トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

ヒッチハイクで、炭酸水を汲みに

まだ雪が解けてしまう前の、
一月末の日曜日。
ふと思い立って、
近くの村まで水を汲みにいくことになった。

こちらのミネラルウォーターは、もちろん炭酸水。
トランシルヴァニアでも、ここセーケイ地方では
特に水が豊かで、
コバスナ県だけでも6種類もの炭酸水の産地がある。
そのひとつが、シェプシセントジュルジの隣の村
エルーパタクである。

隣村といっても、
町の西側にある深い森を抜けていくので、
優に10kmはある。
バスの本数も少ない。

こんなときは迷わずヒッチハイク。
もし乗せてもらえなかったら、
家に引き返せばいい。
運試しの気持ちで、
ペットボトルを10本近く積んで、
本道に立った。

車が何台か通り過ぎたが、
「 ここまでしか行かないよ。」とか
「 人がいっぱいだ。」とか
運転手がジェスチャーで示す、
ヒッチハイク用の会話も交わされる。

親子3人でヒッチハイク・・・
学生時代はよく二人で
300kmも離れた大学のある町まで行ったが、
まさか子供が出来てまですることになろうとは・・・

車はたいてい5人乗りだから、
うまく一人か二人乗りの便乗することが出来たらいい。
もう一人子供が出来たら、
もうヒッチハイクはやめよう。
などと考えていたら、
私たちの前を通り過ぎて5mほどで
車が止まってくれた。

「 やった!」
ヒッチハイク成功のこの喜びは
何ものにも代えがたい。

運転手の方は
下げてあった座席をわざわざあげてくださり、
親子三人の場所ができた。
ほかの人の車に乗った感じは
不思議である。
相手が話を求めてきたら、おしゃべりモードに切り替えるし、
そうでなかったら、ひたすら黙らないといけない。
結構、気を遣うものだ。

車の窓をとおして、
モミやスギの木の合間に
薄く積もった雪が見られた。
まだ冬なのに、
天気がよいせいか、羊の放牧まで見られた。

やがてエルーパタクに到着。
エルーパタクは今でこそ
ジプシーが大部分を占める荒廃した村であるが、
昔は立派な貴族の保養地だった。
その優雅な時代の名残が、崩れかけたお屋敷に
色あせたモニュメントに伝わってくる。
DSC02424.jpg

こちらは、
管弦楽隊が演奏をしていた場所。
もうペンキがはげ、かつての
きらびやかな文化はもう残っていないことを物語っているようだ。
DSC02421.jpg

残念ながら、古い洋館へは
入られないほどの状態。
このまま朽ちていくのには惜しいほどの
美しい建物。
DSC02413.jpg

100年前の貴族たちに思いをはせて、
息子と一緒にブランコに揺られる。
DSC02419.jpg


高い並木には歩道がまっすぐに伸びていて、
小川がそばを流れている。
こんな建物の中で、一休みをして
話に花を咲かせていたのだろう。
1902年の文字がしっかりと刻まれている。
22.jpg

水汲み場には人がいっぱい。
ここの水は、鉄分をたくさん含んでいるから
井戸のまわりは赤褐色に染まっている。
この村の水を求めて絶えず
車がやってくる。

ただ水の湧き出る量が少ないからか、
ホースのようなものがないと入れられないようだ。
「 お金をくれるなら、このホースを貸してやるよ。」と
怪しげなジプシー男性がずっとそこに立っていた。
私たちは水汲みをあきらめて帰ろうとした。
13.jpg

当てもなく、ぶらぶらと村の外れまで
引き返していたら、
なんと私の足元にホースが落ちている。
やがて水でいっぱいになったリックサックを背負った
ダンナが帰ってくると、
再びヒッチハイクをしに村はずれまで歩く。

