トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

見ためも中身もかわいい食料品

行きつけの近所のスーパーで、
こんなに可愛いパッケージを見つけてしまった。

70.jpg

パスタもよく見るといろいろある。
ここトランシルヴァニアでは、
スパゲティのように麺が主体の食べ方はあまりしないが、
スープの具としてのパスタは
形が実に豊富。

そうめんよりも細い糸のようなもの、
平たくて長方形のもの、
ギザギザで細長いのは
「イチゴのリボン」なんて可愛い名前がついている。

悩んだ挙句に買ったのはこちら。
糸のように細くうねったパスタ。
緑と白のストライプ柄に、
赤いバラの模様はそう、
牛使いのコートのアップリケ文様。
ハンガリーの国境近くの町オラデアで
作っているからか、
色まで赤、白、緑のハンガリアン・トリコロールカラーである。

71.jpg

あまり行きなれないお酒のコーナーに立ち寄ると、
またまた可愛いパッケージを見つけてしまい、
思わずうなる。
パーリンカという、蒸留酒。
市販のものは意外にアルコール度が低いが、
自家製のものは40度50度は普通。
こちらでは、よい酒=強い酒が通説のよう。
左から洋ナシ、クミン、花のアロマ入り。

74.jpg

もちろん私の目をひきつけたのは真ん中。
ハンガリーのフォークアートの
鳥とお花のモチーフがなんとも可愛らしい。
鳥の口から植物が出てくるモチーフは、
動物が言葉を話すことをあらわしているという。
どこか昔話とアートの結びつきを感じさせる。
これ、私の住むセントジュルジで作っているそうだ。
このラベルだけ、もらえないかしら・・・

73.jpg

いかにも地元の酒という印象のラベル。
名前もそのまま、セーケイのクミン。
このクミン酒は、砂糖で甘くしてあって、
クミンのさわやかでスパイシーな香りが特徴。
私は昨夏の結婚式で、たった一杯で
ノックダウンしてしまったイヤな思い出がある・・。

76.jpg

最後はこちら。
棚におかれた膨大な量の青い液体。
お酒か薬品か・・・

IMG_3254.jpg

青い酒と呼ばれるのは、
消毒液。
虫刺されから傷口の消毒、
いろいろなものに効くらしい。
まさに一家に一本、いつでも常備してある液。
それにしても、このラベルは・・・。

111.jpg

ここ数年で、外国製品がほぼ半分を占めるようになった。
共産主義時代には考えられなかったこと。
だからなおさら西欧からきた
品々に対する憧れがまだまだ根強いようだ。

確かにルーマニア製品は、
何しろ袋の質が悪く、
間違えてつかんだら袋に指が貫通していた・・・・何てことも当たり前。
それでも、この味のあるパッケージ、
味のある製品の数々。
これからも地元のルーマニア製品に
がんばってほしい。


トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2009-02-18_23:49|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

そそられますね~
何て楽しいパッケージ!
私も外国の普通のスーパーが大好きです。 商品の内容よりも パッケージにまず惹かれます。
このパスタ類、ゼブラ印でもシマウマは見当たりませんね。笑         お酒のラベルも可愛いです~。
クミン入りですか~!  ふうん どんな味か見当も付きませんが・・・クミンって普通は羊肉に使いますよね。  独特の凄い匂いのスパイスで 私はあれを嗅ぐと中東やアラブや中国の匂いとしてインプットされています。笑
所変われば ですね。 興味深いです。
外国のパッケージ
霧のまちさん、ありがとうございます!
外国のパッケージデザインって面白いですよね。
トランシルヴァニアでも、
このあたりは特にフォークロアというものに
誇りを持っていることがうかがい知れます。

クミンって羊肉に合うのですか!
そういえば、チュニジアでもクミン入りの平パンを食べたような・・。
こちらでは、お茶にしたり、アルコールに入れたり、
あとは肉じゃがに入れたりもします。
クミン=セーケイといわれるくらいに、
定着しているハーブのようです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。