トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

トランシルバニアの村の生活

ここトランシルバニアでどこが一番美しいか?と聞かれたら
私は村であると答えるだろう。

村ほど、その場所場所の特徴が良く表れていて、昔ながらの美しい部分が残っている場所はないからだ。そこでは、人々のメンタリティー、生活スタイルあらゆるものが異なっている。

大学時代に住んでいたクルージ・ナポカ(コロジュヴァール)の近くには、民族衣装や古い教会で有名なカロタセグ地方があるし、クルージからセーケイ地方の玄関トゥルグ・ムレシュ(マロシュ・ヴァーシャールヘイ)までには、メズーセーグと呼ばれるなだらかな盆地が続く。セーケイ地方北部ミエルクレア・チウク(チークセレダ)の近辺には、立派なセーケイの門が並ぶ村々がある。

最近は、町から若者が村へと引っ越すという傾向もある。
私たちの友人夫婦も、町から15キロほどの村に家を建てて一年半になる。

三月上旬、私たちは友人たちと一緒に村に住む友人を訪ねることにした。
バスに揺られて、15分ほどするともう村への交差点についてしまった。
立て札には、ザラーンまで5kmと書いてある。
何もない一本道をひたすらと進む。
すると、私たちの横に車が止まった。
小さな子供をつれているので、村まで乗せて行ってくれるという。
私と息子、そして友人の三人は車に乗り込み、男性二人を後に出発した。

車には、おじいさんとおばあさんが乗っていた。
どうやら同じくらいの年の孫がいるので、見かねて止まってくれたというのだ。
あの長い一本道をあっという間に村に着いた。
すると、友人がさっとお金を運転手のおじいさんに渡した。
私は当然ただで乗ったつもりであったから面食らったが、すぐに友人に半分の3レイを手渡した。

町から村までのバス賃でさえ2レイであるのに、それにしても6レイは多すぎる。
後で聞くと、彼女はこういうヒッチハイクに慣れていなかったかららしい。
私たちは、貧しい学生時代(今もそう大差はないが)にさんざんヒッチハイクで旅行したから、大体どんな時に払うか、どれだけの金額かは身についているつもりだ。

降ろされたのは村の中心。
何やら小学校のようなものと、お店が何軒か立っているが、どこに行っていいやら見当もつかない。
向こうのほうからやってくるおばあちゃんに聞いてみる。
私たちが友人の名前を告げ、町で教師をしていることも言うと・・・
「ああ、カティのところだね。」という。
そしてついて来いという。

雪解けの水でどろどろになった道を注意深く進む。
「私たちも、長靴をはいて来ればよかった。」というと、
「村で、他にどんな靴がいる?」とおばあちゃんは答える。
「あそこのトラクターの後ろの家だよ。ただ、あの犬は悪いから気をつけなさい。」と言って、去っていた。

私たちは、どんな凶暴な犬がいるのだろうと顔を見合わせた。
とりあえず門を開けて、中に進む。
すると・・・確かに犬がうまやに鎖でつながれているが、思ったよりも小さい。
そして、尻尾を振ってくる。
私は、じゃれ付いてくる犬を撫でながら、家のほうに近づいていった。

家は、まだ入り口が出来上がっていないらしい。
コンクリートがそのままの入り口から、私たちは中に入った。

家の概観と比べて、中は格段に快適そうだ。
美しい木の家具、ソファー、じゅうたん、新築の家の新鮮さがあった。
中でも目を引くのはキッチンである。
新しい木の棚が上にも下にもついていて、調味料の入ったビンが整然と並んでいる。
いかにも使いやすそうなつくりである。

主人のペーテルは、私たちだけ先についたので驚いたので、経緯を説明した。
旦那ともう一人の友人の、中高のクラスメイトである。
のちに彼はオラデアの美大に進み、卒業後は母校の芸術専門学校で彫刻を教えている。

