トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

民俗舞踊の時間

息子が町の白雪姫幼稚園に通い始めて、
もうすぐ一年になる。

幼稚園では、毎週水曜日に民俗舞踊の時間がある。
もともと、私たちの住む地域は
特別に少数であるハンガリー系がまとまって
住んでいた地域であるから、
こういった伝統行事には根強い人気があるようだ。

外から招かれる講師は、
踊りを教える女性とヴァイオリン弾きのおじさん。
私が教室に入ると同時に、
高く歌うヴァイオリンの音色と
イルディコー先生の声が響いていた。
輪になって踊る子どもたち。

tanchaz 027

もちろん民俗舞踊とはいっても、
まだまだ幼稚園児だから半分は遊びのようなもの。
それでも小さい頃から、
フォークロアのリズムに親しむというのは
大切なことだと思う。

tanchaz 035

ゲルグーに、先生が何かを差し出した。
ここでは食べるときのしぐさ。
生活の動きを踊りにしているようす。

12.jpg

今度は、男女ペアになってダンス。
ハンガリーの民俗舞踊では、こうしたカップルダンスが多い。
目が回るほど、絶えずぐるぐると回っている感じだ。

08.jpg

男の子は、手でひざやすねを打ってリズムを取る。
そして女の子は、その間ぐるぐると回って踊る。

1122.jpg

今度は女の子と男の子に分かれて、
遊びが始まった。
「 男の子、男の子、
  パンツは穴だらけ!」
聞いてみると、何だか悪口の言い合いのようす。

21.jpg

ヨーロッパでは、クリスマスお正月の後につづく行事が謝肉祭。
しばらくお肉を絶つ時期なので、
その前に大騒ぎをしようというのだ。
一昔前なら、こんな男女の可愛いけんかの様子も
村で見られたそうだ。

数の上では負けてしまう男の子たち・・・
ヴァイオリンのおじさんも、けしかける。
「 女の子、女の子、
  地面の上にいる魔女たちだ!」

tanchaz 067

「 あんたの大きな頭は、
  まるでキャベツみたい!」とくれば、

tanchaz 073

「 あんたの大きな口は、
  煙突の入り口みたい!」と返ってくる。

tanchaz 076

名前についての悪口も出てくる。
「 レベカ、針金の上で腰(デレカ)が行く。」
「 アーダーム、背中の上に犬が座ってる。」
「 エメシェ、目すら(セメシェ)よく似合っていないよ。」
「 シャーンドル、パンの皮で踊ってる(ターンツォル)。」
幸いにも、この名前の子どもたちはいなかった。

tanchaz 080

あまりのたくさんの面白い悪口に、
思わず吹き出してしまう子どもたち。

tanchaz 079

20.jpg

冬の寒く夜が長い時期に、
こんな風にして楽しめる昔の風習が懐かしい。
こんなジョークも、日本の幼稚園なら
人権の損害になってしまうのだろうか。

今度は真ん中にカエルが座って、
その周りを輪になって踊る、「土の中のカエル」という遊び。
「かもめかもめ」を想わせて、ふと懐かしくなった。

tanchaz 119

円の中にいた子どもたちが、
一人相手を選ぶ。
そして決めた回数だけ、ジャンプ。

tanchaz 104

今度は外側の子どもが中に入る。

tanchaz 106

「 ほら、もうこの子は一度カエルになったでしょう。」と
手を引っ張られる息子。
飛んだりはねたりで、子どもたちは嬉しそう。

tanchaz 111

最後は、教室が舞踏会になったような賑やかさ。
のびのびとダンスを楽しむ子どもたち。

tanchaz 130

ふと音楽が止む。
この間だけは水がうったような静けさ。
子どもたちの表情まで、石みたいにすっかり固まってしまう。

18.jpg

やがて、また音楽が鳴り出すと
生き生きと踊り始める。
音楽が止まなければ、いつまでもいつまでも回り続けて
しまうのではないかと思うくらい・・・。

15.jpg

冬の寒く閉ざされた世界の中で、
このようにのびのびと体を動かすことの出来る時間は
大切である。
まだまだ続くトランシルヴァニアの冬。
太陽の下で元気に走りまわる日までは
もうしばらくかかりそうだ。


トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ



スポンサーサイト

Theme:海外の子育て
Genre:海外情報

comments(7)|trackback(0)|ルーマニアの育児|2009-01-24_16:56|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。
白雪姫幼稚園って言うんですか?可愛い名前の幼稚園ですね。
家の次男も春から幼稚園なので、これから少しずつ幼稚園グッツを作ります。(お弁当入れとかお着替え入れの巾着)
ハンガリーの民族舞踏は、日本で言うと、盆踊りみたいなものでしょうか?
そういえば、長男も幼稚園で私が作った浴衣を着て、盆踊りを踊っていました。懐かしいわ(^^)
Re: タイトルなし
こんにちは、櫻東風 さん!
いつもコメントをありがとうございます。

この町の幼稚園には、ガリバーとかシンデレラとか
ピノキオとか・・・物語の名前がついているみたいです。
ハンガリー語とルーマニア語で表記されています。

ハンガリーの民俗舞踊は、日本でいうと
大衆的という意味では盆踊りのようですが、
基本はフォークダンスのような男女の踊りなので、
昔は、男女が知り合う大切な機会でもあったようです。
地域によってもさまざまな、
踊りや音楽があるようです。
音楽がお伝えできないのが残念です。

春は入園入学の季節、
お母さんも忙しくなりますね。
素敵な幼稚園グッズが出来るといいですね♪

こんばんは。
民俗舞踊とは、とても面白そうですね。
こどもたちの笑顔が、素直に楽しんでいるのが伝わってきます。

伝統的な事を教えてもらえるなんて、素敵なことですね。
生のヴァイオリンの音を聴きながら、ダンスできるなんて、
とても羨ましい環境です。
美しい音色の音を聴くのは、
最高の贅沢ですね☆



こんばんは。
民俗舞踊とは、とても面白そうですね。
こどもたちの笑顔が、素直に楽しんでいるのが伝わってきます。

伝統的な事を教えてもらえるなんて、素敵なことですね。
生のヴァイオリンの音を聴きながら、ダンスできるなんて、
とても羨ましい環境です。
美しい音色の音を聴けるのは、最高の贅沢ですね☆



Re: タイトルなし
こんにちは、サーラ*モネット さん!
子どもたちの笑顔、本当に素敵ですよね。
小さい頃から、
地域の伝統的な音色や踊りに触れることができて・・・
とてもうらやましく思います。

日本でも、もっとこういう教育があればいいのに・・
と思いました。伝統的なものを時代遅れと見るのではなく、
教える大人がいいものだと、まずは思うことから
始まるのですよね。
こういうのは大切ですね
 長い冬を心豊かに楽しく過ごすのに少しの毒(日本人からは悪口にしか聞こえなくても)もまた必要みたいですね。村でも凄いですよー誕生日会などで一人一言言わないといけない時(当然その後は1杯飲み切らないといけない)「え?それってお祝いではなく悪口では???」って思う言い回しも多いけど、その裏のユーモワを理解しないとロシアの笑いは理解出来ないのだとか。
 やっぱり寒く厳しい冬を豊かに乗り切って来た民族の時間の楽しみ方なんでしょうね。
ユーモア
本当に、その土地土地のユーモアって
ありますよね。
ロシアの毒舌なユーモア、
面白そうですね!!
北国特有のものなのでしょうか?!

こちらでも、独身女性(おばあちゃん)をからかうユーモアなどもあり、
私から見たらひどいと思っても、
こちらではユーモアなんですね。

イースターでも、
女の子に水をかけたり、
小さな聖人の日には、
女の子をほうきでたたいたり・・・・
古い習慣ってときに過激だったりします。
それでもあまり神経質にならず
大切にしていって、ほしいものですね。