎える、
トランシルヴァニアでのクリスマス。
12月にしては、暖かい日々が続いていたのだが、
クリスマスが近づいたある日、やっと雪が降り始めた。
まるで天使からの贈り物のようだ。

クリスマスイブには、
近くの教会へも足を運んだ。
中に入ると、子供たちでいっぱい。
牧師さんがお説教をする台の近くには、
大きなクリスマスツリーがキラキラと輝いている。

お話が終わった後、
子供たちのための催しが始まった。
まずは幼稚園児から、ひとりひとり前に出て、
クリスマスキャロルを歌ったり、
詩を朗読したり・・・
可愛らしさに、皆の笑い声も絶えない。
いつもとは違って、アットホームな雰囲気。

BETHREHEM 021

プロテスタント教会なので、
イエス様の像ももちろんなく、
なかの装飾も至ってシンプル。
トランシルヴァニアでは、教会の中を
地元の人の手によるアートで、
フォークロアの花々で飾るのが特徴的。

アーラパタクのクロスステッチ刺しゅうの壁掛けが、
横に長く飾られている。
カセット式天井も、木の木目をそのままに
植物文様で埋め尽くされる。

BETHREHEM 023

BETHREHEM 022

ミサの後は、子供たちは
お菓子やフルーツでいっぱいのプレゼントをもらって大喜び。
外の寒さも気にならないほど、
あたたかい気持ちで家路に着く。

家に帰ると、また驚きが待っていた。
クリスマスツリーが、一足先に届いていたのだ。
「 天使がきて、クリスマスツリーを置いていったよ。
 でも忘れ物をしたそうだから、
 もしお利口でいたら、また夜中にやってきて
 今度はプレゼントも届けてくれるんだって。」とダンナ。

BETHREHEM 027

本当ならば、朝になってクリスマスツリーが
ドンと立っているのが大きな驚きだのだが、
偶然にも、息子はクリスマスツリーの到着を見てしまった。
だから今回は、ツリーとプレゼントは別々に到着となった。
「 天使が来るのを、待ってる。
 会ったら、ありがとうって言う。」と頑張っていた息子も、眠さでダウン。

やがて朝になると・・・
まるで魔法のように、クリスマスツリーのしたには
美味しそうなフルーツやお菓子、
絵本やおもちゃがたくさん。(プレゼントの中身はこちら

BETHREHEM 044

息子もこの笑顔。

BETHREHEM 043

そして昼ごろには、新鮮な空気を吸いに森のほうへと向かった。
まるで町中が眠ってしまったかのような静かさ。
そう、クリスマスの特徴はこの沈黙にもある。
一年で一番夜が長いこの時期、
私たちは家族のかけがえのなさ、
寒い寒い冬でも家の中のあたたかさに感謝する。

やがて静かな町から森の入り口へとさしかかった。

BETHREHEM 051

雪の影はなんて、澄んだ色なのだろう。
空の青が反射して、青く光っている。

BETHREHEM 048

森では、生き物の気配もしないとおもっていたら、
コツコツコツ・・・と不思議な音。
木々を見渡すと、小さく黒い鳥の姿。
キツツキだ。

森のはずれの松の木は、
すべて100年前の住民が植林したものだという。
この近くで見ることの出来る、日本的な風景。
私たちも100年後の住民のために、
何をしてあげられるのだろう・・・

BETHREHEM 058

セントジュルジで一番好きな風景。
春から夏にかけて、数多くの野花が目を楽しませてくれる。
冬は冬で、豊かな曲線を描いた丘の美しさを
真っ白な雪が浮き彫りにしてくれる。

BETHREHEM 061

もうそろそろ、体が冷えてきたから家に帰ろう。
暖かい家が待っている。


トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ




スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|文化、習慣|2008-12-28_20:16|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。