トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

アールコシュ村の動物園へ

アールコシュは、セントジュルジから6kmのところにある村。
その村に住むダンナの古い友人から招かれた。
まだ正月気分の抜けない日曜日、
すべてが真っ白の雪景色の中をバスは走った。

その日は特別寒かった。
私も着るものには細心の注意を払った。
スキーズボンに登山靴、
ぶかぶかの毛糸のセーターに、
ペンギンのようなフードつきのロングコート。
こんな寒さの中では、見かけなど二の次。
誰に笑われてもかまわない。

遠くから大男が、「 おーい!」と叫ぶ。
友人のゾリは、この地方ではちょっとした有名人。
一緒に家に向かって、ソリを出して散歩に出かける。

アールコシュ村の中心には、
要塞教会がそびえたつ。
中世に建てられたもので、
戦闘に使われた穴が
生々しくその跡を残している。
曇り空に、白い壁が寒々しい。

arkos 034

「 ポニーを見に行こう。」と言うので、
ゾリの引くソリについていく。
息子が手にしているのは、長さ50cmほどの巨大なツララ。

arkos 031

遠くから馬車が近づいてきた。
その馬車の後ろからは、ソリがついて来る。
ここでは、ソリも立派な交通手段となっているようだ。

arkos 033

やがて小さな通りを曲がると、
可愛い子馬たちが見えてきた。
その短くて太い脚、
丸くて大きな瞳、
まるで絹のように美しいたてがみ・・・
何から何まで、まるでお人形のよう。

36989.jpg

呼ぶと、近くまで寄ってきた。
こんなに可愛い馬なら、私もほしい。

1653.jpg

ちなみにお値段を聞いてみると・・・
普通のポニーは1000ユーロ(約25万円)、
こちらの特別ふさふさの綺麗なポニーは
2000ユーロ(約50万円)だそうだ。
凄い値段・・・
これなら、中古の車を買ったほうが良さそうだ。

arkos 028

今度は、近くの子供の家へと向かう。
とある大きなお屋敷の前で待っていると、
子供たちがソリに乗ってやってきた。
ギュウギュウ詰めで、座っている子供たち。

arkos 044

やがて、大きな石につまづいてなだれ落ちる。
それでも泣くどころか、大喜びする子供たち。

arkos 046

今度は作戦変更で、
息子はダンナが、子供たちはゾリが引いていく。
2mもの大男と、ソリに乗る子供たち。

arkos 051

今度は坂道。
「 みんな、しっかりつかまって!」

arkos 055

それから、目的の動物を見に行く。
農場のようなところに、
たくさんの牛たちが静かに草を食んでいた。
これは世界でも珍しい種の牛で、
「ハンガリーの灰色牛」と呼ばれるそうだ。
ハンガリーから運ばれてきたらしい。

arkos 059

大きな角がトレードマーク。
その優しげな瞳をした動物たちは、
たくさんの来訪者に怯えているようにも見える。

arkos 080

そして、これからが本番。
二重格子の檻の中に、
なにやら危険そうな動物。
立ち入り禁止と書いてあるのに、
ゾリは平気で中へ入っていく。

arkos 061

なかなか出てこない主に、
そこ辺りに転がっていた乾いたパンを投げつけると・・・
奥からのっしのっしと黒い体が近づいてきた。
子供たちも、これには怯えた様子。

06544.jpg

私たちの目の前で、二頭のクマが静かにパンを食べている。
さすがに大きい。
私たちも無言で、このクマたちの動作を見守るばかり。

arkos 070

フワフワの毛に包まれて、
確かに一見可愛い動物のようにも見える。
ただその小さく、光る瞳と目が合ったとたん、
背筋がヒヤリと凍りつくような感覚に襲われる。

arkos 073

この檻をはさんででも恐ろしいのに、
森で出会ったときは最後。
きっと足がすくんでしまうに違いない。
このクマたちは、この辺りの森で猟師に捕獲されて
連れてこられたようだ。

長く尖ったツメ。
そしてこのクマの手の平のウラが、最高に美味だとか。
もちろん、今はクマを殺すことは禁じられている。

2677.jpg

さて、動物の見学が終わったところで
アールコシュのシンボルともいえるお屋敷へと向かった。
並木道を2台のソリが走っていく。

arkos 086

やがて見えてきた立派なお屋敷。
19世紀はこの辺りには、このような貴族の屋敷がたくさんあった。
社会主義の台頭によって、
貴族文化を象徴する建物は消えていった。
聞くところによると、かのチャウセスク大統領も
このお屋敷を使っていたとか。
今はコンサートや展示会に使われている。
宿泊も出来るということだ。

arkos 088

お屋敷の横には、ロマンチックな池がある。
もはやこの寒さでは、スケートリンクと化していた。
子供たちの乗ったソリも氷の池を滑りまわる。

arkos 091

5700.jpg

私も恐る恐る、白く濁った池に足を踏み入れた。
カチカチに凍っていた。
しばらくの間、氷上の散歩を楽しんだ。

arkos 093

子供たちに比べると、
私たち大人はきっと
冬の楽しみをその半分も満喫していないだろう。
季節季節に応じた楽しみを見つけること、
その点にかけて子供たちは天才的だと思う。

皆さまもアールコシュの自然動物園、
天然スケート場へと遊びにいらっしゃいませんか?



トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2009-01-12_17:23|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。
先日は、「関東地方の初雪」は積もらず、みぞれの様なものが、明け方にパラパラ降って終わりでした。
長男(小学校2年生)は凄く残念がっていました。
こうして、そりに乗ってる子供達を見ると、長男が喜ぶだろうな~って思います。
クマは相当ビックリすると思います。写真だけでも怖いし・・・。
これだけ、雪の多い所に住んでいると、雪も美しいですが、春が格別に美しいでしょうね(^^)
こんにちは、櫻東風さん!
コメントをありがとうございます!

関東地方では初雪にならなかったのですか。
それでも寒い季節はまだまだこれからです。
子供さんたちにぜひ、
雪の世界を楽しませてあげたいですね。

こちらは冬は長く厳しいですが、
それだけに春の芽吹きの素晴らしさは格別です。
数え切れないほどの野の花がいっぱい・・・
あの季節が今から楽しみです。


子供たちの表情がなんとも言えず素敵です。
小さいころにこんな経験が出来るなんて、
すばらしいことだと思います。

小3後半からこちらに住んでいるので
うちの息子には、こういった経験が乏しく
本当にうらやましいです。
Re: タイトルなし
tibi さん、どうもありがとうございます!
そちら上海は、こういった環境はあまりないでしょうか。
子どもがのびのびと遊べる、
そんな環境を残していかないといけませんね。
せめて私たちの子どもの頃のように。

過保護でない分、こちらは
子どもたちがのびのびとしているようです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。