トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

銅に描く絵


ダンナの高校時代の友人の家へ招かれた。
一月後半、
思いのほか暖かい時期が続いていたのが、
また雪が地面を白く覆いはじめた。

その日もまだ雪が残る、土曜日。
ペーテル夫妻の車で、
ブラショフの隣り町サチェレへと向かった。
ハンガリー語では、ヘートファル(7つの村)と呼ばれる。

ブラショフからブカレスト方面へぬける
国道沿いを行くと、もうそこはカルパチア山脈の入り口。
その山沿いにあるのが、サチェレである。
針葉樹が雪で真っ白く、
その形をあらわにしていた。
美しい雪景色に、思わずため息をつく。

その町の面白いところは、
細長いということ。
町の中央を背骨のように伸びる道に沿って、
家がくっつくように並んでいる。
歩道なんて、すれ違うのがやっとというほど狭い。
その小さな本道を、大型トラックなども行くのだから
住む人はどんな思いだろう。

私たちは目を凝らしながら、
その長くくねった道を先へ先へと進む。
ブラショフ周辺はもともと、
ザクセン人と呼ばれるドイツ系の住民が
多くすんでいたから、
この町も自然とドイツ系に習った造りになった。
家の屋根ほどもある高い門、
そして広場を中心とした構造などがそうである。

なんとか見過ごすことなく、友人宅を発見。
あたたかい室内に入って、ほっと一息つく。
カティも、赤ちゃんの服を脱がせる。
「 赤ちゃんには、そんなに厚着させなくていいって言うけど・・
  それでも心配でついつい着せちゃうのよね。」
  
hetfalu 002

最近は「妹がほしい。」などと口にするようになった割には、
あまりの小ささにどうしていいか分からず、
戸惑ったようすの息子。

hetfalu 001

今日ここへ来たのは、
アクセサリー作家のカティが
銅の彫刻の仕方を学ぶためでもある。
友人のお父さんは、
共産主義時代に工芸で身を立てていたという。
早速、道具を持ってきてくれた。

hetfalu 003

木彫りの彫刻刀とは違って、
面白い形をした道具。

65.jpg

厚さ5mmほどの銅の板を、
先の丸い道具で強く押して表面を膨らませる。
それから板を裏に返して、
膨らんだ部分の周りを彫って
さらに模様を引き立たせる。
そうして出来た作品がこちら。

019.jpg

それから練習が始まった。
けっこう力が要るようだ。
見るには簡単そうだが、やってみると難しいらしい。

hetfalu 019

hetfalu 038

共産主義時代には、
ブラショフに大きな銅の工場があって、
さまざまな製品を作っていたようだ。
可愛い花のモチーフや、ボタン、硬貨のようなモチーフ、
ブラショフの町の紋章まである。

012.jpg

こちらはカティの作ったペンダントトップ。
銅に絵を描いて、七宝焼きにする。
うまく新しいテクニックをものにしたら、
どんな作品が出来るか楽しみだ。

hetfalu 016

ペーテルおじさんにお願いをして、
昔の作品を見せていただく。
二階の大広間に通されると、
そこは銅や鉄の細工でいっぱい。
中にゴブラン刺繍を入れて、
こんなペンダントも。

hetfalu 054

たった二日で作り上げたという
大きなタペストリー。
あの小さな道具だけで、
こんな立体感が出せるなんて驚いてしまう。

015.jpg

去年作ったばかりだという作品は、
キリストとマリアがテーマになっているという。

hetfalu 065

手前が石膏でつくたもの。
今は仕事ではないので、
ご自分の趣味で続けていらっしゃるそうだ。

018.jpg

先ほど見せてもらった、
小さなモチーフはグラスに取り付けられる。
木の切り株に王冠がかぶっている絵は、
ブラショフの町の紋章。
昔、木の切り株から王冠が見つかったという伝説に基づいている。
ちなみにブラショフとはスラブ系の言葉が発祥のようで、
ドイツ語ではクロンシュタット(王冠の町)と呼ぶそうだ。

hetfalu 069

私のお気に入りは、
このタバコの灰皿と女体のパイプ。
精巧に彫られた木のパイプは、
日本の根付を想わせる。

hetfalu 075

応接間を見せていただいて、
階段を下る途中、こんなものを目にした。
7つの村に伝わる民族衣装の一部、
ベルトである。

014.jpg

年代を経た独特の味が、
その渋い輝きの中ににじみ出ている。
これもドイツ系の文化から伝わったものである。

hetfalu 079

ここ7つの村で、金属の造形の美は、
しっかりとその子孫にも受け継がれてきたのだろう。
90年代以降は、銅を作る工場も閉鎖され、
こうした手工芸に携わる人も
今ではほとんどいなくなってしまった。

ここトランシルヴァニアでは、
激動の20世紀で
これまで続いてきた伝統が途絶えてしまった。
中世から続いてきた工房や
貴族文化、学術的なことまで・・・・

そうした古いもの、
先祖が培ってきた知恵や技術を
さらに掘り返していけば、
彼らの進むべき道がはっきりと見えてくるかもしれない。



トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|アート|2009-02-02_05:15|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

いい味
簡単な道具で素晴らしい味のあるものが出来るんですね。
どこの国でもそうですが そうしたものが段々に姿を消して行くのは 時間の使い方にあるのでしょうか。
ヒトは何に時間を使うようになるか・・・。

最近テレビで ヨーロッパを空撮する番組をやっていて、偶然にもルーマニアのブラショフ地域でした。  山を越えると赤茶色の屋根がたくさん。 古い城や教会 広場に噴水。
中世に戻ったようなたたずまいに驚きました。
見事に統一された色や形。 傾斜の強い建物群。
tulipanさんはこんな場所にいらっしゃるんだなぁと。
Re: いい味
霧のまちさん、どうもありがとうございます!
本当におっしゃるとおりです。
こちらでも社会主義時代は、
夜に停電があったりした代わりに、
家族がろうそくの光の下で
お話をしたりしていたそうです。
モノがなかった時代。
ないなりに、いろいろな工夫をして
生活を楽しんでいたと聞きます。
そういう不便さのよさも、忘れてはいけませんよね。

TVでブラショフが映っていたのですか?
ここから車で30ほどのところです。
歴史的に大切で、美しい町だったのですが、
共産主義時代にドイツ系の市民は移住してしまい、
今では町の人もほとんどが
トランシルヴァニアの外からのルーマニア人のようです。
ですから、古いものに対する
思い入れがないようで、
町の景観もどんどん変わってしまっているようです。

場所場所によって、
住む民族も違い、文化も違う・・・
それがトランシルヴァニアの面白いところだと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。