トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

おやすみの唄

ハンガリー人なら誰だって知っている、
ある有名な詩をひとつご紹介したい。
ハンガリー語学科の一回生のときに、
学校の課題で翻訳したこともある。

そのときは、
まさか自分の子どもが主人公と同じ名前になるとは
夢にも思わなかった。
バラージュ、ハンガリー人の中では比較的多い名前。
その名前が有名になったのも、
この「おやすみの唄」のせいかもしれない・・・

バラージュのところを、
子どもさんのお名前にして
ぜひ聞かせてあげてください。


ヨージェフ・アッティラ 「おやすみの唄」  訳 Tulipan

お空は青い瞳を閉じて、
お家はたくさんの瞳を閉じてしまった。
お布団の下では、原っぱが眠っているよ。
いい子でおやすみ、小さなバラージュ。

足に頭をのせて、
ムシも、ミツバチも眠っているよ。
そのブンブンいう羽音もいっしょに眠っている。
いい子でおやすみ、小さなバラージュ。

ちんちん電車も眠っているよ。
ガタガタという音がまどろみながら、
夢の中でほんの少しだけチンと鳴らして。
いい子でおやすみ、小さなバラージュ。

いすにかかった上着も眠っているよ。
その裂け目も、うとうとしているから、
今夜はもう、これ以上さけてしまわないよ・・・
いい子でおやすみ、小さなバラージュ。

ボールだって居眠りをしているよ。
笛に森、そして遠足だって。
おいしいアメだって眠っている。
いい子でおやすみ、小さなバラージュ。

どんな遠くへだって、
ビー玉をつかむように、すぐに行けるんだ。
巨人になれるんだ。
その小さな目をちょっと閉じるだけでね。
いい子でおやすみ、小さなバラージュ。

消防士さんにだって、兵隊さんにだってなれるんだ!
悪い猛獣を退治するヒツジ使いにだってね。
ほらごらん、お母さんだって眠ってしまったよ・・・
いい子でおやすみ、小さなバラージュ。


1.jpg




トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ






スポンサーサイト

Theme:東欧
Genre:海外情報

comments(1)|trackback(0)|文化、習慣|2009-01-17_23:07|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです