トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

セーケイの花模様-カールノクの教会

うららかな小春日和が続いていた
ある日曜日。
突然思い立って、
町から3番目の村カールノクに住む
友人を訪ねることになった。

朝10時に大型バスが
私たちを乗せて村から村へと走っていく。
アールコシュを過ぎると
もうアスファルトも姿を消し、
ガタガタという音を立てて、
バスは跳ね上がりながらもゆっくりと前進する。

村の入り口で下ろされると、
ちょうど古い教会の前だった。
教会の鐘がカーン、カーンと高く響いて、
時刻を告げているところだった。

79.jpg

カールノクの鐘つき台は古いことで有名。
1700年代に建てられた木造の塔が
二つもある。
中に入ると、ちょうど鐘を打っているところだった。
頭のてっぺんまで、
突き抜けるような高い音。

81.jpg

古い教会をぐるりと見てから、
友人宅へと向かうことにした。
青空からは太陽の光が、
絶え間なく注いでいた。
うららかな天気の日曜日。

78.jpg

通りをまっすぐ行って、郵便局のところを左へ曲がる。
友人が電話で告げたとおりに行くと、
小さな通りの端でティメアが手を振っていた。

暖かな家の中で一休みしてから、
散歩に出かける。
「教会のほうの道は、ぬかるみがひどいのよね。」とティメア。
雪が解けたあとの村は、
どこも悲惨なもので、
長靴を履いてくるに越したことはない。
雪の橋もまだ残っていた。

82.jpg

緑色の門の前で、
にこにことおばさん3人が微笑んで立っていた。
第一印象の通りのフレンドリーなご近所さんで、
立ち話をしたあと、
「ほら、中へお入りなさいよ。」と引きとめようとする。

kalnok 019

カールノクには、昔
バーリント・アンドラーシュという木彫りの名人のおじさんがいて、
村にたくさんの作品を残した。
残念ながら、その跡を継ぐものはいないそうだ。
緑色の柱には、白い植物が上へと伸びている。

kalnok 028

息子が手に持っているのは、
「お金の花」と呼ばれる植物。
お金というよりは、まるでめがねのようだ。

kalnok 032

やがて泥でぬかるんだ道を進むと、
教会の門が見えてきた。
大きなチューリップが二つ、
うねりながら伸びている。
門の上には、「神はひとつ」の文字。

89.jpg

門をくぐると、大木がそびえる林。
林の中をふさふさとしたしっぽを揺らしながら、
かけてゆく影。リスの姿。
日本だったらご神木になっていただろう、
立派な大木。

kalnok 041

表からもらってきた泥をきれいに擦り落として、
教会の中へと足を踏み入れる。
小さいながらも、
やさしい水色に包まれた空間。
まるで今朝見た、青空のような色。
賛美歌のブックカバーにも、水色の刺しゅうが。

84.jpg

水色に塗られた壁を覆うのは、刺しゅうの花模様。
木の家具に、刺しゅうのクロスは
どうしてこんなにも似合うのだろう。

1112.jpg

木彫りの机は、
バーリント・アンドラーシュの作品だという。
同じキリスト教でもカトリックとは違って、
プロテスタント教会は
土着の芸術で空間を埋めるのが特徴的。
自分たちの母国語でのお説教や賛美歌、
そして自分たちの手で教会を飾りたい・・・
という名もない芸術家たちの想いが
伝わってくるようだ。

83.jpg

圧巻なのは、
教会の天井いっぱいに描かれた植物の装飾。
豊かにしなる曲線を眺めていると、
植物の生命力、やさしい力強さがひしひしと
感じられる。

kalnok 057

この明るい空のような水色は、
セーケイの青と呼ばれる。
このユニタリウス派は、トランシルヴァニア地方発祥の宗派。
この青が、シンボルでもある。

kalnok 053

教会の周りは、古いお墓。
何かのおまじないか、
墓石をモミの枝でなでながら
何かの歌を口ずさんでいる様子。

kalnok 064

まるでトトロでも住んでいそうな大木。
その背中合わせに
鐘つき台が立っている。

kalnok 065

300年ほどの間、
教会に寄り添うようにして立っている木の塔。
はしごを伝って、
2階、3階と登っていく・・・

1111.jpg

円形にすっぽりと空いた
穴からは、四方に村が見渡せた。
乾いた緑色をした
なだらかな丘の上には、古い遺跡のようなものも見られる。
なんてすばらしい眺め。
それでも木を組み立てて作った塔は、
頼りなさげで足がすくんでしまう。

86.jpg

やっとのことではしごを降りると、一安心。
気がつくと、朝の青空は嘘のように
灰色の空からは、冷たいものが落ちてくる。
また泥道を歩いていくと、
後ろからはジャガイモをつんだ馬車が通り過ぎた。

88.jpg

やがて村の入り口の広場に出てきた。
このぬかるんだ道は、一体いつまで続くのだろう。

85.jpg

雪が降り、また解けて道が泥になって・・・
それを繰り返して、
やがてトランシルヴァニアにも春がやってくる。
今度は、鐘つき台かた眺めたあの丘が
若草色で覆われたころ
またここに来よう。



トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ





スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2009-02-20_00:13|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

疑似散歩
いつもたくさんの写真と
絶妙なTulipanちゃんのコメントで
遠くにいる私まで、ルーマニアを巡ってるような
疑似散歩しているような気分になります。
まだ、あんな雪の橋が残ってるんだね!?
びっくりしました。

宮崎は、朝晩はまだまだ冷えるけど
天気の良いお昼間は
暑すぎるぐらいあります。
油断していたら日焼けしてしまいました。

ルーマニアも少しずつ春に向かっているようですね。
また、いろんな季節の訪れを知らせてくれるような
写真を楽しみにしています。
こちらも擬似散歩
ゆりちゃん、素敵なコメントをどうもありがとう♪
私もみんなに見てもらえると思うと、
こちらも皆さんといっしょに散歩をしているような
気分になります。

雪は降ったりやんだりです。
ちょうどこの間、今年初めての
野花を見たと思ったら
もうどっぷりと雪の世界に浸かっています。
今日は特に寒くて、
また車の窓には氷の花が見られました。
(これがあるときは、マイナス10度くらいだと思う。)

また宮崎の写真も楽しみにしています♪
いつか擬似ではなくて、
現実に一緒にここを歩いてみたいな。