トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

2009年、新しい一日


トランシルヴァニアの私の元へ
素敵な写真が届いた。
故里の宮崎に暮らす友人から、
太平洋を望んだ初日の出の画像。

CIMG2967.jpg

穏やかでどこまでも続く太平洋に、
力をいっぱいにたたえた太陽の光が
零れ落ちる。

2008年、身にふりかかった暗い影も
すべてを洗い流してくれるような、
そんな力強くあたたかい太陽。

この初日の出を、
友人の手から私へ。
それから、皆さまの元へ・・・

一方、私たちの新しい一日は、
友人の住むザラーンの村で明けた。

一日の朝に、私たちの休む部屋にも
同じ太陽の光が降り注いでいた。
雪景色をやさしく照らす光。

ICIIPICRIRI12 310

世界の反対側にも、
すこし形は違うけれど、同じ太陽が降り注ぐ。
そんな素敵な奇跡を信じることのできるあなたへ。
今年もトランシルヴァニアから、お届けします。

新年明けまして、おめでとうございます。


トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ






スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|その他|2009-01-02_17:33|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

あけましておめでとう。
今年は年末年始も慌ただしく過ごしていて、
ゆっくり初日の出もみてないのだけど
日南海岸から眺める初日の出はキレイだったんだろうな。

ブログの更新、いつもお疲れ様です。
今年も楽しみにしています。
Re: タイトルなし
明けましておめでとう!
コメントいつもありがとう。
この初日の出は、南郷が背景のようです。
湿った海岸の空気、
あたたかな太陽の光まで伝わってきそうです。

なつみちゃんにとっても、
素敵な一年でありますように・・・・
明けましておめでとうございます。
今年はトランシルバニアのブログを読む楽しみが一つ増えました。嬉しいです。
こっちは日本でも一番温暖な静岡県の中部海っ側です。
冬場は連日快晴が続き、幾分乾燥した空気です。
思えば地球って広い。  人々の住む こんなにも変化ある土地。 それぞれに工夫を凝らしながら黙ってヒトは順応して行く。 素晴らしいですね。
Re: タイトルなし
霧のまちさん、明けましておめでとうございます。
いつも素敵なコメントをありがとうございます。
そうですか、静岡も宮崎のように
青い空の下でのお正月なんですね。
広い地球に、これだけ変化に富んだ自然が横たわり、
同じ様なことを考えて人が生きているのでしょうね。
今年は皆が平穏に過ごせるといいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。