太陽の光はあっても、
まだ雪が残っているから
何時間も外気にさらされた体は凍えるようだ。
DSC02458.jpg

冬は日が短いので、もう太陽も
傾きかけている。
30分ほど寒さの中で、ヒッチハイクを続けて
このまま家に帰れなかったらどうしよう・・・
希望を失いかけたとき、
やっと一台の車が止まってくれた。

これから家族が4人になったとしたら、
もうヒッチハイクは絶対にやめよう。
今回ばかりは、強くそう思った。


トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ



スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(8)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2009-02-08_15:02|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

へーえ、炭酸水が採れるんですね。
ヨーロッパにはよくあることらしいですね。
硬度がうんと高くてダイエット飲料としても 日本では欧州の水を扱っています。  そこは鉄分なんですか。
カルシウム分は よく聞きますが やはりかすかに鉄の味ですか?笑
貧血気味のワタシなんぞには垂涎モノの水です~。
鉄分たっぷり
霧のまちさん、私も貧血気味なのです。
こちらはペットボトルをあけてしばらく
おいているだけで、茶色いものが下にたまってくるほどです。
だから、かえって健康サプリよりも
天然の炭酸水のほうがいいですね。

炭酸水の成分はもちろん、
土地土地によって変わります。
カルシウムの多いものや、
マグネシウムの多いもの・・・

チェコの有名な保養地
カルロヴィー・ヴァリみたいに、
昔の貴族は、健康な水を飲むことが
安らぎだったんですね。
日本では水というと温泉を思い浮かべますが。
うわー、
Tulipanさん

 はじめまして。クルージュ在住の銀の森と申します。
当方、昨年の6月にルーマニアに移住してきました。ちなみにわたしのパートナーはルーマニア、ハンガリーのダブルです。

 Tulipanさんのブログを偶然見つけて、とっても嬉しかったです。わたしと同じ日本人女性が近く?にいらっしゃるとは!うわー、と驚きの声をあげていっきにブログを拝見しました。
 今後のブログも楽しみにしています。
 
 あたしもルーマニア生活がんばろっ。


 
 

 
 
 
水!!
「水くみ」と聞いて、コメントを残さずには
いられませんでした。
Tulipanちゃんも、私からのコメントをみて
笑っていることでしょう。

日本の炭酸水がが私には合わなかったのか
旅行する前は決して飲むことはなかったのに
そちらではとてもおいしくて
好んで飲んだことを思い出しました。

また、そのおいしい水を飲みに(汲みに?)
行きたいなと思っています。
そのときは、初めてのヒッチハイクに挑戦!!かな・・?
はじめまして!
銀の森さん、はじめまして!
クルージュにお住まいなのですね!
私も半年だけ学校に通っていました。
今のダンナと知り合った場所でもあって、
愛着のある町です。

私も近くに(といっても何百キロもありますが)、
日本の方がいらっしゃるなんて嬉しいです!
こちらも興奮してしまいました。
ルーマニアとハンガリーの文化を両方知ることができて
うらやましい・・・
私はまだまだルーマニア語は赤子並です・・・。

ルーマニア生活、お互いにがんばりましょう!!
またのご訪問をお待ちしています♪
水くみの思い出
ゆりちゃん、コメントどうもありがとう♪
今年は縁結びの年になりますように
(なるみちゃんから聞いたよ!)。

今回はあの時ほどは寒くなかったので、
水は凍らなかったです。
それでも長い間、外にいるだけで
じわじわと寒さが体の芯に入っていく感じ。
また水汲みに行きましょう!!
今度は夏の日に。

こちらはヨーロッパのどこの炭酸水よりも
種類が豊富で、美味しいとおもいます。
やっぱりあの冬は特別寒かったよね。手にもったペットボトルの水がどんどん凍ってきたもんね。
今度は夏行きたいです・・・。
なるみちゃんも、ありがとう♪
本当にあの時はお疲れ様でした。

電車のたびも、寒い中の水汲みも、
無賃乗車での罰金も・・・
なんだかすごい旅だったね。

それにも懲りずに、メラ村にも行ったね。
またきっと、遊びにきてね!!