トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

豚肉の活用法

昨年の終わりに
ブタの解体の見学をした(→)、その後のこと。
友人の家では、
運ばれてきた新鮮な豚肉を加工、
保存作業がすでに始まっていた。

今朝まで生きていたあのブタが、
こんな見事な豚肉に。
この地では、フレッケンと呼ばれる
ポークステーキが何よりのご馳走。

84366.jpg

挽きたてのひき肉。
色も粘りも抜群。
5kgはあるだろうか・・・

kezdi 045

各家庭に一台はある、挽き器。
他には、くるみやケシの実も挽くことが出来る。

kezdi 050

なんだか、珍しいブタの部分。
豚足だろうか。
こちらでは、コチョニャといって
ブタのゼラチンで固めたゼリー状の前菜にする。
その濁ったゼリーの中に、
ブタの皮や肉がにんにくと一緒に固まっている。
ちょっと私は苦手な料理。

kezdi 049

スープの仕込だろうか。
部屋中が美味しそうなにおいで包まれる。

9646.jpg

これは何だか分りますか?

03355555.jpg

ブタのお腹の辺りにある、皮だとか。
ベールのように透明で、ツヤツヤした皮。
これを下にひいてから、
先ほどのひき肉をかぶせる。

kezdi 039

それから、珍味といわれる
のどの辺りの肉をのせて、

kezdi 040

くるりと巻く。

kezdi 043

その後は、オーブンで焼くそうだ。
これを、「クリスマスの肉」と呼ぶ。
ブタの解体は、だいたいクリスマスの辺りにするからだろう。

kezdi 051

今度は、豚肉の平らな部分に
塩、コショウ、パプリカの粉をふって巻く。

3675.jpg

それから麻ひもを取り出して、
こんな風にしっかりと縛る。

kezdi 058

こんなに長くなった。
これを茹でたら、自家製ハムの出来上がり。

kezdi 059

腕によりを振るった豚肉の保存食を作ってくださったのは、
友人ゾリのお母さん。
この後は、新鮮な豚肉のステーキを頂いた。

ブタの解体の素晴らしいところは、
ブタのあらゆる部分を使うこと、
そしてその部分に応じた調理方法で食べることだ。

冬が長く、厳しいトランシルヴァニア地方では、
この豚肉の食文化が深く息づいている。
祖先から伝わる、生きていくための大切な知恵。
これからも大切にしていかなければならない。



トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2009-01-10_19:59|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

人間の生きてる証のような気がしますね、。
私の島では、ヤギです。
血まですべてをいただきます。
ちなみに私はヤギは、まだ、
いただいておりません。、、、、
でも、命あるものをいただき、
私たちは生きている。
すぐに忘れてしまうけど、
忘れてはいけない大切なことです。。。
昔、若い頃、田舎暮らしが流行りだした頃でしょうか。。。
農業の方に言われました。
『鶏を自分でしめることができなければ、
田舎暮らしは無理だよ』と、、、
人間として、大切なこと
祖先から守られてきたこと、
私たちも守って生きて行かなくては
なりませんね。。。
生きる証
twelvesevnteen さん、本当におっしゃる通りです。
食べ物はすべて包装されたものを得ている私たちには、
目の前で動物が息を引き取り、
肉になる、その過程を見ることができません。
それが耐えられずにベジタリアンになる人もいるそうですが、
やっぱり人間が生きていく以上、
仕方のない、必要なことだと思います。
野菜や穀物だって、
刈られたら痛いのかもしれません。

村の人たちの凄いところは、
小さい頃からその過程を目にして、
体の臓器の位置などしっかりと分っていらっしゃるのです。
まさに生きた生物の勉強ですよね。

喜界島ではヤギを食べるのですか?
ヤギの乳は結構の飲みにくいけれど、
確か美味しいチーズが出来るんですよね。
その土地土地にあった食べ物を得て生きてきた、
本当にご先祖様は偉いですね。

 一時帰国から戻ったのでまたハム等仕込みたくなりました。このブログを読むと隅々まできちんと食べきる事が大切だと思わずにはいられません。
 まずは豚肉を買ってこなければ。
お帰りなさい!!
越後屋さん、お帰りなさい!!
あたたかい日本から極寒のシベリアへと、
ご苦労様です。

また日本の食材をお持ち帰りになり、
どんなメニューが見られるか楽しみです。
ハム等を仕込む・・・さすがです。
現地の方たち並みに、
ヨーロッパ食文化も吸収されていらっしゃいますね。
お見事です。
(^o^)!オイシソウ!(^o^)
ハムってこうやって作るんダ!
スバラシイ
網のような脂が手に入ればオイラも作ってミタイ!
すばらしいトランシルバニアの食文化にバンザイ(^_^)v
ゾリのお母さんにもヨロシクねッ(^-^*)
Re: (^o^)!オイシソウ!(^o^)
こういう特殊な料理が
作れるというのは、
豚肉解体のいいところだと思います。

普段スーパーなどで見る
お肉の部分だけでなく、
余すところなく使うって
素晴らしい土地の知恵ですね。
肉食文化がしっかり根付いています。