奥さんのカティは、お腹が大きく5ヶ月くらいであるらしい。
彼女はクルージの出身で、オラデアの大学で彼と知りあった。
今はアクセサリー作家で、銅製の腕輪や、七宝のピアスやチョーカーなどを作っている。
最近はブカレストの市に出品していたというから、そのことをいろいろと尋ねた。

kati es peter

あまり資金がないので、この家はほとんど手作りで作ったという。
そしてもっとも志向を凝らしたのは、バスルームだというので見学させてもらう。
クリーンなライトグリーンで統一されていて、様々な貝殻がきれいに埋め込まれている。
まるでエル・デコの雑誌から出てきたような空間・・・
村でもこのような生活をおくることが可能であるなんて、数年前のルーマニアでは考えられなかったであろう。

風呂場

そうしているうちに、男性二人も到着した。
飲み物を開け、いろいろな話が始まる。
かつてのクラスメイトたちの消息、村での生活、家を建てるのに困難であったこと、
仕事の話・・等々。

気がつくと、もう昼が近くなっている。
カティは、小麦粉をこねているので何を作るのかと尋ねると、
「ピザよ。いつもはもっと薄く作るんだけれど、今日は人数が多いから少し厚めに作るわ。」

庭を見せてもらう。
ペーテルは犬の鎖をはずした。
ボギという名前のこの犬は、まだ年も幼いらしい。
昔は放し飼いをしていたのが、いつか隣の家のニワトリを食べてしまったらしく、
今は罰としてつながれている。
息子はボギが怖いらしく、鎖をはずすなと主人に訴える。

若草色の草がまだ生えきっていない庭は、木々も裸なので味気ない感じがする。
もうすぐ春が来て、植物が伸びてくるとまったく違った雰囲気になるだろう。
そして、二人の赤ちゃんの格好の遊び場になるだろう。
庭は家を正面に細長くできていて、途中で下り坂になって小さな小川に突き当たる。
途中、春を一番に告げる「雪の花」を見つけて摘み、また深緑の葉に深い紫の花をつける幻想的な野草を見つけてまた摘みしていると、小さな花束ができた。

家に帰ると、ピザのソースを作って後は焼くだけになっていた。
カティに息子が花束を渡す。そして、ガラスのビンに生けられた。
野生の植物の美しさには、どんな観葉植物もかなわないと思う。
日本では見たこともない、無数の花がどんなに珍しく、貴重なものに感じられる。

もりのはな

hana

やがて良い匂いがしてきてピザが完成。
お皿にドンと乗ったピザは、パンのようにふかふかしていて、ほのかにイーストの香りがした。
トマト・ソースもピザのボリュームに負けないほど、濃厚である。

美味しいピザを食べた後は、散歩に出かける。
あの舗装もしていない道を歩いていくと、泥だらけの道はもう車の後で凸凹になっている。
気がつくと下しか見ることができず、なるべく泥の少ないところを探しながら歩く。
息子は、途中、村のおばあちゃんに手を引かれたりしながら、危なっかしい足取りで来る。
あっと思ったときにはもう遅く、泥にしりもちをついてしまった。
もうこうなったらあきらめるしかない。
息子は、だんだん大胆にわざと泥のぬかるんだところを歩いて、見るも無残な姿。

peter es kati

帰るときには、ペーテルのトランクスと、カティの半パンとハイソックスを借りて、
どうにか子供の腰に巻きつけて、出発となった。
風の冷たい一本道をまた引き返していった。

スポンサーサイト

Theme:中欧
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2008-03-31_19:13|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

 こちらでも通称雪の下とよばれる青紫の花が春を一番最初に告げてくれます。
正式な名称は「西洋翁草」毛深い深緑の葉から生えて来てかれんな花です。
 花束の中には片栗も見受けられますね。ということはそちらは本当の片栗粉を自家製で作る事も出来るのかしら?
 mixiを飛び出して遊びに来ました。
越後屋さん!
実に来てくださってありがとうございます!

「雪の下」は、名前のごとく雪の下から初めて顔を出す植物なのでしょうね。さずがはシベリアですね・・・。

こちらでは「雪の花」といって白いすずらんのような花がはじめですよ。

片栗って、あの赤紫色のお花のことですか?全然知らなかったです。
根っこから片栗粉ができるのでしょうか?もしそうなら、来年は試しに作ってみます。